オープン・ウォーターのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > オ行
 > オープン・ウォーター
 > (レビュー・クチコミ)

オープン・ウォーター

[オープン・ウォーター]
Open Water
2003年【米】 上映時間:79分
平均点:4.72 / 10(Review 104人) (点数分布表示)
公開開始日(2005-06-25)
ドラマサスペンスシリーズものパニックもの実話もの
新規登録(2005-01-11)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2007-06-12)【.】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督クリス・ケンティス
キャストブランチャード・ライアン(女優)スーザン
ダニエル・トラヴィス(男優)ダニエル
エステル・ラウ(女優)エステル
スティーヴ・レミー(男優)ダイバーの男(ノンクレジット)
脚本クリス・ケンティス
音楽グレーム・レヴェル
ネイサン・バー(追加音楽)
撮影クリス・ケンティス
ローラ・ラウ
製作ローラ・ラウ
エステル・ラウ(製作補)
配給ムービーアイ・エンタテインメント
編集クリス・ケンティス
あらすじ
忙しい仕事の合間を縫って、やっと念願の休暇にやってきた若夫婦、ダニエルとスーザン。オフの間は常夏のカリブでマリンスポーツ三昧のつもり。さっそく現地のダイビングツアーを申し込んで、遠洋のダイブスポットへ。ちょっとKYな客も船に乗ってるけど、海に潜ってしまえば自由を満喫、他人なんて関係ないさ! …と思ったら、二人を回収しないで船が帰ってしまっていた…。果てしない海と空、そして二人の男女だけという究極のシンプル構成で贈る、漂流・オブ・カリビアン。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
104.《ネタバレ》  この映画を最も楽しむ方法とは「実話ネタである、という情報を元に観賞する」→「実話なら最低でも一人は助かったはずだ、と思い込む」→「二人とも死ぬのかよ! とツッコむ」ではないでしょうか。

 で、自分はといえば「実話ネタ」という以上に「サメ映画」との情報を元に観賞したせいか、受けた衝撃は弱かったように思えますね。
 「サメ映画である以上、実話ネタでも間違いなく話を盛っている」との認識があったせいか、ラストシーンの妻の自殺(?)に関しても「あれ、二人とも死んじゃうのか」とアッサリした感想になっちゃいました。

 別に実話云々が絡まなくても、劇中世界に没頭していれば衝撃的な結末だったのでしょうが……正直、あまり楽しめなかったがゆえに「バッドエンドでも後味が悪くない」という形になってしまった気がします。
 「実話なら生存者の証言を元に作られているはずなのに、それを裏切られた」という不快感も無い代わりに、特にハラハラドキドキもしなかったという形。

 一見して低予算映画であると分かる作りであり、映像や音楽などが洗練されていないのが、観ていて盛り上がれなかった一因かも知れませんね。
 こういう映画って、ついつい「アイディアが素晴らしい」「大金をかけた映画より遥かに面白い」と褒めたくなるものですが、ちょっと厳しかったです。

 前半部の「旅行」パートが、あんまり楽しそうに見えない辺りなんかも、非常に残念。
 やっぱり、そういう部分で観客のテンションを高めておいてこそ、その後の海中に取り残される絶望的な展開に、落差が生じる訳ですからね。
 なのに、それが一般人のホームビデオ撮影みたいなノリで全然盛り上がれなかったものだから、正直ガッカリです。
 問題を抱えた夫婦なのだから、能天気に描く訳にはいかない……って訳でもなく、明るい音楽が流れ、俳優さん達も笑顔を見せているんだから、ちゃんと観客側にも「楽しさ」が伝わってくるように仕上げて欲しかったところ。
 サメの模型の口元に頭を突っ込んで、おどけてみせたりする辺りは悪くないだけに、勿体無かったです。

 良かった点としては、サメを前にしてナイフを落としてしまう絶望感とか、眠った隙に互いが離れ離れになってしまうも何とか合流出来た時の安堵感とか、持ち物の中に飴玉があると知った時の喜びとか、その辺りが挙げられそうですね。
 五十分近くも「海中で孤立する主人公夫妻」というシーンで引っ張る為に、あの手この手のアイディアを出してくれており、観ていて退屈させなかったのだから、これは素直に凄いと思います。
 序盤にて、主人公夫妻が「我が家に帰ってくる」事を前提に電話をかけたり、防犯の為に自宅の電気を点けたままにしておく描写を挟む辺りも、皮肉が効いているというか、非常に残酷な描写であり、印象深い。

 ハッピーエンドではないし、観ている間楽しかった訳でもないけれど「こういう映画があったよ」という形で、語り易いし、記憶に残り易い一品であったと思います。
ゆきさん [DVD(吹替)] 5点(2017-08-16 02:26:01)
103.《ネタバレ》 この作品を観なかったら、一生、想像もしなかった(または、できなかった)であろう状況を疑似体験させてもらえたという点においては、良くできた作品だと思う。しかし、後味の悪さが(就寝前の夜中に観てしまったというのもあるが、、、寝つきがかなり悪かった、、、)なんとも息苦しかったので点数「5」。こういう状況に置かれたら、自分なら何ができるか、どうすべきだったかを考えさせられて、観て良かったとは思うけど、他の人には薦められない。
Porscheさん [DVD(吹替)] 5点(2013-09-28 12:00:33)
102.《ネタバレ》 「実話に基づいたフィクション」なんですね…。
実話ってきいたから、どっちかは助かると思い込んで観てしまったではないスか。そしたら、ラストにびっくりするのは当然じゃないスか。ズルイ…。

内容は、実話と銘打っていなかったら、映画としてはもたなかったでしょう。
実話だからこそ、怖い。ドキュメントに近いホラー作品だと思いました。

サメが、ホラー映画のようにぐわっと襲ってくるのではなく、周りを泳ぎながら、獲物が弱るのを待っているのが、怖い。
突っついてみたり、少し齧ってみたり。抵抗する力があるのかどうか、様子見をしているところが、非常にリアルでいやらしい。
ドキュメント風なので、主役の二人が映画的に派手なパフォーマンスをできるわけがなく、ただただ海の上を漂うしかなく、つらい状況。その状況を延々と見せられるのですが、なにしろ「実話」なので、主役たちのつらさを共有するしかなく。
まったくエンターテイメント性はない。ないからこそ、伝わってくるつらさと恐怖。

しかし、いい加減なダイビングツアーのガイド達とか、実際に大勢いそうですよね。適当な仕事しかしないアルバイトさんとか。
そんな人たちに命を預けるような遊びをするのは、嫌だなぁ…と、心底思いましたよ。

ひしひしと感じる海の恐怖。
ワタシは、一生、ダイビングはしません。この作品にかけて誓います。
りりらっちさん [DVD(字幕)] 4点(2012-11-01 16:21:37)
101.《ネタバレ》 地味な設定だけど、怖いという点では偽りなし。
自分はかなり水泳得意で、ダイビングもちょっとだけ経験あるけど、だからこそ充分なリアリティを感じることができた。
自分があの状況になったとしても、同じ行動や話をしたと思う。
ただし、ラストはちょっと別だけど。
しかし、この映画には、やってはいけない反則が入っている。
それは、「実話に基づく」って最初に言っているんだけど、最後まで見ると、「実話の設定を借りたウソ話」ということがわかってしまうところ。
これはかなり許せない反則だし、あまりにも地味な映像とシーンが多すぎるのは、もうちょっとなんとかならなかったのかなあ、と思ってしまう。
まかださん [DVD(吹替)] 5点(2012-04-08 05:13:44)
100.《ネタバレ》 シチュエーションだけで後は創作って何が実話が元だっていう話だが、実話が映画化されたってことは生還するに違いないという印象を視聴者に与えるためだとしたらまあアリ。「興行の神様」スピルバーグが撮ったのがエンターテイメントなジョーズだとすると対極にあるリアリティ追求作品がこれ。確かに現実の状況だとしたらそりゃ海中もはっきりは見えんし、スリルのあるBGMもならんし、都合いいタイミングでサメに襲われたり救われたりするイベントも起こらないし、海上でラブラブもせんだろう。普通は波の音の中に何事もなく漂い続け・・・カップルならああいう喧嘩をするよなあw。作り上げられたホラーに飽き飽きしてきた人にはお勧めのスリラー。7点だが、こんなTVを含め使い古された題材ながらジョーズの2番煎じには終わらないオリジナリティで+1点。あ、もちろん作品としてはジョーズのほうが一枚も二枚も上手ですよ。
Arufuさん [DVD(字幕)] 8点(2011-06-06 23:52:40)
99.《ネタバレ》 映画ながら無常な現実を突きつけられた気分。残り時間を確認しつつ何時助かるのかとやきもきして観ていたけど、全く助けが来る気配もない。そうしてる内にクラゲがくるサメがくる、終盤でやっと捜索隊が出動した頃はもう残り尺が殆どなく、こりゃ最後の最後で救助隊に発見されて終わりかと思いきや・・・まあそもそも大海原に取り残された人間が助かる筈ないので、如何にも映画的な結末にされるよりは良かった。
TAKIさん [DVD(字幕)] 7点(2010-10-21 23:12:31)
98.実話とふってあって、映像もドキュメンタリー風。恐怖感とか絶望感は伝わってくるがいかんせんそれだけで引っ張るのはいかにもつらい。
タッチッチさん [DVD(字幕)] 4点(2010-07-24 15:05:35)
97.《ネタバレ》 実話に基づくと宣伝されているので、置き去りの夫婦は助かり、後日夫婦への
インタビューを元にした映画だと思って見ていました・・・ 
助からないのなら、置き去り後、夫婦に起きた出来事は全部想像ですね。

BGMを極力減らし、淡々と恐ろしい出来事を積み重ねる構成は好みです。
でもそれで面白いかというと、やはり物足りない出来上がりです。

ラストの自決への動機付けが不足してるんじゃないかなと・・
事実の報道ではなくて映画なので、もうちょっと作りこんで欲しいなー
と思った映画です。
ながもんさん [DVD(字幕)] 4点(2010-02-22 13:31:29)
96.《ネタバレ》 最期は2人とも助からない。。。なんて鬱な終わり方なんでしょう?絶対助かると思ってみてましたよ。残念な結末です。映画自体は単調です。最初と最期以外の中盤はばっさりと削除しても問題なかろうかと。実質30分くらいで話が完了する映画です。
いっちぃさん [地上波(字幕)] 6点(2009-12-27 23:32:10)
95.なんか、どうでもいい話。愛とか友情の感動ドラマがあるわけでなく、海に置き去りにされて、困ったなあ、というシーンがえんえんと続くだけである。つまりとくにこれといってストーリー性がない。一体この映画の売りは何なのかと言われても答えられない。別に怖い、とかドキドキハラハラする、とかそういうものもない。映像がすごい、綺麗、迫力がある、というものでもない。低予算で作ったので、特殊効果などは一切使ってない、本物のサメが泳ぐ海で撮影したとからしいが、別にそんなのもフーンて感じだし。結末もかなりバッドエンドで後味も悪い。まああれはあれで衝撃的だったが。最後に無事助かって、自分たちをおきざりにしたあの糞クルーどもをぶん殴ってスカッと爽快で終わるってのも楽しかったかもしれない。いいところのない映画だが、唯一褒められるのは作品の時間が短い(1時間半程度)からまだ気楽に見れるところか。
椎名みかんさん [DVD(字幕)] 4点(2009-11-14 17:58:57)
94.まあ確かにこんな状況になったら、恐怖は尋常じゃないわな。特に夜なんか気が狂いそうになると思う。でもやっぱり最後はイマイチ。
nojiさん [地上波(字幕)] 5点(2009-09-22 22:39:21)
93.二人が置いてけぼりにされるまでとその後の陸の動きだけが実話であとは創作と実話をウリにするところがいまいち分かんないんですが・・・ん~、、、中盤以降ほぼ二人の海のシーンなので結構飽きてきました。映像も低予算にしちゃ変に荒いし何でグレーム・レヴェルが音楽担当してんのかもいまいちよくわからん。ただ遭難して口げんかして終わり、シンプルすぎなストーリーに自分はあまり馴染めませんでした。
M・R・サイケデリコンさん [地上波(字幕)] 5点(2009-08-25 02:44:10)
92.友達に薦められてみたが、なんちゅう映画を薦めやがる!!
陸地視点で見ていると、何とも歯がゆいものだ。
なにより、女性が男性を手放すシーンと、女性の最後の決断のシーンが頭から離れない。
てか、実話って遭難に至った原因だけなわけですか!?
SAKURAさん [DVD(字幕)] 5点(2009-08-19 17:08:18)
91.全体的に単調な感じですが、スキューバダイビングは怖いなぁ。。ラストの、サメの腹を開いたら出てきたものは・・・。
山椒の実さん [地上波(字幕)] 4点(2009-08-08 23:37:49)
90.《ネタバレ》 予備知識なく観たなら、最後はどうやって助かるんだろうと助かることを前提として観ていた人も多いんじゃないだろうか?きっと初めはツアーガイドがすぐに気づいて助けに戻ってくると思って平静を保とうとしていたような。状況はもとより、パニックになり2人が言い合う場面が妙に恐ろしかった。言うまでもないが、メモ帳1つで点呼もとらず人数確認とはあのツアーガイド達はあまりに酷すぎる。
civiさん [地上波(字幕)] 4点(2009-07-22 04:55:07)
89.《ネタバレ》 テレビでなにげなく見始めたのに、思わずのめり込んでました。「激突」という作品に似たジワジワ追い詰められる恐怖を感じます。仕掛けはいたってシンプルなのに、こんなにも怖いなんて!人間様も海という舞台では単なるひとつの動く肉の塊でしか無くなってしまう。最後には、ツアー業者も気付いて捜索が始まり、女性だけは助かるのかなと思わせておいて、あっけなくチャポンと沈んでしまうシーンは非常に感慨深いものがありました。なんという無常感。
ClocheRoseさん [地上波(字幕)] 8点(2009-07-21 03:51:05)
88.意外と点数低いですが?ハラハラしどおしでなかなか良かったと思います。教訓!遊ぶ時も真剣に!!
白い男さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2009-04-05 16:34:54)
87.今日、海を見に行きました。青く、美しく、広大で心奪われました。ただ、何にしても自然というのは恐怖でもあります。人間なんてちっぽけなものです。
N.Y.L.Lさん [DVD(字幕)] 4点(2009-01-25 00:06:18)
86.これ映画にする必要があったのだろうか。前の方も書いている通り、アンビリバボーなんかで、完全ドキュメントとして観るにはいいと思うが。
おーるさん [DVD(字幕)] 2点(2009-01-22 10:04:26)
85.《ネタバレ》 実話ベースであろうとフィクションであろうと、娯楽映画としての鑑賞を目的とするならもう少し作り方考えなきゃいけないね。
あまり必要性の分からない陸のシーンの後、二人がプカプカ浮いてるシーンがだらだらと続くだけ。
すぐ近くでありながら認識不可能な海面下の恐怖というのは分かるが、その中身がサメがいるか、サメがいないか、サメがウヨウヨいるかのどれかというのは想像力を掻き立てるのに貧弱過ぎる。

アンビリバボーぐらいで取り上げてもらった方が良かったかもね。

banzさん [DVD(吹替)] 3点(2009-01-19 22:00:30)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 104人
平均点数 4.72点
043.85%
132.88%
2109.62%
3109.62%
41918.27%
51918.27%
61817.31%
71312.50%
843.85%
943.85%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review8人
2 ストーリー評価 2.62点 Review16人
3 鑑賞後の後味 2.46点 Review15人
4 音楽評価 3.10点 Review10人
5 感泣評価 2.87点 Review8人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS