ミンクの手ざわりのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ミ行
 > ミンクの手ざわり
 > (レビュー・クチコミ)

ミンクの手ざわり

[ミンクノテザワリ]
That Touch of Mink
1962年【米】 上映時間:99分
平均点:6.67 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
公開開始日(1962-09-29)
ラブストーリーコメディ
新規登録(2004-08-15)【元みかん】さん
タイトル情報更新(2017-04-24)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督デルバート・マン
キャストケイリー・グラント(男優)
ドリス・デイ(女優)
ジョン・アスティン(男優)
ジョン・フィードラー〔男優〕(男優)
ギグ・ヤング(男優)
脚本スタンリー・シャピロ
音楽ジョージ・ダニング〔音楽〕
編曲アーサー・モートン〔編曲〕
撮影ラッセル・メティ
製作スタンリー・シャピロ
マーティン・メルチャー
美術ロバート・クラットワージー
アレクサンダー・ゴリッツェン
編集テッド・J・ケント
録音ウォールドン・O・ワトソン
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.ドリス・デイが今にも歌いだしそうで!楽しいどたばたですが、あの時代だからこそ成り立つのかなと思ってしまう。だけど満足すぎる労働者は雇用者に、という皮肉の方が面白かったです。脇役たちがよい、ルームメイトさんと顧問役が完璧。
HRM36さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2020-02-15 13:40:35)
2.《ネタバレ》 ケイリー・グラントが主演ということで、これは何か企んでるに違いない。良いふりして(紳士を気取って)と毎度ながら出てくる女性へのちょっかいの仕方にしてもこちらの思っているようにしてやってみせる。そんな男に惚れる女、ドリス・デイとのデートでヤンキースタジアムへ行ってのヤンキースの応援、ところが、これがどういう訳だか客席ではなく、ベンチの中でベンチ入りの選手に混じって応援と笑わせてくれる。笑わせてくれるという意味ではドリス・デイの親友の女がドリス・デイに近づいてくる別の男に対して色々とやり放題のとにかく強い女、アホな男のちょっとしたドタバタ感の感じられる良きハリウッド映画て感じの内容でとにかく滅茶苦茶なんだけど、最近のアメリカンコメディのように下品でなく上品さを感じるので不愉快な気持ちにはならないので楽しむことが出来た。
青観さん [ビデオ(字幕)] 7点(2009-04-05 11:42:24)(良:1票)
1.モテモテで困った困ったしている求職中のドリス・デイ(どうも必ず社内の人に一方的に惚れられるらしい)と超大金持ちの実業家でハンサムなケイリー・グラントのすれちがいロマコメです。主人公二人の変なキャラに、周りの脇役陣もちゃんと変で、同じネタを二度、三度とくりかえすことでベタな面白さを感じることができる、60年代ロマコメの金字塔といった映画。この登場人物の中で、私のお気に入りはドリス・デイのルームメイト(独身・女)。食堂に勤める彼女は、職がないルームメイトのために上司に内緒で料理を提供。男に連れて行かれたときけば、包丁を手にのりこもうとする。そして、彼女が鼻持ちならない実業家(独身男だけれど)の愛人にされそうになったら、ちゃんと諭そうとする。そして、最後にルームメイトの恋を応援するためにひと芝居をうつことを考える。そんな彼女の言葉は「女は独身が長くなると、みんな哲学者になる」。そう、この言葉に賛成1票。私の友達をみていてもそう感じます。哲学者になってしまったドリス・デイのルームメイトはとても魅力的でした……。頼りがいのある女性です。ただ、この魅力を男性がわかってくれるかどうかはわかりませんが……。きっと彼女は結婚なんてしなくても幸せなんだと思いますが、幸せになってほしいなぁ。
元みかんさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2004-08-19 22:41:50)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 6.67点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6133.33%
7266.67%
800.00%
900.00%
1000.00%

【アカデミー賞 情報】

1962年 35回
脚本賞スタンリー・シャピロ候補(ノミネート) 
音響賞ウォールドン・O・ワトソン候補(ノミネート) 
美術賞ロバート・クラットワージー候補(ノミネート) 
美術賞アレクサンダー・ゴリッツェン候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1962年 20回
作品賞(ミュージカル・コメディ部門) 受賞(コメデイ映画賞として)
主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)ケイリー・グラント候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS