動脈列島のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > 動脈列島
 > (レビュー・クチコミ)

動脈列島

[ドウミャクレットウ]
1975年【日】 上映時間:121分
平均点:4.67 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
ドラマサスペンス小説の映画化
新規登録(2004-11-09)【亜流派 十五郎】さん
タイトル情報更新(2020-10-13)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督増村保造
キャスト近藤正臣(男優)秋山宏
田宮二郎(男優)滝川保
関根恵子(女優)君原知子
小沢栄太郎(男優)国松警察庁長官
小池朝雄(男優)山崎捜査一課長
井川比佐志(男優)明石特別捜査班々長
近藤洋介(男優)相良公安一課長
佐原健二(男優)桑田医師
渥美国泰(男優)村田捜査一課長
加藤嘉(男優)新幹線訴訟団々長
中条静夫(男優)猿渡教授
平田昭彦(男優)種村秘書
渡辺文雄(男優)野党の運輸委員
稲葉義男(男優)動労委員長
高橋昌也〔男優・1930年生〕(男優)編成局長
峰岸徹(男優)伊藤ディレクター
鈴木瑞穂(男優)新聞記者
神山繁(男優)新聞記者
山村聡(男優)長田総裁
梶芽衣子(女優)落合芙美子
田中筆子(女優)野上ヤス
芹明香(女優)乗客
橋本功(男優)田尻
成瀬昌彦(男優)新聞記者
勝部演之(男優)中野愛知県警公安一課長
文野朋子(女優)秋山勝代
中島久之(男優)篠島研修医
加藤和夫【俳優】(男優)真田新幹線総合企画部長
灰地順(男優)水野刑事
山本廉(男優)飲み屋の客
脚本増村保造
白坂依志夫
音楽林光
撮影原一民
製作藤井浩明
配給東宝
美術阿久根巖
編集中静達治
録音西尾昇(録音)
照明小島真二
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.《ネタバレ》 原作は当時話題になったそこそこのベストセラーだったと記憶しています。その原作を映画製作会社としてはほとんど死に体だった東宝が『新幹線大爆破』の二番煎じとしてチョイスして映像化したわけですが、観て判ったのは原作がやはりヘボだったのが失敗の原因だったということです。“不偏不党”“明るく楽しい”がモットーだった東宝がこんなコテコテの社会派映画を製作したと言うところに、当時の追いつめられていた邦画の状況が窺えます。 とにかく近藤正臣が演じる犯人の、いくら犯罪素人とは言ってもその杜撰さはちょっと酷い。大きく筆跡が判り易い字で脅迫状は書くし(おまけに指紋がベタベタ付いている)、国鉄総裁の自宅に堂々と談判しに現れるに至ってはもう笑うしかありませんでした。あまりに簡単に田宮二郎たち警察に見破られるので、これは何かの伏線で後半でどんでん返しがあるのかと思えばそれもなし。この映画のいちばん嫌なところは、 “正義のテロなら許されるんだ”と言いたげな、いかにも全共闘チックな浅薄極まりない視点です。そのために誰にも文句が付けようのない新幹線騒音公害をダシに使ってる様で、気分が悪くなりました。これなら動機が純粋にカネ目当てだった『新幹線大爆破』の健さんの方がまっとうに感じるぐらいです。ちょっとした悪戯でもすぐに止まる現在の新幹線を考えると、あんなに大々的に実行日まで予告しても新幹線を運行するというストーリーも、ちょっと理解不能です。だいいちその日は誰も新幹線を利用しないでしょう。まるで新幹線が一日止まれば日本の社会が崩壊するかのような妄想じみたプロットで、これはもう清水一行の原作小説じたいのレベルが低かったということに尽きるでしょう。 増村保造も70年代になってからはめっきり監督としての腕が落ちてきたなと実感させられる一篇でした。
S&Sさん [DVD(邦画)] 4点(2016-07-16 23:45:10)
2.市川崑先生の「吾輩は猫である」と2本立てだった。中学時代、国語の教員が、「吾輩は猫である」に熱く語ったので、見に行ったが、「猫」もひどい、この作品もつまらない…で、がっかりした思い出が残っている。
新幹線の騒音が問題になっているとは、その後、聞いたこともない。
その後、「猫」はもう一度見てみたが、やはり、市川先生の失敗作の一つだと思った。
今、その国語の教員と同じくらいの年齢になって、初めて分かるが、あいつはいい加減で、適当だっということ。さらにいえば、大人という連中がみんなそうである。若い人はもっと怒ったほうがよい。
とにかく、映画というものがダメになった時代の典型の作品でしかない。
みんな嫌いさん [映画館(邦画)] 2点(2010-01-16 02:56:51)
1.東映の「新幹線大爆破」に対抗する東宝の「動脈列島」で、同じ新幹線を狙ったテロです。本作は名古屋新幹線公害訴訟を絡めるなど社会性があり自分としてはこちらの方が好きです。ただ犯人の犯行が随分ズサンで苛立ちます。犯人の本来の目的が新幹線を止める行為よりも新幹線公害の問題提起にあるためでしょうがないんだけどね。名古屋市内の新幹線線路沿いの高校に通ってたが、騒音のおかげで2重窓に冷暖房完備でした。
亜流派 十五郎さん 8点(2004-11-09 19:07:40)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 4.67点
000.00%
100.00%
2133.33%
300.00%
4133.33%
500.00%
600.00%
700.00%
8133.33%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 2.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 4.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS