Menu
 >
 >
 > ノロイ

ノロイ

2005年【日】 上映時間:115分
平均点: / 10(Review 34人) (点数分布表示)
ホラー
[ノロイ]
新規登録(2005-08-12)【カズレー】さん
タイトル情報更新(2016-04-08)【くるきまき】さん
公開開始日(2005-08-20
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督白石晃士
キャスト松本まりか(女優)本人
菅野莉央(女優)(クレジットなし)矢野加奈
長宗我部陽子(女優)(クレジットなし)矢野喜美子
寺十吾(男優)(クレジットなし)堀光男
アンガールズ(男優)本人
高樹マリア(女優)本人
ダンカン(男優)本人
飯島愛(女優)本人
荒俣宏(男優)本人
脚本白石晃士
プロデューサー一瀬隆重
配給ザナドゥー
その他東京現像所(現像)
あらすじ
呪いをテーマにしたドキュメントが収録されたビデオテープ。それを作った小林は行方不明。妻は自宅もろとも焼死したと言う。そのテープに収められた驚愕の出来事とは一体? 擬似ドキュメントの手法を使った、トリッキーなホラームービー。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
34.《ネタバレ》 本当の話とはとても思われず、特に長野県での事件はかなり作り物っぽい。しかし初めからフェイクと割り切れば、かえって本当らしく見えるところの方を評価したくなる。表面上はあくまで本物を装う態度を見せておき、その割にシラっとおふざけを入れて来るようなのも可笑しい。
登場人物に関しては、本人役で出ている芸能人が誰も死ななかったのは最低限の真実性を担保していると思われる。エンドクレジットが出ないのでその他の出演者は名前がわからないわけだが、加奈ちゃん役は今も元気で活躍中なことが明らかであり、またその母親役で端正な顔の人物は、別映画でも見たことのある長宗我部陽子という女優だったことがあとでわかった。気づかなくてすいませんでした。
そのほか特記事項として、××××男の××××演技はあまりにくどいので閉口したが、この男のアルミ張りの部屋を見ていると、確かに何かから守られている気がして居心地がよさそうだと思ったのはおれも変だということか。またラストで映像作家が最後まで撮るのをやめなかったのは、ベトナム戦争時の戦場カメラマンに関して、写真を撮るよりまず残虐行為をやめさせろという批判があったのに対し、カメラを構えたままノーと叫ぶのが正しい、と応えたというような話を思い出した(正確でないかも知れない)。

なお余談として、劇中で映像作家の家が火事になった場面を見ていた時、自宅から少し離れた場所で本物の建物火災が発生し、消防車複数台と救急車が近くを通過していったのは少しビビった。これは洒落にならない(ぼやで終わり、人的被害なし)。
くるきまきさん [DVD(邦画)] 6点(2015-11-07 23:31:45)
33.《ネタバレ》 ドキュメンタリー的になってますよね。役者さん、演技うますぎ。かなちゃんの「たぶんね~もうぜんぶだめなんだよ」このセリフに心奪われました。
新しい生物さん [インターネット(字幕)] 6点(2015-07-10 10:12:16)(良:1票)
32.《ネタバレ》 堀光男役の寺十吾さんがすごい。
さん [DVD(邦画)] 4点(2014-01-23 17:17:14)
31.《ネタバレ》 映り込みや映像の乱れがやや綺麗にやり過ぎていてそこは今ひとつだったけど、こーゆー本当にあった系の映像として観るとちゃんと怖くて好き。これはしっかりこの世界に入って観ないと面白く無いよなーとも思ったが。飯島愛ちゃんが割と良い演技で良かった。
Peccoさん [DVD(邦画)] 8点(2013-02-01 23:35:05)
30.《ネタバレ》 内容がどうこうというより、あのカメラワーク(?)で気持ち悪く(文字通り吐きそう)なりました。ひどい。まあ内容もひどかったけど、ちょっと突き抜けてる感じで、潔さはありますね・・・プラス1点。  あと、あのかぐたばの子、その後他の映画やテレビでも見かけましたが、かぐたばにしか見えず、あの子のリアルな将来が心配です。
フラミンゴさん [映画館(邦画)] 2点(2010-01-12 16:12:49)(笑:1票)
29.《ネタバレ》 映画の前宣伝に完全にやられた。途中で更新されなくなったHPとか、土着の信仰とか、心をぐいぐい引っ張れる要素満載だったので、大期待だった分、女の子が超能力を使った時にものすごく「あれ?あれ?今、やっちゃったよね」ってやられた感がすごかった。終わったあと他の観客と一緒に酒を飲みたくなった。
キッドさん [映画館(邦画)] 5点(2009-12-29 00:42:08)
28.《ネタバレ》 映画の作りはなかなかよかったです、ストーリーはつまらなかったけど。ひとつひとつの場面は印象に残るものが多かったので、話にもう一ひねりあると、いい映画になっていたでしょう。最後のほうで少年の顔が一瞬だけかぐたばの顔になるところとかはとても気に入りました。センスがいい。あと、潤子さんの「言い方! なんでそんな言い方が出来るのかって聞いてるんだよ!」という台詞は、良い! こういう理不尽さって、呪い以上に怖いです。
コウモリさん [DVD(邦画)] 6点(2009-10-06 18:32:37)(笑:1票)
27.《ネタバレ》 予告を見た時は「これは映画か?」と不安に思ったのですが、意外に話が進んでいくと面白かったです。もうちょっと奇妙な映像がバンバン映り込んでくれていいのよ。映画と直接関係ないですが、「~~すると~~になるアンガールズですー」「あいあいー」ってやりとりをテレビで見なくなって久しいので、ノスタルジックな気持ちになりました。
えむぁっ。さん [DVD(邦画)] 6点(2008-10-22 03:23:29)
26.《ネタバレ》 肝試し的な怖さが欲しくて、普通のホラーだと思って入ったんですが???でした。
ブレアウィッチ的な展開をねらったのかもしれません。
小林雅文のHPがあったりと割と楽しめます。
ちょっとコケた感はありますが、一人ではなく大勢で楽しみたい感じですね。
当時リアルタイムで観て、なおかつ楽しんだのはラッキーだったと思います。
黒猫クックさん [映画館(邦画)] 6点(2008-08-26 22:19:39)
25.うちの子供が怖くないって言ってんだから、怖くないのはまちがいない。
センブリーヌさん [DVD(邦画)] 4点(2007-01-29 16:18:07)
24.怖さとは別の意味ですごい楽しめた。観に行った連中の間でしばらく
「何でそんな言い方ができるんだ!」や堀さんの真似なんかが流行ってましたよ(笑)
ぎぶそんさん [映画館(邦画)] 7点(2007-01-26 12:35:09)
23.《ネタバレ》 普通のホラー映画を見るつもりでレンタルビデオ屋でかりて見て、一向に映画本編が始まらないなーと15分くらい思ってた。ドキュメンタリー風の映画だとこれは最初に知っておく必要がある。どういう主旨の映画か理解するのに何も知らなければ30分はかかる。だから、序盤は本当につまらなかった。視点が次々に展開するのも、わけがわからなったし、かなり集中して見ないとヒマで、一緒に見てた友達は寝てしまった。終盤から怖くなり、ラストはそれなりに仕上がってびびるけど、それまでがダラダラと演技くさく、ひどい。アンガールズはただの『アンガールズ』でしかなかったし(この映画の場合はそれでいいんだけど)、しかも一緒にロケしてる女性が叫びだして倒れても「何、なんなのー?」とか全然ぼけっとしてて、急に「カメラ止めて!!」って焦ってて冷めた。他にも『霊体ミミズから世界を守る運動をしてる』ヤバいおっさんとかは逆に笑える。儀式でやっていた一礼・四拍・一礼は、「天理教やん!」と横の天理教の友達がめっちゃ受けとった。とにかくアラが目立つけど、最初からどーいう映画か知ってたらそれなりに楽しめるかも。普通に夜7時の番組でこんなんやってたらすごい話題になったやろーなー。
ラジカルさん [DVD(邦画)] 3点(2006-12-28 17:23:13)
22.オカルト系TV番組って「遂にカメラは捉えた!」とか「今夜、真相が明らかになる!」みたいな謳い文句でやってる割にそんな結論があった試しがない(笑)。オカルト番組大好き人間の僕としては、カユいところに手が届くモノでした。こういうTV番組があれば、絶対におもしろいのになぁ(笑)
ようすけさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2006-10-05 16:48:38)
21.ドキメンタリー調のホラー映画。うそっぽさが目について、いまいち感情移入が出来ず撃沈しました。ホラーは非日常の現象に見るものが感情移入して恐怖するんじゃないのかなー。で、本作は現実のリアル感でほんとにあった事なんだよーって線を狙ったんだろうけど。失敗作ですよね。
kenzさん [DVD(字幕)] 3点(2006-10-04 08:54:50)
20.《ネタバレ》 気違いのおじさんが、普段は何言ってるのかよくわからないのに、映画的に重要な場面では聞き取りやすく話してくれるのが親切でよかった。
Robbieさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2006-09-15 23:37:42)
19.ドキュメンタリー風味のオカルトホラー。どうしても『ブレアウィッチ~』と比較してしまいますが、本作の方がよりエンターテイメント的だったと思います。まあその分ウソ臭いとも言えますが、リアリティにこだわって事態がよく把握できないといったストレスを感じるよりは、これで良かったかなとも思います。呪いの効果、法則自体があいまいだったので、恐怖というよりは、「何か気色悪いなあ」レベル止まりだったのが残念でした。役者陣では意外なことに(失礼)、アンガールズが一番自然で良かったと思います。
目隠シストさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2006-09-02 18:26:28)
18.まじ時間と金の無駄、ぎゃくにこっちが呪いたくなるよね
アルカポネさん [DVD(字幕)] 1点(2006-08-23 11:12:23)
17.まずこの作品はフェイクと思わせないような努力を全く怠っている点でダメだと思います。「ブレアウィッチプロジェクト」もネット等メディアを最大限活用し、実際に起こった事件のように見せて成功しましたが、邦画となるとそれだけ信憑性の面も難しいし、本物の怖さへ繋げる部分の配慮が足りません。あとVTR内に登場する素人役はもっと自然であるべきです。よくTVショッピングで実際にその商品を利用した人が感想を述べるVTRに演出を感じる最大の理由はそのわざとらしさですが、この作品でもそれを大いに感じ、全く感情移入できませんでした(「ブレア」はアメリカ映画なのでオーバーリアクションもさほど違和感を感じませんが、日本人のオーバーな演技は嘘くささしか感じません)。そして火祭りや霊らしきものが映っている一連のVTR、霊能者の登場や錯乱を起こすテープの一部始終にもっと自然な恐怖が映っていたら良かったと思います。あと石井潤子にさらわれた矢野加奈ちゃんを演じた子は有名過ぎます。「あ、この子どこかで見た子役だな」と思わせるのもダメです。本当にノンフィクション的な恐怖にこだわるのであれば、登場する素人は本物を起用し、収録から公開までの間は誓約書を書かせる等の徹底をするべきです。登場人物の演技が過剰過ぎて恐怖を全く感じなかったのが残念な作品でした。松本まりかが可愛かったので2点献上。
まさかずきゅーぶりっくさん [CS・衛星(邦画)] 2点(2006-08-21 10:33:00)
16.《ネタバレ》 伏線がいくつもあって、それらが段々と収斂していくようすは面白かった。謎が謎を呼んでいき、しかもそれぞれが不気味で、好奇心が沸く。カグタバの露出が徐々に明るみにでていく流れは絶妙で、しっかりとおっかなくなっている。大学教授と民俗学者がよいですね。
ラスト、堀さんがなぜか我にかえっているが、あれはなんだ。カグタバは結局ウソ作り事だったということなのか。カグタバとは堀さんと石井潤子による一大茶番劇だったということだったのか。
僕はできれば、そうであってほしいと思う。結局カグタバの呪いといってしまった時点でしょせんそれまでのツクリモノフィクション映画で収まってしまう。だけれども堀や石井、はたまたかわいい女優さん(彼女は生き残っている!?)による、主役の作家への何か復讐だった!とか、そういうどんでん返しサスペンスをドキュメントタッチで描いた映画だったら、それはフィクション映画の中でのリアルになり、これはきっと傑作になったんじゃないかな。
ともかく、細部のもう一歩さきまで手が込められた、力作。
でもさ、アンガールズも死ぬんじゃないか?
no_the_warさん [DVD(邦画)] 10点(2006-07-20 00:56:42)
15.《ネタバレ》 「擬似ドキュメンタリー」という製作者の「狙い」に乗ったうえで、娯楽作品として割り切って見れば、それなりに完成されたものになっている(ネット上の感想を見ると、ここまで分かりやすい作品でも、今作をホンモノ(実話ベース)と勘違いしている人がちょくちょくいる事に驚かされたけど)。

ネタ元としては「本当にあった!呪いのビデオ」+「ブレアウイッチプロジェクト」+「呪怨」+「杉沢村伝説」辺りの寄せ集めって感じだけど(笑)、全体の作りは丁寧でテンポは良いし、謎や伏線の振り方も上手いので、飽きずに最後まで見られる。恐怖演出のセンスも悪くない。

こういう作品はどうしてもチープで嘘臭くなりがちだけど、小道具や舞台設定を含めた雰囲気作りには手間が掛かっているし、出演者の演技もオーバーにならないギリギリの線に抑えてあるので、恐怖ものとしてのリアリティと娯楽のバランスが保たれている。

リアリティを優先し過ぎて娯楽要素や商品意識に乏しい「ブレアウイッチ」や、投げっぱなしの心霊番組などと違い、製作サイドに娯楽作品としての自覚があるから、最低限の謎や伏線をきちんと処理して終わるのも好感が持てる。確かにCGは興冷めだけど、これも使用目的に対して自覚的なので演出としての許容範囲に収まっている。

ただ、この手の「擬似ドキュメンタリー」という演出パターンには前例が多いし、「呪いネタ」自体もありがち。後半はほとんど「ブレアウイッチ」そのままで、目新しさが無いのが残念。出来れば、もう少し謎解き要素や恐怖演出にオリジナリティが欲しかった。

ラストもちょっとダラダラし過ぎ。あんな状況でカメラを持って撮影しているというのはさすがに不自然で、そのド根性ぶりに最後の最後で笑ってしまった。惜しい。

実質的には7点くらいだけど、もう少し高く評価されても良いと思うので、オマケで8点献上。

PS.これで「カメラ酔い」した人は、「ブレアウイッチ」や「ボーンスプレマシー」は絶対に見ない方がいいです(笑)。
FSSさん [DVD(邦画)] 8点(2006-05-20 08:16:44)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 34人
平均点数 5.24点
000.00%
125.88%
225.88%
3514.71%
438.82%
5514.71%
6720.59%
7514.71%
838.82%
912.94%
1012.94%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.71点 Review7人
2 ストーリー評価 4.75点 Review8人
3 鑑賞後の後味 3.62点 Review8人
4 音楽評価 3.57点 Review7人
5 感泣評価 1.83点 Review6人

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS