私が棄てた女のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ワ行
 > 私が棄てた女
 > (レビュー・クチコミ)

私が棄てた女

[ワタシガステタオンナ]
1969年【日】 上映時間:116分
平均点:6.75 / 10(Review 4人) (点数分布表示)
ドラマラブストーリーモノクロ映画青春もの小説の映画化
新規登録(2004-08-15)【ドラえもん】さん
タイトル情報更新(2021-04-15)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督浦山桐郎
キャスト河原崎長一郎(男優)吉岡努
浅丘ルリ子(女優)三浦マリ子
小林トシ江(女優)森田ミツ
加藤治子(女優)三浦ユリ子
江守徹(男優)長島繁雄
露口茂(男優)
加藤武(男優)森田八郎
大滝秀治(男優)清水修造
岸輝子(女優)森田キネ
小沢昭一(男優)大野義雄
佐野浅夫(男優)医者
園佳也子(女優)看護婦
遠藤周作(男優)医者
辰巳柳太郎(男優)清水修一
原作遠藤周作「わたしが・棄てた・女」
脚本山内久
音楽黛敏郎
撮影安藤庄平
配給日活
美術横尾嘉良
編集丹治睦夫
録音紅谷愃一
照明岩木保夫
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
4.《ネタバレ》 化粧してない浅丘ルリ子がこんなにきれいなんて!び~っくり!内容の方は「女性」というものが分かりやすく描かれてある、と思いました。
トントさん [ビデオ(邦画)] 8点(2013-05-12 04:38:49)
3.ストーリーは、弱気な青春の蹉跌、と感じました。
この年代の映画は大道具、小道具が面白いく、とても時代を学べます。
浅丘ルリ子さんが素晴らしいです。役柄には共感出来ませんが。
こねさん [地上波(邦画)] 5点(2012-04-29 22:19:46)
2.《ネタバレ》  とにかくこの作品は森田ミツ役の小林トシエの熱演に尽きますね。優越感を感じさせてくれて、尽くしてくれて、しかも全てを赦してくれる・・・男にとってまさに理想の女性を見事に演じています。

 森田ミツという女性は、日本が豊かさを得る代わりに失ってしまった「何か」を象徴しているのかも知れませんね。

 ちょっと、彼女の死後の展開がシュール過ぎて別の作品のようになってしまったのが残念でした。
TMさん [ビデオ(邦画)] 7点(2008-12-27 18:42:48)
1.回想シーンがどれも美しい。海の景色、馬追いの夕景のシルエット、スターの家を見に行ったときの桜吹雪。原作のらい病院を老人ホームにして、宗教的な求道性を監督は社会性に置きかえている。これは監督の権利として許される範囲内。ただこの監督はちょっと余計なものを付けちゃうとこがあって(たとえば『青春の門』でガイコツの山を貨車に積んでみたりとか)、ここで終わってもいいのにってとこでオマケがついてしまう。まあ、つけまつげのない浅丘ルリ子の顔が見られるのも珍しくていいんだけど。河原崎長一郎は、渋谷での待ち合わせのあたりからして、うまい。
なんのかんのさん [映画館(邦画)] 7点(2008-05-02 12:18:33)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 4人
平均点数 6.75点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5125.00%
600.00%
7250.00%
8125.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS