ブラック・レインのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > ブラック・レイン
 > (レビュー・クチコミ)

ブラック・レイン

[ブラックレイン]
Black Rain
1989年【米】 上映時間:125分
平均点:6.75 / 10(Review 226人) (点数分布表示)
公開開始日(1989-10-07)
アクションドラマ犯罪もの刑事ものヤクザ・マフィア
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2022-07-12)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督リドリー・スコット
助監督ボビー・バス(第二班監督)
演出ボビー・バス(スタント・コーディネーター)
伊達康将(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
キャストマイケル・ダグラス(男優)ニック・コンクリン刑事
高倉健(男優)松本正博警部補
松田優作(男優)佐藤浩史
アンディ・ガルシア(男優)チャーリー・ヴィンセント刑事
ケイト・キャプショー(女優)ジョイス
若山富三郎(男優)菅井国雄
神山繁(男優)大橋部長
小野みゆき(女優)ミユキ(佐藤の情婦)
内田裕也(男優)偽警官A
ガッツ石松(男優)偽警官B
安岡力也(男優)菅井のボディガード
島木譲二(男優)菅井のボディガード
ジョン・スペンサー〔1946年生〕(男優)オリバー
ヴォンディ・カーティス=ホール(男優)探偵
國村隼(男優)吉本
ルイス・ガスマン(男優)フランキー
スティーヴン・ルート[男優](男優)バーグ
ティム・ケルハー(男優)ボビー
ジム・イシダ(男優)護衛の警官
長原成樹(男優)刑事
林彰太郎(男優)組長
阿波地大輔(男優)大橋の部下
内田直哉ニック・コンクリン刑事(日本語吹き替え版【DVD】)
立木文彦松本正博警部補(日本語吹き替え版【DVD】)
森川智之チャーリー・ヴィンセント刑事(日本語吹き替え版【DVD】)
藤本譲菅井国雄/オリバー(日本語吹き替え版【DVD】)
深見梨加ジョイス(日本語吹き替え版【DVD】)
神山繁大橋部長(日本語吹き替え版【DVD/フジテレビ】)
後藤敦偽警官A(日本語吹き替え版【DVD】)
後藤哲夫偽警官B(日本語吹き替え版【DVD】)
白熊寛嗣(日本語吹き替え版【DVD】)
楠見尚己(日本語吹き替え版【DVD】)
浅野真澄(日本語吹き替え版【DVD】)
小松史法(日本語吹き替え版【DVD】)
小川真司〔声優・男優〕ニック・コンクリン刑事(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
大塚明夫松本正博警部補(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
江原正士チャーリー・ヴィンセント刑事(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
一城みゆ希ジョイス(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
小林勝彦菅井国雄/オリバー(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
ガッツ石松偽警官B(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
上田敏也(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
小島敏彦(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
亀井三郎(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
緒方賢一(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
筈見純(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
松本大(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
茶風林(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
大川透(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
脚本クレイグ・ボロティン
音楽ハンス・ジマー
作詞坂本龍一"The Laser Man"
作曲坂本龍一"The Laser Man"
編曲シャーリー・ウォーカー
撮影ヤン・デ・ボン
ハワード・アサートン(追加撮影)
アレクサンダー・ウィット(カメラ・オペレーター)
製作スタンリー・R・ジャッフェ
シェリー・ランシング
パラマウント・ピクチャーズ
電通(製作協力)
製作総指揮クレイグ・ボロティン
配給UIP
美術リチャード・C・ゴダード(セット装飾)
ジョン・M・ドワイヤー(セット装飾)
レスリー・ブルーム(セット装飾)
衣装エレン・マイロニック
編集トム・ロルフ
録音ドナルド・O・ミッチェル
ケヴィン・オコンネル[録音]
グレッグ・P・ラッセル
字幕翻訳戸田奈津子
スタントアル・レオン
その他シャーリー・ウォーカー(指揮)
マイケル・タドロス[製作](ユニット・プロダクション・マネージャー)
あらすじ
ニューヨーク市警の刑事ニック(マイケル・ダグラス)はレストランで同僚のチャーリー(アンディ・ガルシア)と食事をとっていた。すると、目の前で殺人事件が起こる。ニックは逃走しようとする犯人の一人を直後に逮捕する。その男は日本のやくざで、佐藤(松田優作)といった。ニックとチャーリーは、佐藤を日本へ護送する任務に就いた。しかし大阪空港で、巧妙な手口に引っかかり、佐藤に逃走されてしまう。二人は大阪府警の警部補・松本(高倉健)の助けを借り、異国の地で佐藤を追うことになる。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789101112
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
226.物語はバディ物としては普通。でも、高倉健や松田優作の動いている姿を観るだけでも価値はある。あと、欧米人が主役として日本で活動する作品にありがちだが、ヤクザの親分が流暢な英語を話すのは違和感が大きい。
次郎丸三郎さん [DVD(字幕)] 6点(2022-08-09 21:15:08)★《新規》★
225.《ネタバレ》 とにかくこの映画、カッコイイ。
幻想的な映像、痺れる音楽(サントラ買った)、登場人物たちの存在感。
日本が撮影場所となっていることを忘れるほど光や影、さまざまな色を楽しめるし、松田優作のキレるシーンなどとにかく痺れる名場面が多い。
ストーリーが陳腐だという意見も垣間見れられるが、個人的には飽きずに楽しめる作品だった。
日本の規制が多すぎて監督が激怒したことや、ラストの佐藤についての別ストーリーなど、Wikipediaに詳しく書かれすぎているのも、カルト的な人気があるからこそだろう。
あと、日本語のセリフに一部聞き取れない箇所もあったので、英語だけじゃなくて日本語字幕もつけてほしかった(笑)。
mhiroさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2022-07-14 21:20:44)
224.《ネタバレ》 昔観た時はもっと面白く感じたものですが、今改めて観るとそれほどでもという感じでした。日本で撮影されてますが、よくある間違った日本ということもなく、当時の日本の正しい姿がおそらく描かれているのでしょう。英語と日本語が唐突に切り替わるので集中力が必要です。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2022-07-06 14:10:20)
223.《ネタバレ》 -Black Rain- “黒い雨”。原爆のことを表しているのかと思ったけど、親分の「3日間防空壕に入っていた」ってセリフから、恐らく本土大空襲全般のことを表現してたんだな。爆弾の熱は日本人を焼き殺し、生き残った日本人には黒い雨が降り注いだ。そして親分曰く“金を崇拝するアメリカ人のような日本人”佐藤が生まれた。
監督はアメリカ人が映画を観てイメージする、スキヤキ・ゲイシャのステレオタイプな日本人像ではなく、家電や車で世界を席巻した、生まれ変わった今の日本を表現しようとしたんだろうか?
そういう意味では今までの日本表現に比べ、スタイリッシュな都市像が表現されている。リアル・ブレードランナーの世界。

新しい日本人・佐藤と対極なのが松本。松本のような実直で真面目な古い日本人が、如何にして戦後から現代を生きているか。英語を学び、チャーリーとカラオケを歌い、ニックから“時にはブチかます”ことを学ぶ。古い日本人はアメリカから学び、どんなものでも吸収して今に至っている。
若くて気さくなアメリカ人チャーリー。どんな相手でも仲良くなれる彼は、さしずめ新しいアメリカ人だろうか?何でも吸収する姿勢は松本に近い。

そしてニックだ。妻と別れ、雨の日に子供をバイクで迎えに来るダメな父親(ってか母親も窓から見送るなよ、風邪引くだろ。きっとニックに懐いてる自分の連れ子には愛情がないんだわ、この母親)。仕事でも仲間の汚職に加担して、自分も賄賂を受け、それをチャーリーに言えないでいる。
金を崇拝とまでは行かないが、汚い金で子供を養う彼は、本質では佐藤と似ているのかもしれない。
この映画、本当はニックという汚職警官のダメっぷりを、もっと丁寧に描くべきだったと思う。だから最後の空港のシーン、シャツの下の偽札原板の意味がイマイチ“??”な感じになった。

ニックは日本の警察に原板を渡さなかった。松本はニックが原板を隠していることに薄々気が付いていたと思う。でも原版の話はするけど、調べるつもりもなかった。原版の使いみち、オイシイ話をするニック。
ここでお別れだと言ってシャツを渡す。そもそも松本に、日本で買ったシャツを渡すのは変なのに。空港には警護の警官も来ていたと思うと、松本と2人きりで話せる場として、あの狭い立ち食い蕎麦は好都合だったんだろう。
「後ろに気をつけなカウボーイ」原版をバレずに上手く使えよ。と、松本は絶対そんなコトしないの解っていて原版を託すニック。
ちなみにこのセリフ、内務調査前の別れ際にチャーリーがニックに掛けた言葉。
あの時、チャーリーもニックの汚職に薄々気が付いていたけど、ニックの自発的な更生を望んでいたのかもしれない。
…とここまで、松本に影響されて汚職から足を洗う決意をしたニックの照れ隠し。ニューヨークに帰ったら内務調査で真実を話す戦いが待っている。
あの戦争で日本人が変わったように、ニックのようなアメリカ人も、きっと変われるハズだと。
はにかみ笑顔のマサと、満面の笑みでサムズアップのニックさん。テーマソングも相まって、2人ともカッコええ…
K&Kさん [ビデオ(字幕)] 7点(2022-02-11 15:46:12)(良:1票)
222.《ネタバレ》 リドリースコットの日本に対するリスペクトが感じられる。何となく違和感はあっても許容できる範囲で、「ブレードランナー」でお馴染み、夜の街のネオンの使い方(グリコの電飾は印象的)も上手い。
大阪の人間にとってはハリウッド映画が舞台に取り上げてくれたことが嬉しいね。
ストーリー自体は単調であまり面白みがない。人間関係も薄っぺらいし、ラストの表彰もあり得ない(笑)
でも、松田優作の鬼気迫る演技を始め役者の力感は感じられる。
とれびやんさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2022-02-05 18:09:01)
221.ストーリーが面白くありません。せっかく高倉健と松田優作という2大スターが器用されているというのに、彼らの良さが全く活かされていません。他の日本人俳優たちももったいないですね。日本人俳優たちはみんな片言の英語を話しますが、無理に不得意な英語を話す必要はないと思います。。。大好きな松田優作の遺作となっただけになおさら残念です。
みるちゃんさん [DVD(字幕なし「原語」)] 3点(2020-12-11 11:43:09)
220.松田優作の本格的ハリウッドデビュー作にして遺作になった作品。
病気さえなければ・・・。この後にもハリウッドからオファーが来て、
今までに無い、誰にも表現できなかった日本人像を見せてくれたんだろうなと思う。
彼の台詞はどれくらいあったか。しかしその存在感は凄かった。
日本側の豪華キャストの素晴らしい仕事もあって、
洋画によく見られるおかしなニッポンを感じることはほとんど無かったけど、
ケイト・キャプショーだけは激しく浮いていた。
日本の大阪を舞台にしたアメリカ映画。どこかにアメリカ映画の空気も出したかったのかな。
日本のヤクザの抗争は時間不足でしょうか。中途半端になってしまった感がありますが、
パチパチパンチの島木譲二さんがいい味出していましたね。なかなか迫力のあるコワモテぶりでした。
とらやさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2020-09-06 21:07:24)
219.《ネタバレ》 メインの4人がとても良い演技でした。
特に松田優作演じる佐藤の怪演印象に残りました。
ちょっと変わった日本の街並み、風景もこれはこれで面白かったです。
とむさん [インターネット(字幕)] 6点(2020-01-12 00:48:46)
218.《ネタバレ》 指を詰める、というシーンを日本のヤクザの文化としてどうしても撮りたかったのか、リドリー?
出だしの松田優作のキレた演技はピカイチで、まさに最強の悪役。
しかし、任侠が絡んでくると途端にパワーダウン。
私としては、渡世の義理なんてぶっ飛ばす無軌道なヤクザ役で最後まで押し切って欲しかった。
しかしながら、この豪華キャスト。それを観ているだけでもワクワクする共演は、やはり嬉しい。
ただ、ケイト・キャプショーだけは、最後まで違和感を拭えなかったのが残念。
ちょっとゴージャス過ぎたのかなあ。
roadster316さん [インターネット(字幕)] 8点(2019-09-16 00:04:32)
217.演技とかストーリーは格別に良い訳じゃないけど、異質で異様な日本の雰囲気が凄く良い。
真尋さん [インターネット(邦画)] 7点(2019-04-30 20:44:10)(良:1票)
216.大阪を撮りようによっては、ブレランの世界になる見本。こうなるのかあといった感想。出来はもう少し。高倉健の映画では、一番存在感がないかも。
一番は、若山富三郎!
にけさん [映画館(字幕)] 7点(2018-12-20 12:45:14)
215.《ネタバレ》 日本での撮影?かどうか知りませんが、シーンによっては、ニポーンらしきところが、ちょっとアレな気分になりますね。バーでレイチャールズ歌ってるところが好きかな。もう一度観たいかと言われるとそうでもないかも。
ないとれいんさん [ビデオ(字幕)] 6点(2018-11-21 15:48:42)
214.ちゃんと大阪でロケをしたことや、日本の芸能人を使ったことなど、プロダクション上はめんどくさいことをわざわざやって他のハリウッド映画とは異質のリアリティを築き上げた点は評価できます。こういう映画ってメインの役どころにはちゃんとした日本人俳優を使っていても、隅っこに日本人でも聞き取れない日本語を話す脇役がいることが多いのですが、本作については端役に至るまで日本の芸能人で固めているので好印象です。
ただし、面白い映画だったかと言われるとそうでもありません。リドリー・スコットが監督しているのにキレのある見せ場がないし、当時ありふれていたバディアクションのテンプレートに当てはめて作られた物語には大した面白みがありません(元は『ビバリーヒルズ・コップ2』として書かれた脚本が流用されているようです)。
異文化交流ものとしてもさほど深みがなく、せっかく日本を舞台にしているのだから、NYのはみだし刑事が役人的な日本の刑事に影響されて個からチームへと意識を変えていく話にでもすればいいのに、ニックはスタンドプレーやルール軽視といった姿勢を最後の最後まで崩さないので、基本設定があまり活かされていません。NYで横領していたという原罪をニックに負わせた意味って何だったんだろうかと思ってしまいました。
ザ・チャンバラさん [インターネット(字幕)] 6点(2018-06-15 18:15:04)
213. 大阪ってこういう雰囲気?「ブレード・ランナー」のような退廃的・煙っぽい空気感が合うか疑問。
 「黒い雨」は菅井のセリフに出てくるが、原爆とヤクザの存在を無理やり結びつけたような印象で、映画全体にテーマ性は感じない。物語の展開としてはチャーリーの殺されるシークエンスが弱い。ラストの原版のやり取りも意味深だが心に響かず。指詰めは「ザ・ヤクザ」と変わらぬハリウッドの日本観が滲み出てるね。「芸者遊び」とか「完」も同様でステレオタイプの感。どちらかと言えば「ザ・ヤクザ」の方がいい。
 主要キャスト3人の適演に加え神山繁がいい味出してる。あの人誰?と思ったら、ああーあ、プロフェッサー田中かい。 
 最後にひとつ、ニックが吐く皮肉交じりのセリフ「Fuck you very much」はうまく心情を表して面白い。
風小僧さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2017-07-16 17:12:33)
212.《ネタバレ》 佐藤が強烈な印象だなあと思って観ていたら、これが松田優作だったのね。全く予備知識無しで観たけども、松田優作の凄さを改めて知った思いでした。
ただ物語的には、カッコイイと思わせたいんだろうシーンがカッコ良く見えない。例えば、友人が殺された後にアジトを捜索するシーンでは、感情に任せて乱暴に部屋を散らかすけど、そこは感情を抑えて冷静に仕事しようよと思ってしまう。それが有能な刑事でしょ。感情任せな行動が上手くいっちゃうってそれはどうなのよと。ラストシーンで原版を渡すシーンも、あんなプレゼントしないで普通に仕事として渡せばいいじゃん。無駄に相手に手間をかけさせてるだけじゃん。粋な計らいのつもりかもしれないが、全然粋じゃないよ。
もんでんどんさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2016-12-21 14:03:55)
211.大阪育ちの私には古臭さを感じて、自分が年を取ったことを思い知らされた。
作品は雰囲気は好きですが、物足りない感じがしました。
さわきさん [地上波(邦画)] 5点(2016-12-06 18:50:49)
210.日米合作映画として、豪華キャストだが、それだけですね。2回目の視聴ですが、すぐ忘れてしまいそうな映画です。
SUPISUTAさん [DVD(字幕)] 5点(2016-08-29 08:16:23)
209.タイトルは有名だけど
中身が追いついていない映画。
退屈だった。
aimihcimuimさん [DVD(邦画)] 4点(2016-01-25 22:33:38)
208.冒頭の主人公の埠頭でのチキンレース、家庭環境、不正の尋問などの説明シーン、大阪でのクラブでの飲み会のシーンをカットすれば、エンターティーメントなアクション映画になったと思う。
ガブ:ポッシブルさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2015-11-16 18:23:10)
207.外国から写した日本は文化の違和感が多いため好きじゃないけど、これはまあまあ楽しめた。
高倉健、松田優作、ダグラスにガルシア。ストーリーというより夢の競演作としての一本。
mighty guardさん [DVD(字幕)] 6点(2015-11-13 12:50:09)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789101112
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 226人
平均点数 6.75点
000.00%
100.00%
210.44%
373.10%
4135.75%
53113.72%
65022.12%
74720.80%
84017.70%
92310.18%
10146.19%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.33点 Review12人
2 ストーリー評価 5.61点 Review18人
3 鑑賞後の後味 6.73点 Review19人
4 音楽評価 7.40点 Review15人
5 感泣評価 5.25点 Review8人
chart

【アカデミー賞 情報】

1989年 62回
音響効果賞 候補(ノミネート) 
音響賞ドナルド・O・ミッチェル候補(ノミネート) 
音響賞ケヴィン・オコンネル[録音]候補(ノミネート) 
音響賞グレッグ・P・ラッセル候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS