グローリーのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ク行
 > グローリー
 > (レビュー・クチコミ)

グローリー

[グローリー]
Glory
1989年【米】 上映時間:122分
平均点:7.53 / 10(Review 80人) (点数分布表示)
公開開始日(1990-04-14)
ドラマ戦争もの歴史もの実話もの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-03-20)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督エドワード・ズウィック
助監督ダン・ラーナー〔監督〕(第2班監督)
ジョセフ・M・カラッシオロ・Jr(第二班第二助監督)
キャストマシュー・ブロデリック(男優)ロバート・グールド・ショー大佐
デンゼル・ワシントン(男優)トリップ
ケイリー・エルウィズ(男優)キャボット・フォーブス少佐
モーガン・フリーマン(男優)ジョン・ローリンズ曹長
アンドレ・ブラウアー(男優)トーマス・シアーレス大尉
ジョン・フィン(男優)マルケイ曹長
ボブ・ガントン(男優)ハーカー将軍
クリフ・デ・ヤング(男優)モンゴメリー大佐
ジェイ・O・サンダース(男優)ストロング将軍
マーク・マーゴリス(男優)コネチカット兵
ジェーン・アレクサンダー(女優)ミセス・サラ・ショー(ノンクレジット)
ケヴィン・ジャール(男優)コネチカット兵(ノンクレジット)
ビル・ナン(男優)(ノンクレジット)
神谷明ロバート・グールド・ショー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
大塚明夫トリップ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
金尾哲夫キャボット・フォーブス少佐(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
池田勝ジョン・ローリンズ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
麦人シャーツ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
谷口節トーマス・シアーレス少佐(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
内海賢二マルケイ曹長(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
加藤正之アンドリュー知事(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
大宮悌二ハーカー将軍(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
若本規夫モンゴメリー大佐(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)/キャボット・フォーブス少佐(〃【テレビ】)
小島敏彦ピアース(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
江原正士ロバート・グールド・ショー大佐(日本語吹き替え版【テレビ】)
菅生隆之トリップ(日本語吹き替え版【テレビ】)
渡部猛ジョン・ローリンズ曹長(日本語吹き替え版【テレビ】)
脚本ケヴィン・ジャール
音楽ジェームズ・ホーナー
撮影フレディ・フランシス
製作フレディ・フィールズ
ピーター・ジャン・ブルージ(共同製作)
美術ノーマン・ガーウッド(プロダクション・デザイン)
ギャレット・ルイス[美術](セット装飾)
キース・ペイン(美術監督スーパーバイザー)
ヘアメイクケヴィン・イエーガー(メーキャップ・クリエイター)
編集スティーヴン・ローゼンブラム
録音ドナルド・O・ミッチェル
エリオット・タイソン
ロン・ベンダー
グレッグ・ルドロフ
ラッセル・ウィリアムズ二世
字幕翻訳戸田奈津子
スタントコンラッド・E・パルミサーノ
その他ピーター・ジャン・ブルージ(ユニット・プロダクション・マネージャー)
ジェームズ・ホーナー(指揮)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
80.黒人のみの部隊を率いるショー大佐だが、厳しくしながらも黒人たちを信じ、活躍させてやりたい、そしてそのために必要な訓練をさせてやりたいという気持ちが十分伝わってくる。黒人たちも、黒人として戦うのではなく、「人間」としての誇りのために戦うということに目覚めていく。細かいことだがそういったシーンや台詞回しが上手に配されていて脚本の良さを感じる。モーガン・フリーマンの泥臭い農民もデンゼル・ワシントンのインテリ黒人も良かった。南北戦争や奴隷解放宣言についてもっと知りたいと思わせてしまう佳作であった。好み45/50、演出13/15、脚本15/15、演技9/10、技術8/10、合計90/100→9/10点
chachaboneさん [DVD(字幕)] 9点(2015-07-02 22:59:35)
79.《ネタバレ》 西部劇ではお馴染みの南北戦争ですが、内部も内部、最前線のしかも黒人部隊を描いているというのが驚き。
 黒人といえば南部で、被差別側で、白人は敵!という描かれ方がマジョリティなもんだから、北軍(白人)の掲げる自由に依り、誇りをもって一丸となって南軍と戦う黒人、という描かれ方は衝撃で、また、よくよく考えば確かにそういう人たちだっているよな、と納得もしました。
 現代でいうところの「管理職の辛さ」を味わいまくるショー大佐ですが、部下からの信頼は絶大。それはひとえにレッテルに囚われずに黒人であろうと一人の人間として平等に接したというのが全てでしょう。黒人であろうと白人であろうと悪い奴は悪い、というのが焼き討ちシーンを筆頭に示されていました。
 あまりにも素直すぎる黒人たちや結局アメリカ賛美の映画っぽい描かれ方には多少なり違和感もありますが、純粋に個の尊厳を扱った人間ドラマとして、良い作品だと思います。
53羽の孔雀さん [DVD(字幕)] 8点(2015-04-05 03:18:07)
78.使い捨ての駒のように北軍、南軍の兵士がバタバタ死んでいく戦闘シーンがリアルで凄まじかったです。坊ちゃん顔の主人公の強い正義感と死を覚悟した行動が胸を打ちます。この若き白人指揮官と黒人兵士たちの間に、当時としてはあり得ないほどの強い一体感が築き上げられたクライマックスに素直に感動です。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2015-02-28 00:16:07)
77.《ネタバレ》 南北戦争のころの黒人がどういう状況のもとに置かれていたのか、黒人の解放という大義のもとでさえそれがどんなふうに戦われたのか、アメリカという国の歴史を知るうえでこの上なくためになる映画でした。なかでも作品としてよかったのは、黒人の差別からの解放という重いテーマでありながら、安易なヒューマニズムに流されるのではなく、富裕階級の出身である主人公が、終始、戦争という得体のしれないものに圧倒されながら事態を見つめていたこと、その思いつめた表情がいちばん印象的で戦争のリアルを示すもののように思えた。
さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2015-02-26 22:23:07)
76.最初は教科書的な映画かなと思ったけど、それ以上に重い展開となっていった。
黒人としてでなく人として、でも何故戦うのか、そういったことも考えること無く戦死していくことにどういう意味があるか、考えさせられる作品。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2014-03-23 21:24:14)
75.《ネタバレ》 ずっしりと見応えのある映画ですね。南北戦争というアメリカでの内戦、そこに編成された黒人による第54部隊のお話で、D・ワシントン、M・フリーマンという名優の重厚な演技が素晴らしい! マシューのあどけない雰囲気もこの作品での役割に合っていましたね。歴史的な事も含め大変勉強にナリマシタ
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-02-27 21:20:09)
74.アメリカにおける歴史として必須。黒人ではなく人としての尊厳を守るための戦いである。
Balrogさん [DVD(字幕)] 9点(2012-07-08 01:07:11)
73.ドラマも良かったし、俳優陣の演技が圧倒的で厚みのある映画だった。
戦いのシーンは生々しく、迫力があり、息をつかせない仕上がりだった。

タックスマン4さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2012-03-31 20:55:13)
72.黒人兵士たちの演技がうまい。戦闘が続く後半よりも、黒人の立場がよくわかる前半が見ごたえあります。
nojiさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2012-03-10 14:24:55)
71.《ネタバレ》 淡々としたストーリーで過剰な演出も無かったので登場人物が死ぬことを「イベント」にしている映画との違いを明確にしているように思えました。観ていて涙を流すと言うよりは感動しました。
この映画の舞台からおよそ150年後アメリカで黒人の大統領が誕生したのはマサチューセッツ第54連隊だけではなくその他多くの人々が必死で生きて歴史を作ってきた結果であり、オバマ大統領の存在そのものが彼らの死は無駄死にではなかったことの証だと思う。
AIRSさん [DVD(吹替)] 8点(2012-02-02 17:21:52)
70.《ネタバレ》 人間が人間として扱われない不条理への怒り・恐れ、そのことが当たり前のように常識として存在しており、南北戦争の原因の一つとなっていることへの驚き、そしてそんな状況の中で自らの人間としての尊厳を取り戻そうとする登場人物たちへの賞賛等々様々な感情が湧き上がって来た作品でした。

TMさん [DVD(吹替)] 8点(2011-08-18 01:30:01)
69.デンゼルワシントンとモーガンフリーマンが脇にいて面白くないわけがない!主役のマシューブロデリックもなかなか良い役でハマってました。お薦めしたい良い映画です。
さわきさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2011-07-29 23:59:06)
68.《ネタバレ》 そおかぁ。みんな死んじゃうんですね。史実に基づいているから仕方ありませんね。みんなの笑顔を最後にもう一度見たかった。そう言えば、大佐の遺体も黒人兵の遺体も同じように扱われているのは、死んでしまえば黒人も白人も階級も関係ないということを暗示しているのでしょうか。
たきたてさん [DVD(字幕)] 7点(2011-07-07 20:19:23)
67.《ネタバレ》 脱走に失敗して、鞭打ちの刑を受けるデンゼル・ワシントン。鞭を受けながらマシュー・ブロデリックを見つめる眼から一筋の涙が流れる。それを観て「なんと美しい顔なんだろう」と思わず唸ってしまった。まさしく、名優が誕生した瞬間だったのだと思います。この映画の黒人俳優たちはみな表情が素晴らしい。彼らがワグナー要塞攻撃の前夜、焚き火を囲んでゴスペルを歌うシーンは涙なくして観れない名シーンです。そしてマシュー・ブロデリック、弱々しいお坊ちゃんが指揮官に任ぜられて奮闘する姿が健気で、内面の成長はともかくとして最後まで初々しい姿のまま戦死してしまうのがまた涙を誘います。第二次世界大戦では日系人部隊でも同じ様なドラマが繰りかえされていることを決して忘れてはならないと思うし、ぜひハリウッドでこの物語も映像化して欲しいところです。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2011-01-19 23:41:29)
66.彼らが何のために死ぬのか日本でぬくぬくと生活している自分には完全に理解することはできないだろう。
akilaさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2011-01-15 23:40:19)
65.まずまず
ホットチョコレートさん [ビデオ(邦画)] 6点(2010-12-14 23:04:44)
64.主人公の芯の強さ、苦悩など・・表情を楽しめました。
いつのまにか彼が次にどのような言葉を発するのか期待しながら鑑賞していました。
脇を固める隊員も個性派揃いで印象に残りました。
随所に「いいシーン」が散りばめられていて感動や涙を誘い、ちょっとズルいかな?という気もします。
そんなわけで重厚な戦争映画という雰囲気ではありませんでしたが、人間ドラマの展開に心温まりました。
牛若丸さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2010-10-17 21:38:26)
63.《ネタバレ》 誇りというものは、人間にとって最も重要なものと言い切る根拠はないけれど、重要なものの一つであることは間違いないと思う。
 軍隊に志願し、訓練を受け、激しい戦いに参加することで人間としての誇りを取り戻していく黒人兵達に感動と悲しみを感じた。
 ただ、アメリカ人にとってあまりに自明なんで描かれなかったかもしれないけれど、何故戦う必要があるのかも、少しは描いて欲しかった。南軍の扱いが、あれじゃあ安手の戦争映画のドイツ軍扱い、あまりにも薄っぺらい。
 ぼんぼんむき出しの主人公が、自分が黒人を教え導くつもりが、逆に人間として、どんどん成長していくのもよかった。
(第二次世界大戦などでは極めて合理的な戦術をとるアメリカ軍も、こういう全く無謀な作戦の経験があってこそ、成長していったわけなんだな、としみじみするとともに、この半世紀後に全く同じような無謀な銃剣突撃を繰り返しては、全滅していった某帝国陸軍がちょっと情けない)
rhforeverさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2010-10-14 10:26:43)
62.《ネタバレ》 “栄光”の米国史の1ページを描いたアメリカ万歳作品。黒人の逃亡奴隷で組織された北軍の第54連隊。激しい戦場を再現したワグナー城塞突撃シーン、自衛隊の戦闘訓練を想起してしまいました。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 7点(2010-08-03 21:19:34)
61.《ネタバレ》 マシュー・ブロデリックを悪く言う訳じゃなく、ロバート・グールド・ショー大佐そのものが主人公として明らかに弱いなぁ…。監督のエドワード・ズウィックってどこかで聞いた名前だと思ったら「ラストサムライ」の監督ですね。道理で所々似ているかも。あの映画も渡辺謙がトム・クルーズを食ったと言われているが、本作はそれ以上にロバートの存在感が薄い…。その分と言ってはなんだが、黒人たちの描き方は良かった。実質こちらがメイン。モーガン・フリーマン、デンゼル・ワシントン、インテリ黒人など個性的な面々で、だんだんと第54連隊のファンになっていくような気分。滅びの美学なのか後味もそう悪くなく、高評価なのも頷ける内容だった。
リーム555さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2010-07-14 22:15:12)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 80人
平均点数 7.53点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
556.25%
6911.25%
72531.25%
82632.50%
91012.50%
1056.25%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.60点 Review5人
2 ストーリー評価 6.85点 Review7人
3 鑑賞後の後味 7.14点 Review7人
4 音楽評価 7.28点 Review7人
5 感泣評価 6.00点 Review4人
chart

【アカデミー賞 情報】

1989年 62回
助演男優賞デンゼル・ワシントン受賞 
撮影賞フレディ・フランシス受賞 
音響賞ラッセル・ウィリアムズ二世受賞 
音響賞ドナルド・O・ミッチェル受賞 
音響賞エリオット・タイソン受賞 
音響賞グレッグ・ルドロフ受賞 
美術賞ギャレット・ルイス[美術]候補(ノミネート) 
美術賞ノーマン・ガーウッド候補(ノミネート) 
編集賞スティーヴン・ローゼンブラム候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1989年 47回
作品賞(ドラマ部門) 候補(ノミネート) 
助演男優賞デンゼル・ワシントン受賞 
監督賞エドワード・ズウィック候補(ノミネート) 
脚本賞ケヴィン・ジャール候補(ノミネート) 
作曲賞ジェームズ・ホーナー候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS