愛についてのキンゼイ・レポートのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > 愛についてのキンゼイ・レポート
 > (レビュー・クチコミ)

愛についてのキンゼイ・レポート

[アイニツイテノキンゼイレポート]
Kinsey
2004年【米・独】 上映時間:118分
平均点:5.50 / 10(Review 18人) (点数分布表示)
公開開始日(2005-08-27)
ドラマ伝記もの
新規登録(2005-08-12)【rothschild】さん
タイトル情報更新(2019-06-03)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ビル・コンドン
キャストリーアム・ニーソン(男優)アルフレッド・キンゼイ
ローラ・リニー(女優)クララ・マクミレン
クリス・オドネル(男優)ワーデル・ポメロイ
ピーター・サースガード(男優)クライド・マーティン
ティモシー・ハットン(男優)ポール・ゲブハルト
ジョン・リスゴー(男優)アルフレッド・シークイン・キンゼイ
ティム・カリー(男優)サーマン・ライス
オリヴァー・プラット(男優)ハーマン・ウェルズ
ディラン・ベイカー(男優)アラン・グレッグ
ジュリアンヌ・ニコルソン(女優)アリス・マーティン
ウィリアム・サドラー(男優)ケネス
ヴェロニカ・カートライト(女優)サラ・キンゼイ
キャサリン・ホートン(女優)スポルディング夫人
リン・レッドグレーヴ(女優)最後にインタヴューを受けた女性
ベンジャミン・ウォーカー(男優)19歳時のアルフレッド・キンゼイ
ジョン・マクマーティン(男優)ハンティントン
津嘉山正種アルフレッド・キンゼイ(日本語吹き替え版)
高島雅羅クララ・マクミレン(日本語吹き替え版)
宮本充ワーデル・ポメロイ(日本語吹き替え版)
内田夕夜クライド・マーティン(日本語吹き替え版)
飯島肇ポール・ゲブハルト(日本語吹き替え版)
辻親八ハーマン・ウェルズ(日本語吹き替え版)
脚本ビル・コンドン
音楽カーター・バーウェル
撮影フレデリック・エルムズ
製作総指揮フランシス・フォード・コッポラ
配給松竹
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
18.《ネタバレ》 近親者がまだ生存している人の伝記映画は撮るのが難しいですね。キンゼイ研究所はまるで乱交クラブみたいで、やっぱ相当な変人だったことは確かです。『ビューティフル・マインド』ほどじゃないけど、この映画のキンゼイ博士はこれでもかなり美化されていると言う指摘もあるそうです。でも、ドキュメンタリーや記録映画とは違って、伝記ものは本質的には実在人物をテーマにしたフィクションなのであり、俳優の演技とドラマの内容で評価すべきものでしょう。その観点からはあまり成功したとは言い難いですね。 しかし史実通りなんでしょうけど、キンゼイ博士の調査手法は統計学的には意義があったんでしょうか?支援していた大学の学長が「彼のレポートは大学の宣伝になった」と図らずも言うシーンもありましたが、結局マスコミを騒がせたけど実は学問的にはあまり価値がなかったとほのめかしている様に感じました。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2012-11-21 18:31:26)
17.伝記物は難しいですね。淡々としているだけですが、起伏が少なく、印象が早く薄れていく映画だろうなと思いました。演技派たちに敬意を表して7点です。
HRM36さん [DVD(字幕)] 7点(2010-04-23 14:51:32)
16.この様な映画を大金使って作成する事が出来るアメリカは、映画文化という観点では凄いと思う。 作品自体は普通だと思います。
たくわんさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2008-10-08 13:20:41)
15.伝記映画は、どうしても、足早なストーリー展開になりがちで、エピソードの羅列のような単調なものになりやすいと思いますが、本作品もその1つでしょう。歴史上の人物の業績を知りたいなら、映画ではなくて、本で読むべきなのだな、と改めて感じさせられます。個々のエピソードはぶつ切り状態で、中途半端に登場人物の感情が描かれるので、どのキャラクタも理解できないまま、映画は終わってしまいました。
かねたたきさん [DVD(字幕)] 3点(2007-03-31 16:52:27)
14.《ネタバレ》 セックスインタビュの話。
初デートには向きません。
親子団欒にも向きません。
友達と喋るネタにはなりますが、話す相手を間違えると軽蔑を受けます。
「オハイオ州ではクンニは合法です」
「包皮を切ってみた」
「ブラジルポルノには獣姦多め」
hiroyujiさん [DVD(字幕)] 6点(2007-03-14 23:41:27)
13.まともに見えて実はかなり変わってるという人物像はなかなか真実味があっていいです。この夫婦の関係はさすがに変わりすぎてて理解の範囲を超えてしまっていますが。
MARK25さん [DVD(字幕)] 6点(2007-02-04 23:04:09)
12.《ネタバレ》 キンゼイレポートは知っていたけどキンゼイ博士のことは何も知らなかったので勉強になった。キンゼイの妻役のクララ・マクミレンがいい味を出していた。キンゼイが男にも興味を持ってセックスしてしまったときに怒ったのに、その男と自分もセックスして大喜びするなんて・・・なんか考えてしまう。キンゼイ一家が食事をしながらあからさまなセックス話をするのを見て、むかしのTVドラマ「光る海」や、サザエさんのセックスパロディを見たときと同じ居心地の悪さを憶えてしまった。年を重ねても家族で大らかに話すセックスの話は違和感を感じてしまう。
omutさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2007-01-13 02:36:17)
11.実際のキンゼイのレポートがどんなものか知らないが、この映画を観ていて、どうも「動物としての」人間という面ばかり表現されていたと思った。人間は他の動物より崇高な生物であるなんて考えるバカではないが、犬が犬であるようにタマバチがタマバチであるように「人間という動物としての」人間という認識がなければならない。その一つに愛はあると思う。セックスと愛は科学的には切り離せるがそう簡単なものではない。何も話さない者がふっと背中に手を添えられただけで話し出すのが人間という動物。そうして新しい愛が生まれるというのが問題でなく、それまであった愛が失われるということが問題だ。「傷つけたりしてはいけない」と言っていたが、これはまさしくそれに類するのでは?これを映画にした理由がよくわからない。本でのほうが、いろいろなテーマも深く掘りさげれるし、説明も詳しくできるのでは、と思う。
透き通るBlueさん [DVD(字幕)] 5点(2006-11-19 11:36:46)
10.まず、役者がよかった。
演技がよければつまらない映画もそれなりのものになる典型的な例のように思える。
キンゼイ博士の報告は日本でも昔から知られているらしい。
自分のおばあちゃんも知っていたのには驚いた。
キンゼイ博士はタマバチの研究において同じ種でも別の種ほどの差があるという事実から
生命とは違うことだと言い切る。
似てるって違うってことね。(Byタカラ本みりん。)
人間もみんな違って当たり前だのクラッカー。
しかし、人間とはアイデンティティを求めてしまうものなのだ。
だから膨大な数の聞き取り調査による統計的調査には意味がある。
人間を生物として捉えた場合、やはりマスとしての特徴を抽出することが理解につながる。
理解は征服につながる。(Byゼーレ)
そして彼はそれをやった。
しかし、研究スタッフがエロエロな集団になってしまったのはいただけない。
生物学者は研究対象を食べるもんだと畑先生はいっていた。
人間の性行動の研究はいってみれば自分の研究で客観性を保つのは困難である。
事実、科学は愛を語れないなどと弱気なことを言う博士は情けない。
科学に愛を語る言葉を持たせて見せるくらいのことは言ってほしかった。
アホをどりさん [DVD(字幕)] 5点(2006-10-22 15:40:26)(良:1票)
9.《ネタバレ》 本作についての鑑賞簡略レポート・・・・・・
 ※考察・多数決の原理…作中幾度も多数の数的有利が実証される。いくつか列挙する。多数の授業参加者によりキンゼイの性の講義が承認。キンゼイ一家の食卓でのくだけた性談義は一般家庭では異常であっても、ここでは一人ついていけない息子がはみ出し者。キンゼイが同性愛を経験した切っ掛けは予想以上に体験者が多かったから。そもそも性行動の研究を始めたのは孤独感を軽減するため。他にも話題騒然の時と落ちぶれた時のキンゼイへの援助金に対する大学側の議決などがある。キンゼイは講義で〝相違こそが生命の基本原理〟と言及しているが、だからこそ人間は同士を欲し孤独ではない安心感を得たいのである。
 ※結論…人間が避けて通るタブーに迫ったキンゼイの人生を賛否両論交えて描いたものの、途中から只管キンゼイの盛衰を駆け足で追うだけの描写になってしまっているのは否めない。例えば性格の類似性が見られる父子関係がキンゼイの人格形成の重要なファクターであったのは確実だが、物語における葛藤の位置付けはきわめて低い。率直に言って本作はキンゼイ教授の半分も突き詰められていないというのが私の鑑賞結果である。しかし興味深く観られたのもまた事実であり評価は6点とする。
ミスター・グレイさん [DVD(字幕)] 6点(2006-10-11 18:24:05)
8.結構期待したんですが・・・まず、この主人公は道徳や慣習など平気で踏み外すほどの強力でエキセントリックなオタク・パワー(←ほめ言葉)を有していたと思うのですが、そんな役に誠実派の筆頭(?)であるリーアム・ニーソンを当ててはいけません。全然イメージが違ってます。期待していたローラ・リニー様も見せ場らしい見せ場なし。というか、最初は女子大生だったはずなのに、途中からいきなり老けすぎ。あと、根本的な問題として、学者の研究行動を扱っていながら、どこでどういう考察をして、どこでどういう結論に達したのかという基本的な部分が全然押さえられずに、細かなエピソードを詰め込んだだけになってしまっています。つまり、何のためにこの題材を選んだのかが不明ということ。一応、キンゼイ教授という人の存在と、キンゼイ報告の存在を世に知らしめた功績はあると思うのでこの点数。
Oliasさん [DVD(字幕)] 6点(2006-10-02 00:09:22)
7.《ネタバレ》 …。…。これは失敗だ。
と思う理由それは、まずリーアム・ニーソンとローラ・リネイという俳優としては地味な二人組を中心に据えたこと。ほんとうに画面に華が無いのよね。サースガードが入ると少しは毒気がしてマシにはなるが、彼一人ではとてもじゃないがもたない。「エミリー・ローズ」でも思ったけど、ローラ・リネイは悪くないけど主役を張る女優さんではないと思う。彼女の一挙一頭足に目が釘付けになりますか?
それにリーアム・ニーソンのつまらなさ。この人も主役を張る人ではない。しかもキンゼイという稀代の変人を演じるにはあまりにも「フツー」っぽい。もっともっともっと変な人だったと思うのよ、本物は。見てくれだけのことでなく。
そんな「フツー」っぽい二人組に無理して「乱交」だの「絶頂ウォッチング」だのさせるから、見てるほうは「いくらなんでも」とついていけなさを感じざるを得ない。
それと、同性間の性交だのスワッピングだの家族の異常な団欒風景だのの描き方がすごく意地悪だったと思う。これは映画をつくってる人間が、キンゼイの行動のうち、こういった部分を理解も受容もできていないがかといって批判もできないというものすごく中途半端な状態であることをあらわしている。キンゼイ先生は墓の下でどう思っているだろうか。
あまり関係ないが、故中島らも先生は「アマリタ・パンセリナ」の中でこんなことを言っていた。
「必要なのは受容と同化」「観察でも研究でもなく受容と同化」なんと深みのあるお言葉。もちろんこれは各種嗜好品について語っているのであるが。私はキンゼイの異常な行動を見るに、この言葉を思い出してしまうのです。そこのところを単に、「あーあ、学者センセイは世間知らずで変な方向へ突っ走っちゃうからなあ」っていうふうに撮ってたのがこの作品だと思う。だから、キンゼイに対する理解が足りないまま、キンゼイの行動のみを羅列しただけみたいになっちゃって、彼に失礼じゃないかあ?
…キンゼイという上ネタを料理したというのに映画としてはやっぱり失敗だ。
パブロン中毒さん [DVD(字幕)] 4点(2006-08-05 23:38:59)
6.当時の時代背景を考えると、キンゼイ氏の研究は身を滅ぼす可能性があるという事は予想できるが、彼の研究によって救われた多くの人の事を思うとなんとも痛ましい結果だと思う。キンゼイ氏と父親とのエピソードが良かっただけに、彼と彼の子供達とのエピソードをもっと掘り下げて欲しかった。
よっさんさん [DVD(字幕)] 6点(2006-04-24 23:28:36)
5.当時の保守的な社会の中で、これだけ大胆にタブーとされていた分野に切り込んだキンゼイ氏はやはりただ者ではなかったのでしょう。しかし論理や学術的な視点だけではこの世界を全て単純化し、公式化してしまうことは出来なかった。人間とはもっと深くてはかりしれないものなのだということなんですね。
ロイ・ニアリーさん [DVD(吹替)] 7点(2006-04-13 20:47:27)
4.題材としては非常に興味深く面白いのだが、描き方に焦点を絞れていなかったという印象を受けた。実際のキンゼイが様々な実験をし、周囲との関係にも色んな事があったかも知れないが、欲張ってエピソードを入れすぎたために、ラストも窮屈で無理やりな印象を受けてしまう。リーアム・ニーソンは好きな俳優なのだが、彼の演技力をもってしても稚拙な脚本は覆せなかったというところか。
woodさん [映画館(字幕)] 5点(2005-11-05 11:07:39)
3.最近の伝記映画の中では最高に楽しめました。常識と戦うエキセントリックな人物の物語は、それだけで充分面白い。特に前半の、面接調査のリハーサルとして自分で作った設問に、キンゼイ博士自身が答えていくという自然な構成が秀逸。有名な「キンゼイ報告」についてはもちろん「熟知」してますけど、博士本人については全く知らなかったので非常に勉強になりました。この人は正に近代のガリレオ・ガリレイ。単なる迷信でしかない宗教的倫理観から「異端」扱いされる科学者というのは、「キンゼイ報告」から350年遡った「ガリレオ裁判」の時と全く同じ。生物の本質は「多様性」にあるという結論に辿り着いた動物学者は、ヒトの持つ多様性の素晴らしさも信じていました。それにしても良い奥さん見つけたよなぁ…、7点献上。
sayzinさん [映画館(字幕)] 7点(2005-09-09 00:09:25)
2.新しい分野に切り込んだ科学者の生涯を、その功罪も含めて描いた良質の映画でした。序盤に、講義のシーンで、研究対象としている昆虫について、10万以上のサンプルを集めて観察してみて驚いたことに、一つとして他とまったく同じものは存在しないと言います。多様性こそ、キンゼイが昆虫の研究で実感した生物界の真理。人間も(人間の性行動も)含まれる生物界の真理として、多様性を容認し、受け入れよう。それがこのキンゼイのメッセージであり、この映画の作り手たちが共感しているメッセージなのかもしれません。
解放軍2003さん [映画館(字幕)] 8点(2005-09-01 09:11:47)
1.無修正という事が少し話題になっているが、その点については全く衝撃を受けるものではないので期待しないように。それよりもエンディングクレジットの際に流れる映像の方がよっぽど刺激的ではないだろうか。
この映画は「性」についてオモシロオカシク描いたイロモノ的な映画ではなく、極めて真剣に真面目に創られている映画であるので誤解しないように。
映画は色々と考えさせられるところもあり、恐らくよい映画なのかもしれないが、どうにも自分にはピントが合わせづらい映画だった。
この映画は、今から50年前「性」という当時はタブーとも言えるテーマに果敢に挑戦した学者の苦難の半生という見方もできる。また、夫婦の愛を描いた作品でもあり、父と子の確執を描いた作品でもあり、「性」と「愛」の違いや、人間の個性についても描いた作品でもある。
しかし、それらを観客に明確なメッセージを込めて、ストレートに伝えるのではなく、かなりボヤッとした感じで描かれているという印象を受ける。
だから観る者が深く深く噛み締めれば、味が出るのかもしれないが、初見ではあまりピンと来るものがなかった。
というのも、自分はノーマルだと思っているからかもしれないが、自分がアブノーマルかもしれないと思っている人は観れば、特別に感じるものがあるかもしれない。
それにしても、例の出し方が上手いなと感じた。かなり危ない10秒オッサンとレズのおばさん、この二人を登場させることにより、キンゼイレポートの功と罪が明確になったように思える。
六本木ソルジャーさん [映画館(字幕)] 5点(2005-08-28 13:47:29)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 18人
平均点数 5.50点
000.00%
100.00%
200.00%
3211.11%
415.56%
5633.33%
6527.78%
7316.67%
815.56%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review1人
2 ストーリー評価 5.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 5.50点 Review2人
4 音楽評価 6.00点 Review1人
5 感泣評価 Review0人
chart

【アカデミー賞 情報】

2004年 77回
助演女優賞ローラ・リニー候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2004年 62回
作品賞(ドラマ部門) 候補(ノミネート) 
主演男優賞(ドラマ部門)リーアム・ニーソン候補(ノミネート) 
助演女優賞ローラ・リニー候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS