日本侠客伝 関東篇のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ニ行
 > 日本侠客伝 関東篇
 > (レビュー・クチコミ)

日本侠客伝 関東篇

[ニッポンキョウカクデンカントウヘン]
1965年【日】 上映時間:94分
平均点:8.00 / 10(Review 4人) (点数分布表示)
公開開始日(1965-08-12)
アクションドラマシリーズものヤクザ・マフィア
新規登録(2005-06-07)【ぐるぐる】さん
タイトル情報更新(2019-06-03)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督マキノ雅弘
助監督冨田義治
キャスト高倉健(男優)緒方勇
鶴田浩二(男優)江島勝治(特別出演)
長門裕之(男優)磯村松夫
南田洋子(女優)市川栄
藤純子(女優)市川光子
北島三郎(男優)サブ
丹波哲郎(男優)八十川波右衛門
待田京介(男優)東吉
大木実(男優)三谷加平
田中春男(男優)太平洋
遠藤辰雄(男優)石川利三郎
天津敏(男優)郷田勢之助
曽根晴美(男優)赤目
山本麟一(男優)宮下
山城新伍(男優)ぼうだら
原健策(男優)森田
片岡栄二郎(男優)竹口
丹羽又三郎(男優)新太郎
汐路章(男優)アンコ辰
潮健児(男優)メリケンの哲
関山耕司(男優)安田
加賀邦男(男優)寺岡善次郎
阿部九州男(男優)伊勢定
堀正夫(男優)網清
東竜子(女優)おせき
国一太郎(男優)
五里兵太郎(男優)魚金
熊谷武(男優)魚万
佐々木松之丞(男優)魚豊
唐沢民賢(男優)白井
加藤浩[男優](男優)海坊主
源八郎(男優)山源
村居京之輔(男優)近甚
藤木錦之助(男優)佃長
脚本村尾昭
笠原和夫
野上龍雄
音楽斎藤一郎
主題歌北島三郎(ノンクレジット)
撮影吉田貞次
企画日下部五朗
俊藤浩滋
配給東映
編集河合勝巳
録音野津裕男
照明和多田弘
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
4.《ネタバレ》 シリーズ第3作。このシリーズ見るのもかなり久しぶりなのだが、いかにもマキノ雅弘監督らしいお祭り的な明るい作風で、とにかく楽しい映画だった。この前まで同じ高倉健主演の「昭和残侠伝」シリーズを見ていたのだが、それとはまた違った面白さがある。高倉健演じる主人公も多弁で陽気なキャラクターで、こういう健さんもいいし、冒頭の長門裕之との喧嘩のやりとりなど微笑ましく、後年の出演作では見ることのできない健さんの魅力というものが感じられる。健さんだけでなく、やはりほかの登場人物たちが賑やかなのもマキノ監督印で、みんなイキイキとしている。前回見たマキノ作品である「昭和残侠伝 唐獅子仁義」が暗めな作風だっただけにこれは嬉しい。ラスト、虐げられていた魚河岸の人々が団結して悪玉と乱闘を繰り広げるという展開は今まで見た東映任侠映画ではなかったもので、新鮮だし、このクライマックスのガヤガヤした雰囲気もマキノ監督らしいところ。主題歌も担当している若き北島三郎演じる寿司屋のアンちゃんがいい味を出している。ラスト、悪の親玉にとどめを刺すのが健さんではなく、鶴田浩二であるのも意外だった。健さんとともに逮捕されていく鶴田浩二が言う言葉が重みがあって印象に残る。しかし、このラストは健さん主演作にも関わらず、鶴田浩二がいいところを全部持って行ってしまったような気もするのがちょっとと思うところもある。でも、まあいいか。
イニシャルKさん [DVD(邦画)] 8点(2016-02-20 14:03:23)
3.《ネタバレ》 水産局長サマと結託して横車を押しまくる悪方一味と江戸一の面々の一進一退の攻防から血沸き肉躍る大乱闘へ至る展開は、豪華俳優陣から発せられる魚河岸の気風と相まって画面に釘付けでした。「堅気さんの仕事場血で汚してしまって・・ヤクザって奴は・・・」興奮を醒ましてくれる鶴田浩二の渋さに目が眩み身悶えしちゃいました。
The Grey Heronさん [DVD(邦画)] 8点(2012-10-07 13:01:55)
2.これはまた今まで観たマキノ雅弘監督、高倉健主演の昭和残侠伝ものとは違う(良い意味で)雰囲気の高倉健の陽気さとでも言うべきか?これはこれでまたしても面白かった。ほとんど言いたい事は既にぐるぐるさんが書かれていますが、花田秀次郎とは違った俳優、高倉健の魅力、新鮮さ、また脇を固める俳優陣にしても、これがまた1人、1人、きちんと描かれているから楽しめる。マキノ雅弘監督らしい殴り込みのシーンでの大迫力、ラストもいかにもマキノ雅弘監督らしい閉め方とでも言うのか?とにかくこの盛り上がりの持っていき方といい、本当に上手いなあ!と感心させられました。
青観さん [ビデオ(邦画)] 8点(2006-04-30 21:28:45)
1.これは楽しい作品。大体僕は生粋の高倉健ファンという訳ではないので、いかにも「高倉健」な高倉健、つまり「・・・こんばんは・・・高倉、健です」みたいな高倉健(伝わるかなあ、このニュアンス)よりも、この作品みたいに、やんちゃだったりちょっとバカっぽい役の時の健さんが好きなんですよね。冒頭で気の良い船乗りに扮した高倉健と長門裕之の意地の張り合いの喧嘩、これが楽しい(えっと、分かり易く言うと「天空の城ラピュタ」の、パズーの親方とドーラ一家の男の喧嘩のシーンみたいな感じ。暴力的というより、のんきで牧歌的な感じ)。それに脇役がガヤガヤと登場するシーンがとっても快活で生き生きとしてるのも、良い感じにマキノ調。それと、大体任侠モノって最後は悪い奴の所に少人数(一人か二人、多くて三人)で殴り込み、というのがお約束なのだけれど、この作品では弱い立場にある人々に団結を呼びかけて、悪い奴らと乱闘を繰り広げる、という、ちょっと変則パターンなのが新鮮。まだ大物然とする前の北島三郎も、何だか可愛かったです。
ぐるぐるさん [ビデオ(字幕)] 8点(2005-06-08 22:23:48)(良:2票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 4人
平均点数 8.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
84100.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS