ザ☆ドラえもんズ 怪盗ドラパン謎の挑戦状!のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > サ行
 > ザ☆ドラえもんズ 怪盗ドラパン謎の挑戦状!
 > (レビュー・クチコミ)

ザ☆ドラえもんズ 怪盗ドラパン謎の挑戦状!

[ザドラエモンズカイトウドラパンナゾノチョウセンジョウ]
1997年【日】 上映時間:31分
平均点:5.00 / 10(Review 5人) (点数分布表示)
公開開始日(1997-03-03)
SFコメディアニメシリーズものファミリーTVの映画化漫画の映画化
新規登録(2004-11-26)【A.O.D】さん
タイトル情報更新(2020-06-01)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督米谷良知
演出錦織博
佐藤正治ドラメットIII世
鈴木みえドラリーリョ
神谷明ドラパン
佐久間レイミミミ
難波圭一ドラ・ザ・キッド
中尾隆聖エル・マタドーラ
林原めぐみ王ドラ
桜井敏治ドラニコフ
大山のぶ代ドラえもん
永井一郎寺尾台校長
銀河万丈アチモフ
原作藤子・F・不二雄
脚本寺田憲史
音楽宮崎慎二
浜口史郎
作詞武田鉄矢「友達だから'97」
主題歌山野さと子山野さと子&森の木児童合唱団「友達だから'97」
撮影熊谷正弘(撮影監督)
東京アニメーションフィルム
旭プロダクション(エリ合成)
プロデューサー木村純一
梶淳
増子相二郎
制作シンエイ動画
小学館
テレビ朝日
小倉久美(制作デスク)
アサツー ディ・ケイ(制作協力)
藤子プロ(制作協力)
配給東宝
作画トランス・アーツ(動画)
高倉佳彦(作画監督)
原勝徳(原画)
林静香(原画)
編集岡安肇
録音大熊昭(録音監督)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.ドラパンの声は好きだなぁ。カマンベールチーズ入りのドラやきってうまいのか?
甘口おすぎさん [地上波(邦画)] 5点(2007-02-10 21:12:36)
4.劇場版第18作 ねじ巻き都市との同時上映作品で、ドラえもんズ映画としては2作目。前作ではドラ・ザ・キッドが中心で、今作はドラメッドIII世・ドラリーニョ中心。ということは王ドラ(一番好き)中心の話もあるのかな? 内容のほうは怪盗ドラパンがダイヤモンドよりも固い絆で結ばれているドラえもんズの友情を盗む...ってものだけど、なんか最終的にはドラえもんズの友情よりもドラパンとドラえもんズの友情っぽい話に…。ドラえもんズの友情の話を期待してただけに物足りないかも。ところでこのメンバーだとドラえもんめっちゃ地味でリーダーっぽくない...。
バカ王子さん [ビデオ(邦画)] 6点(2006-03-14 00:28:05)
3.《ネタバレ》 ドラえもんが7匹・・・(汗)
だいぶ食傷気味なストーリーですがどらえもんずは色々個性的でかぶるキャラがなかったので混乱もしなかったし、あんまり飽きる事もなかったです。
まぁーでも典型的な子供用の薄い映画って感じで好みではなかったかな。
ハリ。さん [映画館(字幕)] 5点(2005-11-02 21:43:29)
2.《ネタバレ》 小学生の時にドラえもんにハマっていた時期が昔にあって単行本全45巻を集めました。現在は未収録作品の増刊号が発売されているようですが。その時に映画館で見た作品だと思う。正直に言って内容を詳しく覚えているわけではないけど、ドラえもんズの中では怪盗ドラパンが一番お気に入りのキャラでした。

マーク・ハントさん [映画館(字幕)] 5点(2005-08-14 06:45:14)
1.これは昔テレビで見ました。ドラ映画のおまけなので、評価も甘めに・・・
A.O.Dさん 4点(2004-11-26 10:44:24)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 5.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4120.00%
5360.00%
6120.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.00点 Review1人
2 ストーリー評価 5.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 5.00点 Review1人
4 音楽評価 5.00点 Review1人
5 感泣評価 5.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS