ロボコップ2のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ロ行
 > ロボコップ2
 > (レビュー・クチコミ)

ロボコップ2

[ロボコップツー]
Robocop 2
1990年【米】 上映時間:117分
平均点:4.79 / 10(Review 94人) (点数分布表示)
公開開始日(1990-07-14)
アクションサスペンスSFシリーズもの犯罪もの刑事ものバイオレンス
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2020-09-27)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アーヴィン・カーシュナー
助監督コンラッド・E・パルミサーノ(第二班監督)
演出コンラッド・E・パルミサーノ(スタント・コーディネーター)
キャストピーター・ウェラー(男優)マーフィー/ロボコップ
ナンシー・アレン(女優)アン・ルイス
ダン・オハーリヒー(男優)オムニ社長
トム・ヌーナン〔1951年生〕(男優)ケイン
ロバート・ドクィ(男優)ウォーレン・リード署長
フェルトン・ペリー(男優)ジョンソン
ゲイリー・ブロック(男優)
トーマス・ロサレス・Jr(男優)チェット
ツィ・マー(男優)
フランク・ミラー[原作](男優)(ノンクレジット)
菅原正志マーフィー/ロボコップ(日本語吹き替え版【DVD】)
相沢まさきウォーレン・リード署長(日本語吹き替え版【DVD】)
青山穣オムニ社長(日本語吹き替え版【DVD】)
鈴鹿千春アンジー(日本語吹き替え版【DVD】)
後藤敦ホルツガング(日本語吹き替え版【DVD】)
吉田孝(声優)キューザック市長(日本語吹き替え版【DVD】)
五十嵐麗(日本語吹き替え版【DVD】)
谷口節マーフィー/ロボコップ(日本語吹き替え版【VHS】)
小宮和枝アン・ルイス(日本語吹き替え版【VHS/テレビ朝日】)
藤本譲ウォーレン・リード署長(日本語吹き替え版【VHS/テレビ朝日】)
大木民夫オムニ社長(日本語吹き替え版【VHS】)
幸田直子ジュリエット・ファックス博士(日本語吹き替え版【VHS】)
石丸博也キューザック市長(日本語吹き替え版【VHS】)
柴田秀勝ケイン(日本語吹き替え版【VHS】)
高山みなみホブ(日本語吹き替え版【VHS】)
安達忍アンジー(日本語吹き替え版【VHS】)
磯部勉マーフィー/ロボコップ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
内田稔オムニ社長(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
藤田淑子ファックス博士(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
江原正士キューザック市長(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
千田光男ケイン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
折笠愛ホブ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
高島雅羅アンジー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
有本欽隆ホルツガング(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
秋元羊介ジョンソン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
喜田あゆ美(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
原作エドワード・ニューマイヤー(キャラクター創造)
フランク・ミラー[原作]
脚本フランク・ミラー[原作]
ウォロン・グリーン
音楽レナード・ローゼンマン
撮影マーク・アーウィン〔撮影〕
ジェイミー・アンダーソン〔撮影〕(第二班撮影監督)
製作フィル・ティペット(製作補)
ジョン・デイヴィソン
製作総指揮パトリック・クローリー
制作東北新社日本語版制作(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
配給ワーナー・ブラザース
特殊メイクロブ・ボッティン
特撮フィル・ティペット
美術ロブ・ボッティン(ロボコップ・デザイン&制作)
衣装ロブ・ボッティン(ロボ・コップのコスチューム・デザイン)
編集リー・スミス〔編集〕
録音スティーブン・ハンター・フリック(音響効果)
アラン・ハワース
字幕翻訳菊地浩司
スタントジャック・ギル[スタント]
その他レナード・ローゼンマン(指揮)
パトリック・クローリー(ユニット・プロダクション・マネージャー)
あらすじ
新麻薬"ヌーク"の登場と警察のストライキにより、デトロイトの治安は悪化の一途を辿っていた。 ロボコップと相棒ルイスは"ヌーク"をデトロイトに持ち込んだ麻薬組織のボス「ケイン」を追うが、逆に破滅的な打撃を受けてしまう。 一方、オムニ社会長はデトロイト市乗っ取りを企み、新型ロボコップの開発に躍起になっていた。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
94.《ネタバレ》 皆の評価が低いのう~。自分は面白いと思うが。アクションはパワーアップし、ストーリー展開もよく、ある意味、前作よりも面白い。ただし、ロボコップ3とリブート版ロボコップは糞。
festivaljapanさん [ビデオ(字幕)] 7点(2019-06-02 15:39:21)
93.1を観たのは10年以上前で今更初見鑑賞。1作目の記憶は結構あるのでそれと比べると映像もさほど進化しておらず、1のインパクトはあまりなく、作る必要性が(金以外に)ないような感じでした
ラスウェルさん [DVD(字幕)] 4点(2017-06-18 00:22:28)
92.《ネタバレ》 ○続編は失敗する典型例。前作の映画としての個性が失われている。○残虐なシーンのみが印象に残り、前後の納得いく展開がないのが残念。○当時にして特に終盤のCGアクションはなかなかだが、いかんせん人が死に過ぎ。テーマ音楽も引き継がれず地味なテイスト。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2015-10-24 19:57:30)
91.《ネタバレ》 もし、私が誰かに、『サイボーグになって凶悪犯罪者を一掃する警察官という題材を真っ向から否定する作品に仕上げてくれ。』と依頼されたらこういうふうな脚本書くよなと思いました。制作陣を貶す意図はありませんが。でもね、女や子供が(事もあろうに楽し氣に)ロボコップの破壊に加わっていたり破壊されたロボを執拗に映したり、悪党のアジトにアメリカンヒーローともいえる人物らの肖像があったり、ヤク注の凶悪犯を武装というより兵装としかいえない重火器備えたサイボーグにして警官就任させるなどというストーリーですから。この映画のスタッフはこの映画にアンチテーゼでも示したかったのかと思ってます。余談ですがこの映画のレンタル用ビデオの冒頭で、アイドルだかモデルだか解らない女の子が出てきて、「この映画は、部屋を暗くして飲み物を用意して楽しみましょう」なんて笑顔で解説してましたが、到底そんな映画じゃありません。
役者の魂さん [ビデオ(字幕)] 3点(2015-03-20 06:23:24)
90.《ネタバレ》 これって監督さんとか変わっちゃてるんですね。どーりで何かが違う感じ。グロさが一線を越えてるというか、ちょっと趣味が悪いよねこれは。それでもある一定の基準は満たしてるんで観れることは観れますが、やっぱり今一つ感は否めませんね。まぁ続編があるのでせっかくなんで「3」まで観てみますハイ
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2014-12-20 20:37:01)
89.《ネタバレ》 前作と舞台も設定も大差ないのにどうしてここまでデキに差ができてしまったのか。
とにかくただ重苦しいだけなんですよね。前作よりも風刺ギャグの質も低下してるし。
残酷描写がかなりきつい。特に手術シーン。滅多なことでは画面から目を背けない方なんですがこんなメジャー映画で目を背けてしまうとは(まぁこれは長所なんかもしれませんが)。アクションもイマイチ。ただロボコップってキャラクターの面白さにかなり救われているのでこの点数。いやー最後の「女科学者の独断専行で処理しとけ」ってセリフが図らずとも風刺が効いてました。
CBパークビューさん [DVD(字幕)] 5点(2014-08-06 06:32:00)
88.《ネタバレ》 ロボコップ2とにかくかっこいい。ギミックもすごい。それだけで満足です!

ウィーンガシャンウィーンガシャンってモノマネやってた人を思い出した。
たかしろさん [DVD(字幕)] 6点(2014-04-11 10:45:13)
87.続編の製作を急ぐスタジオに対して、良いアイデアが出るまで続編は作りたくないと主張した前作の監督・脚本家達は全員切られ、代わって脚本家として雇われたのが、なんと『300
』や『シン・シティ』のフランク・ミラーでした。漫画家に映画の脚本を任せるとは凄い人選ですが、実際にミラーが書いてきた脚本は相当に素晴らしかったようで、前作の脚本家なしでも企画にはすぐにゴーサインが出ました。しかしいざ企画を進めてみると、ミラーの脚本はまったく映画向きではなかったようで、急遽、『ワイルド・バンチ』のウェイロン・グリーンが雇われて脚本の書き直しが行われました。ここで、本企画に致命的な問題が発生したように思います。前作は奇跡的に良く出来た脚本を、その意図を完全に理解できる監督が映像化したという見事な連携によって、歴史的な傑作となりました。一方本作では、前作の独特な作風を引き継ぎつつも、フランク・ミラーによって内容はさらに複雑化し、そしてそれを別の脚本家によって再び簡素化するという作業が行われたために、作品に「精神」なるものが宿らなかったのです。。。
完成した作品を見ると、バーホーベンの作風を露骨にマネしようとしている場面が目立つのですが、悪徳警官が処刑される場面や、ケインの開頭場面等、なぜこんなに悪趣味なものを見せるのだろうかと首を傾げてしまう場面も多々ありました。前作も悪趣味で残酷でしたが、きちんとその意図は理解できたし、必然性もあったと思います。一方、本作にはそれがなく、ただやりすぎているだけ。また、子供が麻薬組織のNo.2の座におり、しかも後に殺されるという究極のタブーにも果敢に挑んでいるものの、その試みが作品内容と連携していないために、ただただ不快感を与えるだけの結果に終わっています。本作は万事がこの調子で、刺激的な場面は多いものの、そこに意味が伴っていません。ミラーによる脚本にはそれがあったのでしょうが、グリーンによる脚色によって多くの意味が失われています。。。
本作で唯一誉められるものと言えば、フィル・ティペットによりクリエイトされたロボコップ2号の大暴走でしょうか。まだまだCGが使い物にならなかった時代、ロボコップ2号はパペットのコマ撮りにて作られたのですが、かなり複雑な動き方をする2号が20分間に渡って延々と暴れ回るクライマックスの凄まじさには度肝を抜かれました。
ザ・チャンバラさん [DVD(字幕)] 4点(2014-03-14 01:42:13)
86.《ネタバレ》 デトロイトを守る我らが正義のヒーロー、シリーズ第2弾。前半、新麻薬ヌークで暗躍するお子サマ。グロさ炸裂の末に誕生したロボコップ2号。終盤はロボコップ同士の一騎打ち。アクションの迫力はリッパですが中身はありません。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 6点(2014-01-11 01:59:12)
85.《ネタバレ》 1のシリアス路線と違ってコメディ要素がかなり入ったもののシリーズ物としてまだ楽しめた。BGMもベイジル・ポールドゥリスではないがそれに倣った曲風で、それなりに楽しめた。
シバラク・オバマさん [地上波(吹替)] 6点(2013-11-18 20:34:03)
84.《ネタバレ》 相変わらず結構グロい。オムニ社はなんでいつも実弾でお披露目するんだろう?なんであんなデキでお披露目するのか本当に謎。
とまさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2012-02-08 22:09:08)
83.子供にバカにされたり、バラバラにされたりとなんとも情けないヒーロー。なんか複雑な気持ちにさせてくれる不思議な作品でした。
真尋さん [地上波(吹替)] 6点(2012-02-07 11:12:47)
82.《ネタバレ》 どうしても「1」と比べてしまう映画。ED209が完全なロボだったのに対し、ケインの脳を持った「2」は中途半端にヌーク中毒。2号お披露目の時に頭を撃って自殺するアイツのインパクトが強過ぎて(笑)。笑えない程悪いガキンチョを出したり、ロボコップバラバラにされたり、映画全体に爽快感が在りません。ヌークを射つ時の音は堪らなく好き。
キノコ頭さん [映画館(字幕)] 6点(2011-12-09 23:00:49)
81.ロボコップとしてのキャラづけは前作で完遂されているので、
当然ながら今作ではストーリーよりも、アクションシーンに頼らざるを得ない。
結果、映像的に見栄えが良くなったが、アメコミのような単なるヒーロー物になってしまった。
主役のピーター・ウェラーは好きな役者さんで、いつも何か悩んでいるような顔つきは
「1」のロボキャラにはハマッていたが、今作のようなストーリーでは彼の個性も生かされない。
「3」での主役交代も頷けるような出来の作品だった。
MAHITOさん [ビデオ(字幕)] 3点(2011-08-11 08:42:57)
80.《ネタバレ》 ロボコップの歩き方が相変わらずカワユイ。でもラストが微妙な終わり方でした。日本企業が悪者になってるしー。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 5点(2011-04-28 00:42:20)
79.ロボコップは強そうに見えて意外と弱い。
たこちゅうさん [地上波(吹替)] 7点(2011-03-20 17:24:08)
78.《ネタバレ》  前作よりは、より一層オムニ社の悪質さが鮮明に描かれているのは、好感が持てます。
また、未だに「子供は天使だから、傷つけるなんてとんでもない」みたいな考え方が、日本でもあちらでも強い中で、はっきりした悪がきをだして、しかも悲惨な死に方をさせるのは、ぶっちゃけ大好きです。(実は子供嫌いなんですよw)
 ロボコップに寄せられるPTA?の要望、あるいは変なプログラムで狂ったロボコップの言動とか、薄っぺらな道徳を皮肉ってるシーンも気に入りました。
 ただ………、すごく残念なんだけど痛快さがまるで無かった。人間の悪党の罠にかかってバラバラにされるとか弱すぎるし、敵のロボットとの対決にしても、これをいっちゃあお終いなんだけどやはり特撮の貧弱さがひっかかって。
 あと、最初に書いたようにオムニ社を悪の存在としてはっきり描きながら、企業の良心wみたいな中途半端な立場の重役を出してみたり、トカゲの尻尾切りがはっきりしていながら、社長には指一本触れれないとか、まだ少し中途半端さが残りました。
rhforeverさん [DVD(字幕)] 7点(2010-08-30 10:50:16)
77.敵ロボかっこよすぎ!!ストーリーもみなさんがいうほど悪くないと思いますよ。
HAMEOさん [映画館(字幕)] 6点(2010-06-14 15:47:13)(良:1票)
76.《ネタバレ》 前作の大人向けの渋さに味をしめて映画館に出向いて鑑賞した。が、今度の味つけはショッパかった。なんだ今度はギャグをやりたくなったのかと。だがそれに加えてスプラッターだか何だか気持ち悪い残酷描写もある。リクエストがあったのかは知らないが。しかし極めつけはやはり凶悪犯の脳を警官ロボに移植しようという企画だ。しかも麻薬中毒の、だ。従順になる以前に機能もモラルも崩壊だろうに。正気の沙汰で考えつかないよこんな設定。続編たるストーリーにいきづまったのか、設定のマズさがクオリティを下げてしまったと思う。【若干付記】…ロボ2号、顔面が展開してCGの顔が出てくるギミックに何の意味があるんだっての(笑)。【若干付記・2】ロボ1号、ケインとのチキンランの時、どうやってバイクに跨ったのかちゃんと見せてみろ(笑)。
FBIの滝さん [映画館(邦画)] 3点(2010-04-01 13:03:42)
75.《ネタバレ》 ガキの悪党っぷりがイイ味出てました。ご機嫌なロボコップが面白かったです。
とむさん [ビデオ(字幕)] 4点(2010-02-06 17:16:43)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 94人
平均点数 4.79点
011.06%
133.19%
233.19%
31010.64%
42728.72%
51718.09%
61819.15%
71111.70%
833.19%
911.06%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.40点 Review5人
2 ストーリー評価 3.88点 Review9人
3 鑑賞後の後味 3.87点 Review8人
4 音楽評価 5.00点 Review9人
5 感泣評価 2.50点 Review6人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS