キッド(1921)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > キ行
 > キッド(1921)
 > (レビュー・クチコミ)

キッド(1921)

[キッド]
The Kid
ビデオタイトル : キッド/のらくら
1921年【米】 上映時間:50分
平均点:7.95 / 10(Review 118人) (点数分布表示)
ドラマコメディサイレントモノクロ映画ファミリー
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2004-12-29)【Harpo=ひろしХироши】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督チャールズ・チャップリン
助監督チャールズ・F・ライズナー
キャストチャールズ・チャップリン(男優)放浪紳士チャーリー
エドナ・パーヴィアンス(女優)
ジャッキー・クーガン(男優)捨て子
カール・ミラー(男優・1893年生)(男優)芸術家
グランヴィル・レッドモンド(男優)芸術家の友人
トム・ウィルソン(男優)警官
ヘンリー・バーグマン(男優)興行主/木賃宿の主人
リタ・グレイ(女優)誘惑の天使
ネリー・ブライ・ベイカー(女優)スラム街の看護婦
チャールズ・F・ライズナー(男優)街の乱暴者
アルバート・オースチン(男優)木賃宿の男
脚本チャールズ・チャップリン
音楽チャールズ・チャップリン(1971年再公開時)
撮影ローランド・トザロー
製作チャールズ・チャップリン
美術チャールズ・D・ホール
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
118.外出予定のある時に観て大丈夫だろうかは杞憂に終わりました。ホロリとさせられる部分と笑える部分、共に今一つインパクトにかけるものでした。「もう、終わり?!」物足りない中にもラストショットでの母親に「お金があるだけでは幸せになれない」を実感させられる見事なエンディングでした。
The Grey Heronさん [DVD(字幕)] 7点(2022-04-08 13:51:33)★《新規》★
117.《ネタバレ》 -The Kid- “坊や”。 
一本の映画の中に悲劇と喜劇が混在する作品は、本作が映画史上初。とのこと。自分で書いたレビューを振り返ると、この映画が最も古い映画なので、喜劇はともかく、悲劇のみの映画とか、ちょっと想像がつかないな。
大人と子供の組み合わせ映画だけど、男手一つで子供を育てる映画なら、事情があって母親の居ないシングル・ファーザーの話でも良かっただろうけど、偶然拾った血の繋がらない子供にしたのは、きっとチャップリンが第一子を生後すぐに失っていることと大きく関係するんだろう。そして本作を単純に“喜劇のみ”に出来なかった理由も、きっとその辺なんだろう。

注目はジャッキー・クーガン演じる子供の可愛らしさ。そして演技。今から100年も前の映画なのに、5歳ほどのジャッキー少年が、当時はきっと珍しかったカメラを気にすることなく、ノビノビとした演技と、はっきり解る喜怒哀楽の表情をしているのが素晴らしい。
2人の食事風景がとても印象的で、謎の煮込み料理を、自分と同じ量を子供の皿にも盛る男。あんな大人でも食べ切れない量なのに、次のシーンではぺろりと食べ終わってるのが面白い。
同じ量。パンケーキは枚数まで数えて同じにする。不足分は“半分こ”してまで子供に与える。お腹いっぱい食べることは生きるうえで一番の幸せ。男が子供を商売に利用しているのではなく、対等なパートナーとして扱っているようで、とても好きな場面。
ガラス修理する男の後ろに警官が立つ場面の“?”の字幕の意味がわからない。何だろうあれ?

子供が風邪を引いた時に「一度帰りますが、また来ます」と言った母親。きっと看病の日に再会してるんだろうけど、その場面を描かなかったのは、手紙をダメ医者に見せる時に母親が居ては、ここで話は終わってしまうから?
数日後、子供の風邪が治ってから、孤児院の車が来る日になって、やっと母親も来るのでは、遅いよなぁ。でも屋根を伝って追いかけるシーン。右手に孤児院の車も観える立体的なチェイス・シーン(のんびりしてるけど)が、こんな大昔に撮られていたことに驚く。
男と子供と母親が揃って再会ハッピーエンド。
最初、夢の国の天使=母親だと思ったけど、別人だったんだ。男と母親の間に恋愛要素は無いのか。
その後3人仲良く暮らしたのかは解らないけど、この作品のテーマが“失った人と再会する”であれば、それはそれで納得。
K&Kさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2022-02-23 10:51:36)(良:1票)
116.上映50分に詰め込んだ父子愛。
子どもが愛くるしすぎる。夢の国は蛇足にしか感じないが、そこは愛嬌ですかね。
100年経ってもそこは変わらない。
mighty guardさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2021-09-25 22:04:35)
115.《ネタバレ》 え?この映画ってそんなに面白いの?平均点とかけ離れている点で、かなり相性が悪かったらしい。
仰々しい音楽が終始気に障るのである。思わず途中からミュートにしちゃったぐらい。
子役がかわいいという意見も、まあ言われてみればという感じ。
終わりのほうの夢のシーンは意味不明。
mhiroさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2021-04-11 20:24:33)
114.《ネタバレ》 冒頭から「笑わせます! 泣かせます!」みたいな宣言をするあたりに、100年の隔世の感があります。さすがに今は、どんな映画でもこんなことは言いませんから。しかし親子の情愛は今も100年前も、それどころかホメロスやヘロドトスの時代から存在する普遍的なテーマでしょう。だからこそ作品は残るわけで。その意味で、まったく古さを感じずに見ることができました。別にモノクロでも、セリフがなくても、何らハンデにならないところがすごい。
で、最後は「マッチ売りの少女」のように締めるのかと思ったら、予想外のハッピーエンド。「泣かせます!」より「笑わせます!」に舵を切った感じかな。
眉山さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2021-02-26 01:29:33)
113.《ネタバレ》 古典、と言っても相応しい作品。上手いな、と感じる。
現代からすると、終わり方がちょっとアッサリしている気がする。
終盤に登場する「夢の国」は今後も含めて象徴的ではある。そう考えると、ここで終わっていい、という映画だったのかもしれない。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2021-02-23 15:42:53)
112.警察権力にどう向き合うのか?というのがコントにおける重要な設定であるという事を再認識。
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2021-02-19 11:17:57)
111.これが100年も前の映画とは!
喜劇もさることながら、きちんとしたドラマ性。
言葉なしの表情や動きで伝えるという無声映画のスゴさ。
50分という短い時間ながら、しっかり詰め込まれた内容。
映画史に残る、まさに時代を超えた名作。

子役の可愛さと演技が完璧だった。
愛野弾丸さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2021-02-17 19:45:45)
110.《ネタバレ》 オチが弱い!落ち前までは楽しんでましたし、夢のシーンもびっくりしたけど良かったです。悲しみにくれる男が夢の中の世界に逃げるのかと思ったら、そんなことはさせてくれなかったと。チャップリンが夢から覚めたところが一番ウルウルしました。その分だけ、オチの弱さが残念です。尺の短い話なのに、父子愛に時間を使いすぎたのがねー。
カニばさみさん [DVD(字幕)] 8点(2014-06-24 19:49:13)
109.《ネタバレ》 「犬の生活」の進化版とも言うべき傑作。
病院から出てくる赤ん坊を抱いた母親。彼女は頼るはずの子供の父親に“忘れられて”しまい、子供を育てる余裕もないほど追い詰められていた。腹を痛めて産んだ子供を育てたい母性、それを守るために愛する我が子を手放し他人に託さなければならない自分の無責任さ、不甲斐なさ、無力さへの葛藤。
いや、一番の原因はテメえでタネを蒔いた事も焼き捨てちまうようなクソ野郎の方だ。
母親も後悔先に立たず、イスで彼女が祈る間にも運命は赤ん坊を車から引き摺り下ろしてしまうのだ。普通の映画ならあの強盗2人が情が移り赤ん坊を引き取るなんて展開も面白いだろう。だが、さらに一難を経る事で赤ん坊は運命的な出会いを果たす。
上空からゴミが捨てられる日常、まさか赤ん坊まで上から捨てられたのかと勘違いしても無理は無い。
チャップリンも面倒くさいからではなく情が反応する故に赤ん坊を他人に任せようとしてしまう。だが預けられる母親も赤ん坊一人に手一杯、押し付けんじゃねえやと傘でメッタ打ち。オマケに警官が睨み付ける。この作品の警官は結果的にチャップリンと赤ん坊の絆が深まるような事しかしない。それを知らない警官は幸か不幸か解らない。
チャップリンはいっそ下水にでも捨てちまおうか、なんて一瞬思うがやっぱり赤ちゃんは可愛いくてしょうがない。情が移り「ジョン」という名前を付けて大切に育てる覚悟を決める。
月日が経ち成長したジョンと共に行う窓をめぐる“仕事”の日々。悪いと解っていても食わせるためだ背に腹は変えられない、後は父ちゃんに任せろと言った具合にせっせと治しては一緒にジョンの面倒見てくれそうな嫁探し。でも警官の人妻には手を出すなよ。
生活は貧しくても、寒くたって良い。一緒に食事をして過ごせる小さな幸せさえあればいいのだから。
一方で成功を収めた母親の捜索や街の住民との親子喧嘩、迫り来る保健所の恐怖と二重三重に絡んでくるドラマ。
愛するわが子のために警察を振り払い屋根の上を駆け抜けるシーンは熱い!ジョンも悲しそうな顔で“父親”を叫び続ける。
宿での別れ、深い哀しみが見せる“天国”の夢、悪魔のささやきと夢の中まで追ってくる警官の悪夢。いや、彼は悪夢からチャップリンを救い出すキューピッドだったのかも知れない。昨日の敵が今日の友となる瞬間の感動。
すかあふえいすさん [DVD(字幕)] 9点(2013-12-29 14:26:00)
108.チャップリン映画の中で一番好きです。なんといっても子役の子!
movie海馬さん [地上波(字幕)] 9点(2013-09-17 15:17:55)(良:1票)
107.《ネタバレ》 ちょっと引っかかったのは、いきなり「女の罪は、子供をもうけたことだった」と出ること。子供を置き去りにしたあとでは「十字架を背負うキリスト」の絵が挿入されます。そうなると、終盤の天使のシークエンスも、単なる夢ということですませられないような気がします。チャップリンの商売も、子供にガラスを割らせてそれを修理するという、罰当たりなもの。その罪作りなところが最後にどう収まるのかと思ったのですが、その点は期待はずれでした。宗教的な意味をのぞいてもいい映画でしょうが、その背景に何があるのか、そのところが気になります。
ちなみに、音楽と一部効果音(ガラスの割れる音)が入っていました。
アングロファイルさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-07-28 10:20:43)
106.終わり間近「夢の国」の場になる。登場人物たちが羽根を生やして失楽園を演ずる。いちおう子どもを失ったチャップリンの内面世界ととれるが、ジェラシーとかイノセントとか、それまでのストーリーからは浮いていて、現代人の目にはとてもヘン。これは活動写真が見せ物だった時代の名残りと思うのが一番いいのではないか。ワイヤーアクションで舞台の芸人が飛びかっているような見せ物。古いミュージカル映画のラスト近くにも、筋から自由になった長めのダンスの見せ場がよく置かれる。私は勝手にカデンツァ(協奏曲のコーダ近くにある独奏者の見せ場)と呼んでいるのだが、あれも映画が見せ物だった時代の名残りではないかと想像している。映画がストーリー(筋)に屈伏させられないよう抵抗しているようでもあり、ああいう無意味が氾濫する場を終盤に用意するのは、もと見せ物客だった観客に対するサービスだったのではないか。日本の昔の村芝居では義経が人気だったので、ストーリーに関係なく「さしたる用はなけれども」と言いながら義経が舞台を通り過ぎた、という話はよく聞く。決して無意味が無価値ではなかったかつての演劇の活力を、映画は受け継いでいたはずなのだ。舞台が意味に覆われてしまったイプセン以後の近代演劇のほうが異常なのである(いま思ったのだが、植木等の「およびでない」のコント、大好きだったが、これと関係してないか)。
なんのかんのさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-05-25 09:36:48)(良:1票)
105.《ネタバレ》 物語の展開という点からいえば、子供を奪い去られた後にこそドラマがあってしかるべきではないか?趣旨不明な夢の国のシーンも相まって、せっかくのそれまでのストレートな描写の効果が半減してしまった。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2013-05-21 02:44:34)
104.《ネタバレ》 今の映画になれていても、すばらしい映画ですね。分かっていても、ハッピーエンドが心地よいですね。
minさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2013-05-17 20:46:06)
103.サイレント映画でもこれほど伝わってくるのはさすがチャップリン。
ただ、ラストがあっけなくてストーリーとしては物足りなかった。
夢のシーンもあまりピンと来ず。
飛鳥さん [地上波(字幕)] 6点(2013-02-14 01:44:12)
102.《ネタバレ》 チャップリンが素晴らしいのは周知の事だが、この作品に関しては子役がチャップリンをも凌駕している。

夢の国のシーンは、誰にでも罪を犯し得る(我が子を捨ててしまったり等)、羽のある天使でさえもそうなんだからと。
逆に実の子でなくても優しさや愛情は注げるもの、誰でも天使のようになり得るというメッセージに受け取りました。

ラストは若干あっさりしている感もありますが、名作であることに間違いはない。

ぐうたらパパさん [DVD(字幕)] 9点(2012-11-23 14:12:10)
101.10年近く前に、リバイバル上映で見ました。チャップリン初の長編映画で、J・クーガンが子供で初めての百万長者(?)になった、とかで有名でした。マイムよりもストーリーに力を入れて作られたことが、映画を見るとよくわかります。親子の絆は、いつの時代でも普遍のものだ、ということなんですね。
shoukanさん [映画館(字幕)] 7点(2012-11-11 16:10:24)
100.《ネタバレ》 捨て子を拾ったチャップリンの騒動、友情。上映時間わずか50分、モノクロ・サイレントですがテンポよくまとめられていました。意外な喜劇の結末。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 6点(2012-06-16 00:43:10)
99.子役が出てくる映画はたくさん観てきたけど、
この子供はとてもかわいい。彼の姿を追っているだけでも楽しめる。
全体の作りとしてはコメディー要素が少なく、ストーリー色が強いのだが、
その分上映時間も短いので、集中力が途切れるということはまったくなかった。
ラストは定番の温かいシーンで、こちらの気持をほんわかとさせてくれる。
チャップリン映画の入門編としても手頃な作品。
MAHITOさん [DVD(字幕)] 6点(2011-08-10 00:54:39)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 118人
平均点数 7.95点
010.85%
100.00%
200.00%
310.85%
432.54%
521.69%
697.63%
72319.49%
83025.42%
93227.12%
101714.41%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 9.62点 Review8人
2 ストーリー評価 9.00点 Review12人
3 鑑賞後の後味 9.16点 Review12人
4 音楽評価 8.30点 Review10人
5 感泣評価 8.90点 Review11人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS