スター・ウォーズ<特別篇>のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ス行
 > スター・ウォーズ<特別篇>
 > (レビュー・クチコミ)

スター・ウォーズ<特別篇>

[スターウォーズトクベツヘン]
(スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望)
STAR WARS: SPECIAL EDITION
(Star Wars: Episode IV - A New Hope)
ビデオタイトル : スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望
1997年【米】 上映時間:129分
平均点:7.81 / 10(Review 48人) (点数分布表示)
アクションSFアドベンチャーファンタジー戦争ものシリーズもの
新規登録(2004-09-21)【mhiro】さん
タイトル情報更新(2020-11-17)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョージ・ルーカス
演出伊達康将(日本語吹き替え版【VHS・DVD・BD】)
キャストマーク・ハミル(男優)ルーク・スカイウォーカー
ハリソン・フォード〔1942年生〕(男優)ハン・ソロ
キャリー・フィッシャー(女優)レイア・オーガナ
アレック・ギネス(男優)オビ=ワン・ケノービ
ピーター・カッシング(男優)モフ・ターキン
フィル・ブラウン(男優)オーウェン・ラーズ
リック・ベイカー[メイク](男優)(ノンクレジット)
ジョー・ジョンストン(男優)(ノンクレジット)
リック・マッカラム[製作](男優)(ノンクレジット)
フィル・ティペット(男優)(ノンクレジット)
ダグ・ベズウィック(男優)(ノンクレジット)
ジェームズ・アール・ジョーンズダース・ベイダー
島田敏ルーク・スカイウォーカー(日本語吹き替え版【VHS、DVD】)
磯部勉ハン・ソロ(日本語吹き替え版【VHS、DVD】)
高島雅羅レイア・オーガナ(日本語吹き替え版【VHS、DVD】)
大平透ダース・ベイダー(日本語吹き替え版【VHS、DVD】)
納谷悟朗オビ=ワン・ケノービ(日本語吹き替え版【VHS、DVD】)
野沢那智C-3PO(日本語吹き替え版【VHS、DVD】)
大木民夫グランド・モフ・ターキン(日本語吹き替え版【VHS、DVD、日本テレビ】)
村松康雄オーウェン・ラーズ(日本語吹き替え版【VHS、DVD】)
池田勝モッティ提督/ビッグズ・ダークライター(日本語吹き替え版【VHS、DVD】)
北村弘一ドドンナ将軍(日本語吹き替え版【VHS、DVD】)
広瀬正志ドクター・エヴァザン/ジェック・ポーキンス中尉(日本語吹き替え版【VHS、DVD】)
沢木郁也ポール・トレイダム中尉(日本語吹き替え版【VHS、DVD】)
島香裕ストーム・トルーパー(日本語吹き替え版【VHS、DVD】)
石田彰ルーク・スカイウォーカー(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
堀内賢雄ハン・ソロ(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
石塚理恵レイア・オーガナ(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
坂口芳貞ダース・ベイダー(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
滝田裕介オビ=ワン・ケノービ(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
岩崎ひろしC-3PO(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
山野史人オーウェン・ラーズ(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
若山弦蔵ナレーター(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
小森創介(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
原作ジョージ・ルーカス
脚本ジョージ・ルーカス
音楽ジョン・ウィリアムズ[音楽・1932年生]
ジョージ・ルーカス(音楽製作[ノンクレジット])
編曲ジョン・ウィリアムズ[音楽・1932年生](追加編曲[ノンクレジット])
アーサー・モートン〔編曲〕(追加編曲[ノンクレジット])
撮影ギルバート・テイラー〔撮影〕
製作ゲイリー・カーツ
リック・マッカラム[製作]
製作総指揮ジョージ・ルーカス
配給20世紀フォックス
特殊メイクリック・ベイカー[メイク]
ダグ・ベズウィック
特撮デニス・ミューレン(第二視覚効果撮影)
ILM/Industrial Light & Magic(視覚効果)
ダン・オバノン(CGアニメーション)
リチャード・エドランド(視覚効果撮影)
フィル・ティペット(ストップモーション・アニメーション)
ジョン・ダイクストラ(特殊&視覚効果スーパーバイザー)
美術ジョー・ジョンストン(エフェクトイラストレーション&デザイン)
ボブ・キーン〔特撮・特殊メイク〕(モデル設計[ノンクレジット])
編集ジョージ・ルーカス(ノンクレジット)
字幕翻訳林完治
日本語翻訳岡田壮平(日本語吹き替え版【VHS、DVD、日本テレビ】)
スーツアクターピーター・メイヒューチューバッカ
デヴィッド・プラウズダース・ベイダー
アンソニー・ダニエルズC-3PO
ケニー・ベイカー〔1934年生〕R2-D2
スタントノッシャー・パウエル(ノンクレジット)
その他ジョン・ウィリアムズ[音楽・1932年生](指揮[ノンクレジット])
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
48.なるほどー!これがスター・ウォーズか~!
ガンダムはかなりスターウォーズの影響を受けており、沢山オマージュしているのだなぁと実感した。凄いぞスターウォーズ。
アキラさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2016-01-17 20:54:10)
47.《ネタバレ》 第1作がアメリカで公開されたのは自分が生まれた年だからリアルタイムで観ているはずもなく、子供の頃にテレビで何度も放送されていたが実は全編通して観たのは大学生になってからだった。つまりそこまで思い入れはない。

やはり今観ると映像やテンポに時代を感じる。が、やはりこの世界観を作り上げたことは称賛するしかない。ルーカスに影響を与えた作品はいくつもありそれらにインスパイアされたことは有名だが、彼が作り出したものはやはりそれまでになかったものだ。地球という概念がなく、ドロイドや獣人のような人々が当たり前のようにいる世界観。宙を浮く乗り物。そして、ジェダイ、フォース、ライトセイバー…。リアルタイムの熱狂を知らなくてもその当時の衝撃やその後の影響は完全とはいかなくても想像はできる。それがスター・ウォーズの凄さだろう。

作品自体は意外と行き当たりばったりの冒険活劇。お姫様を助けるため冒険に出るという言うなれば王道の作り。だから幅広い層に支持されたのだろうが、この作品が他のSF作品と違うのはやはりジェダイの存在。今作ではオビ・ワン・ケノービの存在が冒険活劇に神秘性をもたらしていて作品を締めている。そしてスター・ウォーズを知らなくてもこの悪役だけは聞いたことがあるであろうダース・ベイダー。やはり絵的にも強い存在感のある悪役は作品を盛り上げる。主役三人も皆若く生き生きとしているのがいい。その中でもやはりハン・ソロはハリソン・フォードのスター性もあって印象に残る。ジョン・ウィリアムズの全編に流れる映画史に残るであろう音楽も素晴らしい。

今ではCGを加えて再編集されたものが本編とされている感じなので特別篇の方にレビューを書かせてもらった。しかし、発売される度に修正が加わっていくので古いDVDも処分できないのは少々困りもの。全てのバージョンをまとめたブルーレイBOXを出して欲しいというファンは多いのではなかろうか。
さん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2015-12-24 00:22:59)
46.さすがに今時の映像と比べると映像の安っぽさは否めない。ツッコミどころは沢山ある。
でも、面白いね。テンポは良く飽きは来ない。
ダースベーダーやハンソロなど良いキャラも抱えている。
テンプレートすぎるが、寧ろ初代なんだろうなぁという暖かい気持ちで見守りました。
ぬーとんさん [DVD(字幕)] 8点(2015-11-03 15:56:40)
45.《ネタバレ》  スターウォーズはただの映画ではなく、「現象」だった。
 特にこの〈特別篇〉公開時には、先行オールナイトでコスプレイヤーやコアなマニアたちが、宇宙人たちや、そのバンド演奏を再現したりしていて、上映そのものを盛り上げていた。ちびっ子ベイダーが現れたり、劇場アナウンスでの「上映中のライトセイバーのご使用はご遠慮ください」には喝采したりもした。

 本当なら、今時はBlu-rayで見るのがいいんだろうが、どんな高度な映像システムで見ても、家で一人で見るのは、あの『スターウォーズ』ではない。

 永遠に再見できないあの感動に対して、10点献上。
Tolbieさん [DVD(字幕)] 10点(2013-04-07 23:53:41)
44.《ネタバレ》 SFXは今見るとショボいけど、「ジャーン!」「グオオォォォ!」「ピシュン!ピシュン!」「コーホー」「ブゥゥン!」「ドガァァン!!!」ってこれだけなんと胸躍ることか!!最高!!
Fat・Fさん [DVD(吹替)] 10点(2012-01-26 02:59:14)
43.実はオリジナルは未見です。この作品が私のスターウォーズデビュー作品になります。今見れば戦闘シーンやらデススター潜入シーンやら、かなり牧歌的ですらありますが、淀川長治さんが「オモチャ箱のようだ」と評していたとおり、とてもワクワクさせられる楽しい映画です。主人公の一人だけ突っ走った正義感がちょっと鼻につきますが、このころからダークサイドに落ちかける可能性もあったのかしらん。けどキャラがみんな良くてやっぱり魅力的な作品です。
ゆうろうさん [DVD(字幕)] 8点(2011-09-19 22:21:08)
42.オリジナルからみてる者としては、どのくらいの修正と追加がされているのかが非常に期待だった訳ですが、結果から言えば、オリジナル前後のエピソードとフックさせるためのカットの多さに驚きでした。このシリーズではあたしは帝国の逆襲が一番好きなのだけど、それはちゃんとシリーズの前後を見渡した設計がされている所に魅力を感じたからなのですが、ちゃんと特別編も同じ様に修正しているんだよね。細かいディテールについての修正というよりも、こうした物語の連続性を意味付けする構成であることが、うれしくてなりません。
奥州亭三景さん [映画館(邦画)] 9点(2011-02-06 15:09:27)
41.スター・ウォーズ、なつかしいです。当時アメリカで大ヒットしたことが大きな話題で、私も日本封切りを楽しみにしていました。サントラLPを聞き小説を読み、今から思えばその内容を確かめに劇場に足を運んだようなもの。これでは本末転倒です。きっと流行に乗っていただけで、その証拠にこれ以降の作品にはあまり関心がありません。
で、NHKでシリーズ全作を放送するというのでエピソードIVだけ見てみたら、どうやらこの特別篇だったようです。こちらは初見です。そして、意外なほど面白かった! いや~、これは大ヒットしたはずですわ。完全にオリジナルな世界を確立しています。登場する異星人・異種族のユニークなこと。パルプ・マガジンのイラストから抜け出たようなBEMがゾロゾロ登場して、製作当時の感覚からしても古いとは思いますが、そこが逆に新鮮というか、楽しかったりします。古いイメージのものをちゃんと映画として映像化したところに、大いなる価値があったのでしょう。その意味でやはりエポック・メイキングな作だったと思います。ストーリーはテンポよく、ユーモアも利いていて飽きさせません。各人物のキャラクターも古典的ですが、それだけにうまく噛み合っています。特に“若造”のマーク・ハミルと強気なキャリー・フィッシャーが、記憶していた以上に存在感があり役にハマっています。
気になったのは、ブラスターを乱射する場面で画質が変わること。ビデオ合成のように荒くなって不自然にみえます。オリジナルではもっと見やすかったと思うのですが、記憶違いでしょうか。それを除けば、楽しさ満載の2時間でした。
アングロファイルさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2010-07-24 21:21:43)
40.《ネタバレ》 現代の神話「スター・ウォーズ」の始まり。スペース・オペラという言葉もこの作品で普及した。リメイクされて、CG部分が追加されたが、ほとんど変わっていません。最も感動的なのは、R2-D2のけなげな献身ぶり。翻訳ロボットとのコミカルなやりとりも楽しい。次はハンソロ・カムバックによる逆転勝利。息づまる空中戦も見ものです。スター・ウォーズの魅力はこのような脇役キャラの種類が多く、充実しているということ。ちょっとした役のキャラでも表情豊かなんですね。昔の西部劇などでは考えられない演出スタイル。一つ一つのシーンにサプライズが詰まっている。大作感があり、飽きません。ストーリーは単純明快で説明の必要もないのですが、わからないのがオビワンでしょうね。わざとダース・ベイダーに負けて、肉体が消滅してしまう。そして声だけの存在となり、ルークに指示を送る。この部分だけ説明不足。さほど偉大な人物に感じられなかったのは残念。雑兵相手に人間離れした戦闘能力などを披露してほしかったです。続編が作られるにつれ、ルークとレイラ姫が双子だったり、ダース・ベイダーが二人の父親だったりという暗黒部分が露呈します。人間の心の弱さに焦点が当てられるという不意を突く展開で、子供が観て夢中になれるようなものとはかけ離れてゆきます。もっとあっけらかんとした明るい宇宙戦記として期待していので、不満があります。
よしのぶさん [DVD(字幕)] 8点(2009-10-24 00:04:00)
39.このシリーズ、大人になってもワクワクしますよね!! どんなに歳をとっても、"童心に帰って観れる映画" という意味で、高く評価しています。さて、記念すべき第1作目ですが、当時こんなに迫力ある映像を作り出したルーカス監督、そして製作に携わったスタッフの皆さん。本当に素晴らしいです! 今観ると古臭さは感じるものの、独特な世界観、小道具や音響へのこだわりが半端じゃないだけに、古臭さなんか忘れて見入ってしまいます。今観ても、十分楽しめる作品です!!
たけたんさん [DVD(字幕)] 10点(2009-07-11 22:38:21)
38.《ネタバレ》 なにかしら「作品」を創作した人間なら「作品をより完成された姿に!」を思うルーカスの気持ちは痛いほど分かるとは思いますが、オリジナル世代の人間からするとCGテンコ盛りのこの<特別編>には「上等な料理に蜂蜜をぶちまけるが如き思想ッッッ」とオーガの顔マネをしながら言いたくもなってしまうのですw。しかもCGバリバリの<特別編>を1度見てしまった後では、オリジナルの素朴な特撮を見るのが若干ツラくなってしまうのも事実なワケで(個人の感想です)うーん…ルーカスも罪なコトをしてくれたもんです…。さて、そんな特別編で俺が唯一ダメ出しをしたいのは、ボバ・フェットの初登場がジャバの子分然としての登場だったコトですねぇ(あくまで時代劇における「先生ポジション」だったのかもしれませんが、ボバはあくまでも一匹狼のイメージなので)。もちろんファンサービスだったのは分かるのですが、俺的には「なんか違うンだよなぁ~」なシーンでした…。とは言え、既に「神作品」だったオリジナルを(若干やり過ぎながらも)画面の隅から隅まで磨き上げた情熱には敬意を表します。
幻覚@蛇プニョさん [映画館(字幕)] 9点(2009-06-10 16:57:35)
37.《ネタバレ》 一部分だけ観ようと思ってもついつい最後まで観てしまう。
セリフや説明の排除、映像化できるorできないかかが主眼におかれたストーリー展開と、魅せるための演出など、映画の作り方という点でもいつも感心してしまう。
製作者も含め、よくSWは大劇場で良い音声で観るべきものとされているが、それすらも必要ないのでは?と思う。始めてみたのが渡辺徹がルークの吹き替えを行った水曜ロードショーでその後LD盤、この特別編での劇場、DVDと様々なシチュエーションでしたが、どの場合でも楽しめるしどの環境がよかったかという順位もつけられない、ましてや追加映像ありの特別編と通常版の違いさえも全く関係ない。
はんにまるさん [DVD(字幕)] 8点(2009-06-06 14:23:11)
36.スクリーンでスターウォーズを見たくて、先行オールナイト初日の1回目上映を雨の中、新宿の映画館で並んで見た。その時はまだ、お祭り騒ぎのコスプレ集団なんかも皆無で、劇場内も落ち着いた雰囲気。20世紀FOXのロゴ~控えめな歓声と拍手の起こる映画館で皆と見たスターウォーズは最高だった。
Junkerさん [映画館(字幕)] 9点(2009-02-20 02:20:01)
35.こんな話だったのかー。
Yoshiさん [DVD(字幕)] 5点(2008-03-16 22:45:55)
34.最高のSF冒険活劇。キャラクターのバランスが最高ですね。正統派の主人公、導く師匠、ワルなんだけど実は友情に厚い主人公の友人、元気いっぱいのヒロイン、カリスマ的悪役。そして脇を支える魅力的なマスコットキャラ。いろんな作品が影響を受けているのでは?そして革命を起こした数々のSFシーン。冒頭のシーン、そしてデススター内部→戦闘機による宇宙船シーンは本当に素晴らしい。単品として観ればいりませんけど、3部作としてみたら個人的にはジャバを出して大成功だと思います。当時ハンソロのシーンだけ良く撮っておいてくれました。機転を利かせた尻尾を踏ませるアイデアなんか面白いですよね。何年かに一度は必ず観たい作品です。
三毛たまさん [DVD(字幕)] 10点(2008-02-28 22:07:29)
33.エポックメイキングな映画ですね。
よしふみさん [DVD(字幕)] 8点(2008-02-04 09:02:57)
32.焼き直しで内容はオリジナルとさして変わらないが、あのオープニングと音楽を映画館で久しぶりに観れただけで感動した。
にじばぶさん [映画館(字幕)] 7点(2007-09-16 00:04:59)
31.《ネタバレ》 長きに渡るスターウォーズシリーズのはじまり。ラストの宇宙戦の映像、音響など臨場感は当時としてはものすごい反響を得たでしょう。
獅子-平常心さん [ビデオ(字幕)] 6点(2007-01-28 23:50:51)
30.1から3までを観た後に観たのですっきりしますね。唯一単独で完結してるのでわかり易いです。良くできていると思います。
たかちゃんさん [CS・衛星(字幕)] 10点(2006-12-31 21:33:12)(良:1票)
29.《ネタバレ》 ルーク・ソロ・レイア・ベイダー・オビワン を中心とした主要キャラのやり取りが最高!クライマックスの宇宙戦は何度見ても痺れる。ベイダーが初登場するシーンも鳥肌もの!
ちゃりおさん [DVD(字幕)] 8点(2006-09-15 18:52:56)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 48人
平均点数 7.81点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
524.17%
6714.58%
71020.83%
81429.17%
9918.75%
10612.50%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.66点 Review3人
2 ストーリー評価 8.00点 Review8人
3 鑑賞後の後味 7.57点 Review7人
4 音楽評価 8.00点 Review7人
5 感泣評価 5.33点 Review6人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS