ウィンブルドンのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ウ行
 > ウィンブルドン
 > (レビュー・クチコミ)

ウィンブルドン

[ウィンブルドン]
Wimbledon
2004年【英・仏】 上映時間:99分
平均点:5.19 / 10(Review 26人) (点数分布表示)
公開開始日(2005-04-23)
公開終了日(2005-08-26)
スポコンもの
新規登録(2004-10-29)【rothschild】さん
タイトル情報更新(2016-10-09)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督リチャード・ロンクレイン
キャストキルスティン・ダンスト(女優)リジー・ブラッドベリー
ポール・ベタニー(男優)ピーター・コルト
ニコライ・コスター=ワルドウ(男優)ディーター
セリア・イムリー(女優)ケンウッド夫人
ジェームズ・マカヴォイ(男優)カール・コルト
バーナード・ヒル(男優)エドワード・コルト
エレノア・ブロン(女優)オーガスタ・コルト
サム・ニール(男優)デニス・ブラッドベリー
ジョン・ファヴロー(男優)ロン・ロス
ジョン・マッケンロー(男優)解説者(本人役)
クリス・エバート(女優)解説者(本人役)
中村千絵リジー・ブラッドベリー(日本語吹き替え版)
後藤敦ピーター・コルト(日本語吹き替え版)
星野充昭デニス・ブラッドベリー(日本語吹き替え版)
秋元羊介エドワード・コルト(日本語吹き替え版)
小室正幸(日本語吹き替え版)
仲野裕(日本語吹き替え版)
宇垣秀成(日本語吹き替え版)
脚本アダム・ブルックス
ジェニファー・フラケット
音楽エドワード・シェアマー
挿入曲アヴリル・ラヴィーン"Mobile"
シュガーベイブス"Caught in A Moment","Sometimes"
撮影ダリウス・コンジ
製作エリック・フェルナー
リザ・チェイシン
メアリー・リチャーズ
ワーキング・タイトル・フィルムズ
製作総指揮ティム・ビーヴァン
デブラ・ヘイワード
配給UIP
特撮ムービング・ピクチャー・カンパニー(視覚効果)
美術ブライアン・モリス[美術](プロダクション・デザイン)
カイル・クーパー(タイトル・デザイン)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
26.《ネタバレ》 私のHNの前半分は引退したテニスプレイヤーから頂戴したもので多少はテニスを嗜みますが、その種の人が観ると「どうなんだ?」って部分が多い映画であることは確かです。2週間のトーナメント期間中に夜這いまでやらかす杜撰な自己管理はトーナメントプロが見たら怒るでしょう。フェデラーは決勝までの時間を使って体調をピークに持って行くことに腐心するって言ってます。プレイの方もCGでボールを描いてそれらしくカタチにしているけれど、素振りにボールを書き加えているのが丸わかりで興ざめでした。トーナメントって無条件に喜べる人は参加者中に一人しかいない残酷な闘いで、恋愛のウキウキ気分で勝ち残れるほど気楽なものではない。テニスを扱った映画が少ない中で、そのあたりをもうちょっと真面目に描いて欲しかった。こりゃ、テニスファンの意見ですね。このヒロインは嫌いですが、真面目な顔をせずに笑っているだけなら多少は観られると思いました。勝つことへの執着と目付きの悪さがシャラポワに似ています(←これ、褒めてませんので…)。マッケンローとエバートの解説は自分も含めて往年ファンへのサービスでしょう。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2010-07-01 21:21:13)
25.《ネタバレ》 ランク118位の引退を決めた大会開幕当初は大して注目もされてなかった選手が優勝しちゃう・・・ってのが現実的に有り得ませんが、それでこそ映画という事で。まあ楽しめました。
鈴都丸子さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2009-08-10 14:28:45)
24.《ネタバレ》 楽しい映画。きっとすぐに忘れるような、深くもなく印象も薄い内容ですが、かなり好感もてました。キルスティン・ダンストの奇妙な魅力も絶妙。
はんにまるさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2009-07-09 23:51:15)
23.何これ???ピラミッドの頂点にいるアスリートがあれなの???だとしたら馬鹿にしてます。軽い映画は嫌いじゃないけど、この軽さはテニスだけでなくプロスポーツそのものに対する冒涜ですよ。ただ、キルスティン・ダンストは恋人役やらせたらホント上手い。しかし、テニスは練習生より下手そう。あの体格で全米制覇?ウィンブルドンニ回優勝?稀有なキルスティンファンの自分でも、さすがに失笑です。実際の覇者はヴィーナスみたいなマッチョで、対極にいるような女性。最後の無駄な説明でさらに悪印象でした。
マリモ125ccさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2009-07-09 03:43:28)
22.さわやかスポ根モノ。ごく平凡なストーリー。奇しくもウィンブルドン滞在中に見たことが思い出。
おまいつさん [映画館(字幕なし「原語」)] 4点(2008-10-29 18:59:36)
21.《ネタバレ》 テニス全然関係なし。全くなし。
テニスの技術も勝負の精神力も、運さえも、すべて「女の応援」でなんとかなってしまうという恐るべき頭カラッポ系脚本。
私は基本的に本業を放り出して女を追っかけている男が嫌いなのだがー、そこはそれ、もう文化の違いというしかないのかもしれないこんな脚本が映画化されてしまうところを見ると。
「女が応援」「男がんばる」「見事勝利を手にしてご褒美ディープキス」という展開には吐き気がしてくるしー、かといって、出演者そのものに見ているだけで眼福なものもないことから、単に時間の無駄。
ただひとつ、発見したことといえば、「美人度」と「応援度」はどうやら反比例の関係にあるようです。キルスティン・ダンストが応援女として重宝されている理由は美人度が低いことにあったのだな。エリザベスタウンの時の疑問が少し解けて良かった。しかしあんなへなちょこサーブでテニスプロを演じるとはたいした心臓だダンストよ。
パブロン中毒さん [CS・衛星(字幕)] 2点(2008-07-06 15:44:19)(良:1票)
20.《ネタバレ》 こういう雰囲気好きです。テニスって題材も良いですし、主役二人も爽やかで良いです。ポール・ベタニー存在感ありますね。何より下ネタに対してオープンな作風が良いですよね。ヘタに隠すより逆に好感持てます。
HIRABAYASHIさん [DVD(吹替)] 6点(2008-03-17 02:01:30)
19.自分好みの映画。
misoさん [DVD(字幕)] 7点(2007-08-12 00:21:50)
18.《ネタバレ》 テニスについて、特にウンチクを語れるほどの経験者ではないので普通に観れました。個人的にはオープニングのアニメーション?映像が結構好きです。ボールに向かって観客が右・左・右・左・・・。ストーリーはありきたりな内容だけど見終わった後はすがすがしい気分になれた。
パンプキンパイさん [DVD(字幕)] 6点(2007-02-20 20:03:48)
17.『スポーツも恋愛も大忙し☆』な映画だった。キルスティンダンストってこういう(典型的な)アメリカ人役が結構合うよね。たまにはこういう直球で健康的な映画を息抜き程度に観るのもいいと思う、程度に面白い。
たいがーさん [DVD(字幕)] 6点(2006-12-11 14:17:01)
16.《ネタバレ》 時間の無駄だった、という恋愛系映画が多い中、これはまずまず楽しみながら観られました。拍手喝采ではなく、付けた点数ぐらいの評価しかできませんが、嫌いじゃないな、弟とか。また、親友との対戦や、ラス・ボスの設定はなかなか上手だったと思います。テニスに関しては門外漢なので、プレイのリアリティを云々することはできませんが、テニスのシーンそのものは観ていてすっけー不自然!って部分はなかったので、いいんじゃないかなぁ、と。彼女を翻意させるきっかけは陳腐すぎるなぁと思いますが、おおむね好感を持ってみることができました。
zinny07さん [DVD(字幕)] 5点(2006-11-04 23:26:40)
15.まずまず楽しかったかな、なんだか展開というかテンポがよすぎるようなところもありましたがまぁ楽しめました。ただあまりにもストレートすぎる話で、伏線というかそういったものが無さ過ぎるのが残念。
さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2006-06-26 18:56:12)
14.《ネタバレ》 爽やかな青春スポーツ物、友情もあり好感が持てる。
キルスティンとベタニーは魅力的な俳優だが、ベストなマッチングとは思えなかった。
彼女のテニスシーンが諸事情で少ないのはいいとして、
それなら父親とのエピソードなり何なり増やして欲しかったかな。
二人ともテニスに全てを懸けてきたようには見えないのが難。
テンポが良く、濃厚な恋愛を描いてるわけでもないので気楽に見れる。
つまりはベタニーの復活劇という一本木の話、だがその脇を固めるものが弱かった。
HIGEニズムさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2006-06-19 06:23:10)
13.オープニングタイトルから軽快なムードに何気なくのせられて、楽しかったー。
うーん、選手もあんなことやそんなこと、考えて試合しているのかもなー。てトコが面白い。それにしても、テニスは思い切りメンタルなスポーツですね。
杏と蛍さん [DVD(吹替)] 6点(2006-04-07 03:22:43)
12.テニスがベースに一応なってるので展開が早くて楽しめました!ただのダラダラと進んでいくラブストーリーよりは絶対いいです♪でもヒロインはもうちょっと違う人でもよかったかなぁ?
愛しのエリザさん [DVD(字幕)] 6点(2006-02-11 13:13:11)
11.普通に楽しめた、うんうん、なんだかフレッシュな感じがしていい、あのお兄さんが堺雅人にしか見えなかった、
羊子さん [ビデオ(字幕)] 6点(2005-10-30 03:27:45)
10.予告を見たので、映画ならばCGのテニスでも、迫力ある試合に見えるのだろうと期待して見ました。さすがウィンブルドンが題材とあって、イギリスの風景をたっぷりと見られたのが良かったです。ボールボーイとか、線審の女性の服装とか、イギリスの伝統の楽しさが伝わってきました。しかし、キルスティンのぐだぐだしたテニスにはちょっとガッカリ。某テニスのテレビ・ドラマじゃないんだから、もう少しトレーニングして下さいよ。見ていて興奮すべきところで、しらけちゃったのが残念。ピーター・コルトの試合はそれなりに頑張っていたと思う。しかし、力強い迫力はなくて、もしかして時代は数十年前のテニスかと思わせるようなプレーでした。しかし、キルスティンの笑顔は本当に健康的で素晴らしい。軽いラブ・ストーリーと思って映像を楽しむ映画なんだろう。
カオナシ3号さん [DVD(字幕)] 5点(2005-10-11 00:43:21)
9.《ネタバレ》 可もなく不可もなく..普通に楽しめました.. 一つ突っ込むとすれば..なんでシングルス準決勝がセンターコートじゃないの?.. (それとジャンルがコメディ..は可愛そう..)
コナンが一番さん [DVD(字幕)] 6点(2005-09-22 16:58:21)
8.ベタ兄さんが好きなので素直に楽しめました。三十路を過ぎ、いろいろと人生の岐路について考えちゃう兄さん、アキバ系入ってますがキュートです。登場人物はみなお茶目で、悪人もいないし、嫌な人もいない。恋愛映画が苦手な私でもOKなぐらい恋愛に関してはすごくサラっと流してる。適度にスポ根風味。どこを切っても暑苦しくなくて好印象。一年後には内容忘れてるかもしれませんが、固いことは云わずに気軽に楽しみましょう。
HIDUKIさん [DVD(字幕)] 7点(2005-09-06 14:23:28)
7.テニスが好きなのとワーキング・タイトルのラブコメということで期待してたんですが期待外れでした。脚本がかなり雑。それにキルスティンのフォームがヒドいというか素人丸出し!あれでトッププレイヤーという設定は無理がありすぎます・・・。もっとフォームの矯正をすべきだったんじゃないかな。それぐらいの役作りをしても良かったと思う。
ギニューさん [DVD(字幕)] 5点(2005-09-01 21:42:46)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 26人
平均点数 5.19点
000.00%
100.00%
213.85%
3311.54%
427.69%
5726.92%
61038.46%
7311.54%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 5.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 6.66点 Review3人
4 音楽評価 6.50点 Review2人
5 感泣評価 5.00点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS