HINOKIO ヒノキオのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヒ行
 > HINOKIO ヒノキオ
 > (レビュー・クチコミ)

HINOKIO ヒノキオ

[ヒノキオ]
HINOKIO
2004年【日】 上映時間:111分
平均点:5.50 / 10(Review 22人) (点数分布表示)
公開開始日(2005-07-09)
ドラマファンタジーファミリー学園もの
新規登録(2005-06-27)【ヴァッハ】さん
タイトル情報更新(2016-10-27)【かっぱ堰】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督秋山貴彦
キャスト中村雅俊(男優)岩本薫
本郷奏多(男優)岩本サトル
多部未華子(女優)工藤ジュン
堀北真希(女優)昭島江里子
小林涼子(女優)高坂スミレ
加藤諒(男優)平井健太
原沙知絵(女優)風吹夏子
牧瀬里穂(女優)坂上ユウキ
原田美枝子(女優)岩本サユリ
原作秋山貴彦(原案)
脚本秋山貴彦
浜本正機(脚本協力)
米村正二
末谷真澄
音楽千住明
主題歌YUI「Tommorrow's way」
製作迫本淳一(製作代表)
松竹
関西テレビ
配給松竹
特撮秋山貴彦(VFX)
美術池谷仙克
編集上野聡一
照明吉角荘介
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
22.《ネタバレ》  ピノキオは人間になりたいと思っていたが、このヒノキオは人間の姿で出て来るのを拒否している。ちょっとひねった面白い設定。
 不登校対策で、超科学の遠隔操作ロボットが、生徒のインターフェイスとして学校に通う、という設定が実にユニークで面白い。と思っていたら、Wikipediaによると、実際にロボットで登校している人が外国にはいるというから、世の科学技術というのは知らぬ間に進むものだ。

 子供の友情が、引きこもり少年の心を開く物語、と思っていた。基本、間違っていないと思うのだが、ゲームの世界と現実の世界の関連が、イマイチちゃんと機能していない。もちろん、リコーダーを風の笛として吹いて、それがサトルを死の淵から連れてくる話にしちゃうと、それはそれで私には受け入れられないオカルトになっちゃうが。だからといってあれだけ無関係なのもどうか。やはりあのエピソードはNGだろう。
 もうちょっと現実的な方法(少なくとも映画で示されたテクノロジー)で、サトルをこちら側へ呼び戻す物語を考えて欲しかった。私的には父親に撫でて貰った感覚や、友達たちとの触れ合いの感覚あたりをテコに、少年の心を開くセンで行った方が良かったと思う。

 不満点もあるが、現代日本の科学的ピノキオ物語として、そこそこ面白かったと思う。ジュンの女の子設定は要るのかどうか微妙な気はしたが、彼女が取り戻した「女の子」はきっとジミニーのもらった勲章だったのだろう。
Tolbieさん [DVD(邦画)] 6点(2013-05-06 15:52:42)
21.《ネタバレ》 これまた、だいぶ昔に観たが記憶が曖昧なので見直してみた、シリーズです。まぁ色々と言いたいことはありますが、とりあえず科学的ツッコミは置いといて、万引きはいかんでしょう万引きは。それもこんなファミリー向けの映画で。当たり前のようにさらりと流すなって!中村雅俊は配役ミス!科学者に見えない!演技うんぬん抜きにね。堀北真希ちゃんは初々しくてグッド!憧れの存在にピッタシ!CGのクオリティは秀逸!あえて仮想ゲームのCGのランクを下げて差を出したのか?総評・・・名作に成り得たかもしれない題材だけに、実にもったいなく思いました。以上。
Dream kerokeroさん [DVD(邦画)] 2点(2013-01-28 13:43:00)
20.《ネタバレ》 途中までは、もしかして初の0点か?と思うほどに酷い。たしかにロボットの違和感の無さは素晴らしく、これまで散々邦画のしょぼいCGに辟易させられた者としては大いに褒め称えたいところではある。でも中身が・・。どうして主人公を理解する友人までがなんらかの問題を抱えていなきゃいけないのか。過去に傷を持つ人間でないと助ける資格を持てないのか。おとなしそうな優等生は何故この手のドラマでいつも悪玉なのか。あまりにあっけなく「帰れ」コールに転じるクラスメートたちの描写にも呆れる。人格というものがない。主人公は死の淵で母に会い、母が父を憎んでいないということを知る。だから父を許す。っておかしくないか。親子関係の問題に全く向き合わず、ハイめでたし、でいいのか。父は問題から逃げてばっかりだし、同僚はそのことを何度も説明してくれるだけのために出てくるし、先生は蚊帳の外だし、クラスメイトはその他大勢だし・・。唯一がんばってんのが男勝りのガキ大将少女(多部未華子ははまり役!)。けっきょく初恋ラブストーリーなんだからできもしない「子供の問題」をちまちまなぞってないでちゃんとラブストーリーしようよ。
R&Aさん [DVD(邦画)] 2点(2010-03-25 14:21:02)
19.《ネタバレ》 ロボットのCGがよいということで鑑賞してみました。
近未来の少年ロボットものということで鉄腕アトムのような夢あふれる冒険ファンタジー、と思いきや、引きこもり、登校拒否の少年サトルの物語か、やれやれ。
いじめ→登校拒否→自動車事故→母親死亡→足を負傷→引きこもりとなり、リハビリのために自分の代わりにロボットを学校に行かせる。
まー、ここまでは大目にみますよ、設定なんだから。
最初はジュンにいじめられ、どうにか仲間になれたとおもったら、次はメガネの少女に嫌われ、最後は軍事ロボットだから帰れの大合唱ときた。
学校を飛び出し、電車に飛び込んでロボットを壊すが、感覚フィードバック装置が作動していために自分も死にそうになる。
どーも夢のない話ですな。
煉獄というゲームと現実がリンクしているために、ジュンは煙突に登り、サトルの回復を願いアルト笛を吹く。
ここが最大の見せ場なのだが、盛り上がる要素がない。
ゲームの真似をしても意味があると思えないし、無理やり盛り上げようとして、地震を起こし、ジュンが墜落させる。
それにいつのまにか子供たちが集まってきているし、メガネの少女が笛を貸してやるし、どーも不自然さが目立ちますな。
サトルは、死から生還したとたん、心をひらき、仲の悪かった父親とも仲直り。
ご都合主義です。
サトルの物語なのだからサトルが活躍しないと感動がない。
サトルが勇気を出してジュンたちを助けるような展開なら無理がなかった。
ロボットに頼らずに最後は自分の足ででかけてゆくような。
サトルはずっと受身で、心の成長がないのだ。ジュンにも心を開かずにいた。
子供に向き合えない父親の物語も話を複雑にするだけで不要。
この映画は子供に夢を与えない。この映画を友達にすすめた子供はいじめにあいそうだ。
「制作費4億円、興行収入1億円の大コケ映画」といわれているのもうなずけます。
性的虐待を受け、心に傷をもち男の格好をするジュンの個性がありすぎて、主人公を食ってしまている。もったいないですな。
引きこもりは愛されない。引きこもり映画も愛されないということです。
よしのぶさん [DVD(邦画)] 3点(2008-04-23 02:47:25)
18.学校に行けー!
Yoshiさん [DVD(邦画)] 3点(2008-03-22 07:31:43)
17.設定もストーリーも子供向けで、特に無理矢理なバーチャルゲームの演出は失笑ものなんですが、つくりが丁寧で、テンポも悪くなく見やすい。何より多部ちゃんの熱演にはひきこまれてしまいました。
クライマックスで流れるビージーズ「ラブサムバディ」のカバーが流れるのは何とも素敵。子供に見せたい良作。
すべからさん [DVD(邦画)] 6点(2008-02-16 16:26:39)
16.ぉぉう・・!!堀北かわいい。
日曜の夕方にちょい役の掘北真希目的で2時間潰す年齢ではないと思うぞ!
まー、でも、きょうは布団とか夏用にかえたし、バナナも買ったし、自家製カレーも食ったし・・
なかなかいい映画だと思います。さっぱりしていて、一般的な少年少女には受けいいと思います。すなおが一番。
おでんの卵さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2007-07-29 20:45:48)
15.CG、頑張ってましたね~ ラストの煙突シーン(合成シーン)は頂けなかったけど..ストーリーは、在り来たり..子供向けとしては、そこそこかな..でも!!ゲーム絡みの展開は、お粗末..リアリティー ゼロ..と言うより、霊界ものなん?? 有り得ない展開にガッカリ..監督の意図するところなのか..製作者側の意図なのか..今時の子供に、受けを狙っているのが見え見えである..取って付けたような、このエピソードが無かったら..普通に楽しめるに..残念...
コナンが一番さん [DVD(邦画)] 2点(2007-05-08 10:06:00)
14.素直に感動した。 予備知識ゼロで見たがまさかこんな内容とは。
くだらなそうな映画だなぁ思ったが見ているうちに引き込まれてしまった。
ヒノキオがまるでそこにいるかの様だった。 突っ込みどころはあれどよかった。

Jane.Yさん [DVD(邦画)] 7点(2007-03-18 15:30:44)
13.《ネタバレ》 VFXは素晴らしい。無機質なはずのヒノキオが生き生きとしているようにすら感じられ、感情移入できました。わりといい映画ですね。
でもゲームがらみのエピソードは駄目。「願いが叶う」ゲーム? 現実とリンク? はぁ??? 
……ドン引きですよ、あれ。ライトSFとして確立されつつあった世界観が、くそファンタジーなアレですっげえ陳腐になっちゃってます。その陳腐さがラストへの最大の伏線だなんて、興ざめもいいとこです。
あと、眼鏡っ娘の感情と行動が安っぽすぎるのも超マイナス。
あと堀北ちゃんの小学生は無理あるんじゃね? と思いましたが、それはまあご愛敬。
ゲームがらみの部分を完全に排除し、それでも成立するラストを用意できれば、もっともっと評価の高い作品になったはず。素材はいいだけに残念です。
zinny07さん [DVD(字幕)] 6点(2006-11-20 07:45:31)
12.《ネタバレ》 ヒノキオのVFXとロボット共全く違和感が無く、素晴らしかったですね。観ている内にヒノキオに表情があるような気がしてきて、いじめを受けるシーンや(軍事ロボット云々のフォローは最後まで無しかい!)、ジュンを助けようと思って水に飛び込むシーンは感情移入してしまいました。シナリオ的には突っ込み所満載の映画なんですが(ゲームお現実がリンクしてるとかって展開は不要だったのでは?)親子愛、友情、愛情共に尤もな事を言っている部分も多く、引っ越してしまう友人との別れや、生死を彷徨っている時の母子の対面のシーン等で確かな感動もあり、全てを観終えるといい映画だったなあという印象を持ちました。個人的には憧れの相手を演じた堀北ちゃんの出番が少なかったのは個人的には少し残念・・・。あとジュンがずっと男だと思ってましたが、ラストのロングの時には可愛いなあとか思ってしまいました。メインを張った子供達の頑張り、ヒノキオの自然さに7点。エンディングテーマでYUIの名曲「Tomorrow's way」の選曲センスを持つスタッフに1点で8点です。
まさかずきゅーぶりっくさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2006-07-15 14:53:48)
11.ヒノキオのCGはリアルでビックリ。クローズアップのときは模型を使っているらしいけど、切り替わりも自然ですごい。しかも人間を背負って走るところまで違和感がないんだからオドロキですな。内容的にはベタだし、それでもいいと思うけど、ゲーム画面で妙に安っぽくなってしまった感じがします。
ゆうろうさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2006-06-17 21:58:40)
10.《ネタバレ》 人生において必ず誰もが経験し、乗り越えなければならない苦痛というものがある。母親の死は確かにつらいものだろうがそれは乗り越えなければならないもので、主人公の少年があまりにふがいなく感じた。●ジュンが自分が汚れているといったのと、親戚の家に預けられていたということから、性的な嫌がらせを受けたと考えればいいのか?それが原因で男の子っぽく振舞っていたが、その傷がいえたので女の子として最後に現れたのだろうか?体を乾かしながら話しているときに燃やした雑誌に「ハレンチ~」とかいてあったのはその暗示か?いずれにしても説明不足に感じる。●ジュンがヒノキオにかなり心を許しているが、なぜなのか説得力に欠ける。●めがねの女の子が、中学生を雇ってヒノキオを痛めつけるよう仕組んだ事や、キャンプのときの様子、ジュンの笛を吹くシーンからジュンに好意を持っているのがわかるが、女の子同士でしょ?●ヒノキオが自殺する動機があまりに希薄すぎる。クラス内でヒノキオのバッシングが起こったときのあの先生の対応はないでしょ?ほんとに軍事目的だったのかも投げっぱなしだし。●死にそうになったときに、煉獄の塔へ入るときに空に浮かんだ巨大な目な何の意味があったのだろう。●ゲームは希望をかなえるための小道具として劇中に登場するが扱いが中途半端すぎる。現実の煙突に登らずにあのゲームを持っている友達の家へ行きゲーム内で願いを言えばよかったのでは?●「がんばらなくていい。死にたくなったらその前に思いっきり遊ぼう」というのもひっかかる。確かに「がんばらなくてもいい」といわれることで救われることもあると思うけど、この言い方だとちょっと危険。
承太郎さん [DVD(字幕)] 2点(2006-03-28 00:36:14)
9.脚本があまりよくない印象。 ひきこもりの少年とロボットという設定を生かして人間の本質を深く炙り出す事に重点を置かずに、さっさと表面的な展開に逃げてしまったのは残念。 ロボットの合成は自然で見事と言うしかないが、合成と同じくらい物語にも神経を使ってほしかった。
Berettaさん [DVD(字幕)] 4点(2006-02-17 00:23:50)
8.《ネタバレ》 しかしいつも思うけどDVDの邦画の場合、字幕も吹き替えをおかしくないですか?
さて本題。まずCGが違和感なく自然に溶け込んでる感じがとてもいい。物語の作りも非常にしっかりしていて好感がもてる。葛藤などが自然に読み取れる。ただ難点をあげるとすれば主人公が最後までヘタレ過ぎること。ラストを終えてもヘタレ感は否めない。それはラストの部分で大した努力が見られないからだ。そしてゲームにはまった友人の簡単な復帰。あれだけ意味ありげにみせて結局なんの伏線でもないのかよと突っ込みいれました。
とまさん [DVD(吹替)] 8点(2006-01-16 15:53:02)
7.お子様向けの稚拙なファンタジー映画だよね~現実とゲームのリンクなんてありえねっ!
…とぶった切りにするには簡単。でもそんな批評は野暮って奴ですよ。
観るとほのぼの優しい気持ちになるいい映画。
CGもうまいこと使ってて、子役も今後が楽しみな面々です。
ラストのオチで1点献上。いやー、化けるものですねw
ふくちゃんさん [映画館(字幕)] 7点(2005-12-20 08:36:04)
6.《ネタバレ》 ゲームの世界の女の人がキモチワルイ!とか、ゲームの世界を現実とリンクさせちゃうってどうなのよ、とか、あげれば結構ちょこちょこ突っ込みどころは見つかるんですけど、しかしそんなの吹っ飛ぶくらい最後泣きました。すっごい泣きました。サトルも父ちゃんも辛かったんだね、苦しかったんだね。ていうか父ちゃん可愛そうすぎだよ…妻には先立たれ、息子は引きこもり、挙句の果てには自殺未遂ですよ。あんないい父ちゃんそうそういないよサトル。大事にしてやんな。
Ronnyさん [DVD(字幕)] 8点(2005-12-16 11:38:44)
5.ヒノキオはとても良く出来ていて感心しまくりでしたが、ストーリーとしてジュンの家庭、苦悩ももっと描いて欲しかった事、メガネの女の子や初恋の女の子ももっとエピソード欲しかったかな。ゲームの世界にハマっちゃった子が突然帰ってくるってのも何か一つアクション欲しかった。しっかし女の子ってのは服装変えて髪型変わると雰囲気まるでちがうもんですね~。
亜流派 十五郎さん [DVD(字幕)] 5点(2005-12-03 18:39:17)
4.資源のムダ使いとしか思えないような邦画が乱立するなか、キラリと光った1本。子供はヒノキオの一挙手一投足にワクワクし、大人はジュンとサトルの友情とも愛情ともつかない淡い人間模様に心打たれる。違和感のないCG、しっかりした子役の演技という土台に支えられ、見終わった後心地よい感触に包まれた。親子の関係と友情が上手くリンクできていない点がちょっと残念だが、もっともっと色んな人に見てもらいたい佳作です。


ダブルエイチさん [DVD(字幕)] 7点(2005-11-29 11:32:28)
3.◆・・・正直、あり得ないんだけど”将来こんなロボットが
普通に街で見かける様になったら面白~い!!”って感じれるかどうかが鍵。
冗談抜きで引きこもりの少年の代役がロボットだなんていうのが
違和感なく受け容れられる時代が来るとしたら
下手をすると将来のニート対策にうってつけかもしれない。
その点からするとこの作品の先進性はかなり買う事が出来る・・・◆
なんていう下衆な前置きはさておいて、
和製ロボット物ファンタジーとしては佳作とも言うべき珠玉の作品。
細部まできめ細かく作り込まれていて製作側の意志が彼処に伝わって来る。
興行的には(SW3の影に埋もれ)失敗であったようだが、こういった惜しい作品こそ
本サイトの様なところで語り継がれていくべきである。
それにしてもこの作品の子役達の演技には目を瞠るものがある。
そして何よりHINOKIO自身のCGの溶け込み様といったら
尋常じゃないレベルであり、ほぼ完璧なある意味ハリウッドにもヒケを取らないVFXには
物凄いリアリティを感じるだろう。
~ロボット越しのピュアなラブストーリー~
キャッチは底が浅くて軽い印象だが、根底に流れるテーマは凄く重い。
重いけど肩肘張らずに見る事が出来るのはひとえにHINOKIOのキモかわいい存在感と
サトルの純粋さとジュンの男勝りな性格の対比が、
誰でも持っている少年時代の恋愛感情を呼び起こし
切なさと愛くるしさとが相乗効果を生んで俄かに涙腺を刺激してくれる。
バーチャルリアリティとファンタジーの融合。
そして現代の心の病を真摯に取扱った本当に素直な気持ちになれる映画
と言っても過言ではあるまい。
「頑張れって言われるのが一番辛いんですよね」
そう、頑張らなくていいんだよ。緩やかに・・・たおやかに・・・。
sting★IGGYさん [DVD(字幕)] 7点(2005-11-25 23:03:09)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 22人
平均点数 5.50点
000.00%
100.00%
2418.18%
329.09%
414.55%
514.55%
6418.18%
7627.27%
8418.18%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 9.00点 Review5人
2 ストーリー評価 6.00点 Review7人
3 鑑賞後の後味 7.42点 Review7人
4 音楽評価 7.83点 Review6人
5 感泣評価 7.60点 Review5人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS