インファナル・アフェア 終極無間のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > イ行
 > インファナル・アフェア 終極無間
 > (レビュー・クチコミ)

インファナル・アフェア 終極無間

[インファナルアフェアシュウゴクムゲン]
Infernal Affairs III
(無間道Ⅲ 終極無間)
ビデオタイトル : インファナル・アフェアIII 終極無間
2003年【香・中】 上映時間:118分
平均点:6.28 / 10(Review 67人) (点数分布表示)
公開開始日(2005-04-16)
ドラマサスペンスシリーズもの犯罪もの刑事ものヤクザ・マフィアスパイもの
新規登録(2004-10-18)【ヴァッハ】さん
タイトル情報更新(2016-10-09)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アンドリュー・ラウ
アラン・マック
キャストトニー・レオン(男優)ヤン
アンディ・ラウ(男優)ラウ
レオン・ライ(男優)保安部 ヨン
ケリー・チャン(女優)精神科医 リー
アンソニー・ウォン〔1961年生〕(男優)ウォン警部
エリック・ツァン(男優)サム
チャップマン・トゥ(男優)キョン
サミー・チェン(女優)ラウの妻 マリー
カリーナ・ラウ(女優)サムの妻 マリー
チェン・ダオミン(男優)シェン
ショーン・ユー(男優)若き日のヤン
エディソン・チャン(男優)若き日のラウ
森田順平ラウ(日本語吹き替え版【DVD】)
山路和弘ヤン(日本語吹き替え版【DVD/BSジャパン】)
石塚運昇シェン(日本語吹き替え版【DVD】)
日野由利加精神科医 リー(日本語吹き替え版【DVD】)
湯屋敦子ラウの妻 マリー(日本語吹き替え版【DVD】)
仲野裕チョン(日本語吹き替え版【DVD】)
石田圭祐ウォン警部(日本語吹き替え版【DVD】)
後藤哲夫サム(日本語吹き替え版【DVD】)
てらそままさきラウ(日本語吹き替え版【BSジャパン】)
堀内賢雄保安部 ヨン(日本語吹き替え版【BSジャパン】)
磯部勉ウォン警部(日本語吹き替え版【BSジャパン】)
山野史人サム(日本語吹き替え版【BSジャパン】)
大塚明夫シェン(日本語吹き替え版【BSジャパン】)
中原茂キョン(日本語吹き替え版【BSジャパン】)
朴璐美ラウの妻 マリー(日本語吹き替え版【BSジャパン】)
後藤敦チョン(日本語吹き替え版【BSジャパン】)
小川真司〔声優・男優〕リョン警視/ナレーター(日本語吹き替え版【BSジャパン】)
桐本琢也リャン(日本語吹き替え版【BSジャパン】)
脚本アラン・マック
フェリックス・チョン
音楽チャン・クォンウィン
撮影アンドリュー・ラウ
製作アンドリュー・ラウ
製作総指揮ジョン・チョン
特撮ヴィクター・ウォン[特撮](視覚効果スーパーバイザー)
編集ダニー・パン
あらすじ
ホン・サムの組織へ潜入捜査していたヤンの殉職後、捜査情報の内通者として出世を果たしたサムの部下・ラウは、組織と決別し、『善人』となるべく、同じく警察内部に残る組織のスパイを着々と始末していた。ヤンの身辺を調査していくうち、ラウは大物密輸商人シェンと接触していた保安部のエリート捜査官ヨンを、組織のスパイの最後の生き残りではないかと確信する。終わりなき無間地獄へ、己が運命に身を任せた男たちの、儚く、そして哀しき香港ノワールの新機軸・最終章。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
67.《ネタバレ》 虚実が入り乱れ、時間軸も行ったり来たりで、はっきり言って凡人には理解が困難です。ラストで3人が仲間であることが分かって、なるほどのどんでん返しに感心しますが、もう一度見直そうとはなりません。このシリーズは1作目だけ観れば十分ですし、1作目は観るべき映画です。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2017-06-05 01:39:14)
66.《ネタバレ》 善人になるため(組織の犬としての自分の過去を抹殺するため)、警察に潜り込んだ犬と見なしたヨンを執拗に追い続けるラウ。精神に異常をきたしながら追い続けたヨンの無常なひと言(オレは警官だ-を裏付ける、ヤン、ヨン、シェンが職務に忠実な警官であったという事実の発覚)が引き金となり、追い続けた幻の犬は自分だったということに気づき、最後は自分を殺そうとするも、叶わず。といった話でしょうか。時系列を弄くりすぎたうえに、妄想まで絡んで来るので話が解りづらいのがマイナス点。さらに説明不足な点が目立ち、何度か見直さないと解らない部分も多かったように思います。この映画は以前にも見ていますが、ほとんど内容を覚えていなかったというのも、難解にしすぎた弊害で物語に入り込めなかったということだと思います。このシリーズは1で完結していて、2.3はファンムービー的なものと考えれば良いのかもしれませんね。
kirieさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2016-02-22 11:06:52)
65.《ネタバレ》 こんなにわかりにくくて良いんだろうか。
3を見て、意味が分からないから、と再び1と2を観直すような人にはこれでちょうど良い難易度なのかも・・・
虎王さん [DVD(吹替)] 5点(2014-02-01 14:48:25)
64.《ネタバレ》 ヤン死亡後のストーリー。回想・妄想・現実が前後する構成は晦渋。Ⅰ・Ⅱは、マフィア映画らしい権謀術数の物語であったが、Ⅲのラストで忠臣蔵顔負けの信義の物語に一挙に逆転するあたりは痛快だったが、やはりシリーズ全体を時間軸通りに作り、ちゃんと伏線張った方が娯楽映画として素直に楽しめただろうと思う
よいしょさん [CS・衛星(吹替)] 5点(2013-09-21 16:08:06)
63.《ネタバレ》 時系列が頻繁に前後し、ラウの妄想シーンも入るので、非常にわかりにくい。
Ⅰも説明が少なかったが、Ⅲはさらに少なくて、解釈に手こずるところが結構ある。
ラウが精神に異常をきたして、ヤンとシンクロするのも共感しにくい。
善人になりたかったラウが自己矛盾を処理しきれなくなって、ヤンに同化していくという筋立てはわかるけど。
異常をきたすのが少し唐突に感じるのは、ラウの心理的葛藤の深さが伝わりきらないせいだろうか。

Ⅰは潜入捜査官の心理戦と警察とマフィアの攻防がスリリングに描かれていた。
Ⅱではわかりやすい一般的なギャング映画の方向に振り子が振れた。
そして、Ⅲでは振り子が逆に振れて、病的な深層心理にまで焦点を当てたシュールなサスペンスに。
ヤンと精神科医のエピソードは切なくてよかったが、他が凝りすぎたせいで作品のまとまりとしては今ひとつ。
時系列やミスディレクション等で策を弄しすぎて、ストーリーに入り込めないのだ。
サスペンスは謎が解明されるスッキリ感が醍醐味のひとつなのに、あまりにも説明不足で解明されないシーンが多くてモヤモヤが残る。
もっとシンプルに整理していれば、ラウがヤンになり切ってしまうクライマックス場面で、背筋の凍るようなインパクトがあったかもしれないのに。
実にもったいない。

三部作の中では、Ⅰが最もバランスがとれていて良かった。
Ⅰ、Ⅱ、Ⅲとまるで違った作風で違和感があったので、三部作であるならばテイストは統一してほしかった。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 5点(2012-12-26 00:20:27)
62.《ネタバレ》 とにかく回想と妄想と現実が入り混じって難解であるが、それがまた無間地獄って感じで中毒性がある。謎が収束し解明される地点のカタルシスは強く、1がもーれつに観たくなってくるラストは憎い。やはり1へと至る過程、心情がわかっているとまた違う感想になるだろう。それぞれ単品ではボチボチだが併せると良作!あれ?俺ハマってる?
長谷川アーリオ・オーリオさん [DVD(吹替)] 7点(2010-12-18 19:03:36)
61.《ネタバレ》 斬新なアイデアで大ヒットした「Ⅰ」、「Ⅰ」とはまったく作りを変えて直球勝負のヤクザ映画にした「Ⅱ」と比較すると、「Ⅰ」の後追いである本作は分の悪い立ち位置にあります。また、シリーズも第3弾ともなれば「またかい」と観客から飽きられる(呆れられる)作品が大半なのですが、その点で言えば本作は重厚な雰囲気を維持していてシリーズの名を落とすような出来にはなっておらず、後付けの続編としては異例なほどまっとうな質を保っています。新キャラであるヨン、シェンはかっこいいし、彼らの存在に関わる謎は作品全体を引き締めています。サーガを締め括るオチの方向性は悪くないし(後で技術的な欠点は指摘しますが)、「インファナル・アフェア」の続きを作れと言われてこのオチに決めた監督の判断は間違っていなかったと思います。。。と、全体的には評価できる仕上がりなのですが、部分的にはいくつか欠点も指摘できます。まず多くの方が指摘されている通り、時間軸がしょっちゅう移動し、おまけに現実と妄想の混ざり合う構成は複雑すぎで、話を理解することに過度の集中力が要求されるために感情面では乗り切れませんでした。それだけ話をややこしくした割には、ラストのネタバラシでは「そうだったのか」と最後のピースが埋められたような感動も薄く、これならばよりシンプルで人間ドラマにフォーカスした構成にした方がよかったと思います。次に、ラウが精神崩壊していく様の描写が不足しているため、ラストの展開に唐突感がありました。彼の混乱状態を示す場面はいくつかあるものの、監督の計算違いのためかそのどれもが「疲れてるから変な幻覚見たんだ」程度の印象しか残せていません。せっかくケリー・チャン演じる精神科医が傍にいるのですから、ラウの精神が危険域にさしかかっていることを彼女に説明させればよかったと思います。最後に、ヤンの人格が「Ⅰ」とは別人となっています。「Ⅰ」では警官に戻りたいと願いつつも、恐らく自分はヤクザの世界で近いうちに死ぬのだろうと悟って苦悩のどん底にいたヤンですが、本作では冗談を言い、終始笑顔の明るい人間となっています。ヤンの別の面を強調したくて意図的に演出を変えたのでしょうが、同時に暗い面も描かなければ「Ⅰ」との整合性は保てません。「Ⅰ」ではヤンを「兄貴」と慕っていたキョンが、本作では相棒的な立ち位置に変わっていることにも違和感がありました。
ザ・チャンバラさん [DVD(吹替)] 6点(2010-08-29 02:19:41)
60.蛇足があったかもしれないが、これで3部作が完結。渋みのあるHK映画。
HRM36さん [DVD(字幕)] 8点(2010-03-05 20:38:11)
59.最後が夢オチだったらどうしようかと不必要にドキドキした。
mimiさん [DVD(字幕)] 4点(2009-04-27 01:53:53)
58.《ネタバレ》 この作品のラスト、
悪人ラウの無間地獄は当然として
ヨンも最後に殺しちゃった結末は正解。
こいつの報告書で犠牲になった人間も多かったと予想できるので
guijiuさん [DVD(字幕)] 7点(2009-04-09 10:17:03)
57.《ネタバレ》 香港ノワールの新たな名作として始まったシリーズだが、最終章はサスペンス仕立てに。ヤンと同化することで精神に異常を来たしてしまったラウ。最後は自殺を試みるが、死ぬことすらできない。それこそが無間地獄。ハリウッドリメイクの『ディパーテッド』では描けなかった真のエンディングがこれだ。やや強引な筋立てだが、新たなキャラクターを投入することで、緊張感を持続させ、それなりに納得のできる結末となった。レオン・ライがクール。
フライボーイさん [映画館(字幕)] 6点(2008-08-28 08:57:59)
56.Ⅱもわかりづらいと感じたけど、これはさらに複雑になってますね。まだ1回しか観てないのでいまいち把握しきれていません。ただ、ケリー・チャンの魅力だけは十分伝わってきた。
茶畑さん [DVD(字幕)] 6点(2008-07-20 23:46:52)
55.《ネタバレ》 ラストは確かに意外性があってよかったのですが、時代がコロコロ変わって頭が整理できてなかったので、ちょっと衝撃が弱くなりました。

個人的好みではケリー・チャンの仕草、表情に惚れました。
接吻シーンでは若干引き気味だったので、もう少しガーっといっていただくと満点です(笑)
かすおさん [DVD(字幕)] 6点(2008-06-26 16:14:57)
54.いや~、こいつぁ、考えたねえ。本シリーズにおける「時間軸」へのこだわり、それをこの3作目では極限まで進めて、さすがにこりゃ崩壊寸前か、と思わせるのが実は一種のミスディレクション、ラストの思わぬオチで一気に統一感を取り戻し、見事にシリーズをまとめ上げてくれております~。でも、やりすぎだと思うぞ、さすがに。いささか表面的で深みに欠けてくるのもまた事実。では、3作まとまて、一言。「サムって、男前だなあ」
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2008-05-06 18:10:00)
53.こりゃあ強引でやりすぎ。こんな後出しジャンケンあり?
東京50km圏道路地図さん [DVD(字幕)] 4点(2008-04-21 03:11:54)
52.たしかに裏をかかれた感はあるけど、それだけ?って感じ。やっぱり1のインパクトが大きくて、物足りなさは否めません。
黒めがねさん [DVD(字幕)] 5点(2008-04-13 16:23:38)
51.Ⅲまできっちり骨太さを守ったこの三部作は偉い。ただ、今作は時間軸が交差し、妄想も絡まり、前二作との絡みがあってややこしく複雑で混乱して、ついていくのが精一杯で堪能しきれませんでした。また1から見直したいと思わされた時点で、Ⅲも認めちゃってるんだろうと思います。
すべからさん [DVD(字幕)] 7点(2008-03-18 14:05:56)
50.《ネタバレ》 なかなかよかったですねぇ。現実と空想のシーンがシームレスに展開するでしょう。その表現の仕方がとてもうまい。あそこまでやっても結局死ぬことも出来ない、善人になりたいのになれない。生き地獄。たぶんこのシリーズは「ゴッド・ファーザー」を意識してるんだろうけど、ただ単に入れ物を真似てるんじゃなくて、ちゃんと「東洋の精神」を表現してるのがいいですよ。そこいらのマフィァ映画と違って格が出来上がってる。
あろえりーなさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2008-03-17 00:16:30)
49.付き合い上見ざるをえない3作目。1作目の主演二人が帰ってきた安心感があるが、2作目同様、テンポが悪くて緊張感に欠ける。1時間30分くらいできっちりまとめて欲しかった。2、3作目に辛口の採点をしたが、3部作としては統一感があって、見終えたときに満足だった。
ジャッカルの目さん [DVD(吹替)] 5点(2008-03-01 21:39:21)
48.《ネタバレ》 警察とマフィアの間の人間関係、現在と過去を何度も行き来する時間軸が非常に複雑。そこまで凝らずに普通の時間構成で物語を進めていればもっと楽しめただろうに…。もったいない感じがします。
獅子-平常心さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2008-03-01 19:37:54)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 67人
平均点数 6.28点
000.00%
100.00%
222.99%
300.00%
41014.93%
51116.42%
61420.90%
71420.90%
8811.94%
945.97%
1045.97%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.66点 Review6人
2 ストーリー評価 7.00点 Review12人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review11人
4 音楽評価 7.77点 Review9人
5 感泣評価 4.14点 Review7人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS