東京ゾンビのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > 東京ゾンビ
 > (レビュー・クチコミ)

東京ゾンビ

[トウキョウゾンビ]
2005年【日】 上映時間:103分
平均点:5.22 / 10(Review 37人) (点数分布表示)
公開開始日(2005-12-10)
公開終了日(2006-04-21)
アクションホラーコメディ漫画の映画化
新規登録(2005-04-05)【鉄腕麗人】さん
タイトル情報更新(2017-09-01)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督佐藤佐吉
キャスト浅野忠信(男優)フジオ
哀川翔(男優)ミツオ
古田新太(男優)石原
中村靖日(男優)ヨッチャン
曽根晴美(男優)マーさん
高樹マリア(女優)ヨッチャンの嫁
谷村美月(女優)ユカリン
楳図かずお(男優)秋山先生/王子
森下能幸(男優)吸血ゾンビ
三浦誠己(男優)マーさん軍団
橋本さとし(男優)ドンガイラ
宇野祥平(男優)
脚本佐藤佐吉
撮影石井勲
配給東芝エンタテインメント
美術稲垣尚夫
衣装北村道子(スタイリスト)
編集島村泰司
録音柴崎憲治(音響効果)
あらすじ
近未来の東京。町の片隅にある消火器工場で、二人働く「フジオ」と「ミツオ」は、毎日柔術の練習に明け暮れていた。柔術の師としてミツオを慕うフジオ、そんなフジオをかわいがるミツオ。二人は年齢を超えて兄弟のように親友のような関係性で結ばれていた。そんな二人の前に現れたのは、産業廃棄物のゴミ山「黒富士」から現れてきたゾンビたち。そしてゾンビはどんどん増殖を始めていく...なぜかゾンビたちと戦い、人類滅亡の危機に立ち向かうことになってしまったフジオとミツオ。果たして彼らに地球は救えるのだろうか!?
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
37.ひどい。これはひどい。
ホラー?コメディ?シュール?
いやいや、ただの悪ふざけでしょう。
前半だけだったらまだ良かったけれど、5年後からがやばい。
もうまじでやばい。
たきたてさん [DVD(邦画)] 1点(2018-01-05 12:36:58)(良:1票)
36.なんだこれ・・ 100分ちょいがかなり苦痛・・・。 VシネぽいのにVシネじゃないんだ ふう~~ん。 どうせだったら哀川翔がアフロで浅野忠信がツルッぱげのほうがよかった気がする。
3737さん [CS・衛星(邦画)] 2点(2012-11-17 23:46:24)
35.まさか、感動するとは思わなかった。家族っていいね。
センブリーヌさん [DVD(邦画)] 6点(2011-10-02 06:11:05)(良:1票)
34.ゆるい(笑)。最初から最後まで、とことん緊張感のないゆるさが面白い。ストーリーはともかく、ゾンビの扱い方をよく知って撮ってるから笑える。よく哀川翔がこのハゲ役を引き受けたものだと、その懐の広さに感服。いつもの、どすの効いたタンカが裏目に出ていて、クスクス笑えました。浅野忠信との息もばっちり。
どんぶり侍・剣道5級さん [インターネット(字幕)] 7点(2009-05-07 22:05:44)
33.2005年であることを考えるとランドオブザデッドと絡めた番宣のような一品だったのかも。
単なるロメロ作品のオマージュとパロディなんだけど、意外と普通。もしかしたらイケるんじゃないのか?これ。と、思わせるところもあった。

うっかりテレビでやってたら不条理物らしい変な空気が受け入れられるかどうかなんじゃないかと。
原作もあるみたいだけど、それは良いや。そこまで面白くはない。
黒猫クックさん [地上波(邦画)] 4点(2009-04-19 20:12:16)
32.《ネタバレ》 こうゆう映画はバカバカしさの度合いを超えてしまうと見ていられなくなってしまいますが、これは全体的にはぎりぎりのところで踏みとどまっていると思います。(糞尿を撒き散らすところとか、車椅子で人形の首ポコポコはずすところ等いくつかは残念ながら、くだらなさのラインを超えてしまっています)
紫電さん [DVD(邦画)] 8点(2009-02-20 21:36:43)
31.なんともまあ、ゆるくてゆるくて、ゆるゆるの映画でした。ブラックコメディといえばよいのかなんと言えばよいのか・・・
丸に梅鉢さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2008-03-21 22:14:08)
30.《ネタバレ》 大まかな話はランド・オブ・ザ・デッドと同じですが、柔術やらハチャメチャなコメディーでキツい味付けをしたという感じのショボ映画。よくこんな映画に哀川翔とか浅野忠信が出てくれたね~ 奇跡と言うしかないでしょ。前半の流れは和製ゾンビ映画と言う感じで自分的にはアリだったんだけどな~(黒富士は笑えなかったけど)ゾンビコロシアム?あの辺りから急激にアホらしくなった気がしますね。あと、続くかも?って感じの終わり方が何かやけにイラっと来ました。あっても見ないわ!大体さ~、ロシア、ロシアってロシアに何があんのよ!まぁ、俺はロシアに行かずとも笑いで凍え死んだけど....
taka-104さん [CS・衛星(字幕なし「原語」)] 4点(2008-03-05 02:55:33)(良:1票)
29.まったく期待していなかったので、かえってけっこう楽しめた。それほど見ているわけではないが、哀川翔の作品中ベストでは?ハゲ頭の個性の強烈なオヤジ。ゾンビも食わないくせ者という、個性の強い役柄がハマっている。
lafishさん [地上波(字幕)] 5点(2008-02-11 10:48:58)
28.103分間をとてつもなく長く感じさせ、人生のうちでも無駄な時間を過ごしたと思わせる力は抜群の脚本家兼監督である。外国にも、こんな映画があるのでしょうか?沢山の良い邦画もあるという論理で、洋画に対して邦画界を養護する人々の野望を一発で打ち砕くのに充分な作品。
ダルコダヒルコさん [地上波(邦画)] 1点(2008-02-03 20:49:00)
27.哀川翔は笑えた。
フッと猿死体さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2008-02-03 18:23:52)
26.ネット上で拝見。いやもうある意味すごい。これが哀川翔&浅野忠信でなけりゃクソもクソ、聳え立つクソの山なんだけどさ。花くまゆうさくの漫画が原作?メカ★アフロくん描いた人ね。そしたらこれは原作抜きにストーリーとか演出とかカメラアングルを語るべき作品じゃないよね。それでも、もとのコミック読んでないあたしにも、こんなおバカ丸出しの作品を哀川・浅野が引き受けたっていうのがスゲー面白い。さんざんセリフで繰り返される「ばっかじゃねーの」がまさにこの作品の言わんとするメッセージなんじゃないかな。しかも思いっきりすべってるし。柔術関係のとこだけはきちんと掘り下げてるから、野郎同士でビール片手に見ながら柔術ゴッコして遊ぶための作品…なのかな。てか、ほんとばっかじゃねーの?
ごりちんですさん [インターネット(字幕)] 6点(2008-02-03 09:38:53)(良:1票)
25.《ネタバレ》 ホラー?格闘?ギャグ?人情?どれを取ってもキレが無い。残念ながら私にはこの映画の楽しみ所が全く見出せませんでした。最後の「入れ歯だった」という字幕による説明も野暮。役者が良いだけに、残念を通り越して痛かった。正直満足度は0点だが、楳図先生登場と微少のお色気で+2点。
にしきのさん [地上波(邦画)] 2点(2008-02-01 04:56:09)
24.はっきり言って、まかり間違って観ちゃった感じ。どこを観ていいのやら、ユルいとか脱力とか、そういう問題じゃない。クスりとも笑えない。ケンカ十段ならこう言うね、「それ、もしかしてギャグ?」 何が笑ったって、ここの評価が妙に高いのが一番笑ったよ。支離滅裂なストーリー。ただ下品なだけのクドいホモネタ。ヒロインを筆頭に品も可愛気も無い女たち。もうグダグダですわ。ほんっと観てるのが辛かったんだけど、途中まで観ちゃったもんだから、このサイトにレヴューを書くためだけに最後まで我慢した。って言うかさ、柔術柔術ってうるせぇんだよ。www
TERRAさん [地上波(邦画)] 0点(2008-02-01 04:44:57)(良:1票)
23.中盤辺りまで見る限りでは、ここの評価がもっと高くてもいいのにな~と思いましたが後半を見て納得。訓練をしたとはいえ素人柔術を延々と見せられたらそりゃー早送りもしますって。中盤までなら8点、トータルで見て5点です。
映画大好きっ子さん [DVD(字幕)] 5点(2007-09-08 23:35:41)
22.“二大スター競演”、浅野忠信と哀川翔の主演二人でおくるホラー・コメディ。この二人の共演が観れたという意味では満足できた。内容はとにかくぶっ飛んでいるので、ハチャメチャな作品が苦手な人にはお勧めできない。前半は独特の雰囲気と軽いテンポでとても良かったのだが、後半は雰囲気がガラリと変わり、いまいち楽しめなかった。
にじばぶさん [映画館(邦画)] 5点(2007-09-04 09:43:54)(良:1票)
21.《ネタバレ》 ゾンビが日本にもはびこったぞ!ゾンビまみれだ!ばんざーい! ◇どっちかと言うともっとコメディだと思ってたので、のっけからいきなり首が吹っ飛んだのにはびびりました。嫁の食われっぷりもリアル。 ◇全体的にギャグが奮ってて面白い事は面白いですが、ブラックユーモアなので笑い辛いところもチラホラ。アフロのキレ方が正直いちばん恐かった。あとヒロインが頂けないですねぇ…個人的な好みでしかないですが、あれを真っ先にゾンビに食わせたかったわぁ。
えむぁっ。さん [DVD(邦画)] 7点(2007-09-03 04:33:07)(笑:1票)
20.浅野忠信のアフロと哀川翔のハゲヅラなんて、考えただけで笑っちゃう。それを大真面目にやってるんだから、もう…(笑)ゾンビ映画としても楽しめる出来です。『ランド・オブ・ザ・デッド』と設定が似てる気がするけど、こっちの原作の方が先。
フライボーイさん [DVD(邦画)] 5点(2007-07-27 00:35:43)
19.《ネタバレ》 思っていたよりギャグ要素の強い作品でした。

ゾンビとか顔を蹴るシーンなど軽いノリなのに、ゾンビなど作りはリアル。
けれど音楽や雰囲気のせいで怖さは全く感じません。
気持ち悪さは感じるかもしれませんが…

途中でアニメを入れたりして、ギャグストーリー映画として新しさを感じるとこもあります。

内容は結構ふざけてて、つっ込むとこも所々あるんですが、ギャグ映画なのでそれぐらいでいいと思います。

結構シュールで、ホラーやノリ、ギャグ要素の強い映画なので、
要素嫌いな人は嫌いだと思いますが、個人的には結構楽しめました。
コショリンさん [DVD(邦画)] 7点(2007-07-25 19:49:29)
18.《ネタバレ》 なんか中途半端。嫌いじゃないけど・・・。入れ歯の事はあの時点で明かしてた方がバカバカしくて良かったかも。
まんせるさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2007-06-26 20:20:17)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 37人
平均点数 5.22点
012.70%
125.41%
225.41%
300.00%
4410.81%
5924.32%
61232.43%
7410.81%
812.70%
925.41%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.50点 Review6人
2 ストーリー評価 5.28点 Review7人
3 鑑賞後の後味 4.71点 Review7人
4 音楽評価 5.33点 Review6人
5 感泣評価 0.00点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS