ガラスのうさぎのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > カ行
 > ガラスのうさぎ
 > (レビュー・クチコミ)

ガラスのうさぎ

[ガラスノウサギ]
2005年【日】 上映時間:84分
平均点:6.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
公開開始日(2005-05-14)
ドラマ戦争ものアニメ小説の映画化
新規登録(2005-04-01)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2018-09-01)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督四分一節子
竹下景子江井ヒデ
原康義江井竹夫
福山潤江井行雄
川田妙子江井光子
土井美加西山シゲ
岡珠希江井信子
谷育子西山のおばあちゃん
磯辺万沙子秋保のおばさん
福圓美里
原作高木敏子「ガラスのうさぎ」
音楽大島ミチル
主題歌新妻聖子「ガラスのうさぎ」
製作出崎哲(製作プロデューサー)
作画四分一節子(キャラクターデザイン)
美術小林七郎(美術監督)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》 ビミョーナ1番のりですね。
毎年戦争体験を語る会に参加してるんですが今年はコレが上映されまして。
ちゃんと要所要所戦争が駄目なこと、やったら悲しい事にしかならない事などが説明されてていいと思います。ただこれは主人公の視点から写しているので実際に戦場がこうでこんな辛い思いが・・・!ではなく戦争が起こってる時普通の市民はこういう暮らしをしてしのいでたんです。っていうのが詳しくかかれてます。
ただどうしてもアニメなので子供っぽい。むしろ子供用にかかれていて戦争の残酷さが伝わっては来ないかも。エライ子供達はショックを受けて「絶対戦争は嫌。家族がいなくなっちゃう」とか色々感想(逆にこっちに感動)を言ってましたが、やはり18歳の私には伝わり方が浅かったように感じます。あと主人公の声がずーッと泣きっぱなしなのでちょっとウザいかも。
ハリ。さん [映画館(字幕)] 6点(2005-10-31 18:50:36)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 6.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
61100.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review1人
2 ストーリー評価 6.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 5.00点 Review1人
4 音楽評価 6.00点 Review1人
5 感泣評価 6.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS