フォーガットンのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > フォーガットン
 > (レビュー・クチコミ)

フォーガットン

[フォーガットン]
THE FORGOTTEN
2004年【米】 上映時間:91分
平均点:4.14 / 10(Review 130人) (点数分布表示)
公開開始日(2005-06-04)
公開終了日(2005-11-02)
ドラマサスペンスSFミステリー
新規登録(2005-02-11)【ギニュー】さん
タイトル情報更新(2015-03-23)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョセフ・ルーベン
助監督スティーヴ・ニコライデス(第二班助監督)
テリー・J・レナード〔スタント〕(第二班監督)
演出テリー・J・レナード〔スタント〕(スタント・コーディネーター)
キャストジュリアン・ムーア(女優)
ドミニク・ウェスト(男優)
ゲイリー・シニーズ(男優)
アルフレ・ウッダード(女優)
アンソニー・エドワーズ(男優)
リー・ターゲセン(男優)
ライナス・ローチ(男優)
スーザン・マイズナー(女優)
日野由利加(日本語吹き替え版)
てらそままさき(日本語吹き替え版)
大塚芳忠(日本語吹き替え版)
井上倫宏(日本語吹き替え版)
小宮和枝(日本語吹き替え版)
咲野俊介(日本語吹き替え版)
脚本ジェラルド・ディペゴ
音楽ジェームズ・ホーナー
編曲ジェームズ・ホーナー
撮影アナスタス・N・ミコス
製作ブルース・コーエン
コロムビア・ピクチャーズ
ジョー・ロス
ダン・ジンクス
製作総指揮スティーヴ・ニコライデス
トッド・ガーナー
配給UIP
特撮ソニー・ピクチャーズ・イメージワークス(視覚効果)
美術カイル・クーパー(タイトル・デザイン)
ビル・グルーム(プロダクション・デザイン)
編集リチャード・フランシス=ブルース
字幕翻訳岡田壮平
スタントダニー・アイエロ三世
パット・ロマノ
あらすじ
一人息子のサムを飛行機事故で失ったテリー。息子の死から14ヶ月を経た今も、彼女は悲しみから立ち直れずに苦しんでいた。しかし、夫も主治医もサムはもともと居なかった、飛行機事故など無かったと言い始める。大切な息子の記録であるアルバムもビデオもいつの間にか消え去ってしまった。息子の記憶は彼女の妄想?それはテリーにはどうしても受け入れられないことだった。そして背後に蠢く強大な陰謀の気配。果たして真実は?
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
130.《ネタバレ》 主人公には幼い息子がいる。飛行記事故で一年半前に死んだらしくて、ビデオ観たりで、ずっと悲しんでいる。カウンセラーにかかり、悲しみを忘れようとしている。

だが、息子のビジュアルが鮮明である。
だから、最初から存在しなかったとなるのはおかしい。そう、観客だって気付く。
つまり、主人公の記憶は正しいと最初から暗示されている。
じゃあなぜ周りは、息子を知らないというのか。

そこで宇宙人の陰謀説ですよ!
ビックリした。そりゃないよ~。

女性刑事さんがどうなった? 心配になった(フィクションだけど)。
さて個人的に、この映画の致命的欠陥は、登場人物に魅力がないこと。どの人物も、スピンオフ映画を観たいと思わない。たとえば『ディープブルー』のコックなら、スピンオフ映画を観たい。そんな人物が一人もいない。主人公と息子のキャラ、娘を亡くした(という設定の)男も魅力的じゃない。

ずっと観たかった映画。もう13年前か。評判が悪いのは知っていた。観てよかった。
やっぱりね、宇宙人の陰謀でしたはダメだ。何だってありパターン、の一つだから。

【追記 2018年5月19日】
一年ぶりに再見。泣けたから(7点から)8点に変える。
大切な人の死が納得できない人が観たら、夢中になる映画の気がする(あるいはペットの死も)。
麦ホップさん [DVD(字幕)] 8点(2017-04-02 07:41:20)
129.ぐいぐいとひきつけられる展開に意外な落ち。かなり楽しめた。
もっと評価されていい作品。
ガブ:ポッシブルさん [DVD(吹替)] 7点(2016-02-17 12:15:09)
128.《ネタバレ》 人がまるでドラゴンボールの実写版のように空の彼方へ飛んで行く。このたった1カットでサスペンス映画が一瞬にしてSF映画に変貌します。本に例えるなら、たった一行で今までの世界が全てひっくり返る話。本作はたった1カットで期待が失望に全てひっくり返る話。
タケノコさん [映画館(字幕)] 3点(2015-05-06 22:17:14)
127.《ネタバレ》 ミステリーかと思ってたら、政府の陰謀ものかと訂正することになり、それが宇宙人か地獄の使者に訂正され、さらに超絶者ものに移行しかけ、まあぎりぎり「はっきりさせない」というところで手を打って踏みとどまって、なんかとりあえず完成した作品らしく繕えた。「彼ら」の実験、中途半端なんだよな。ヒロインのとこだけビデオや写真を14ヶ月も残したりしてて。実験の対象が子どもと思わせといて、実は母本人だってあたりがミソ。愛が勝つ話になっちゃう。ポーンと昇天していくところを見ると、やはり「宗教もの」と見るのが本筋? 神のためしなんでしょうか。
なんのかんのさん [DVD(字幕)] 6点(2014-01-28 09:28:48)
126.《ネタバレ》 見初めで、まずは①子供は本当にいない②子供は本当はいる、のどちらなのかに頭が行きました(普通そうだと思いますけど^^;)。
そして、しばらくするとどうやら②の可能性が高いようです。
その理由は、何やら「実験」のようです。
この段階ですでにストーリーに対する興味は半減していました。
とは言っても仕方ないので、「実験」の内容は、おそらくクローン人間として生まれた子を隔離したんじゃないか、とか適当に想像しながら見ていました。
その後の私の気持ちの抑揚がどうなったかは、皆さんのレビューをご覧になれば察しがつくと思います。
いやぁ~ひきこまれましたねぇ・・・・・空に。 
ミステリーの緊張感も、家族愛も、すべて吸い込んでいってしまいました。
いっそ記憶をコントロールしてこの作品を観賞したことを忘れさせてもらいたいです。 元気があれば何でもできる! 支離滅裂も許される! いや~映画ってホントにいいものですね(^^;  たまにこういう事故に出くわすから面白い。
牛若丸さん [DVD(字幕)] 1点(2012-09-02 22:53:43)(笑:1票)
125.《ネタバレ》 途中までは良かったのだが…。いつも思うがなんでも有りすぎると大抵ダメになるんだよね。
虎王さん [DVD(字幕)] 4点(2012-05-31 16:31:37)
124.脚本途中で投げだすくらいなら作るなよ
どちて坊やさん [DVD(字幕)] 0点(2012-03-21 14:12:26)
123.《ネタバレ》 宇宙人オチって、やっぱり駄目ですかねぇ‥。

この監督はオチを描きたかったんではなく、オチに行き着くまでのシチュエーションやストーリーを撮りたかったんではないのかなぁ。
オチはちゃんと監督の狙った所に落ちてるものの、観客はそれに納得できんという。完全なスレ違い?(笑)
作り手側と鑑賞する側で、求めるものが違ったんでしょ~か。
でも監督がコレを作りたかったんなら、コレはコレで成功なんでしょう。たぶん。

ワタシは作品にあまり理屈や整合性を求めないので、この映画の宇宙人オチが悪いとはいいませんが、結末がヒロインに都合がよすぎなんでは?と、そこは不満です。
もうひと掘り掘り下げたら、まったく違うモノになっていたかもしれない。それが惜しいですね。

結論は、レンタルショップで、このDVDがSFの棚にあったらOKですが、サスペンスやミステリーの棚にあったらマズイ。そんな感じです。
りりらっちさん [DVD(吹替)] 5点(2011-11-14 20:54:36)
122.《ネタバレ》 アルフレの吸引シーン(世間では、逆バンジーや、ズバコーンと呼ぶ)は、本当に素晴らしい映画的発明で、それだけでこの映画が大好きになる。映画館で鑑賞したのだが、何だかすごく心が豊かになった気がした。物語が全くなっていないけれど、映画はお話ではないし、ジュリアン・ムーアの演技力と、手堅いミステリーがとても感じがいい。繰り返しになるけれど、本当に大好きな映画です。
アイランド・ジョーさん [映画館(字幕)] 10点(2011-07-27 01:41:45)
121.演じるのがジュリアン・ムーアなだけに前半のミステリアスさは相当なものです。
思い出を消し去ろうとする何らかの存在と親子の絆。
この設定自体は面白いので勿体無さがありますね。
でこうささん [CS・衛星(字幕)] 4点(2010-12-25 22:34:43)
120.《ネタバレ》 前半のストーリーは結構ワクワクさせられた。唐突に湧く疑念とか、かなりつかみが良い。この手の話で、政府陰謀ルート、主人公だけ狂ってるルートとその逆、パラレルワールドとの自身入れ替えルートなどを想像してかなりドキドキと楽しんだのだった。

がしかし、一番やってはいけないルートを堂々と選んでいるのには驚いた。21世紀の映画でだ。まさか90年代のオカルトブームや世紀末ブームが忘れられている21世紀にハリウッドが、

エイリアンが普通の人を誘拐して実験をしたいと主張する映画を作ってくる

とは毛ほどにも思わなかった。

というわけで、このコケ様はスゴい。レンタル開始早々に見た本作は、心の中にそっとしまわれていた。が、このコケ様ときたら誰かに言わなければならない、突然思い出した。

鬼中尉だったゲイリー・シニーズのイメージはZ級映画の精神科医になったんだなと思っていたが、直後彼は鮮やかにマック・テイラーになっていた。完全にフォーガットンだ。
黒猫クックさん [DVD(字幕)] 3点(2010-02-28 13:51:11)
119.アルフレがお空に吸引されちゃってからは、ほとんどコメディでしたねえ。肉まんを買ったつもりで、いざかぶりついたら、それはピザまんでもカレーまんでもなくて、あんまんだった、みたいな感じかな。それはそれでまあ、美味しいんだけどね。
すねこすりさん [DVD(字幕)] 5点(2010-02-26 14:28:45)
118.すごいねっ★
シャマランかぁ!
たかちゃんさん [DVD(字幕)] 6点(2009-11-13 19:51:45)
117.な、、何ィッーーー!!!!!!!!
・・・・と思わず声に出してしまった。あとちょっと笑ってしまった。もう一回、超暇な時に、違う目線で見てみるといいかもしれません。そしたらあの衝撃的なシーンで爆笑できるかも。
まりんこさん [DVD(字幕)] 3点(2009-07-28 21:29:24)
116.景気よく吹っ飛びます。途中まで引き込まれた私の期待感も一緒に・・・。拉致といえば隣国を連想する日本人が多いと思うが、アメリカでは真っ先にこっちを想定する人が多そう。なんだかなー。
lady wolfさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2009-05-11 02:07:29)
115.《ネタバレ》 ごめんなさい。久々に「時間を返して!」と思いました。ジュリアン・ムーアがほんとにほんとに好きなのですごく残念です。最初はどうなるのかとハラハラドキドキなんですが、もうこれはプロットの段階から問題ありだと思います。息子との別れのシーン何度も入れすぎって、そういうことさえもう言う気にならないけど。ジュリアン・ムーアに免じてプラス1点。
はちかつぎひめさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2009-03-26 11:43:49)
114.《ネタバレ》 奴らの誘拐劇に母親が立ち向かうお話。母親の力は偉大です。母親相手にあんまり無茶な実験してるとしっぺ返しを食らいます。母親がまだおばちゃん化していなかったのが唯一の救い。おばちゃんは人類最強です。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2009-02-18 08:03:35)
113.途中まですごく引き込まれていたんですが、真実を知って愕然としました。

ある意味シュールです。ぶっ飛びます。人も自分も。
これを受け止めきれない私は、まだまだですね。精進します。
抹茶御膳さん [DVD(字幕)] 3点(2009-01-05 19:23:21)
112.《ネタバレ》 年齢とともに記憶力は低下していくものだが、これはちと激しい。誰かの陰謀にしては無理があると思っていたら、お話がX-ファイルになってちょっとびっくり。おいおい、そういう映画だったのかい! 今度はどうまとめるのか心配していたら、「奴ら」にも上下関係があってようで、常識のある上司が見かねて助けてくれたってところでしょうか…。人が空にぶっ飛んで行くシーンはちょっと面白かったです。前半で、ホッケー選手の家にずかずか上がりこみ、無断で壁紙を引っぺがすジュリアン・ムーアは、自分の息子のことしか目に入らない母親の典型のようで、まったく同情できなかった。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2008-11-25 04:51:20)
111.ジュリアン・ムーアの演技力はすごいっていうか、先にフリーダムランド見てたんで、なんか同じ感じかと思ってたんだけど。ともかく子供物には弱い。ごめん+1
木村一号さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2008-11-24 22:37:06)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 130人
平均点数 4.14点
032.31%
164.62%
2118.46%
32922.31%
43123.85%
51813.85%
62015.38%
796.92%
821.54%
900.00%
1010.77%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.27点 Review11人
2 ストーリー評価 4.14点 Review21人
3 鑑賞後の後味 3.80点 Review21人
4 音楽評価 5.06点 Review15人
5 感泣評価 3.33点 Review15人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS