ヒストリー・オブ・バイオレンスのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヒ行
 > ヒストリー・オブ・バイオレンス
 > (レビュー・クチコミ)

ヒストリー・オブ・バイオレンス

[ヒストリーオブバイオレンス]
(ヒストリー・オブ・バイオレンス 愛と暴力の対立)
A History of Violence
2005年【米・カナダ】 上映時間:96分
平均点:7.18 / 10(Review 97人) (点数分布表示)
公開開始日(2006-03-11)
ドラマサスペンス犯罪もの小説の映画化漫画の映画化バイオレンス
新規登録(2005-07-27)【rothschild】さん
タイトル情報更新(2009-07-19)【マーク・ハント】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督デヴィッド・クローネンバーグ
キャストヴィゴ・モーテンセン(男優)トム・ストール
マリア・ベロ(女優)エディ・ストール
エド・ハリス(男優)カール・フォガティ
ウィリアム・ハート(男優)リチー・キューザック
アシュトン・ホームズ(男優)ジャック・ストール
ピーター・マクニール(男優)サム・カーニー保安官
コナー・プライス(男優)キッド(ノンクレジット)
スティーヴン・マクハティ(男優)レランド
脚本ジョシュ・オルソン
音楽ハワード・ショア
編曲ハワード・ショア
撮影ピーター・サシツキー
製作クリス・ベンダー
デヴィッド・クローネンバーグ
ニュー・ライン・シネマ
製作総指揮トビー・エメリッヒ
配給ムービーアイ・エンタテインメント
特殊メイクステファン・デュプイ
特撮デニス・ベラルディ(視覚効果監修)
アーロン・ワイントローブ(視覚効果監修)
美術キャロル・スパイヤー(プロダクション・デザイン)
衣装デニス・クローネンバーグ
字幕翻訳風間綾平
その他ハワード・ショア(指揮)
あらすじ
町で良識人と知られ小さなダイナーを経営する主人公トム・ストール。自慢の娘と息子、妻と家族四人で仲睦まじく暮らしていた。そんなある日、トムのダイナーに銃を持った強盗が押し寄せる。しかしトムは怯まず殺人マシンの如き咄嗟の判断で強盗を殺傷する。このニュースが流れると、トムは町で一躍時の人となり名は全米に知れ渡る。そんな父の活躍に沸く族。しかしその幸せも長くは続かなかった。ある一人の男が来店するまでは。眼に深い傷を負っていてとても堅気に見えないこの男がトムに向かって言った。「お前、ジョーイだよな」。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
97.《ネタバレ》 観ていて辛い映画だ。
少なくとも3連休最終日に観る映画では無かった。
皆、物語の展開上ヴィゴ・モーテンセン演じる主人公を悲劇のヒーロー的に思いがちだが勘違いしてはいけない。
彼は過去の所業をいっさい清算する事無く、一方的に抜けだしてきた「酷い奴」なのだ。
悪事一家には一家なりのルールが有る筈で、それを無視して行方をくらました奴に制裁を加えようとするのは有る意味当然だ。
過去を一切隠されて、良い人と思い結婚した奥さんも気の毒でしかない。
家族を取り巻く人々も事の顛末を知らされたら皆騙されたと思うだろう。 それが極普通の対応だと思う。
本作で唯一カタルシスを感じた息子のいじめっ子撃退シーンも、観終えてから冷静に思い返すと暴力の連鎖・血は争えない事を如実に物語っているだけ。
因果応報なのだが「高校生が暴力で病院送りにされる」のは、普通に考えて只事では無い。
ここで観客にカタルシスを感じさせ、後でどうにも嫌な思いをさせる語り口はとてもクローネンバーグらしいと思った。

さて、この家族のその後はどうなるのだろう。 
父と息子、母と娘の組み合わせで別居するのが自然な展開の様な気がする。
そして、フィラデルフィアを牛耳っていた悪党を全滅させた主人公に平穏な日々が訪れる筈が無く、
程なくして離れて暮らす母と娘が危機に巻き込まれ、父と息子が勇躍救出に向かうのでは無いか・・・
って私は何を勝手に続編を期待しているだろうか。この展開じゃ72時間と大して変わらないし(爆)
たくわんさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2018-07-17 13:09:05)(良:1票)★《新規》★
96.《ネタバレ》 劇場公開時には「クローネンバーグの映画なのに面白い!」と話題になった作品でしたが、確かにシンプルなあらすじで理解が容易である上に、アクション映画らしいカタルシスもあって、とても面白い作品に仕上がっています。忍従を重ねるが、反撃せざるをえない状況にまで追い込まれると華麗な殺人技でアウトロー達を瞬殺するヴィゴ・モーテンセンのかっこよさだけで90分は余裕でもっています。
また、そうした単純明快さと同時に深い考察にも耐えうる奥行も兼ね備えているという点が、他のアクション映画にはない魅力となっています。作品中で描かれるのはマフィアやいじめっ子に絡まれた末に行使する暴力であり、通常の映画あれば「仕方ないよね」で流される類のものばかりなのですが、本作が独特なのは暴力を受けた側の人体損傷や、いじめっ子が病院送りになったという事後的な情報など、暴力の帰結部分までをきっちり見せてくるということであり、これにより何とも言えない後味の悪さが残ります。前述の通り、表面上はアクション映画らしいルックスになっているものの、この後味の悪さに観客は違和感を覚えます。そしてよくよく考えてみれば、本作は暴力映画のようでいて、その実「どんな理由であれ、他人に暴力振るっちゃったらあなたのレベルも下がるよ」とでも言っているかのような含みがあり、ひいては娯楽映画の暴力に拍手喝采する観客に自己批判をさせるという二重構造の内容となっているわけです。
さらには、一度でも暴力の連鎖に巻き込まれてしまうとそこから抜け出すことは困難であるという、普遍的な暴力の考察にもなっています。公開時のインタビューでクローネンバーグもモーテンセンもアメリカという国を描いた映画だと明言していましたが、個々の事象を切り取ればやむをえない背景があったにしても、問題解決の方法として暴力を用い続けたことで次のトラブルに見舞われるという負の連鎖が始まる様は、対テロ戦争の泥沼から抜け出せなくなったアメリカそのものです。
また、当初主人公はマフィアから因縁をつけられる被害者のように見えていたものの、クライマックスでその兄より明かされる主人公の過去と、身内からすら「死んで過去の落とし前をつけろ」と迫られるほどの激しい憎悪を抱かれている様より、劇中起こるトラブルはすべて自業自得のものだったことが判明するという構成もよく考えられています。視点によって見え方が変わってくる正義というものの脆弱性を描いていると同時に、過去の中東政策の失敗が911テロに繋がったというアメリカの状況も示唆しており、こちらも興味深く感じました。
もうひとつ興味深かったのが、主人公の二面性といういかにもクローネンバーグらしいテーマも描かれていることです。マフィアから恐れられるほどの狂犬だったジョーイ・キューザックがいかにして田舎町の食堂店主トム・ストールに変貌したのか。また、トムの頭の中ではジョーイという人格がどう処理されているのか。噛み合わない会話に業を煮やしたフォガティは「お前は自分のウソを信じ込んでいるな」と言い、妻は「あなたは多重人格なの?」と言い、どちらもトムの人格とジョーイの人格が共存していないのではないかとの推測をしているのですが、主人公はそのどちらの解釈にも同意しません。トムとジョーイの人格に断絶はなく、どちらも主人公の脳内に自然に存在しているものと考えるべきなのでしょう。
そして、この解釈もまたアメリカ社会の考察に繋がっているように思いました。世界一文化の進んでいる国なのに、世界一戦争をしている国でもある。また、特に信仰の厚い層こそがもっとも戦争を望んでいたりと、アメリカとは傍から見ると大きな矛盾を抱えた社会なのですが、当事者内ではそこに断絶があるわけではなく、彼らなりに筋の通った言動のつもりでいる。暴力と日常とは縁遠いもののようでいて、実は同じ文脈の中で発生しうるものであるという危うさを訴えているように感じました。
ザ・チャンバラさん [インターネット(字幕)] 8点(2018-07-04 18:47:32)
95.《ネタバレ》 「暴力で解決しちゃいかん!」って言いながら息子を叩くシーンが好き。ジョーイは昔どんだけ悪いことをしていたのかが気になる。
VNTSさん [インターネット(字幕)] 5点(2018-04-11 00:45:17)
94.《ネタバレ》 殺されたり傷つけられたりした者たちの「お前だけ幸せに暮らせると思うなよ」という怨念が形になったような物語。相手が無法者とはいえ次から次へとゴキブリを踏み潰すように殺しておいて罰を受ける事無く妻子と暮らしていこうとするムシのよさにドン引きします。息子が後ろからためらいなくエド・ハリスを撃ち殺したのには救いの無さを感じます。この子もこの先物事を暴力で解決するのでしょう。卑しい顔つきのジョーイを表現するヴィゴ・モーテンセンの演技にプラス4点。
JAPANESE. 551さん [DVD(字幕)] 5点(2018-04-08 21:49:25)
93.そっとしといてやってくれ!

そう叫ばざるを得ない映画だった。

この映画の主人公はひっそりと普通に暮らしていたいだけなのに、何故放っといてくれないのか。

次々に送り込まれる刺客。それらをものともせず倒して行く様は痛快でもあるのだが、スカッとするようなアクション映画ではない。この映画におけるバイオレンスは悲劇しか生み出さない。

家族の平和の為に全てを投げ打つ主人公に感動させられた。
ヴレアさん [DVD(字幕)] 8点(2018-03-31 16:59:11)
92.《ネタバレ》  最初が強盗2人組。次がエド・ハリス率いるマフィア3人組。ラストがマフィアのボスで実の兄であるリッキー達4人。こーゆー構成は結構漫画チックで、かつ王道。エンターテイメント作品としての定石を踏んでいます。でもその内容は全然別物。こんなに暴力的で、かつ美しいバイオレンスアクションは、未だかつて見たことがないかもっていうレベルです。
 最初のかませ犬的扱いをされる強盗2人組だって、プロローグでの圧倒的な存在感は、雑魚キャラのそれではないわけです。この2人がメインになっていたっておかしくはない。その2人が瞬殺されたとき、この映画は普通ではないと気付きます。
 でもこの作品で特筆すべき点は、バイオレンスよりアクションより、むしろそのドラマ性にあるのかもしれません。夫婦愛。親子の絆。『父は昔マフィアだったらしい。かなりひどい人間だったのかもしれない。』そのことを知った妻が、なんとなく察した息子が、父親とどう接するのか。この映画での解答は、『ただひたすらうろたえる。』これが相当にリアルです。そりゃあまりにも今までの父とその正体とのギャップがありすぎて、答えなんかすぐに出せるわけがないんです。
 ラストで、無邪気な娘は父にお皿とフォークを。息子はとまどいながらも料理を父のほうへ差し出す。これが血のつながり。子供達にとっては『それでも父親だ』というメッセージ。では妻はどうか。最後の妻の表情だけでは、正直私にはよくわかりません。このまま夫婦を続けるのか。それとも・・。そうか。ここだけは、見ている私達の価値観で、『君が同じ立場だったらどうするか、自分で決めろ』っていうメッセージなのかもしれないです。ほんとかなぁ。
 でも私はここまでいろいろ述べたのに、見ているときは全然違うことを考えていました。『こーゆー過去があるって憧れる。かっこいい。しびれる。』と、ずれたことを思いながら、一人興奮していたのでした。
 息子のエピソードもかなり良かったですね。いじめられっこに見せかけて、抑えられないサラブレッドの血。やばいっす。
たきたてさん [DVD(字幕)] 8点(2018-03-20 02:43:22)(良:2票)
91.淡々と進んでいく映画。
たろささん [インターネット(字幕)] 5点(2017-11-29 22:06:40)
90.「悪い仲間から足ぬけするのは大変だ!!」…という映画。

たとえ行方をくらまし名前を変え別の人間として生きても、何かで見つかったら一巻の終わり。
スッキリ生まれ変わるためには、悪い仲間たちを皆殺しにするしかないらしい。

「ゴルゴ13か?!」というような殺し屋っぷりが不自然な気もしたが、あまりにも殺人機械として優秀だったからこそ自暴自棄になり残虐行為に走り、そんな自分の人生に絶望したのかもしれない……と、想像させるものがヴィゴ・モーテンセンにはある。
生まれた場所がギャング一家という「暴力から逃れられない運命」を振り捨てるには、別人になるしかなかったのだろう。

彼が何も言わなくとも、生まれ変わった彼が作った彼の家族たちはそれを知っている。
彼がギャングであろうとも、本質的にはどんな人間か。
わかっていても受け入れがたいのが、平和や愛を尊ぶ人間だろう。

一度入ったら足ぬけするのは大変なので、悪い仲間とはかかわらないのが一番ですね…。

それにしても、マリア・ペロは美人なのにセクシーじゃないなぁ。(褒めてる)
普通に色気はあるんだけど、持ち味が理知的というのか、女性にも好かれるタイプだと思った。
無駄に色気のあるヴィゴとはいい組み合わせですね。
りりらっちさん [DVD(吹替)] 5点(2017-10-13 17:20:03)(良:1票)
89.《ネタバレ》 トムとジョーイの時で完全に表情が異なる演技がすごい。最後の夕食のシーン、願わくば奥さんからもおかずなどがトムに渡されたらよかったなと思います。
珈琲時間さん [インターネット(字幕)] 7点(2017-09-08 10:55:38)
88.《ネタバレ》 観はじめてすぐクローネンバーグの名がクレジットされたので止めようかな?とも思いましたが、結局、見続けてよかったです。原作ありの作品なので、監督個人の作家性=ド変態性がそれほど出てなくて助かりました。前半の緊迫感は息苦しくなるほどの見事さ。このまま行けば傑作だぞと思っていたら、後半は主人公の安定の強さに緊迫感が失われてしまいました。ラストの家族再生シーンのあっさり感や、濡れ場の生々しさ、卑猥さにクローネンバーグらしさが出ているように感じました。モヤっとした鑑賞後感も含めて、やはりクローネンバーグと思いました。
えぴおうさん [インターネット(字幕)] 7点(2017-09-07 12:28:11)
87.《ネタバレ》 原題と邦題とで、定冠詞の"a"があるかないかでこの映画の意味が違ってくる。これは、あくまで一人の男の"暴力の履歴"に過ぎないからだ。強盗を鮮やかに倒す暴力から、かつての親玉を射殺する暴力まで、描かれるものは暴力でしかなく、そこにカタルシスは存在しない。いや、それこそが逆らえない人としての本能なのかもしれない。しかし、履歴の証明による、父の血に逆らえない息子と、階段での妻との性行為に、家族の歪みを見逃さない。全てを終えても、あの家族に幸せが戻るとは思えない。刑務所に服役して、全てを清算してから家庭を作れと思うのは野暮か?
Cinecdockeさん [DVD(字幕)] 4点(2017-02-16 00:12:31)
86.《ネタバレ》 追い詰められて本気出した時に負傷しながらもきっちり勝つというカタルシスは得られるんだけど、壊れた絆はきちんと修復して欲しいと願う口なもんで、そういった意味イマイチでした。
にしきのさん [地上波(吹替)] 5点(2016-10-14 00:18:16)
85.《ネタバレ》 出だしのバイオレンス臭からファミリー、イジメ、セックス、ヒーロー、ミステリー、サスペンスとバラエティに富んだ展開にはそれなりに引き込まれるが、結局元殺し屋は不死身のヒーローか?「これで終わりですが何か?」みたいなラストに「別に」と言いたくなるような映画だった。
ProPaceさん [地上波(吹替)] 5点(2016-10-01 23:55:49)
84.《ネタバレ》 ヴィゴ・モーテンセンが半ケツで間抜けなセックス姿をさらすシーンがあるんですが、他の映画でも彼の同じようなシーンを見た記憶が…
ヴィゴ・モーテンセンって間抜けなセックスシーン担当なんでしょうか。
あばれて万歳さん [地上波(吹替)] 6点(2016-09-27 17:44:33)
83.《ネタバレ》 家族にも隠した過去を持つ男の正体は何か。マフィアに追い詰められて、一般市民の仮面を脱ぎ捨てるまで、ぐっと引き付けられてしまう。
飛鳥さん [DVD(字幕)] 6点(2016-08-01 19:20:09)
82.《ネタバレ》 D.クローネンバーグは「孤独」を描く作品が多い。
それも本人の意志を裏切る「孤独」を。

監督の映画のほとんどが、
避けようのない絶望で終わる作品の多い中で、
本作は「孤独」に差し伸べられる優しい手を
エンディングでさりげなく、描いてくれています。

幼い娘さんは迷いなく、
奥さんは、不安に怯えながら
それでも手を差し伸べます。
作品には描かれていませんが、
息子もいつかは、きっと。
こっちゃんさん [DVD(字幕)] 9点(2015-06-26 17:10:42)
81.《ネタバレ》 しっかり引き込まれていい映画だったけど、なぜあんなに追い掛け回されるのかが説明不足だったので残念。
過去の暴力はともかく、劇中で使われた暴力は正当性のあるものでした。

Yuさん [DVD(字幕)] 7点(2014-05-01 14:15:57)
80.《ネタバレ》 まあまあ面白いのだが。
かといってものすごい、面白いとは思わなかった。強盗を殺し、マフィアが現れるところまでは、よかったが、それ以降はトーンダウン。
期待値が高かっただけに、見終わった後、こんなもんかと思ってしまった。
kontikiさん [DVD(吹替)] 6点(2013-08-11 22:45:22)
79.《ネタバレ》 あっという間にラストまで見入ってしまった。
この釘付け感は凄い。

平穏であれば本性を出さず、いざ平和を乱すモノが現れば家族(国)を守る為、
保身という大義名分で暴力(戦争)で解決しようとする・・・終わってみれば、主人公はアメリカという国そのもの。

セリフのないラストシーンが秀逸でした。

追伸:コスプレの営みも良いけど、ちょっと乱暴な位の方が燃えちゃうんだよね~。(ひとり言)
ぐうたらパパさん [インターネット(字幕)] 8点(2013-06-15 16:51:28)
78.《ネタバレ》 かつてこんなバイオレンス映画があったんでしょうか?この映画で主人公が発動するバイオレンスは、基本的には家族や親しき者を守るために発動されるわけですが、敵を成敗したことによるカタルシスの一切をこの映画は禁じています。ではどんな感情を持ってこのバイオレンスを受け止めればよいのか。家族を守るための暴力が、逆に家族との溝を深めてしまうというパラドクスを孕んでいる為、物語的には「やるせない暴力」とでも表現できそうなものですが、そんな叙情性の一切を配した画面が、バイオレンスシーンには配置されます。その辺りにこの監督の野心なのか資質なのか、並みの映画にはない力が漲っていることを感じます。先に、カタルシスが禁じられていると書きましたが、物語が進行するより以前にこの話が英雄譚ではないだろうという予感を私たちに抱かせてしまう演出の妙。またジョーイの圧倒的で的確な殺戮スキルは思わずランボー辺りを思い出しそうなところですが、そんな楽天的な連想は当然許されず。リッチーの最期におけるユーモアからはタランティーノを想起すると瞬時に否定され。と、バイオレンス映画の歴史から屹立せんとする監督の意志とジョーイの眼差しに、まさに映画の記憶の更新をさせられてしまった気分です。
ワイルド・サイドでキャサリンさん [DVD(字幕)] 9点(2013-05-18 06:40:36)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 97人
平均点数 7.18点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
422.06%
51111.34%
62020.62%
72121.65%
82626.80%
91212.37%
1055.15%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review7人
2 ストーリー評価 7.25点 Review12人
3 鑑賞後の後味 6.72点 Review11人
4 音楽評価 6.16点 Review6人
5 感泣評価 6.42点 Review7人
chart

【アカデミー賞 情報】

2005年 78回
助演男優賞ウィリアム・ハート候補(ノミネート) 
脚色賞ジョシュ・オルソン候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS