サウス・キャロナイナ/愛と追憶の彼方のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > サ行
 > サウス・キャロナイナ/愛と追憶の彼方
 > (レビュー・クチコミ)

サウス・キャロナイナ/愛と追憶の彼方

[サウスキャロナイナアイトツイオクノカナタ]
The Prince of Tides
1991年【米】 上映時間:132分
平均点:6.45 / 10(Review 11人) (点数分布表示)
公開開始日(1992-03-14)
ドラマ
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-07-14)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督バーブラ・ストライサンド
キャストニック・ノルティ(男優)
バーブラ・ストライサンド(女優)
ケイト・ネリガン(女優)
メリンダ・ディロン(女優)
ジェローン・クラッペ(男優)
ブラッド・サリバン(男優)
ブライス・ダナー(女優)
ニック・サーシー(男優)
原作パット・コンロイ
脚本パット・コンロイ
音楽ジェームズ・ニュートン・ハワード
編曲ブラッド・デクター
撮影スティーヴン・ゴールドブラット
製作バーブラ・ストライサンド
アンドリュー・S・カーシュ
コロムビア・ピクチャーズ
配給コロムビア・ピクチャーズ
美術レスリー・A・ポープ
ポール・シルバート(プロダクション・デザイン)
編集ドン・ジマーマン
録音マイケル・J・コーハット
字幕翻訳戸田奈津子
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
11.《ネタバレ》 何か雰囲気だけで逃げてる日本語タイトルだなよあ~これってw主舞台はそもそもサウスキャロライナじゃなくニューヨークだし、「愛と追憶の彼方」にあったのは忌まわしい思い出だけでしたっていうヤなクライマックス。バーブラ扮する心療内科医?が出てきた時、ま~たかいと思ってしまったほど、アメリカ人ってホント建築家かセラピストか精神科医を職業にしてる人間の映画が好きですよね。バーブラとニック・ノルティという好きな役者が主役じゃなければ、多分途中で退屈してしまったと思います。バーブラ、「ミート・ザ・ぺアレンツ」あたりのお茶濁し的助演程度じゃなく、本格的に歌や演技を堪能させてくれる主演作に早いとこ取り掛かってくれる事をファンとしては祈るばかり。
放浪紳士チャーリーさん [ビデオ(字幕)] 6点(2007-03-19 15:04:35)
10.いい映画です。が、なにをもって邦題を『地名プラス愛と追憶』にしたのだろうと思わずにはいられない。しかも愛と追憶の彼方にあるのがあの記憶…『潮流の王子様』とできない事は理解しますが、自分的には、何がなんでもでも過去の名画(=バーブラ・ストライサンド)を匂わせたい翻訳サイドの意志が見えたようで少々気分が悪かったです。そういえばBストライサンドの別作品(Yentl)でも邦題に愛がくっついましたよね。
私目安さん 6点(2004-03-04 11:51:04)
虎尾さん 5点(2003-12-12 23:40:00)
8.《ネタバレ》 映画館で、ラストの音楽と映像の美しさに包まれてジーンとした事を忘れられません。ストーリーもいい。役者もいい。ニック・ノルティがつらい過去を抱えて生きている中年男性を好演。最後のほうでバーバラに別れを告げるため、彼女のオフィス前の通りを行ったり来たりしながら待つシーン、表情だけで彼のつらさが伝わってくる。うまい。彼の母親の性格が私の母親とよく似ているので、子ども時代の生き難さと大人になってからのつきあい難さが非常によくわかり、激しく感情移入(笑)。何度見ても心に強くて温かいものを残してくれる映画。
りりらっちさん 9点(2003-12-03 02:00:37)
7.ニック・ノルティはタフガイのイメージゆえ過小評価されがちだが、なかなかいい俳優なんだよね。もちろんB・ストライザンドも素晴らしい。傷を持つ大人たちの再生の物語。あまり精神的に落ち込んでいない時に是非ご覧あれ!
恭人さん 7点(2003-11-27 03:57:55)
6.大人の映画ですね。中年になればもっと感情移入できるのかも、、、。
あろえりーなさん 5点(2003-09-26 21:53:21)
5.繰り替えされる姉の自殺未遂と、主人公の心の壁が出来た経緯を、過去の映像をダブらせながら進む展開は、うまく纏まっています。過去に起きた悲惨な出来事を知った時は、辛く、悲しい気持ちになるが、夫婦揃って、浮気する部分は共感出来ない・・・。不倫反対。
sirou92さん 4点(2003-09-24 17:19:44)
4.ジュニアってバーブラの子供なんですね。(バーブラ自身は出したくなかったけどオーデションで決まったらしい)鼻がすごく似てます。彼女、美人とは言えないけど、見てるうちに可愛くてとっても素敵な人に見えてくるから不思議。ファッションから動作の一つまで、自分を一番素敵に見せるのを知っているんですね、多分。監督としても才能ありますね~、、感心しました。ニック・ノルティってちょっとした時に、R・レッドフォードに似てる感じがしました。とっても魅力的な人ですね。トラウマを抱えて生きてきた男と、幸せでない心理療法士?Dr?との交流が切ない恋になる。治療の過程で明らかになっていく男の家族の秘密がサスペンスフル。でも父親はともかく、母親のしたことがそこまで憎まれるほどの酷いことかなぁ・と。彼女だって被害者なのでは、、と思いましたけど。あと兄が故郷の島を守ろうとして殺される話も、今ひとつ説明不足でよく理解できなかったのが残念。
キリコさん 7点(2003-09-13 17:09:33)
3.《ネタバレ》 多才なバーブラを再認識する。 ジュニアもグールドとバーブラ両方に似てて(当然だけど)、一癖二癖ありそう、嬉しい。 ノルティが辛い過去を抱えていて驚きました。 両方の夫婦がうまくいってないせいで(彼の妻、静かにおっかない)かえって甘い二人を見れる。「ええもんやなあ」「そやから罪深い」、これいいよね。書類抱いてるとこがまたキュンと。 
かーすけさん 7点(2003-07-08 21:03:38)
2.《ネタバレ》 ニック・ノルティは、ハリウッドの同業者のあいだで、人間性が評価されている、という意味のことを何かで読んだ覚えがあります。そんなことが彷彿とするような映画。これがバーブラ・ストライサンド自身の監督作だということには驚き。かなりいい出来栄えです。監督作はほかにも観ていますが、「愛のイエントル」などは正直なところひどいレベルだったので、格段の進歩! 性暴力による心の傷、トラウマを扱った映画ですから、うっかり見ると辛い人もいるかもしれませんが、映画としての起伏はよく練られていて、後味も悪くありません。ストライサンドが苦手、心を扱ったものが苦手、という人も、先入観は捨てて、まず観てみてくださいな。
おばちゃんさん 8点(2003-03-21 03:48:48)
1.後半ちょっと間延びするところはあるが、心に残った。トラウマを超えて自分探しをするストーリーですが、2人の掛け合いはなかなかでした。
蘭丸さん 7点(2001-10-25 01:22:54)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 11人
平均点数 6.45点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
419.09%
5218.18%
6218.18%
7436.36%
819.09%
919.09%
1000.00%

【アカデミー賞 情報】

1991年 64回
作品賞 候補(ノミネート) 
主演男優賞ニック・ノルティ候補(ノミネート) 
助演女優賞ケイト・ネリガン候補(ノミネート) 
撮影賞スティーヴン・ゴールドブラット候補(ノミネート) 
作曲賞(ドラマ)ジェームズ・ニュートン・ハワード候補(ノミネート) 
美術賞ポール・シルバート候補(ノミネート) 
脚色賞パット・コンロイ候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1991年 49回
作品賞(ドラマ部門) 候補(ノミネート) 
主演男優賞(ドラマ部門)ニック・ノルティ受賞 
監督賞バーブラ・ストライサンド候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS