アナコンダ2のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 ア行
 > アナコンダ2の口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

アナコンダ2

[アナコンダツー]
Anacondas: The Hunt for the Blood Orchid
2004年上映時間:96分
平均点:4.86 / 10(Review 35人) (点数分布表示)
公開開始日(2005-03-05)
ホラーサスペンスアドベンチャーシリーズものパニックもの動物ものモンスター映画
新規登録(2005-02-03)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2020-11-17)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ドワイト・H・リトル
演出伊達康将(日本語吹き替え版)
キャストジョニー・メスナー(男優)ビル・ジョンソン
ケイディー・ストリックランド(女優)サム・ロジャース
マシュー・マースデン(男優)ジャック・バイロン
ニコラス・ゴンザレス(男優)ベン・ダグラス
ユージン・バード(男優)コール・バリス
カール・ユーン(男優)トラン
サリー・リチャードソン=ホイットフィールド(女優)ゲイル・スターン
モリス・チェスナット(男優)ゴードン・ミッチェル
アンディ・アンダーソン〔男優・1947生〕(男優)ジョン・リビングストン
ニコラス・ホープ[男優](男優)クリスティナ・ヴァン・ダイク
ピーター・カーティン(男優)弁護士
青山穣ビル・ジョンソン(日本語吹き替え版)
高木渉コール・バリス(日本語吹き替え版)
村治学ジャック・バイロン(日本語吹き替え版)
朴璐美ゲイル・スターン(日本語吹き替え版)
山野井仁ゴードン・ミッチェル(日本語吹き替え版)
佐久田修ベン・ダグラス(日本語吹き替え版)
原作ハンス・バウアー(原案)
ジム・キャッシュ(原案)
ジャック・エップス・Jr(原案)
脚本ジョン・クラフリン
ダニエル・ゼルマン
マイケル・マイナー
エドワード・ニューマイヤー
ハンス・バウアー(オリジナル脚本)
ジム・キャッシュ(オリジナル脚本)
ジャック・エップス・Jr(オリジナル脚本)
音楽ネリダ・タイソン・チュウ
撮影スティーヴン・F・ウィンドン
製作ヴァーナ・ハラー
製作総指揮ジャコバス・ローズ
配給ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
メディアボックス(配給協力)
特撮タッド・プライド(特殊効果スーパーバイザー)
デイル・デュグイド(視覚効果スーパーバイザー)
美術ブライス・ペリン(プロダクション・デザイン)
ブライアン・エドモンズ(美術監督)
字幕翻訳岡田壮平
その他ネリダ・タイソン・チュウ(演奏指揮)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
35.《ネタバレ》 前作よりも確実に向上していると思うのがお話のシンプルさ・分かり易さでありますし、そこから同じ話をやっていくと思いきや、前半はジャングルクルーズ的な冒険要素もあったりしてやっぱ内容はコッチの方が全然好きですね。しかし、如何せん致命的なのが何よりも超・肝心なアナコンダに係る内容の貧弱さです(正直、ドコを手ェ抜いてんねん!と)。ごく終盤まで大して出ても来ませんし、その終盤とても前作に比べての「型落ち」感も半端じゃあありませんのです。うーん…彼方立てれば此方が立たぬ、とはこのコトですね…結論、二作足して、で二で割らなかったらワリと結構傑作になったかも知れませんかね(無駄は削るとしても)。
Yuki2Invyさん [DVD(字幕)] 4点(2023-06-04 09:00:04)
34.《ネタバレ》 蛇の映画なはずなのに、蛇がほとんど出てこないのですが・・・●大体この手の作品って、どうして何も起こってないうちからああだこうだと身内で対立して、足を引っ張り合うんですかね。蛇とか虫とか罠とかよりも、そっちの方がよっぽど危機だと思うのですが。したがって、その意味においても、肝心の蛇が怖く見えません。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 2点(2022-11-07 00:31:24)
33.アナコンダは迫力あって良かったけど出番少ない。
頼むからもうちょっと襲って来てと思った(笑)
お行儀良い人が製作したのか、弾けかたが今ひとつ。
たんぽぽさん [CS・衛星(吹替)] 5点(2019-06-24 12:17:46)
32.《ネタバレ》  前作とは異なり「如何にも胡散臭いが頼りになりそうな男」が、一貫して味方側だったのが嬉しいですね。
 ワニをナイフ一本で倒すシーンなんかもう、恰好良くて惚れ惚れしちゃうくらい。
 終わってみれば、そんな彼=ビルこそが主役であり、当初主役格かと思われたジャックが悪役に転じるという構成なのですが、その辺りの「転換」描写も巧みでした。
 始まってから大体四十分くらいでビルは「金よりも人の命が大事」ジャックは「人の命よりも研究(と、それによって齎される金)が大事」という考えだと分かる為、観客も自然と善悪が判別出来るという形。
 そんな「主役交代」の仕掛けを用意する一方で、作中全体を通してのヒロインとしてサムも用意している為、視点が散漫に感じられる事も無く、素直に楽しめたように思えます。

 序盤では「川下り映画」としての魅力を堪能出来たし、巨大な滝に落ちて船が壊れ、徒歩となった後も「吸血ヒル」「毒蜘蛛」など、様々な障害を用意して、飽きさせない作りになっている辺りも良い。
 本命の「アナコンダ」は要所要所で襲い掛かる程度に留め、最終的には人類にとって最も恐ろしい動物である「人間」との戦いになる構成も、王道な魅力があったかと。

 その他「JAWS/ジョーズ」や「サバイバー」をパロった場面ではニヤリとさせられるし、ビルのペットの子猿は可愛いしで、全体的に愛嬌がある作りなんですよね。
 アナコンダの恐怖だとか、人間同士の争いで剥き出しになる醜さだとか、そういった面は薄味なんだけど、それゆえ気軽に、肩の力を抜いて楽しめる。
 繁殖期の為、沢山の大蛇が集まっているという設定なのに、実際は単体の蛇に襲われるシーンばかりな点など、物足りなさを感じる部分もありますが「まぁ、面白いし良いか」と納得出来る範囲内でした。

 最後は爆発オチで倒すというお約束も守ってくれたし、四人という結構な人数が生き残る事が出来て、妙に明るいノリで終わる辺りも好みでしたね。
 総合的な面白さという意味では前作と甲乙付け難いですが、どちらが好きかと問われたら、本作の方を挙げちゃいそうです。
ゆきさん [DVD(吹替)] 7点(2017-08-22 10:06:54)(良:1票)
31.蛇さんもっとおそってこいよ(笑)ラストあっけないし。
とまさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2012-02-11 12:58:22)
30.《ネタバレ》 先日の金曜ロードショーでの放送で、それなりの高視聴率を上げてしまうのが不思議と言えば不思議だけど、どうもこのテの映画、関東地区より関西地区の方が視聴率が高いらしい、と言えば、何となく納得してしまう。理由は無いけど。で、この第2作目とやら。第1作と同様(とは言っても内容的には何ら関連性が無いが)、ヘビの扱いが非常に悪い。何かにつけ無視されがち。いやこの第2作ではそれなりにヘビとの戦いが内容のメインにはなっているけれど、登場人物たち、密林の中でいつ背後から襲われるか、などと心配している気配が無い。要するに、台本に「今はヘビが襲ってくるシーンではありません」と書いてあるかのごとく(そりゃ書いてるだろうが)、気を抜きまくって、ジャングルの不気味さみたいなものはさっぱり感じられない。実際、密林と呼ぶには妙に明るいし。と言う訳で、ヘビの扱いは悪いし、人間どももちゃんと演技をしない。しっかり活躍しているのはサルだけで、こちらは見事なカット繋ぎを見せたりする。演出側もサルにだけは敬意を払っているらしく、ここぞという場面では必ずサルの表情を挿入。いやホント、サルだけは素晴らしいです、ハイ。あとこの映画、ラストのヘビ退治の方法は、これはなかなか斬新じゃないでしょうか、土砂に埋めて退治するなんて。ヘビなんだからきっと、埋められても出てくるような気がするけど・・・。
鱗歌さん [地上波(吹替)] 6点(2011-11-16 22:20:51)(笑:1票)
29.理屈抜きで楽しむB級作品。序盤のいい加減な設定と、
スーパーカー並のかっ飛ぶような展開の早さにはちょっとびっくりするけど、
置いてきぼりにされる人はほとんどいないんじゃないかと。
お化け屋敷のような単純な内容や作りが、B級映画の一番いいところ。
そういった意味では、「1」よりは多少は面白かったかな? 
・・・・・・あんまり変わらないか。
MAHITOさん [地上波(字幕)] 3点(2011-11-14 19:17:36)
28.《ネタバレ》 インパクトだけと言っていい出来だった1作目よりは、ちゃんと作られている印象。
不死のランを獲りに行く、という目的こそメルヘンチックで、幼稚な設定ですが、
結局、不死のランで一儲けをたくらむという人間の強欲さが、パニックホラーのくせに、人間ドラマを描くことに成功したというのは言い過ぎか。
前作よりもアナコンダ自体のインパクトは地味になった気はしないでもないですが、
裏切り者が出たり、登場人物の役割もスッキリしてる分、「アナコンダ」として観るよりも、「映画」として観れる作品であると思います。
バニーボーイさん [地上波(吹替)] 6点(2011-10-08 02:30:45)
27.巨大アナコンダがたくさんいるというのは新鮮でした。でも最強なのは水中ででっかいワニに勝ってしまうあなたでしょう!
nojiさん [地上波(吹替)] 5点(2010-05-16 16:25:30)
26.なんとかしてください。
ダルコダヒルコさん [地上波(吹替)] 3点(2010-05-13 23:08:06)
25.《ネタバレ》 一人で見ても何となく盛り上がりに欠けました。おそらく何人かで「こいつとこいつは生き残るな」とかワイワイガヤガヤ賑やかに見た方が楽しめるのでしょう。見て思ったのは、人によりけりでしょうけど怖いなぁと感じたのが、蜘蛛>人間>ヘビ、の順番ってことです。「タイトルがアナコンダなのに。それじゃあ駄目じゃん、春風亭昇太です!」やっぱりここまで巨大なヘビに実感が湧かないからでしょうか。それと1匹の巨大ヘビより無数な小さなヘビの方がゾクってしそうですね。ジャンプで例えるなら『ワンピース』のうわばみより『HUNTER×HUNTER』のゴンが大量のヘビに噛まれるとことか。そんなことを背中にびっしり張り付いたヒルを見て考えてしまいました。ワニもたったの1匹では、凄い迫力不足ですね。まぁ前哨戦ってことで納得しましたけど。
ゴリラの住む丘さん [地上波(吹替)] 5点(2010-05-13 16:11:43)
24.B級モンスター映画の続編というと、大抵クオリティが下がるものですが、結構楽しめました。物語のテンポが良く、アナコンダが全員を始末していくだけでは無いのが面白い。途中のジョーズネタや、面白黒人の「アナコンダが人を食っていく映画をテレビで観た!」など、メタ的な笑いが個人的にツボでした。
民朗さん [地上波(吹替)] 6点(2010-05-12 22:59:55)
23.《ネタバレ》 ちょっと変な話し、たまには「B級」なやつを観るか~~ で観ました。で、期待してなかったせいか意外に面白い、つーか蛇コエ~…CG丸出しやけど(苦笑)  ま、たしかにB級臭はぷんぷんしますが、全体的によく出来ていたとオモイマス
Kanameさん [ビデオ(吹替)] 5点(2009-09-01 20:54:48)
22.えー、続編な割に前よりホラー映画っぽくないのは何故なんでしょう。死ぬ人も少ない、グロさもない、CGの質が上がってもそんなんじゃだめじゃん。最初の40分ぐらいは特にアナコンダも出てこないので暇以外何物でもなかったし出てきてもそんな殺し方かぃ!!とちょっとつっこんでしまった。まぁ確実にB級映画の域なので文句を言ってもしゃあないのであれなんですが、見てて別に続編を作らんでもよかったんちゃうかな~て思いました。
M・R・サイケデリコンさん [地上波(吹替)] 5点(2008-08-29 11:28:47)
21.期待していたより迫力があり面白かった。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 6点(2008-07-12 17:58:25)
20.《ネタバレ》 1が正直つまらなかったので、たまたまテレビでやっていた2も期待していなかったんですが、どーゆーわけだか妙に面白かった。

蛇そのものよりグループ内での対立や裏切りなどに焦点を当てていたのがよかったのかも。

とりあえず船長はオトコマエでした。
ガッツさん [地上波(吹替)] 6点(2008-07-01 22:55:34)
19.《ネタバレ》 テレビで気楽に見るにはいい作品。2になって数が増える、さらに凶暴になると、典型的なパート2ですね。蛇の登場シーンが少ない気もしますが、迫力もそれなりにある。4人も生き残ったのは意外、黒人女は死ぬと思ってた。
ディーゼルさん [地上波(吹替)] 6点(2008-06-30 22:46:47)
18.《ネタバレ》 いやいやいや、これ、前作よりも面白いんじゃないですか?まったく期待せずに観たからかもしれませんが、これは実に優良なB級ムービーだと思いますよ。世の中には実に多くのB級映画がありますけど、そのほとんどは自分がB級であることに後ろめたさを感じるのか、なよっとして下を向く人間のような姿勢の作品ばかりです。しかしこの作品のように「オレ~はB級だぞ~!」と、前を向き風を切りかっぽして歩くような作品は見ていて実に清々しい。こういう作品にあれこれ突っ込みを入れるのはナンセンスです。私はゲラゲラ笑いながら楽しく観る事が出来ました。アナコンダVS人間というより、人間VS人間時々アナコンダ、といった感じです。不満と言うと、どの方々もそれぞれ死に方が豪快で素晴らしいんですけど、それに比べると悪役の兄ちゃんの死に様がちょっと物足りないと感じた点。
あろえりーなさん [地上波(吹替)] 6点(2008-06-30 21:19:05)
17.《ネタバレ》 テレビ放映で見るには十分満足な出来である。ツッコミ所満載なため、皆でワイワイ言いながら見れば楽しいのでは。美人の女性中心に人間模様が一番見ていて楽しかった。肝心の蛇はCG丸出しで、数が増えた分弱くなってしまっている。人を襲うのもパターンが同じ過ぎる。犠牲者は黒人女性が死ぬと予想した以外はすべて当たった、どうしてもキャラを見ただけで読めてしまう。何気にCSの宣伝をしていたな。
まさサイトーさん [地上波(吹替)] 4点(2008-06-30 07:18:28)
16.《ネタバレ》 蛇よりあの蜘蛛のほうが恐くないのかなぁ?と思いました。あと、どーでもいいけどサルが可愛かった。
goreyさん [DVD(字幕)] 4点(2008-03-20 12:51:53)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 35人
平均点数 4.86点
000.00%
100.00%
225.71%
3514.29%
4617.14%
5925.71%
61028.57%
725.71%
812.86%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review5人
2 ストーリー評価 5.00点 Review5人
3 鑑賞後の後味 5.00点 Review5人
4 音楽評価 3.20点 Review5人
5 感泣評価 2.16点 Review6人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS