夜叉ヶ池のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヤ行
 > 夜叉ヶ池
 > (レビュー・クチコミ)

夜叉ヶ池

[ヤシャガイケ]
1979年【日】 上映時間:124分
平均点:7.00 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
ドラマファンタジー小説の映画化
新規登録(2004-08-22)【ドラえもん】さん
タイトル情報更新(2018-07-31)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督篠田正浩
矢島信男(特殊撮影監督)
助監督熊谷勲
キャスト坂東玉三郎(五代目)(男優)百合/白雪姫
加藤剛(男優)萩原晃
山崎努(男優)山沢学円
三木のり平(男優)鯰入
唐十郎(男優)伝吉
金田龍之介(男優)穴隈鉱蔵
井川比佐志(男優)鯉七
山谷初男(男優)与十
常田富士男(男優)蟹五郎
丹阿弥谷津子(女優)湯尾峠の万年姥
阿藤海(男優)十三塚の骨
石井めぐみ(女優)木の芽峠の山椿
矢崎滋(男優)斉田初雄
大前均(男優)小鳥風呂功
浜村純(男優)影法師/鐘つき弥太兵衛
南原宏治(男優)鹿見宅膳
安部徹(男優)権藤管八
金井大(男優)畑上嘉伝次
田中筆子(女優)老婆
古田将士(男優)鯖江太郎
小林トシ江(女優)村の女
原作泉鏡花
脚本篠田正浩
三村晴彦
田村孟
音楽冨田勲
撮影小杉正雄
坂本典隆
製作杉崎重美
配給松竹
美術粟津潔
大澤哲三
横山豊
編集山地早智子
録音西崎英雄(調音)
照明飯島博
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.《ネタバレ》 女形で一世を風靡していた坂東玉三郎(五代目)主演の映画。

ガキんちょだった当時、映画のチラシなんかを集めていて、池に白い着物を纏って凛と立っている夜叉ヶ池のチラシの彼女(彼)を見て、この人本当に男なんかね・・・と子供ながらに思ったものでした。

兎にも角にも、坂東玉三郎さんありきの映画で、ストーリーの摩訶不思議さと相俟って一見の価値がある映画ではあると思う・・・が、ビデオ・DVD化はされていないようですね。

ラストの大洪水なんかは大迫力ですし(あくまでも当時としては・・・)
ぐうたらパパさん [インターネット(字幕)] 7点(2013-07-03 18:42:01)
2.泉鏡花の幻想的な世界と、女形坂東玉三郎の美しさで当時結構話題になった映画であり、大変印象深い。特に玉三郎は、鐘楼守の妻百合と夜叉ヶ池の主白雪姫の二役を使い分け、見事と言う他はなく、この人を得て「夜叉ヶ池」は撮影可能になったと言われたほどだ。ただこの映画は著作権の関係か、ビデオ・DVD化されておらず、若い人に見ていただけないのが非常に残念である。
ESPERANZAさん [映画館(邦画)] 7点(2013-03-04 19:36:47)
1.え~すみません、コレも子供の頃に観たっきりなんですが。とりあえずですね、「この女のヒト、実は男の役者さんなんやで」などと言われてヒエーと思ったのが第一印象。で、後はラストのスペクタクル大津波シーンまでひたすら頑張って観ましょう、と、まるで『大魔神』でも観る時のような気分で観ておりましたが・・・何じゃこりゃ?というのが第二印象、何しろ得体の知れないキャラが続々登場、しかも、カニのお化けみたいなヤツは、声を聞くとまさに「まんが日本昔ばなし」でお馴染みの声だしな(=常田富士男)。アゼン愕然としている間に、いよいよクライマックスの大洪水、いや、これがまた豪快なこと、こりゃスゴイわ。というわけで、不思議な味わいが子供には濃厚すぎる、トラウマ系映画の一本でした。後に鏡花の原作戯曲を読んだ際には、意味もなくドキドキしてしまいました~。
鱗歌さん 7点(2004-12-23 00:22:25)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
73100.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS