白と黒の恋人たちのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > 白と黒の恋人たち
 > (レビュー・クチコミ)

白と黒の恋人たち

[シロトクロノコイビトタチ]
Wild Innocence
(Sauvage Innocence)
2001年【仏・オランダ】 上映時間:117分
平均点:3.00 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
公開開始日(2002-12-21)
ドラマコメディロマンス
新規登録(2004-09-25)【スルフィスタ】さん
タイトル情報更新(2008-08-11)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督フィリップ・ガレル
キャストメディ・ベラ・カセム(女優)フランソワ
ジュリア・フォール(女優)リュシー
ミシェル・シュボール(男優)シャス
マチュー・ジェネ(男優)
脚本フィリップ・ガレル
撮影ラウール・クタール
製作アラン・サルド
キース・カサンダー
配給ギャガ・コミュニケーションズ
ビターズ・エンド
字幕翻訳寺尾次郎
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.映像は確かにきれいで、途中まではそれなりに話も面白みが感じられたんですが、劇中劇が入るようになって、だんだんわけがわからなくなっていきます。後半は惰性で見てるだけでした。
小原一馬さん [DVD(字幕)] 3点(2005-10-07 22:37:16)
1.フィリップ・ガレルという人は、常に私小説の様な映画を作っているのだそうです(とすると、「夜風の匂い」は彼にとって少し毛色の変わった映画ですね)。麻薬で死んだ昔の恋人をモチーフにした映画を製作する監督が、資金獲得の為に少し危ない橋を渡る。そして今の恋人にヒロインを演じさせる。その恋人は演じている内に、徐々に監督の昔の恋人に感化されていく…。このプロットでハリウッドが作れば、犯罪サスペンスと愛憎サイコ・スリラーを絡めた映画が出来上がりそうですけど、本作は全くもってそんなことのない、正に私小説的映画となってます。しかも、ダラダラと長い白黒映画。ラストは未完成みたいな終わり方で観客をほっぽり出してしまいます。私は余り人に観せる様な作品だとは思えませんでした、3点献上。
sayzinさん 3点(2004-10-13 23:15:50)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 3.00点
000.00%
100.00%
200.00%
32100.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS