テイキング・ライブスのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > テ行
 > テイキング・ライブス
 > (レビュー・クチコミ)

テイキング・ライブス

[テイキングライブス]
Taking Lives
2004年【米・カナダ・豪】 上映時間:103分
平均点:4.56 / 10(Review 68人) (点数分布表示)
公開開始日(2004-09-11)
公開終了日(2005-01-21)
アクションサスペンス犯罪もの刑事もの小説の映画化
新規登録(2004-08-30)【rothschild】さん
タイトル情報更新(2008-04-04)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督D・J・カルーソー
助監督ミック・ロジャース(第二班監督)
アルバート・チョー(第二班助監督)
キャストアンジェリーナ・ジョリー(女優)FBI捜査官 イリアナ・スコット
イーサン・ホーク(男優)ジェームス・コスタ
キーファー・サザーランド(男優)ハート
ジーナ・ローランズ(女優)マーティンの母 レベッカ・アッシャー
オリヴィエ・マルティネス(男優)刑事 パーケット
チェッキー・カリョ(男優)警部 レクレア
ジャン=ユーグ・アングラード(男優)刑事 デュバル
ポール・ダノ(男優)若き頃のマーティン・アッシャー
ジャスティン・チャットウィン(男優)マット
マリ=ジョゼ・クローズ(女優)検屍官
音楽フィリップ・グラス
挿入曲U2"Bad"
ザ・クラッシュ"Should I Stay Or Should I Go"
撮影アミール・モクリ
製作アラン・C・ブロンクィスト(共同製作)
マーク・キャントン
ワーナー・ブラザース
製作総指揮ブルース・バーマン
配給ワーナー・ブラザース
特殊メイクエイドリアン・モロ
特撮ルイス・クレイグ(特殊効果スーパーバイザー)
美術ガーソン・ユー(タイトル・デザイン)
編集アン・V・コーツ
字幕翻訳林完治
スタントアリソン・リード〔スタント〕
その他アラン・C・ブロンクィスト(ユニット・プロダクション・マネージャー)
あらすじ
モントリオールのとある工事現場で、両腕を切断され顔を潰された死体が発見される。事件の困難性を予見した地元警察はFBIに協力を要請、有能なプロファイラーであるイリアナ・スコット特別捜査官が現地に派遣された。イリアナは独自の操作方法で捜査を進展させていくが、そこに新たな事件が発生。警察は目撃者である画商コスタの確保に成功する。彼は、自らの命が狙われる可能性から囮捜査への協力を承諾する。そして、イリアナはコスタの不思議な魅力に惹かれていく自分に気付くのだが… 豪華出演陣が織り成すサスペンス・ミステリー。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
68.《ネタバレ》 以前観たことあったんだけど、アンジーがあんなに大胆な濡れ場を演じているとは思ってなかったから、その点に一番驚いたかも。
他のレビュワーの方も書いておられたが、イーサン・ホークがナイスガイを演じるわけがないんだから、誰が犯人?ではなく、イーサンの化けの皮が剥がれるのはいつ?という楽しみ方が正しい。
そう考えると、アンジーとのラブシーンは、ピリピリするほどの緊張感があり、見応え充分。
イーサンの正体がバレてからのアンジーの弱々しさは、それまでとのギャップでかなり○。
問題は、正体がバレて逃亡したイーサンが、なぜそこまでアンジーに執着したのか、ということ。
罠だ、くらい考えつきそうだし、そもそも他人の人生を生きてきた男が、一人の女に執着するとは思えない。
その点に疑問符は付くが、映画自体は豪華俳優陣の抑え目の演技で起伏もあり、面白いことは間違いない。
さらに、冒頭のみ出演のポール・ダノ。この人、ピンポイントでも強烈な印象を残す稀有な俳優だよなあ。そこに加点。
roadster316さん [インターネット(字幕)] 7点(2021-09-04 18:22:51)★《新規》★
67.《ネタバレ》 終盤のアンジーとイーサンの対決場面での、静かな対話から次第に緊迫感を増加させ、ハサミの奪い合いからのイーサンを刺したあとに妊婦ハリボテを見せつけるというシークエンス。

脚本書いた人は「うん、なかなかいいデキ!」と思っていたのかもしれない。

だが私は、イーサンがお茶を入れてる背後から妊婦ハリボテで頭をバチコーンッ!して倒しちゃえば1分で話しは済むのにと思った。
フィンセントさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2018-12-12 14:33:10)
66.《ネタバレ》  これは困った一品。

 イーサン・ホーク演じるコスタの存在意義が「好青年と見せかけて実は犯人」という以外には思い付かないようなキャラクターの為、観ていて早々に犯人に気付いてしまうのですよね。
 キーファー・サザーランドという大物を起用し、彼が犯人かと勘違いさせるべくミスリードを行っているのは分かるのですが「それで騙そうとするのは、ちょっと無理があるよ」という感じ。

 最後の「実は妊娠していなかった」オチに関しても、事前に医者に告知されるシーンなどがなく、いきなり主人公のお腹が膨らんでいる展開なので、その瞬間からもう「本当に妊娠しているの?」と疑ってしまうんです。
 だから、その後に真相が明かされても「あぁ、やっぱり」と嘆息するしかない訳で……本当に困っちゃいます。

 そんな具合に、どうにも脚本が肌に合わなかったのですが、それでも何だかんだ退屈せず観られたのは、役者さんの力が大きいのでしょうね。
 アンジェリーナ・ジョリーは前半の「出来る女」っぷりと、中盤以降の騙された「弱い女」っぷりの演じ分けが見事でしたし、彼女とイーサン・ホークの演技合戦を眺めているだけでも、何だか得した気分。
 演出に関しても「相手を突き飛ばして車に跳ねさせる場面」や「エレベーターの中で犯人が母親の首を捥ぎ取る場面」などは中々ショッキングであり、良かったと思います。

 低予算な映画が脚本によって救われて、傑作に仕上がる事がありますが、本作の場合は逆に、脚本の不備を役者さんの力によって補ってみせたというパターンではないかな……と感じられました。
ゆきさん [DVD(吹替)] 5点(2017-04-19 02:05:42)(良:1票)
65.《ネタバレ》 始まりから衝撃的なシーンもあり展開に期待したけれど尻すぼみに終わった感じでした。犯人の他人の人生の乗っ取りの部分ももう少し具体的に描いてほしかったかも。
civiさん [地上波(吹替)] 5点(2013-12-03 16:05:02)
64.シナリオの粗っぽいクライムサスペンス。
犯人側の設定に興味を抱くも、彼の目的がよくわからないし、やっぱり無茶。
アンジェリーナ演じる女捜査官は、それっぽければいいやというキャラで、美人のヒロインとハンサムな犯人さんだけに、物語は何か怪しげな方向へ。
やはりストーリーよりも、ヒロインを見せる映画という印象のほうが強かった。
プロファイリングやサイコ調はとりあえず取って付けたという感じで、ストーリー上はあまり関係ないです。
何も考えなければ、そこそこ面白く観られるんだろうけど……。
MAHITOさん [DVD(字幕)] 3点(2013-04-25 00:30:45)
63.アンジーのシリアスプロモーション的な映画なのかな?アンジーの魅力はHなシーンも含めて満載です。ストーリーは・・・犯人がすぐ推測できる上に矛盾の有る展開のラスト。うーん、火曜サスペンス劇場レベル。
movie海馬さん [地上波(吹替)] 4点(2012-09-28 20:00:43)
62.《ネタバレ》 アンジェリーナ・ジョリーが優秀な捜査官として愚鈍な地元警察が解決済みと判断した事件を危険を顧みずに解決・・・みたいなあっさりしたストーリーではなく、一度(?)は完全にだまされ、信用しきってしまうところは、ちょっと新鮮だった。けど、ラストはどうかなあ? あと死体が置かれていた場所に自分も寝てみるっていうのは『アンフェア』(ドラマ・映画)のオリジナルかと思っていたけど、これのパクリだったんだね。
フラミンゴさん [地上波(吹替)] 4点(2009-07-25 16:15:11)
61.有名どころの俳優がたくさん出ている割には安い仕上がりだった。「リトル・サンシャイン」のお兄ちゃん(ポール・ダノ)だけ印象深かった。
HRM36さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2009-07-20 09:09:56)(良:1票)
60.観始めて5分・・・「やべ!前、借りたことあるやつだ損した!」という事に気付いた・・・でも結局、最後まで飛ばさずに観られたので6点!(後味は良くないけど)
よりさん [DVD(字幕)] 6点(2009-03-09 00:10:21)
59.まったく想定の範囲内
甘口おすぎさん [地上波(吹替)] 5点(2008-11-15 16:02:37)
58.《ネタバレ》 この映画かなり良かったです。アンジェリーナ・ジョリー、イーサン・ホーク、キーファー・サザーランド。この3人が共演しているだけで興味がそそられます。イーサン・ホークが出てきた時点でこいつが真犯人だと思いながら見ていたのですが、最後までそれを感じさせずに見れました。アンジェリーナ・ジョリーとイーサン・ホークのSEXシーン最高。キーファー・サザーランドは「24」のイメージが強いせいか追われている事に違和感を感じましたw
映画さん [DVD(字幕)] 8点(2008-08-10 19:46:46)
57.なんか、悪趣味。
たいがーさん [DVD(字幕)] 3点(2008-06-15 12:08:58)
56.イマイチストーリーに魅力のないB級サスペンスですね。主人公が身も心もボロボロになるくだりは好きですが、ラストがなんとも…。
すべからさん [DVD(字幕)] 4点(2008-06-13 17:46:02)
55.《ネタバレ》 割と面白かったと思いますよ。アンジェリーナもああいう強い女役は勿論いいんだけど、イーサンのイカレた男役もなかなかいい。ああいう役をやらせると独特の味が出てて、まさに彼にとっては本領発揮といったところでしょうか。無論、彼が犯人であるというのは途中でわかっちゃいますけど、この作品の場合はサスペンスとしての良さより、役者の持ち味と展開の唐突さを楽しんでみる方がいい。ラストの展開、妊婦のフリをしてひたすら待ち続けていたという、彼女の執念が伝わってくる様でなかなかよい。
あろえりーなさん [地上波(吹替)] 6点(2008-04-09 00:01:40)
54.《ネタバレ》 騙されたから、騙し返したと。あまり楽しい作品ではない。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 6点(2008-03-20 21:34:34)
53.ちょい派手に散ったキーファーに3点献上。合掌!
真尋さん [地上波(吹替)] 3点(2008-03-11 09:06:12)
52.ジャックの暴走に期待したんだが、アレだけ??? つーか、イーサンもハリボテ刺して気がつかねーのかよ?
東京50km圏道路地図さん [地上波(吹替)] 5点(2008-03-11 00:06:13)
51.《ネタバレ》 ノーヒントで「見たか!だまされただろ!」っていう映画も個人的には最悪だと思っているけど、ここまでミエミエってのもね・・・イーサン・ホークってあんな感じだったっけ?
ディーゼルさん [地上波(吹替)] 5点(2008-03-10 23:08:19)
50.《ネタバレ》 これだけ登場人物が限られている中で、真犯人が誰かという部分で引っ張るのは限界があるので、そこは敢えて先に観客に対して「犯人=イーサン」として見せてしまう方が却って良かったのかなー?と思いました(そうするとキーファーは余計不要になるけど)。

物語は展開的にはかなり強引で多々無理も生じていますが、アンジーの演技(いきなり犯人をシロと思い込んで恋愛感情を持ってしまい、裏切られる)だけは見事だったと思います。表情的なものも含めてボロボロになっていく過程が上手かったなあと。

最後の対決で、もし本当に赤ちゃん刺したら0点つけてやろうかと思いましたが、そうじゃなくてなにより。7ヶ月間、ひたすら偽妊婦を演じて待ち続けたアンジーに5点献上します。
まさかずきゅーぶりっくさん [地上波(吹替)] 5点(2008-03-10 17:43:32)
49.ラストの犯人を誘き出す為の大掛かりなトリックとそれにまんまと引っかかる犯人という設定は如何なものか。むしろ、トリックではなくて本当に出産までしてしまうくらいの方がサスペンスとしては凄みがあるかも・・・。
クロさん [地上波(吹替)] 5点(2008-03-10 09:01:45)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 68人
平均点数 4.56点
011.47%
122.94%
222.94%
3710.29%
42130.88%
52029.41%
61014.71%
722.94%
822.94%
911.47%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.14点 Review7人
2 ストーリー評価 4.12点 Review8人
3 鑑賞後の後味 4.11点 Review9人
4 音楽評価 4.40点 Review5人
5 感泣評価 1.33点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS