Menu
 >
 >
 > 十二人の怒れる男(1957)

十二人の怒れる男(1957)

12 Angry Men
(Twelve Angry Men)
1957年【米】 上映時間:96分
平均点: / 10(Review 490人) (点数分布表示)
ドラマサスペンス法廷ものモノクロ映画TVの映画化
[ジュウニニンノイカレルオトコ]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-07-02)【イニシャルK】さん
公開開始日(1959-08-01
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督シドニー・ルメット
キャストヘンリー・フォンダ(男優)8番陪審員
リー・J・コッブ(男優)3番陪審員
エド・ベグリー(男優)10番陪審員
ジャック・ウォーデン(男優)7番陪審員
マーティン・バルサム(男優)1番陪審員
ロバート・ウェッバー[男優](男優)12番陪審員
E・G・マーシャル(男優)4番陪審員
ジャック・クラグマン(男優)5番陪審員
ジョセフ・スウィーニー(男優)9番陪審員
ジョン・フィードラー〔男優〕(男優)2番陪審員
ジョージ・ヴォスコヴェック(男優)11番陪審員
エド・ビンス(男優)6番陪審員
ルディ・ボンド(男優)裁判長(ノンクレジット)
内田稔8番陪審員(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
峰恵研1番陪審員(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
金井大10番陪審員(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
鈴木瑞穂4番陪審員(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
矢田稔2番陪審員(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
阪脩5番陪審員(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
山内雅人6番陪審員(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
青野武7番陪審員(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
仲木隆司12番陪審員(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
宮川洋一3番陪審員(日本語吹き替え版【日本テレビ】)/6番陪審員(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
小山田宗徳8番陪審員(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
小林修1番陪審員(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
辻村真人2番陪審員(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
富田耕生3番陪審員(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
穂積隆信4番陪審員(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
中村正[声優]5番陪審員(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
大塚周夫7番陪審員(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
金内吉男12番陪審員(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
原作レジナルド・ローズ(原案)
脚本レジナルド・ローズ
音楽ケニヨン・ホプキンス
撮影ボリス・カウフマン
製作ヘンリー・フォンダ
レジナルド・ローズ
その他ケニヨン・ホプキンス(指揮)
あらすじ
17歳の少年が父親の殺人容疑で起訴されて、そこに集まった12名の陪審員たちがその事件の評決をする事に。 そして既に目撃証言・証拠などから誰もがその少年の有罪を信じて疑わない中で、1人の陪審員だけが"無罪"を主張する のだが。 数時間に渡った討論の結果はどんなものになるのだろうか。そして 彼らが出した結論とは いかに・・・。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
2122232425
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
490.面白いのだけど、後出しの情報で覆るのでカタルシスはないかも。
Donatelloさん [DVD(字幕)] 8点(2017-07-22 07:30:11)
489.《ネタバレ》 密室劇としての台詞まわしもいいし、まず脚本の全体的な構成が素晴らしいんで時間があっという間に過ぎる。
裁判員制度に対する、皮肉やメッセージ性も十分。
てれってれーRさん [DVD(字幕)] 9点(2017-07-17 13:13:06)
488.《ネタバレ》 最初はどっからどう見ても有罪でしょって思わせて、徐々に無罪だなと理解していく内容。
死刑判決の裁判官のやる気のなさと、犯人の善人っぽすぎに、若干無理があるが…

基本、11対1からひっくり返ることはないらしい、人間はみんな多数派に押される。
実際、陪審員8番も、無記名投票の結果次第では、諦めると言った。
そこへ、「てめえ、なんで寝返った!」と怒られる陪審員5番(笑)
「わたしですよ」と、陪審員9番のおじいちゃんが最高★★★

で、映画だから許されるナイフ、机にバーン!

そして電車の騒音。
「聞こえるわけないよ」とこそこそ話す陪審員5番と6番。

そして9番のおじいちゃん、とどめに陪審員4番にめがね★★★

陪審員10番、スラムへの偏見丸出しでみんなから無視。最後は小さい机。

で、1対11。
親を殺す息子と、自分の不仲な息子をだぶらせて、最後は涙ながらに「無罪だ。。。」と語った陪審員3番。

みんな白熱して怒ってて、「怒れてる」とまで言われ、これほどの人間ドラマはないだろうな。うん。
新しい生物さん [DVD(吹替)] 10点(2016-04-13 23:50:38)(良:1票)
487.シドニールメットに外れなし、とはいえこちらの作品はそれ以上に素晴らしい評価を受けている。

実は民主主義の素晴らしさだけではなく、危うさも描いた作品であり、
政治思想としても優れた感性を持っている脚本なのだけれども、
流麗な弁論の中で、それらが掻き消えてしまい、ただただ会話劇としての面白さが
クローズアップされてしまった評価に落ち着いているのは些か残念。

つまり実は犯人の少年が真実、それをおこなったかどうかは全く不明で、
素晴らしいやり取りの果てになんとなく無罪の方が良さそうな空気が出来ているだけなのだけど、
そこで皆が納得した以上、これが事実以上の真実となる。という映画。

巧妙すぎるほどに巧妙で冒険的な映画ではあるが、
特異性のみに目を向けて過剰な評価をする事は好まないので7点。
病気の犬さん [DVD(字幕)] 7点(2015-12-16 16:17:54)
486.《ネタバレ》 まず感嘆したのは、この映画の序盤のシーン以外は全て陪審員室で撮られているところだ。場面がコロコロ変わって斬新な映画に比べ、1つの部屋のシーンしか無いことにいい意味で驚かされた。目撃者の証言に基づく再現シーンなどもない。そのぶん、想像も掻き立てられるし、12人の人物のそれぞれの表情やキャラクターにも目が行く。これだけよく違う12人を集めたなと思うほどそれぞれの陪審員の特質が違い、not guiltyがguiltyを徐々に上回っていく様子になぞらえてうまく描いている。時間が立つごとに各々の感情が表れてきて、また、クーラーの効かない部屋で進行するというのもリアリティがあって面白い。
カジノ愛さん [DVD(字幕)] 8点(2015-11-24 23:22:44)
485.《ネタバレ》 この映画、何回観ても面白いです。ストーリー、結末は分かっていても何度も観たくなります。自分の中では「推理物」というイメージですが、アガサ・クリスティーから金田一までいろいろ観ていますが、最終的にはこの映画に行き着いてしまいます。会議室の一室だけで進んでいくのに我々の頭の中には犯罪の場面場面が不思議にイメージでき、また焼きついてしまいます。最初観たときは、これは映画と言えるのか?と思ったのですが、何回も観ていくうちに「これが本当の映画なのか」と勝手に思うようになりました。映画とは空想・想像の世界、ならば「絵」ではなく「話」だけで観る人それぞれが、それぞれの頭の中に映像(映画)を創りあげていけばいい、と勝手に解釈しております。
金田一耕助さん [DVD(字幕)] 10点(2015-09-09 21:42:56)(良:1票)
484.非常によく計算された緻密な演出で、シドニールメットの力量の高さがうかがわれる映画。
役者も演技派ぞろいで熱演のぶつかり合いが素晴らしい。
こう書くと満点をつけたくなるが、ただね・・・・・残念ながら話が面白くない。
これはプロパンガンダ映画だね。だから面白くない。
言っていることは民主主義の根幹であり、疑わしきは罰せずの重要な話なのだが、
その宣伝のために作られたような映画で、みんながその原理に沿って都合よく無罪に変わっていく。
ご都合主義の究極のような映画で、はなはだ物足りない不満が残った。
kinksさん [DVD(字幕)] 6点(2015-09-06 01:27:42)
483.ほとんどが室内で行われる会話だけでここまで魅了されたのは驚き。展開が一転二転する脚本が素晴らしい。しかも96分という短さで。見ているこっちまで熱く(暑く)なりました。50年代の白黒映画でこんなに面白いとは思わず、衝撃を受けた作品です。
素晴らしき哉、映画!さん [DVD(字幕)] 8点(2015-03-30 08:43:07)
482.《ネタバレ》 脚本のお手本として語り継がれる時を超えた名作。構図から人物設定、話の流れなど文句のつけようがありません。初めて見たとき、雨上がりの階段を降りるヘンリー・フォンダの清々しい姿に民主主義の素晴らしさを感じました。正義を貫き、偏見を打破した正義の人といった印象。ところが時を経て再見してみるとまったく印象が変わりました。冒頭でヘンリー・フォンダは、もっと議論が必要だからと無罪に一票を投じます。その後の投票でも、皆が有罪なら自分も有罪で良いとまで言います。少年の無罪を信じているわけでもなく、正義の人でもない。単に自分が気にかかることが見過ごせない神経質な男が議論をふっかけただけ。なのですが、話の流れで嫌みな人間や、頑固な人間、偏見を持った人間といった対立軸ができ、持ち前の弁舌で相手を叩き、巧みに有罪の証拠の信憑性を揺らがせていく中で、相対的に正義の人といった印象が強くなっていく。最後まで抵抗を続けた男が折れた瞬間の、やった、と手を叩きたくなるような爽快感。多数派の同調圧力に従おうとしない人間を叩きつぶした快感。あれこそが民主主義の持つ危うさなのだと改めて思い直しました。優れた扇動家の怖さを感じてしまった映画です。
kirieさん [DVD(字幕)] 10点(2015-01-25 22:39:58)(良:1票)
481.やっぱり面白い。
誰が見ても面白いと感じる映画。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 8点(2014-08-15 10:57:21)
480.《ネタバレ》 どうやって無罪に巻き返していくのか展開が非常に気になりました。もう少し無罪を選んだ人の葛藤があってもよかったかも。深読みしすぎて実は本物の犯人が陪審員の中にいるとか考えちゃったりしてました。
とむさん [DVD(字幕)] 7点(2014-06-18 00:27:16)
479.《ネタバレ》 本サイトには「好みが近いレビュワーより抜粋したお勧め作品一覧」という機能があるわけなのですが、私の場合、その不動の1位がずっと本映画でした。

この映画のレビューを書かないと、一覧から消えてくれそうにないので書きます。

私がはじめてこの映画を見たのは35年ほど前の事で、もちろん何の予備知識もなく観たわけですが、シンプルで緊迫感のあるその面白さに釘付けになったのを覚えています。
どう考えても覆りそうのない判決が、たった一人の頑張りで、一人また一人と意見を変えていくその面白さ。
当時の日本文化にディベートの概念はほとんどなく、狭い部屋でのみ繰り広げられる(実際は控え室とかもありますが)この映画には本当に驚きました。

高校時代(30年以上前ww)、やはりこの映画が好きな友達と「ナイフってのはこう使うんじゃない、こうです!」なんてナイフの使い方遊びをしていたくらいこの映画は好きでした。

しかしそうは言っても、最後にこの映画を観てから20年以上が経過し、いまさらレビューなんか書きようがない…と思ってたら今年(2014年)になってこの映画を見返す機会があったのです。
いやー相変わらず面白いですね。あらたな発見も結構ありました。

でも、いまさらそれを分析的にレビューしても野暮というもの。レビュー自体は30年前の記憶のままに収めておきます。


あばれて万歳さん [CS・衛星(字幕)] 9点(2014-03-17 01:39:53)
478.《ネタバレ》 「ヒズ・ガール・フライデー」「イヴの総て」に並ぶセリフ劇の傑作。
フランクリン・J・シャフナーが演出を手掛けたドラマが原作だが、映画版となったシドニー・ルメットのこの作品もモチロン面白いし、リメイクとなるウィリアム・フリードキン版やニキータ・ミハルコフ版もまた面白いんだよなコレが。
同時に、ハリウッドのアカデミー賞ってシステムがクソッたれだという事もよーく解る作品だ。
あの雨上がりのシーンを撮影した名カメラマンのボリス・カウフマン!
ソ連出身、「これがロシアだ!(カメラを持った男)」を手掛けたジガ・ヴェルトフの弟、
「アタラント号」「波止場」「ベビイ・ドール」を撮ったカウフマンに撮影賞を与えないなんてアホなのか?
そりゃあ、受賞した「波止場」に比べたらシーン数は少ないだろうよ。
だが、ラストシーンにおけるカウフマンの撮影が無かったら作品の評価そのものが割れるほどだと俺は断言したい。
何と言ってもヘンリー・フォンダが闘いを終えて外に出るシーン。
今まで降っていた雨が止み、法を巡る論戦からの、密室からの解放感。濡れたアスファルトから漂う蒸気の涼しげな様子。その場所でフォンダと御老公が互いの健闘を讃えてそれぞれの名前を聞くシーン。
このシーンの何ともいえない空気感というか、一仕事終えた後のあの達成感。
それがラストシーンに刻まれているのよ。
密室において繰り拡げられる12人の男たちの言葉をぶつけ、言葉による殴り合い。たった1人の少年の命のために。
無罪なら(人生を)延長、有罪なら即座に・・・無駄と解ったらブッ殺して(死刑)楽にしてやればいいのだから。
異を唱える1人の男がイカれているのか、
それとも何の疑問も抱かず問答無用で少年に死刑を下せる11人の男たちがイカれているのか。
セリフだけかと思いきや、証言を思い返す内に出てくるナイフ、現場再現、子供の写真、そして眼鏡。
フォンダの言葉だけが11人の男たちを動かすワケじゃない。
過ぎる時間、暑さ、降りしきる雨、雨、雨。心も身体も消耗、誰が最後まで粘り、誰が最後に折れるのか。
12人の、そして傍観者・伝達者として部屋に出入りする13人目の男。
欲を言えば例の女性や例の御老人の姿も一瞬でいいから見せて欲しかった。
ま、そこは小説のように想像に任せるとしましょう。
すかあふえいすさん [DVD(字幕)] 9点(2014-03-11 02:19:02)
477.《ネタバレ》 白人男性ばっかりで女性はいない陪審員の構成を見ていると時代を感じます。こんな制度なら黒人の被告にとってはもう悪夢ですよね。それが現在では女性や有色人種をどれだけ陪審員に入れるかで検察と弁護側が争い、それが裁判の行方に影響を与えているそうですから皮肉なことです。 さてこの映画を観るたびに感じることなんですが、原作者や監督シドニー・ルメットは陪審員制度について肯定しているんでしょうか? 日本でも裁判員制度が行われていますが、この映画を観たら陪審制みたいなかたちで裁判されるのは勘弁して欲しいと誰もが思うんじゃないでしょうか(日本では多数決で評決が決まることがあるというから恐ろしい)。早く切り上げて遊びに行きたくてしょうがない陪審員がいたりして、さすがシドニー・ルメット、各人の人間性を浮き彫りにする描写は見事です。この物語は誰が犯人であるかを決めて裁きを下すのではなく、被告が何をした(もしくはしなかった)のかだけが重要だと言いたいんじゃないでしょうか。陪審員8番の言葉を借りると「これが民主主義の良いところだ」というわけなんですね、欠点もありますが。 暑苦しい一室で普通の人たちが繰り広げる白熱の議論をリアルタイムで描いた、密室劇ムービーの最高峰です。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2014-02-10 21:21:15)
476.《ネタバレ》 綺麗な画像、華やかな映像がなくとも人を魅了する映画があることを証明した作品。
何度見ても引き込まれ、最後まで見てしまう。
竜ヶ沢中段さん [DVD(字幕)] 8点(2014-02-06 23:38:33)
475.《ネタバレ》 ほんとうに面白いです。最初は早く帰りたいがために有罪でいいじゃないと思っていた陪審員たちが徐々に正義感に燃えてくるあたり、たまりません。密室劇でここまで面白いドラマを作ることができるなんて、恐ろしいです。
カニばさみさん [DVD(字幕)] 8点(2013-08-20 20:22:47)
474.映像に魅力を感じない。なぜか脚本だけでなく演出まで緻密だと評価されてることが解せない。クローズアップを利用した巧みな心理描写などと言われている。平凡な教科書通りの作りにしか見えない。ワンシチュエーションであることは言い訳にならない。この映画よりも29年前に製作された「裁かるゝジャンヌ」はさまざまなアングルのクローズアップや細かいカット割りを駆使し、もっと緻密な心理描写を実現している。なおかつ全ての画が美しい。このころから映像的に何も進歩してないと思う。会話劇が中心で映像はおまけ。語るのは役者だけで映像は何も語らない。このような映画が名作中の名作のような扱いをされてることが虚しい。
ただ…面白かったです!
エウロパさん [DVD(字幕)] 7点(2013-08-04 19:48:42)(良:2票)
473.《ネタバレ》 面白い!!
白黒だけど、そんなこと気にならずグイグイ引き込まれます!
kontikiさん [DVD(字幕)] 8点(2013-07-06 18:46:17)
472.《ネタバレ》 三谷幸喜のほうを先に観ていたが、本家はさすがに見応えがあった。
12人の会議室の中での会話だけでこれだけの重厚なドラマができるのは驚き。
有罪に固執する人が、議論の中で自ら墓穴を掘っていく。
論理が破綻して偏見が露になっていく過程が見事で、脚本の出来がすばらしい。
こういう奴いるよなぁと思わせるキャラ設定も見事。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 9点(2013-06-22 23:15:06)
471.《ネタバレ》 この名作を観る機会をやっと得ました。期待を裏切らない素晴らしい映画。1957年の作品だから当時の科学捜査のないお粗末さや、差別社会が反映されているのも緊張感に拍車がかかります。陪審員は「裁く」のではなく「判断」するだけ。それを忘れてはならない。脚本の出来、カメラワーク、役者の演技力、名作たる理由は他の方が書いていらっしゃるのであまり言う必要はないでしょう。なのでちょこっと違う視点を。
●「8」は欧米では不吉なナンバー●「判定を途中で変えた」ヤンキーズ男に怒った彼はおそらくユダヤ人(おそらくナチの迫害から逃げてきた)●DAN鑑定が確立された時、事件を調べなおしてみたら、約100件もの無罪が判明した(死刑囚あり)だから今の捜査ではいかに「現場を荒らさずに確実な証拠を回収できるか」が大きな鍵らしい。
果月さん [地上波(字幕)] 9点(2013-04-14 00:26:51)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
2122232425
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 490人
平均点数 8.59点
000.00%
100.00%
210.20%
330.61%
420.41%
5183.67%
6163.27%
74910.00%
89920.20%
915030.61%
1015231.02%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.43点 Review39人
2 ストーリー評価 9.30点 Review56人
3 鑑賞後の後味 9.18点 Review54人
4 音楽評価 6.68点 Review22人
5 感泣評価 6.00点 Review15人

【アカデミー賞 情報】

1957年 30回
作品賞 候補(ノミネート) 
監督賞シドニー・ルメット候補(ノミネート) 
脚色賞レジナルド・ローズ候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1957年 15回
作品賞(ドラマ部門) 候補(ノミネート) 
主演男優賞(ドラマ部門)ヘンリー・フォンダ候補(ノミネート) 
助演男優賞リー・J・コッブ候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS