チャップリンの勇敢のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > チ行
 > チャップリンの勇敢
 > (レビュー・クチコミ)

チャップリンの勇敢

[チャップリンノユウカン]
Easy Street
1917年【米】 上映時間:19分
平均点:6.27 / 10(Review 11人) (点数分布表示)
コメディサイレントモノクロ映画刑事ものショート(短編映画)
新規登録(2005-02-03)【M・R・サイケデリコン】さん
タイトル情報更新(2020-03-21)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督チャールズ・チャップリン
演出羽佐間道夫(日本語版演出補)
キャストチャールズ・チャップリン(男優)
エドナ・パーヴィアンス(女優)
エリック・キャンベル(男優)
アルバート・オースチン(男優)(ノンクレジット)
ロイド・ベーコン(男優)(ノンクレジット)
ヘンリー・バーグマン(男優)(ノンクレジット)
フランク・J・コールマン(男優)(ノンクレジット)
ジェームズ・T・ケリー(男優)(ノンクレジット)
シャーロット・ミノー(女優)(ノンクレジット)
ジョン・ランド[男優・1871年生](男優)(ノンクレジット)
ロイヤル・アンダーウッド(男優)(ノンクレジット)
レオ・ホワイト(男優)(ノンクレジット)
トム・ウッド〔1894年生〕(男優)(ノンクレジット)
永井一郎(活弁トーキー版)
羽佐間道夫(日本語吹き替え版)
野沢雅子(日本語吹き替え版)
宝亀克寿(日本語吹き替え版)
杉田智和(日本語吹き替え版)
近石真介ナレーター(日本語吹き替え版)
原作チャールズ・チャップリン(原案)
脚本チャールズ・チャップリン
ヴィンセント・ブライアン(ノンクレジット)
マーベリック・テレル(ノンクレジット)
羽佐間道夫(日本語版脚色)
撮影ローランド・トザロー(ノンクレジット)
製作ヘンリー・P・コールフィールド(ノンクレジット)
チャールズ・チャップリン(ノンクレジット)
企画羽佐間道夫(日本語版制作企画)
美術ジョージ・クリーソープ(ノンクレジット)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
11.《ネタバレ》 チャップリンが警察官になるというのは観たことないし斬新だ。この人の役のイメージはどちらかというと警察官に追われてる方だもんね(笑) 後半のドタバタはいかにもチャップリンらしくて面白いし動きが素早い! これは当時大いにウケたことでしょうね☆ なかなかでアリマシタ
Kanameさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2017-11-18 06:57:41)
10.チャップリンって本当によく動きますよね。その動きが、いかりや長介さんもびっくりなほど計算されているので面白い。何テイク撮っているんですかね?相当体力要りますよ、これ。アクションも一流。ジャッキー・チェンより上なのではないでしょうか。当時、警察官って物凄く嫌われていたみたいですね。市民の平和を守っている警察を悪く言う風潮に疑問を持ったチャップリンが警察官をヒーローにしたこの作品を作ったらしいです。こんなところにもチャップリンの愛が溢れています。
スノーモンキーさん [DVD(字幕)] 7点(2014-12-07 21:48:14)
9.チャップリンの短編はドタバタすぎるのが目につくが、これもその一つ。いくら叩いてもびくともしない大男を運良く逮捕できるのは良いが・・・。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 5点(2013-05-28 19:25:56)
8.これはチャップリンの短編作品としては、かなり面白い部類に入るのではないだろうか。
とにかく動きまわる!
この動きをただ呆然と観ているだけで楽しめてしまう。
動きだけでこれだけ楽しませるチャップリンは、やはり偉大だ。
でも、チャップリンが最後に選ぶ女性は、いつも気色が悪い女性ばかり。
太めで、白目をむいている。
たまには痩身でナチュラルな目つきの女性を選んでほしいものだ。
にじばぶさん [DVD(字幕)] 6点(2010-06-15 23:44:36)
7.コレ、好きだなあ。原題は『Easy Street』で、警官になったチャップリンが、イージー街を所狭しと大暴れ。凶暴なる大男との死闘(?)を皮切りに、お話はドミノ倒し式に膨らみ、もはや収拾のつかないドタバタが展開!(これに匹敵するのは、天才バカボンくらいのものでしょう)、というナンセンスの極致、それでいて、何となく“勇気”のスバラシサに不覚にも感銘を受けてしまったりも、するのです(邦題はなかなかツボをついているかもしれない、極めて個人的な感想ですが)。これだけあわただしいドタバタ映画なのに、意外なまとまりを見せ、最後は大団円。冒頭の、やる気の無さそうな主人公の姿が、その後の展開と好対照で、よく効いています。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 9点(2009-01-10 08:01:17)
6.《ネタバレ》 終盤のドタバタはなかなか面白い。チャップリンが警官というのも新鮮で、むしろ違和感がある。
TOSHIさん [DVD(字幕)] 6点(2008-03-27 14:33:40)
5.チャップリン映画ではとても珍しい警官役のチャップリンを観ることが出来ます。ドタバタコメディとしてこれもなかなか楽しめる。チャップリンお得意の蹴ったり、殴ったりのシーンでの笑いも観られる。ただ、傑作かと言うとそうは思えないし、チャップリン映画としては平均的な感じの作品で、個人的にはやはり警官役よりも警官に追われるチャップリンの方が好きです。
青観さん [DVD(字幕)] 7点(2006-12-02 19:46:35)
4.警官募集の張り紙を見てさっそく志願した浮浪者チャップリンが治安が悪化しているイージー街という街で大活躍する短編作品。警棒で殴っても気絶しない男とのやりとりや、連行したエリック・キャンベルを警官たちが一斉に警棒で殴りかかるシーンがとくに笑えた。でも全体としてはちょっとドタバタしすぎかなあ。
イニシャルKさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2006-08-14 01:27:17)
3.《ネタバレ》 チャップリン映画には珍しく、正義感溢れる彼が拝めます(笑)冒頭のミサのシーンで、預かった赤ちゃんがオシッコ漏らしてるのかと思わせておいて、実は哺乳瓶を逆さまに持っていたというオチは笑ってしまいました。治安の悪い街で悪党共に勇敢に立ち向かうチャップリンもいいですよ!でもアルバイト募集みたいな張り紙で採用された新人を、いきなり荒れてる街に独り繰り出させるなんて、チャップリン的世界でも公務員は辛い仕事なんですねえ・・・。
まさかずきゅーぶりっくさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2006-08-05 00:55:07)
2.思いつきもいいとこ、行き当たりばったりで警官になっちまったチャップリン^^ 勝手に題名変えてもいいのならばチャップリンの警官って事になるのでしょうね。しかし、このノリはちょっとツライ、ドタバタ激し過ぎるの 作り荒い。
3737さん [ビデオ(字幕)] 3点(2005-08-13 20:12:39)
1.チャップリンが杖を警棒に持ち替えて大活躍。喧嘩のシーンも彼独特の味がしっかり入って楽しいと言っちゃ変だけど笑えるからなんか安心する。警官になってもエリック・キャンベルには相変わらず追い掛け回されたり殴られたり。でもチャップリンのありえんぐらいの身のかわしっぷりは健在、いい感じになってら。
M・R・サイケデリコンさん 7点(2005-02-03 17:02:46)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 11人
平均点数 6.27点
000.00%
100.00%
200.00%
319.09%
400.00%
519.09%
6436.36%
7436.36%
800.00%
919.09%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review1人
2 ストーリー評価 7.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 5.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS