若い人(1962)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ワ行
 > 若い人(1962)
 > (レビュー・クチコミ)

若い人(1962)

[ワカイヒト]
1962年【日】 上映時間:90分
平均点:5.88 / 10(Review 8人) (点数分布表示)
公開開始日(1962-10-06)
ドラマ青春もの学園ものロマンス小説の映画化
新規登録(2005-02-03)【へちょちょ】さん
タイトル情報更新(2015-11-15)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督西河克己
キャスト石原裕次郎(男優)間崎慎太郎
浅丘ルリ子(女優)橋本スミ子
吉永小百合(女優)江波恵子
大坂志郎(男優)校医・山川
三浦充子(女優)恵子の母・ハツ
小沢昭一(男優)北村敦
井上昭文(男優)畠中登
村瀬幸子(女優)山形アツ子
北村和夫(男優)江口健吉
武智豊子(女優)瀬川フミ
殿山泰司(男優)瀬川善吉
堀恭子(女優)吉沢恭子
三崎千恵子(女優)山川ヒロ子
葵真木子(女優)バスガール
小泉郁之助(男優)
紀原土耕(男優)旅館の番頭
河上信夫(男優)
黒田剛(男優)神通丸の男
進千賀子(女優)
高野誠二郎(男優)先生
原作石坂洋次郎「若い人」
脚本三木克巳
音楽池田正義
作詞木下忠司「若い人」
作曲池田正義「若い人」
主題歌石原裕次郎「若い人」
撮影萩原憲治
企画坂上静翁
配給日活
編集鈴木晄
照明藤林甲
その他IMAGICA(現像) 旧社名:東洋現像所
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
8.《ネタバレ》 石原裕次郎さん、吉永小百合さん、浅丘ルリ子さんって豪華なキャストですねぇ。
レトロな雰囲気だけど、十分に楽しめました。
意外とこの頃の映画が性に合ってるのかな。
音楽でいうと、『歌詞が聞き取れる』ってゆーか。
最近の映画は妙に凝ってて、テーマを置き去りにしてる感じがありますもんね。
母親の境遇に思い悩む吉永小百合さん、若き教師の石原裕次郎さん、その同僚の浅丘ルリ子さん。
溌剌とした若さ爆発異次元の可愛らしさをもつんだけど内面がついてきてない感じを演じた小百合さん、とっぽいようで真っ直ぐな、カッコいいけど嫌味など全く無い男を体現した裕次郎さん、そんな二人を一歩引いた感じでみつめる美しい女性にルリ子さんという贅沢な布陣。
どなたもスターの風格がありながらドラマの筋を邪魔しない演技で、脇といっちゃあまりに惜しい共演者たちの好演もあいまって、安心して女心的なテーマに思いを馳せることができました。
ともすれば、なんだかイヤらしい作品にもなりかねないテーマなだけに、そういった影というか陰を踏ませないあたりがスター作品の所以かなと。

あーまだまだ観なきゃいけない作品がたくさんありそうです(^^ゞ
ろにまささん [CS・衛星(邦画)] 6点(2020-10-24 08:51:30)
7.教師と生徒が共に成長していく姿を描いたということで、「若い人」というタイトルは言い得て妙。前半はまあ見られますが、後半人物関係も含めグチャグチャになってしまい、ついていけませんでした。脇役にいい人が多かっただけに残念。
アングロファイルさん [地上波(邦画)] 5点(2011-12-27 17:54:56)
6.石坂洋次郎原作、昭和の香り漂う青春映画。
昭和30年代後半~40年代に作られた青春ドラマを彷彿とさせるような設定とともに、
序盤から中盤にかけてはコミカルなシーンを入れつつ、後半は主役二人の苦悩や葛藤が描かれ、
一応映画っぽい感じには仕上がっています。出演者たちは当然みんな若いんだけど、
浅丘ルリ子と吉永小百合はホントにかわいかった。レトロ感覚に浸るには、ちょうど手頃な作品。
MAHITOさん [地上波(邦画)] 4点(2011-08-11 08:39:35)
5.ちょい悪でもなんでもない、まっすぐ育った青竹のような石原裕次郎には驚かない。しかし、溌剌として、健康的で、それでいてしっとりとした和服の似合う美女でもある浅丘ルリ子にはびっくり。和服美女と言えばいまでこそ吉永小百合だが、この作品中の彼女は、小太りで、切れかかった危ない女子高生。タイムカプセルのようなこの作品を一度は鑑賞しておくべきでしょう。・・・それにしても、浅丘ルリ子には参ったなあ・・・(嘆息)。
ぢいさんさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2009-03-10 19:17:24)
4.昔は裕次郎主演と小百合主演の2本立てが多かったとの事で、実は裕次郎と小百合の共演は珍しく、結構貴重な作品。それだけでも見る価値あり。
<追記>14年ぶりに再見。吉永小百合の瑞々しさと浅丘ルリ子のクールさが対照的。そこに複雑な母娘関係が絡み合って「女」になる事、「女」である事とは何か?を問うている。今風に言うと「毒親」モノと言えなくもないが。そして3人の女性に対峙する青年教師の石原裕次郎も気負いがなく明るく爽やかであり、原作・脚本のよさと配役・演技のよさがマッチしている。
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2006-04-03 11:18:59)
3.「若い人」は戦前の最初の映画化版、豊田四郎監督、市川春代=江波恵子のものが一番の秀作らしいです。それを観る事が出来ないのは原作ファンとしては残念です。当時の顔パンパンではちきれそうな風船顔の吉永小百合よりは、自分には瞳パッチリはかなげ浅丘ルリルリの方が自分には魅力的に映りましたけどねえ。裕次郎の選択にも納得。桜田淳子版リメイクもあるみたいですが、妙にコブシのきいた台詞回しが目に浮かんでくるようです。
放浪紳士チャーリーさん [地上波(字幕)] 6点(2006-04-01 13:32:59)(良:1票)
2.調べた限りでも四回はリメイクされてるっぽい作品。裕次郎・ルリ子・小百合の豪華共演...流石にみんな若い! 裕次郎・小百合はほぼ想定内だけど、浅丘ルリ子がちょっと衝撃。「木曜組曲」や「男はつらいよ」でしか見た事なかったのでこれほどかわいいとは...。和服に笑顔がめっちゃかわいいです。中村玉緒もそうだけど昔の女優さんは今からは想像もつかないぐらい綺麗な人多い。内容のほうは普通の青春映画かと思ったら大分イカれた内容…。かなりイカれてる吉永小百合よりもさらにやばい三浦充子。特に後半はホラー映画のような異様な空気です。この映画やばいな~と思ってるうちに「終」。壊れ加減がカサベテス映画のような印象。次の小百合映画は日活オールスター作品「嵐の勇者たち(69)」いってみます。これもちょっと楽しみ。
バカ王子さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2006-02-12 00:06:41)
1.《ネタバレ》 石坂洋次郎原作、3度目の映画化。監督は日活が誇る”ミスター・リメイク”こと西河克己。今回の舞台は九州(の長崎)に変更されているが、そんな差異など問題ではない。今回のリメイクで最大のセールスポイントは何と言っても芳紀17歳のうら若きサユリが魅力全開で恵子を演じているコト!に尽きる。くわぁ~~!!むっちゃ可愛いじゃねえか、コンチクショウ!!と・こ・ろ・が、ナント何と裕次郎扮する新人教師・間崎慎太郎はラストで恵子ではなく、浅丘ルリ子演じる女教師・橋本スミ子の方を恋人に選ぶのであーーーーーる!!!そんなバナナ!いや馬鹿な!!アンビリーバボ!!インクレディボー!!信じられーーん!!!裕次郎、お前はアフォか??眼医者へ逝け~!!まぁ原作がそうだからと云えばそれまでかもしれんが、原作知らずに観る者には説得力皆無な展開としか言いようが無い(浅丘ルリ子ファンの方、御免なさいw)。なもんで、サユリの類稀な”ぷりてぃ”さにも拘らず、4点マイナスじゃ~~~!!!!
へちょちょさん 6点(2005-02-04 00:58:22)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 8人
平均点数 5.88点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4112.50%
5112.50%
6450.00%
7225.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review1人
2 ストーリー評価 5.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review1人
4 音楽評価 5.00点 Review1人
5 感泣評価 5.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS