格闘技オリンピック 四角いジャングルのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > カ行
 > 格闘技オリンピック 四角いジャングル
 > (レビュー・クチコミ)

格闘技オリンピック 四角いジャングル

[カクトウギオリンピックシカクイジャングル]
1980年【日】 上映時間:96分
平均点:4.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
公開開始日(1980-12-06)
アクションドキュメンタリーシリーズものスポーツもの漫画の映画化
新規登録(2004-12-24)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2020-05-27)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督南部英夫
城達也ナレーション
出演アントニオ猪木
ウィリー・ウィリアムス
藤原敏男
坂口征二
タイガー・ジェット・シン
脚本南部英夫(構成)
音楽馬飼野康二
製作瀬島光雄
製作総指揮梶原一騎
配給東映
その他テレビ朝日(協力)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》 著名な格闘家をいろいろ取り扱った前2作から一転、今度は「腕っぷし日本一」大会にエントリーした素人にスポットが当たる(小芝居風の一幕もあり)。ただ・・・だから何だ、という気もちょっとしてしまいますが。空手家・中村誠の「百人組手」への挑戦などを経て、後半は猪木・ウィリアムス戦に照準が絞られている。しかしこの試合、さんざん事前に煽っておいて、(しかも一度やり直しているにもかかわらず)このような中途半端な結論だったんですね。とはいえ、本当に真剣になった勝負はそんなもの(そうそうドラマチックにはならない)、という逆説的な真理ともいえなくもない。
Oliasさん [DVD(邦画)] 4点(2020-05-11 19:19:27)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 4.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
41100.00%
500.00%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS