運動靴と赤い金魚のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ウ行
 > 運動靴と赤い金魚
 > (レビュー・クチコミ)

運動靴と赤い金魚

[ウンドウグツトアカイキンギョ]
Children of Heaven
(بچه‌های آسمان‎、/Bacheha-Ye aseman)
1997年【イラン】 上映時間:88分
平均点:7.65 / 10(Review 186人) (点数分布表示)
公開開始日(1999-07-24)
ドラマコメディアドベンチャー
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2011-04-04)【にじばぶ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督マジッド・マジディ
くまいもとこ(日本語吹き替え版)
矢島晶子(日本語吹き替え版)
脚本マジッド・マジディ
配給アスミック・エース
その他フジテレビ(提供)
あらすじ
小学生のアリは、おつかいの途中、修理してもらった妹ザーラの靴を盗まれてしまう。家が貧乏なため、新品を買ってくれとは頼めない兄妹は、一足の靴を交互に履くことを思いつく。それで遅刻が多くなってしまったアリ。そんなおり、校内マラソン大会の三等景品が、新しい運動靴であることがわかる。彼は妹のために、三位を目指して走るのだった。別題は『天使のような子供たち』。モントリオール国際映画グランプリ受賞。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
186.兄貴の頑張る姿が見どころ
イランの情景がよく見れる
最後のオチは分かりづらかった
れなすさん [DVD(字幕)] 5点(2018-12-01 21:13:45)★《新規》★
185.《ネタバレ》 ○なかなか拝見する機会のないイラン映画。彼らの生活ぶりの一部だけでも見られただけで貴重だった。○3位でいいところを1位にしてしまうあたり意地悪だなと思っていたが、靴を買ってほしいというセリフの伏線が、最後のお父さんの自転車の荷台のシーンでしっかり回収される。妹に3位の報告ができずにしょんぼりするところで終わるが、お父さんが帰ってきてからを想起させるのがまた良い。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2016-01-04 22:24:00)
184.《ネタバレ》 イラン映画初見。遠い遠い国イランの人々の生活が垣間見れたのはとても興味深い。学校は男女別で午前と午後にわかれて授業?とか入り組んだ路地の真ん中に排水が流れてるとか貧富の差が激しいんだ…モノ余りな現在日本からはとても考えられない状況とか。でとにかく走る!走る!!走る!!! でもってよく泣く(苦笑) もうぅTHE兄弟愛 妹ちゃんはかわいいね~ マラソンシーンは手に汗握ったよホント。いい映画でした、イラン映画素晴らしいですお勧めですハイ
Kanameさん [DVD(字幕)] 9点(2015-12-29 11:28:38)
183.《ネタバレ》 イラン映画。
貧乏な主人公の少年は妹の靴を無くしてしまう。
靴を買う余裕もなく親に内緒で学校の時間が被らないのを利用し
1つの靴を交代で履く生活が続く。
ただ兄妹の学校はそれぞれ離れていて交代はいつも猛ダッシュの毎日。
そんな中長距離マラソン大会が開催されその3位の商品が運動靴だった。
主人公は参加を決め妹の前で大見得を切るのだった。
といった話。
なんといってもこの兄妹が不憫w
そして容姿やしぐさがまた貧しい感じでウルッとくるw
すごく応援したくなります。
話の内容は普通なんですがもう役者の勝利ですね。
SASUKEさん [DVD(字幕)] 6点(2015-06-25 00:15:44)
182.《ネタバレ》 WOWOWの発掘良品の放送で久々の鑑賞でしたが、いい映画はいいですね。
主人公の少年の何とも言えない、たよりないタレ目から流れる涙が胸を締め付けてくれます。
この監督の作品「少女の髪どめ」もオススメです。
でも、最後は3位にしてやってもよかったんじゃない?
ちょっと意地悪な終わり方ですね。
クロエさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2014-12-18 00:46:44)
181.主人公の少年アリは、小学校で先生に叱られ泣いていた所を監督が目撃し、その哀愁漂う目が決め手となって抜擢されたという。なるほど、確かに最初っから最後まで泣きっぱなしのこの主人公には適役である。ほんとうに表現力豊かで引き込まれた。ストーリーもシンプルなのに90分もっちゃうから凄い。ただ、クライマックスの演出がちょっとクドく、狙いすぎなのがマイナスポイント。
ヴレアさん [映画館(字幕)] 7点(2014-11-15 20:35:29)
180.《ネタバレ》 靴、靴、靴。それに足を入れて走って走って走って大地を“蹴る”。
それがこの映画だ。

冒頭から「靴」の映画である。
壊れた靴を直してもらい、途中寄った店で靴が入っているとも知らずに持っていかれてしまう袋。それは妹の靴だった。ここから物語は始まる。
「9歳はもう子供じゃない」という生活を送るアリは、ノートによる“筆談”を経て妹ザーラに自分の靴を貸すハメになる。
妹も走って走って走り、履き替えた靴でアリもまた走って走って走って学校に行く。
たった二足の靴を兄妹で仲良く大切に洗うシーンは微笑ましい。同級生の靴を物欲しそうに見つめる妹が可愛いすぎて和む。「同情するなら靴をくれ」的な。
川に流れてしまった靴を懸命に追いかけるシーンの健気さ。
アリもまた家の手伝いや妹の靴の件もあって好きなサッカーも出来ない、家は貧乏&家賃滞納で大ピンチ、その鬱憤を学校への全力疾走にぶつけて彼は毎日市街を駆け抜ける。その走りの成果が役立つなどとアリもつゆ知らず。女子は午前で男子は午後の授業?
あのお茶のポッドが欲しくなる。

父親の自転車が坂道で止まらなくなったり、用水路の予想外の水流の速さと、この映画はとにかく動いて動いて動き続ける。

アリはどんな困難も「妹の靴、そして妹のため」を思えばと乗り越える。
一等よりも三等の価値、終盤のラストスパート!
スローモーションが焦らすに焦らす演出が良い。手に汗握る。

どんな結果でも、妹の喜ぶ顔が見れないと思うと哀しい表情をするアリ。

だが、アリの父ちゃんは二人を笑顔にする“とびっきりのもの”を自転車に乗せて帰ってくる。
アリの傷ついた足を水の中で優しく舐め迎え入れる金魚たちは、アリたちに訪れる幸福を予感させる。

こんな面白い映画、よく90分以内に収まったもんだ。傑作です。
すかあふえいすさん [DVD(字幕)] 9点(2014-10-09 19:21:25)(良:2票)
179.イランの日常が垣間見れるのはいい感じ
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 6点(2014-08-20 01:34:34)
178.《ネタバレ》 貧しい家庭でけなげに生きる兄妹という設定だけで涙ぐみそうになる。あざとい(笑)作りだ。たかが運動靴と思うかもしれないが、アリにとっては全精力を傾けるべき重要なものだったのだろう。マラソン大会で1位をとっても悲しげな彼の表情がまた泣ける。最後に父親の自転車に新しい靴が入っていたことだけが救いだ。好み20/50、演出7/15、脚本7/15、演技8/10、技術7/10、合計49/100→5/10点
chachaboneさん [DVD(字幕)] 5点(2014-03-03 22:59:12)
177.《ネタバレ》 "3位を目指して走る"、それだけのシーンがとても美しい。この映画のあらゆる要素が詰め込まれた素晴らしいシーンだと思います。運動靴が欲しいからと1位では無く3位を目指すコミカルさ、子どもならではの必死さ、1位でゴールしてしまった時のしょぼくれ度合い。大人から見ると些細なことだが、子どもの身からすると人生の一大事。その一大事に一生懸命になる主人公と妹がとにかく可愛らしく描かれていました。
民朗さん [DVD(字幕)] 7点(2013-12-15 07:01:06)
176.《ネタバレ》 これに低い点はつきづらい、お手本のような映画ね。
虎王さん [DVD(吹替)] 7点(2013-10-05 14:11:33)
175.《ネタバレ》 子供の心情を生き生きととらえた傑作だった。
ボロい靴には兄妹愛だとかいろんなものが詰まっている。
小さなものに込められた大きなドラマが感動的だった。
物は大切に使わないといけないと思った。そういうメッセージも込められてるのだと思う。
それから妹思いの兄の姿になんとなく感動した。
自然な描写の中にささやかな優しさが感じられてよかったと思う。
癖のある少年の表情が見てると面白くなってきた。
しかし綺麗な足してるなぁ。
ゴシックヘッドさん [DVD(字幕)] 8点(2013-09-28 18:06:53)(良:1票)
174.《ネタバレ》 かわいい動物と子供には勝てない。
特に子供好きではなくても、この兄妹には絶対やられる。
めちゃくちゃイイ顔をするので、それに見入ってしまう。

特に大きな事件ではないのだけれど、子供にとっては大事件。
運動靴ひとつで大騒動になるのは、イランが舞台になればこそ。
今の日本では舞台になりえないけど、それでも昔懐かしい思いには駆られる。
子供の頃、大人にわかってもらえなくて涙を流した経験は誰にでもあるはず。
ちゃんと状況を説明できればいいのだけど、そんな要領はまだ持ち合わせてないし。
兄妹愛にも癒されるけど、いたるところに優しさを感じる映画。
癒し系の映画が観たくなったらオススメ。
飛鳥さん [DVD(字幕)] 8点(2013-07-09 21:49:19)
173.子どもたちが可愛い。あまり子どもを見てかわいいと思うことはないんだけれど(とくに映画では)、この映画は別格でした。本人たちにとっては一大事なんですけどね。とくに妹がほっかむり(←?!)してパタパタ走る姿にキュンとしちゃいました。これが萌えというものか・・・。お兄ちゃんの、この世の不幸を一身に背負ったような顔も切ない。それに次いでお父さんもいい味出してます。新しい、慣れない仕事に手をだしてアタフタする様がプリチーです。ただインターホン押すだけなのに・・・。これが萌えというものか・・・。けどこれって、日本のサラリーマンお父さんにも起こりうる現象だよなあと思うと面白いです。職人気質でずーっと頑張ってきたのに、リストラにあって急にサービス業に従事することになったら、日本のおじさんたちも同じことになるでしょう。そこは貧富の差は関係なさそうです。家では説教して怖そうなお父さんでも、外では立場が弱かったりするのも印象的でした。みんなガンバレ!
ゆうろうさん [DVD(字幕)] 9点(2013-07-07 12:05:34)
172.《ネタバレ》 どこを切り取っても美しい一枚の写真になるような場面が多い素敵な映画。

思わず自身の幼少の頃を振り返り、悪いことに限らず親に言えず内緒にしていた事や、思いもよらず親にしてもらった嬉しい出来事なんかを思い出し、観終わった後は自然と優しい気持ちになれる映画でもありました。

印象的なシーンが多いなか、兄妹で靴を洗いつつシャボン玉を飛ばし合うシーンがお気に入り。
ぐうたらパパさん [インターネット(字幕)] 8点(2013-06-07 15:08:17)
171.まず出だしから最後まで兄のアリの情けない顔に釘付けでした。妹も可愛いったらない。この映画にはいわゆる悪人が出て来ない。いろいろ事情のある周りの大人もみんな優しい。子供もみんな優しい。おとぎ話の様などこか懐かしい雰囲気のする映画だ。次の展開での悪事を勘ぐる私が情けなく思えてきた、汚れたこの心が恥ずかしい。家の事情を察知してなのか叱られるのがただただ恐いのか、正直に言ってしまえばいい様な事だけど、子供にとっては大事件が起きてしまうのである。そこから奮闘し続ける兄。期待する妹。路地裏を駆け回る二人の姿が印象的。マラソンのシーンではめちゃめちゃ兄を応援してしまった。そしてあの結果。そしてあの顔である。最高でした。
movie海馬さん [CS・衛星(字幕)] 9点(2013-04-30 22:47:14)
170.《ネタバレ》 靴を失くすという小さな日常の出来事から広がる物語。たかが靴だが、貧しい家の子供にとっては切実。大人の視点で言えば、靴を失くしたことを正直に打ち明ければよいし、兄妹の運動靴の交換は学校のすぐ近くで行えばよいし、マラソン一等賞の賞品を売って運動靴を買えばよい。でも子供には子供独特の考えがあって、思わぬ行動に出ることがある。そこが面白く、子供たちの一喜一憂が新鮮。◆兄弟愛を描いているようで、主眼は家族愛でしょう。特に父子愛。母は病気で存在感が薄い。が、自分達より貧しい隣人にスープをおすそわけするという(イスラムならではの?)優しさを持つ。父の描写が素晴らしい。子供達には強い父。家賃五ケ月も溜めているのに家主には何故か強気の姿勢。家に砂糖がなくても、仕事で預かった砂糖を拝借するようなことをしない。茶給仕の仕事では家族を養うには足らない収入。そこで庭仕事の仕事を始めるという善き父ぶり。一方でコーランの一節には涙を流し、お屋敷街の豪邸で「庭師です」と売り込めず、犬に吠えられ逃走という小心ぶり。庭仕事で予期せぬ高報酬を貰っても自転車事故を起こしてチャラに。そして最後に最大のサプライズ、お金をやりくりして子供と約束した靴を購入。こんなに正直で人間味溢れた父親の元では子供も素直に育つと思う。兄妹が、失くした靴を履いている少女の家を訪ねるが、その父親が盲目で、どうやら自分達より貧しいらしいとわかったとき、何も言わずに帰るという心温まる挿話があるが、この優しい心を育てたのは両親の薫育でしょう。親の後ろ姿を見て子供は育ちます。◆靴を洗っている最中に、ついシャボン玉遊びになる場面は、子供の幸福を象徴する最も美しいカット。男の子疵ついた足を癒すように集まる金魚は家族の愛の象徴。最後の喜ぶ場面を省略したのは潔い決断。◆違和感があるのは、学校の女子部の終了と男子部の開始の間の時間が無さすぎること。普通はお昼休みが入る。これは兄に走らせて、これが意図せぬ訓練となり、後半のマラソンでの活躍につなげるための”強引な”演出。あと一等賞を取らせるのは如何なものかと思う。テストで満点、マラソンで一等では出来過ぎの感あり。主題からして四等賞が妥当かと。溝に流れる靴を取ろうする場面、自転車事故場面、マラソン場面などはカメラワークがこなれていない印象。父が新しい靴を調達する場面は一番最後がよろしいのでは。
よしのぶさん [DVD(字幕)] 8点(2012-09-10 12:06:17)
169.あの時はああすれば良かったとか、こんな時はこうするんだと言えるのは、大人だからこそだ。子どもには子どもの世界があり、この映画はそれを実によく表現している。
なくしたら買えばいいと安易にものを考える私たちには、がつんと一撃を食らったようだ。それにこの少年と妹の仲の良いこと、本当にいじらしい。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 8点(2011-12-25 19:18:59)
168.できることなら今すぐこの一家のもとに行き、ナイキでもアディダスでもプーマでも、好きな運動靴を買ってあげたい。そして妹ちゃんの笑顔と、アニキのホッとする顔を見たい。素直にそう思わずにはいられない作品でした。でもそんなことをしたら、ドラマとしてはブチ壊し。映画の世界も現実も、持てる者が施せばいいというものではありません。ここはやっぱり、アニキにがんばってもらうしかないですね。なお映画としては、説明しすぎないところがいい感じ。
眉山さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2011-12-24 04:31:09)
167.《ネタバレ》 やっぱり点数高いですよね、高くなりますよね、いわゆる「心温まる映画」、誰もに好かれる映画ですよね。しかし、この映画のとっつきやすさの理由として、“(我々とは別世界であるところの)リアルな貧しさ”というものがあるのなら、これは考えもの。主人公の少年が、①実際に貧しい家庭の素人役者である ②実は親父が石油王であり金で主演をもぎ取った のどちらかによっても、映画の評価や人気が微妙に影響されかねない(実際は残念なことに①らしいですが)。あと、「素晴らしいイラン映画でした。日本映画も見習うべき」などと言いきれないのは、「イランではこういう無難なテーマの映画でないとなかなか撮りにくい」ということだったりするし。あと、内容的にも、●主人公の少年を「何ら落ち度がない、とっても良い子」として描くだけなのは、いささか素朴過ぎるのではないか? ●遅刻しないように毎日走ってたら誰にも負けないくらい足が速くなりました。ってそんな強引な。それじゃ妹ちゃんも相当速くなってるのかね。●少年の1位を喜ぶ大人と、3位ではなかったことを悲しむ少年との、ギャップ。金魚たちだけが、少年を理解してくれている。しかしその一方で、少年のもうひとつの功績である、親父との新商売の開拓が実を結んで、実は親父さんが靴を買ってくれていたのでした。1位はとるし、靴はゲットするし、めでたしめでたし。って、そんな贅沢なオチでいいのか?  等々、皆さんもっとツッコんでくださいよ。いや、私はツッコミたくないんです、この映画好きですから(笑)。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 9点(2011-11-08 23:17:25)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 186人
平均点数 7.65点
000.00%
100.00%
200.00%
310.54%
431.61%
5115.91%
62211.83%
73920.97%
86032.26%
93217.20%
10189.68%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.80点 Review5人
2 ストーリー評価 8.87点 Review8人
3 鑑賞後の後味 8.44点 Review9人
4 音楽評価 7.40点 Review5人
5 感泣評価 8.62点 Review8人
chart

【アカデミー賞 情報】

1998年 71回
外国語映画賞 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS