Menu
 >
 >
 > ジャッカルの日

ジャッカルの日

The Day Of The Jackal
(Chacal)
1973年【英・仏】 上映時間:142分
平均点: / 10(Review 137人) (点数分布表示)
ドラマサスペンス犯罪ものミステリー政治もの小説の映画化
[ジャッカルノヒ]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-08-05)【S&S】さん
公開開始日(1973-09-15
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督フレッド・ジンネマン
助監督アンドリュー・マートン
演出左近允洋(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
キャストエドワード・フォックス(男優)ジャッカル
マイケル・ロンズデール(男優)ルベル警視
ミシェル・オークレール(男優)ローランド
デレク・ジャコビ(男優)カロン
デルフィーヌ・セイリグ(女優)コレット
アラン・バデル(男優)フランス首相
シリル・キューザック(男優)銃匠
エリック・ポーター〔男優〕(男優)ロダン大佐
ドナルド・シンデン(男優)スコットランドヤード マリンソン次長
ジャン・ソレル(男優)バスティアン
モーリス・デナム(男優)コルベール将軍
ティモシー・ウェスト(男優)警視総監ベルティエ
オルガ・ジョルジュ・ピコ(女優)ドニーズ
ヴァーノン・ドブチェフ(男優)尋問官
バーナード・アーチャード(男優)
山本圭ジャッカル(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
ハナ肇ルベル警視(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
小林修内務大臣(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
北村弘一コルベール将軍(日本語吹き替え版【日本テレビ】)/サンクレール(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
平井道子ドニーズ(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
村松康雄ベルティエ刑事局長(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
前田昌明ジャッカル(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
雨森雅司スコットランドヤード マリンソン次長(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
高木均ルベル警視(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
水城蘭子モンペリエ男爵夫人(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
小林清志ナレーター(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
野沢那智ジャッカル(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
稲垣隆史ルベル警視(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
鈴木弘子モンペリエ男爵夫人(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
大木民夫コルベール将軍(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
家弓家正内務大臣(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
菅生隆之ローランド(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
日野由利加ドニーズ(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
牛山茂カロン(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
富田耕生トーマス警視(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
阪脩スコットランドヤード マリンソン次長(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
池田勝警視総監ベルティエ(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
麦人ロダン大佐(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
中江真司ナレーター(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
原作フレデリック・フォーサイス「ジャッカルの日」
脚本ケネス・ロス
音楽ジョルジュ・ドルリュー
撮影ジャン・トゥルニエ
デヴィッド・ハーコート〔撮影〕(カメラ・オペレーター)
製作ジョン・ウルフ
特撮クリフ・リチャードソン
ジョン・リチャードソン[特撮]
ウォーリー・ヴィーヴァーズ(視覚効果)
美術アーネスト・アーチャー(セット装飾)
ロバート・カートライト(セット装飾)
ウィリイ・ホルト(セットデザイナー)
衣装エリザベス・ハッフェンデン
編集ラルフ・ケンプラン
録音ゴードン・K・マッカラム
グラハム・V・ハートストーン(ノン・クレジット)
あらすじ
フランス大統領ドゴール暗殺を引き受けたイギリス人の殺し屋、暗号名「ジャッカル」とその暗殺を阻止せんと奮闘するフランス人刑事ルベルの息詰まる死闘。冷徹に準備を遂行し、次々と追求をかわすジャッカル。身内の干渉や失態に妨害されながらも執拗に捜査を続ける、一見冴えない容貌のルベル。果たしてルベルはジャッカルを追い詰めることができるのか…。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
137.《ネタバレ》 もはやサスペンスのマスターピースとなっている本作、テンポも良く気持ちよく観れる。70年代初頭ヨーロッパの美しい町並みが観れるのも嬉しい。一点、最後にルベル警視が何故あのアパートメントにたどり着いたのかが分からなかった...それが個人的に残念。
rain on meさん [DVD(字幕)] 8点(2016-09-25 13:31:02)
136.何度か観た映画。
淡々と進みながらも緊張感が持続する。これは結構出来の良い作品として今後も残るだろうと思う。
現代に同じことやったらすぐに捕まりそうだけど、まあそれはそれで。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2016-05-06 15:20:00)
135.《ネタバレ》 2016.02/21 3回目鑑賞。40年以上前の作品でその当時のパリの街並みが記憶に蘇えり懐かしい。時系列にゆっくりと解りやすい展開は今時の映画では望めない。大きな話題となった作品で必見の価値あり!!
ご自由さんさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2016-02-22 19:16:46)
134.《ネタバレ》 子どものころ見ておもしろかった覚えがあり、久しぶりに見ました。今だったらすぐにつかまりそうだなと時代を感じながらも、ジャッカルと警察の攻防に最後まで引き付けられるように見ました。もうストーリーも結末も知っているのに、目が離せませんでした。ジャッカルの内面はほとんど描かれず、淡々と職務を遂行していく姿に、冷酷な殺し屋ながらも、なぜかちょっと応援したくなります。おしゃれでハンサムだからでしょうか。

(1)あれだけ苦労したのに、ドゴール大統領の想定外の行動により、狙いを外してしまうという結末。(2)射殺された後の話がすごく短い。(3)それに射殺された後もジャッカルの正体がわからない、という3つの要因で、見終わった後も余韻が残ります。

折しも、このレビューを書く少し前(2015年11月)にパリでイスラム国による同時多発テロが起き、そして今パリではCOP21という国際会議が開かれて厳戒体制にあります。池上彰さんによると、テロを防げた事例はたくさんあるけれども、こうやって防ぎましたと報道するとテロリストに手の内を明かすことになるので、防げたテロは報道されないのだそうです。今もパリではテロリストとの攻防が水面下で激しく繰り広げられているのでしょう。
チョコレクターさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2015-12-01 15:17:27)
133.《ネタバレ》 ドゴール暗殺計画という設定によりストーリーの結末は決まってしまっているので本作は雰囲気とテンポの良さで見ている者を引き込んでいきます。

一見、ジャッカルの後塵を拝しているように見えるルベル警視ですが、自分の足りない所は信頼できる部下や外国の警察への協力要請を請う事によって確実に暗殺犯の包囲網を徐々に狭めていく彼の捜査にはほぼミスは有りません。
一方のジャッカルはミスを重ね少々計画にも強引な所も有り、誰かが捕まれば即中止と言っていたにも関わらずにハンドルをフランスに切った時には恐らく彼の中で感情的な何かがそのような決断をさせたと考えるとプロとしての資質に幾分疑問を感じますが、柔らかいが自信に満ちている物腰から来る彼の持っている雰囲気の良さに魅了されていきます。

物語を展開させていく上でジャッカルの幾つかのミスや判断の甘さが引き金となるので仕方が無いのですが彼の雰囲気で相殺し、敏腕刑事とも言えるルベルをパッとしない容姿(そこが逆にかっこ良かったりもします)にする事で彼等のパワーバランスを上手く取り、最後まで2人の静かな攻防から来る緊迫感を持続させる演出による描き方は見事です。

また、画の中の被写体の行動に躊躇や淀みが殆ど有りません。
そんな内容に呼応するかのように編集でのカットのタイミングが早め早めとなっているのでテンポが良いものとなり、映像的な派手さがないにも関わらず作品に集中出来ます。

ジャッカルとルベルの登場シーンも普通ならもう少し印象的にしても良いと思いますが、何のドラマ性もなくしれっと画面に現れます。
ラストではジャッカルは射殺され埋葬されて、それを見届けたルベルが去っていきます。
それら一連のシークエンスも淡白に描かれ、フェードインからフェードアウトするような流れの中に彼等2人の存在感が逆に印象に残り、それがそのまま作品の印象強さに昇華されているように感じられる渋めの良作だったと思います。
しってるねこのちさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2015-10-25 13:52:21)
132.当時としては緻密なストーリーを売りにしていたのだと思うのですが、今の時代に初めて見た立場としては、結構いい加減で行き当たりばったりな感じがしてしまいました。
でも対立関係が単純明快なので、人物とその行動に集中できて、それなりに楽しめました。
マー君さん [DVD(字幕)] 6点(2015-09-19 12:06:59)
131.《ネタバレ》  何度観たんだろう。また観ちゃった(笑)。

 プロの暗殺者「ジャッカル」と名乗る男がフランス大統領ドゴールを狙撃する仕事を請け負う。そしてそれを追うフランス官憲(特にルベル警視)。

 ほぼ(全部?)BGMなし。これがいい。余計なことが入らないでお話はパシパシ進む。アップもあるけど、主人公ジャッカルを演じるエドワード・フォックスを遠景で撮るのがなんともいえない感じでいい。なんだか乾いた感じすらする。無理して心理描写なんかしないよ、勝手にジャッカル探してね!的な。
 ジャッカルもゴルゴ13と比べると人間的。ときに完璧なまでの偽装・変装を行い、ときにドキドキするような場面にも遭遇する。魅力的。観たらジャッカルに感情移入する人も多いのでは。
 ルベル警視も負けてない。みえない敵ジャッカルを見事に追い詰めていく。

 狙撃については割愛。観てほしい(笑)。

 でもラストのラストについてだけ。ジャッカルは見事に自分の正体を隠したまま。そしてそこにいるルベル警視。唐突な終わりに感じるが、最後まで余計なものを排除したラスト見事。
 原作読みたい! 
JFさん [DVD(字幕)] 8点(2015-07-22 19:44:49)
130.何回も見たのに、発見のある映画です。それほど緻密に作られていますが、「殺し」の描写は???の所もあるのはまあご愛敬。
当時の映画倫理では精一杯でしょう。

私が今回、録画して何回も見直したシーンは、ジャッカルとその道のプロとの会話。
vs銃匠 vs偽造パスポート屋 など。

さらには、「殺されるのに。。。」と思いつつ、会話する人。
vs未亡人 vsサウナで会った人 などね(サウナの人はもしかしてオカマ系だったのかも?)

私の人生も後20年ほど。これは何回も見たい作品ですね。
亜輪蔵さん [CS・衛星(字幕)] 9点(2015-06-04 16:29:49)
129.《ネタバレ》 最後の大統領暗殺を試みる一連のシーン、派手な演出もなく淡々と進みますが逆にそれが臨場感を高めているようでよかったです。それにしてもジャッカルのプロ意識というかなんというか、あんな人が大勢いるところで仮に暗殺が成功したとしても逃げられないのではないでしょうか。それとも何かしら考えていたのでしょうか。いずれにせよ見ごたえがありました。
珈琲時間さん [DVD(字幕)] 7点(2015-03-03 12:35:46)
128.《ネタバレ》 評価に違わず、面白いですね。徐々に差が詰まる両者の追いかけっこよりもむしろ暗殺の準備過程が面白い。ひとつの目的のためにコツコツコツコツコツコツと準備をし、ここ!というポイントで放出する。『大脱走』に似た面白さを感じます。最初の方はジャッカルが全く喋らず何やってんのかよくわからん箇所がありましたが、少し進めばあ~なるほどとなったので問題なし。あと暗殺が成功したとしたらどうやって逃げるつもりだったのかも見てみたかった。それにしても、警察の本気の捜査ってのはすごいもんですね。
53羽の孔雀さん [DVD(字幕)] 8点(2014-12-14 17:26:03)
127.《ネタバレ》 着々と進めるドゴール暗殺計画に並行して描かれる懸命の捜査。
捜査を巧みにすり抜けていく殺し屋の冷徹さが浮き彫りになって、結果はわかっているものの目が離せない。
犯罪者とはいえ、プロの凄みを感じさせる。
サスペンス性は見応えがあったが、殺人描写の中には「え?」っとなることも。
夫人がベッドで一切の抵抗もせずに眠るように殺された演出には、強い違和感。
ラストでお辞儀の動作を予測できなかったのも、凄腕の暗殺者としてはお粗末。
死んだ人間になりすましてパスポート申請なんて簡単にバレそうな気もするけど、当時のイギリスのシステムなら可能なのだろうか。
飛鳥さん [DVD(邦画)] 6点(2014-12-14 01:46:05)
126.《ネタバレ》 「ド・ゴール」という実名が登場する時点で、結末は見えています。焦点は「いかに失敗するか」。けっこういい線行ってたんだけど、やはり多勢に無勢、官憲には叶わないということで。それでもミッションを貫こうとする主人公は立派。どんな業界でも、「プロフェッショナル」の世界は厳しいということですね。スガシカオのナンチャラとかいう曲がよく似合いそうです。
眉山さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2014-11-21 12:49:11)
125.《ネタバレ》 格好の良い、二枚目な映画。演出も主人公もストイック。“必要なこと”のみを確実に仕上げてゆくプロの手腕をこれまた無駄の無い脚本で すっすっと描く。いやあーかっこいい。
やっぱり、E・フォックスに尽きます。この映画、風光明媚であるし、白のアルファロメオや銃身の細い改造銃など小物まで粋なんだけど、この男優がまた物腰に品格あって所作がキレイなんですな。隙がなく冷徹で 殺し方まで血で汚さず、すっと事が済んでしまう。物語上、男爵夫人からゲイ氏に至るまでが惚れるキャラクターでなくてはなりません。その点、E・フォックスは実に適役でありました。
重大事件を扱うに当たって、なんだか事なかれに流れがちな仏閣僚の面子や、有能さでは軍配のあがる英国捜査機関の働きぶり、ハニートラップを仕掛けるテロリスト組織など、脇のドラマもちゃんと140分に落とし込んでいて、あちこちに見ごたえがあります。「あなたたち全員を盗聴しました」の場面は笑ったなー。
tottokoさん [DVD(字幕)] 8点(2014-11-13 00:13:15)
124.《ネタバレ》 私の場合は、映画を最初に観たのは随分昔で、かなり後になってから原作小説を読んだのですが。いやあビックリしました、面白いの何の、この小説(笑)。映画の方は、どっちかとうとドキュメンタリータッチの抑えた表現で、劇中で実際に背景に聞こえてくるBGM以外、音楽も無し。原作小説も、ノンフィクション小説風(現実の事件の関係者に取材し、そこにフィクションが織り交ぜられる)ですけれども、後半の盛り上げ方がとにかくスゴい。一気に広がる捜査網と、それを掻い潜ってターゲットに迫るジャッカル。追うルベルの焦り。ジャッカルの暗殺失敗からルベルとの対決に至る場面なんて、映画の方が実際の時間の流れに忠実なところがあって、小説の方がむしろ映画的とも言える、一瞬時間が止まったような緊張感あふれる筆致なんですね。こういう、原作と映画化作品との、不思議なアプローチの差異が、意外性があって面白いところ。映画の方が小説よりも一見地味なんですけれども、これは、映画でも小説と同様に煽るような描写に走ってしまうと、オーバーになってかえってシラケかねない、ってこともあるだろうし、それだけじゃなく、つまり映画が単に地味路線なのではなくって、映画ならではの緊張感がここにはあります。冒頭の暗殺未遂からOAS幹部の処刑に至る、畳み掛けるようなスピーディーな描写。中盤はジャッカルの行動と捜査側の様子がじっくり描かれますが、各エピソードが(特にジャッカルの行動にまつわる部分が)、あと数秒ないしあとワンカットあるのが普通かな、というタイミングで切れて、次のエピソードへ移行していき、小説とは異なる形でのテンションが維持されています。そしてクライマックスのパレードの場面、集まった群衆の光景と軍楽隊の音楽とが、もうどうにも引き返せない、どうにも止められない焦燥感に繋がって、小説とは異なる形での盛り上がりを見せます。実際、今回久しぶりに観て、というかかなり記憶が薄れていたので初見のつもりで観ていたのですが、それでもこのクライマックスシーンは強い印象が残っていて、懐かしき興奮を再び味わうことができました。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2014-11-03 10:32:32)
123.《ネタバレ》 ひたすらターゲットに向けて一歩一歩進んでいく暗殺者と、それを地道にじわじわ追っていく捜査官。その構造だけで、中途半端な盛り上げを入れずに最後まで通した構成は潔いが、それならば知能戦的な部分はもっと見たかった。この描写だと、能力に優れたから対決やバトルが生じたというよりも、互いに相手の抜けている部分に助けられたように見えてしまう。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2014-10-19 02:57:51)
122.《ネタバレ》 背景描写から始まる冒頭部分はフィクションにもかかわらず実話感があります。現代と比べ検索機能や通信手段に格段の違いがあった時代の、人海戦術で暗殺者を追い詰めていく展開はなかなか見応えあります。主人公が犯す度々の殺人やハニートラップに嵌まった政府高官の自殺、主人公や政府高官の情事など、それらの場面は殆ど描写されていませんが、却ってドキュメンタリータッチの映像がそれぞれのシーンをしっかりとイメージさせてくれます。最後までたっぷりサスペンス感を味わえるとても面白い映画でした。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2014-09-26 20:50:16)
121.《ネタバレ》 ジョン・フランケンハイマーの「影なき狙撃者」に次ぐ佳作。
ジンネマンだから見る気すら起こらなかったけど、「ジャッカル」とか言うクソリメイクを見てしまったのが間違いだ。ただジンネマンを少し見直せたという意味ではちょっぴり感謝していると言えよう。
「暴力行為」の一発屋という印象があったジンネマンだが、コレは中々面白かった。
いつものジンネマン特有と言えるピリピリした空気で緊張が保たれる。
「真昼の決闘」なんて勘違い西部劇は緊張が保たれるものの決闘が1回だけと解かってしまい極めて退屈な映画だったが、「ジャッカルの日」は殺し屋とフランス官憲たちの心理描写が面白い。
ドゴール将軍の暗殺を巡って繰り広げられる追走劇。
イギリス出身という事以外名前も解らず謎がジャッカル。彼の完璧と思われた計画がパリの習慣によって狂う瞬間は息を呑む。
キツネ(エドワード・フォックス)が“ジャッカル”というのも皮肉なものだ。
政治的に“黙殺”されていく暗殺者の孤独。ルベル警視はそれを悟っていたのかも知れない。
ジンネマンはやはり現代劇でこそ真価を発揮する男だ。「地上より永遠に」「ジュリア」も良い作品だと思う。
すかあふえいすさん [DVD(字幕)] 8点(2014-03-06 14:08:27)
120. 原作が大傑作である以上、それを映画化する際には、相応しいキャスティングをすること、時間的な制約等で省略を加える際には細心の注意を払って原作を損ねないようにすること、この2点を注意すれば、まあ外れがないことを原作ファンとして実感しました。(原作者が同じ戦争の犬たちのように、菲才な脚本家が余分なエピソードをつけくわえるとか論外ですがw)
 最初から、最後まで完全にネタは分かってての、数年ぶりの鑑賞ですが、全くイメージ通りの映像で実に楽しめました
rhforeverさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2013-09-11 11:42:12)
119.《ネタバレ》 近頃マイページでのお勧め映画一位にランクされていますし、それ以前から見たいと思っていたのですが、幸いなことに劇場で鑑賞することができました。極力音楽を抑え、ドキュメンタリー・タッチで話を追っていったのが成功しています。おかげで緊迫感が持続しており、スクリーンから目が離せません。上映時間は長めですが、描写がていねいなのであまり長いとは感じませんでした。ややうまく行き過ぎかという展開もありますが、全体として見ごたえがありました。殺人犯として指名手配したことで、逆にジャッカルが潜伏する機会を与えたあたりは、うまいと思います。
本作はジャッカルという個人と警察という組織の対決という図式で捕らえられます(ルベル警視は、その代表者にすぎない)。そして組織力を駆使した警察が最終的に勝利すると。そういう点では、警察小説的な面白さも感じさせます(特にイギリスパート)。とはいえ、あわや暗殺が成功しそうになるところまで行ったわけで、必ずしも有能な個人プレーを否定するものではありません。むしろ、組織を相手にしたジャッカルの善戦ぶりが見どころのひとつでしょう。最終的にはジャッカル対ルベルという格好になりますが、それはあくまでも結果であると思います。
当初「計画が漏れたら中止する」と言っていたジャッカルが、あくまで遂行しようとしたのはなぜか。人物の心理が描かれていないので推測するしかないのですが、そこにも組織に対するプロの矜持のようなものが感じられます。逃走路の確保が重要とも言ってたジャッカルが、ろくに逃走路もなさそうな状況で暗殺を実行しようとしたことにも、それは現れていると思います。こうなると金は問題ではなく、自らの生還の確率も低いわけですが、それでも計画を成功させようとするプロの意地を感じさせます。そんなストイックなジャッカルを淡々と演じたエドワード・フォックスが、たいへんな好演でした。
アングロファイルさん [映画館(字幕)] 7点(2013-08-08 21:10:04)(良:1票)
118.《ネタバレ》 殺し屋ジャッカルの、淡々と仕事をすすめていくプロフェッショナルぶりがかっこいい。印象に残っているのは、彼が町中を移動するとき、人々が雑多に行き交う通りに紛れ込むように、ヒキの画で撮られていること。「ウォーリーを探せ」とまではいかなくても(笑)、薄暗い陰気な場所に潜むのではなく、普通の人々の生活圏に自然に紛れ込んでいる様が渋いなあ、と。「電車で隣に座った人が、実は殺し屋かもしれませんぜ」って感じで面白い。そして、存在するかしないかも分からない殺し屋をゼロから探し出すルベル警視もかっこいい。普通のどこにでもいそうオジサンが、イケメンジャッカルをあの手この手で追い込んでいくのがタマラン。追い込めば追い込む程、睡眠不足で目をシバシバさせるのもご愛嬌。彼は彼で追いつめられてるんだな。そして、ジャッカルもそれに負けない。どんなに計画が狂ってグダグダな状況に陥っても、怯むことなくターゲットに迫って行く。途中、行き当たりばったりのように見えたけど、裏を返せば「絶対に逃げることはしない」というポリシーの現れ。そしてラスト。ジャッカルの敗北か、と思っていたら、死んでもなお自分の正体を隠し通したことに脱帽。暗殺を阻止することはできても、ジャッカルの正体を暴くことはできなかった。まさにプロフェッショナル。
ゆうろうさん [DVD(字幕)] 8点(2013-06-07 09:46:09)(良:2票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 137人
平均点数 7.73点
000.00%
110.73%
221.46%
310.73%
421.46%
564.38%
61410.22%
72618.98%
83827.74%
92719.71%
102014.60%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.33点 Review9人
2 ストーリー評価 8.72点 Review11人
3 鑑賞後の後味 8.54点 Review11人
4 音楽評価 7.33点 Review6人
5 感泣評価 6.66点 Review3人

【アカデミー賞 情報】

1973年 46回
編集賞ラルフ・ケンプラン候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1973年 31回
作品賞(ドラマ部門) 候補(ノミネート) 
監督賞フレッド・ジンネマン候補(ノミネート) 
脚本賞ケネス・ロス候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS