THE 有頂天ホテルのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > サ行
 > THE 有頂天ホテル
 > (レビュー・クチコミ)

THE 有頂天ホテル

[ザウチョウテンホテル]
2005年【日】 上映時間:136分
平均点:5.83 / 10(Review 225人) (点数分布表示)
公開開始日(2006-01-14)
ドラマコメディ
新規登録(2005-08-12)【rothschild】さん
タイトル情報更新(2014-12-10)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督三谷幸喜
キャスト役所広司(男優)副支配人(宿泊部長)・新堂平吉
松たか子(女優)客室係・竹本ハナ
佐藤浩市(男優)国会議員・武藤田勝利
香取慎吾(男優)ベルボーイ・只野憲二
篠原涼子(女優)コールガール・ヨーコ
戸田恵子(女優)アシスタントマネージャー・矢部登紀子
生瀬勝久(男優)副支配人(料飲部長)・瀬尾高志
麻生久美子(女優)憲二の幼馴染・小原なおみ
YOU(女優)シンガー・桜チェリー
オダギリジョー(男優)筆耕係・右近
原田美枝子(女優)副支配人の元妻・堀田由美
角野卓造(男優)堀田由美の現在の夫・堀田衛
榎木兵衛(男優)腹話術師・坂田万之丞
寺島進(男優)スパニッシュマジシャン・ホセ河内
浅野和之(男優)武藤田の秘書・神保保
近藤芳正(男優)板東の息子・板東直正
矢島健一(男優)ある業界団体の委員長・荒井
川平慈英(男優)ウェイター・丹下
梶原善(男優)徳川の付き人・尾藤
石井正則(男優)ホテル探偵・蔵人
堀内敬子(女優)客室係・野間睦子
唐沢寿明(男優)芸能プロ社長・赤丸寿一
津川雅彦(男優)会社社長・板東健治
伊東四朗(男優)総支配人
西田敏行(男優)大物演歌歌手・徳川膳武
相島一之(男優)駐車場の誘導係
阿南健治(男優)垂れ幕業者
田中直樹(男優)飯島直介
八木亜希子(女優)飯島民子
高島彩(女優)悲鳴をあげる女性
飯田基祐(男優)バーラウンジのマネージャー
山寺宏一ダブダブの声
清水ミチコホテルの館内放送
脚本三谷幸喜
音楽本間勇輔
撮影山本英夫〔撮影〕
製作亀山千広
東宝
フジテレビ
島谷能成
プロデューサー石原隆〔製作〕(エグゼクティブプロデューサー)
市川南〔製作〕
配給東宝
特殊メイク江川悦子
美術種田陽平
編集上野聡一
照明小野晃
その他IMAGICA(協力)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789101112
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
225. ネタバレ回避を第一に考え、以下レビューします。

 まず、パーティ感というか軽い気持ちで見ることをお勧めします。舞台は12月31日~1月1日にかけてのホテル。視聴する時期も合わせると良いかもしれませんね。

 ホテルに関係する様々な人々が登場。その彼らそれぞれに焦点が当てられ、頻繁に場面が切り替わり、様々な部分で彼らは互いに関係している、といった作り。「リアルな人生色」強め、コメディ色強め、テーマ主張弱め、ドタバタ感強め、群像劇(グランドホテル方式)。

 「ホテルに関係する様々な人々」とはホテルの従業員(支配人、考え方が異なる副支配人2人、客室係、ベルボーイ、筆耕係、等々)、嫌疑をかけられ宿泊している政治家、大物ベテラン歌手、芸能事務所と芸人、ホテル付きの探偵、謎の大富豪とその息子、受賞した鹿の研究者、などなど。これらの人物全てに各個に焦点が当てられ、しかもそれらは様々に絡み合っている。

 描かれるテーマは「人は皆それぞれ色々な人生を送ってきている」「失敗もあれば成功もある」「好きなように生きるべきだ」「人間関係(もっといえば愛)の大切さ」といったようなもの。しかし、テーマ主張自体は強くはない。視点が当てられる登場人物がとにかく多いので、共感できる者もいれば共感できない者もいる。共感とかそんなもん関係なしに眺める視点もまた良し。そんな感じです。

 なんか「豪華キャスト」という触れ込みだったらしいですが、「登場人物がめっちゃ多く、しかもそれぞれに視点が当てられる」という作りのため、「○○さんが観たいから観る!」といった見方をすると逆に後悔するかも。
 役者の演技はやはり個人差アリ。まあ「極端に酷い」という人がいなかったのでそういう意味ではまあ良かったのかも。世界観は完全にホテルなので、ホテルのあの雰囲気が好き~という人には向いてるかも。BGM(テーマ曲)はまあそれなりに良いんですが、BGMが流れる頻度自体は少ない。

 「キャストがこうかだから」という見方も一つの面白さですが、「内容」に焦点を当てて気楽に見た方が良い映画と自分は感じました。陰キャ寄りというよりは陽キャ寄りの作風。大学生カップルとかご家族(ただし年少のお子さんには多分理解できません)で見る際、あるいは年末~年始にかけてのあのちょっとした高揚感がある時期、に見るのが向いてるかな、と思います。もちろん主観です。
53羽の孔雀さん [DVD(邦画)] 8点(2019-09-15 18:29:31)
224.《ネタバレ》 豪華キャストだったというのに、出演者:生瀬勝久~ 阿南健治~ 役所広司~ 戸田恵子~ 大嶋守立~ 保苅圓子~ ってチョット待ってよ 大嶋守立って誰? 保苅圓子って誰? 
ついでに聞くけど、二番目に出て来た 阿南健治って 誰? 
やっと終わったかとエンドロールを眺めていたらば、出演者のクレジットが登場順とやらになっていた。
でもそれが名前の前に垂れ幕業者とかその他もろもろ役名が付いてて、見てて分かり易くて、見てて楽しく最後の最後にまで楽しませてもらえてるということを感じさせてもらえる良い演出になっていた。

松たか子と麻生久美子のツーショットは過去に共演あるのかどうだか知りませんが、なんだか貴重な瞬間を目撃しているかのような気持ちになりました。
3737さん [CS・衛星(邦画)] 3点(2018-10-28 21:25:35)(良:1票)
223.2時間越えの作品だったけど、つまらなくて辛かったです・・。
ごちゃごちゃ雰囲気が鬱陶しいし、まったく笑えません。
へまちさん [インターネット(邦画)] 3点(2018-01-27 11:23:49)
222.有名な映画なので期待したけれど……うーん。
群像劇の多重構造になっているのは面白いけれど,誰にも今ひとつ心惹かれず,ガヤガヤして怒鳴ってヒステリックな人ばかりで,観ていてしんどかった。そうでない人も,基本的に不条理なことを人に要求したりで,人のエゴばかりずっと観せられた気持ちだった。
物事が転がるきっかけも,見栄や嘘ばかりで,全然笑えませんでした。

ギターを背負いながら仕事したり,バンダナをしたまま仕事をしたり,高級ホテルのバーにキャビンアテンダントの服を着て現れたり……これらの不自然さは,舞台だったら面白かったと思う。でもこれは映像作品なので,強引な演出がすごく気になってしまう。

演出がうまくはまっていなくても,物語にやさしさがあふれていれば,面白かったと思うし,
逆に物語が見栄や嘘ばかりでも,演出がはまっていれば面白かったと思います。

フィナーレも,「ああ,フィナーレだなあ」という以上の感想がなかった。
プランクトンさん [地上波(邦画)] 5点(2017-11-27 14:44:09)
221.《ネタバレ》  「グランド・ホテル」形式の作品である以上「出演者が有名人だらけのオールスターキャスト」である事が要求される訳ですが、その点は間違いなくクリアしていましたね。
 (あっ、オダギリジョーだ)(唐沢寿明だ)といった感じに、脇役も見知った顔ばかりなのだから、実に贅沢。
 大晦日を舞台としている事も併せ、お祭り映画としての楽しさが伝わってきました。

 ……ただ、自分としては主人公であるはずの副支配人のエピソードが好みではなかったりして、そこは残念。
 とにかくもう、見栄を張って元妻に嘘を吐く姿が痛々しくて、観ているこっちが恥ずかしくなっちゃうんです。
 映画の最後を締める「おかえりなさいませ」の一言にしても、妙に滑舌が悪いもんだから(いや、これは撮り直せよ)とツッコんじゃったくらい。
 この時点で「好きな映画」とは言えなくなってしまった気がします。

 でも、そこは群像劇の強み。
 複数の登場人物、複数のエピソードが用意されているもんだから、その中から自分好みのものを探す事が出来るようになっており、有難かったですね。
 自分の場合、香取慎吾演じる「夢を諦め、故郷に帰ろうとしている青年」の憲二君がそれに該当し、このキャラクターのお蔭で、最後まで退屈せずに観賞出来た気がします。
 歌手を目指していたという設定の為、終盤で絶対唄う事になるんだろうなと思っていたら、やっぱりそうなるという「お約束」「ベタさ加減」も心地良い。
 ホテルの壁が薄い事が伏線になっており、彼の歌を聴いて、隣室の客が自殺を思い止まる展開になる辺りも良かったです。

 演歌歌手を演じる西田敏行も魅力的だったし、そんな彼に「プロにはなるな」「君程度の歌手は五万といる」と諭され、意気消沈するも、やっぱり夢を諦め切れずに再びギターを手にする憲二君という流れも(そう来なくっちゃ!)という感じ。
 かつて手放したはずのラッキーアイテムが、結局は手元に戻ってくる流れなんかも、非常に綺麗に決まっていたと思います。
 そして何より、周りの人物、かつて夢を叶えられなかった人々が「夢を諦めないで」とエールを送る形になっているのも、実に素晴らしい。
 ここの件だけでも(観て良かったな……)と、しみじみ感じ入りました。

 そんな人々の想いと、叶わなかった夢の数々を背負って、憲二君がラストに熱唱する姿を、是非観たかったのですが……結果的には、YOU演じるチェリーさんに見せ場を奪われた形でしたね。
 この辺りは「群像劇であるがゆえに、色んな人物に見せ場を用意する必要がある」という事が、マイナスに作用してしまった気がします。
 最後をチェリーさんで〆るなら、もっと事前に「歌に対する彼女の想い」を描いておくべきだったと思いますし、そういった積み重ねが足りていないから、ラストに彼女が唄ってもカタルシスが無い。
 逆に「歌に対する想い」が濃密に描かれていた憲二君に関しては「もう充分に見せ場を与えたから」とばかりにクライマックスで唄ってくれないので、結果的に両者ともに浮かばれない形になっているんです。
 いっそ最初はチェリーさんが単独で唄い、途中から憲二君がギターを弾きつつ参加して合唱する流れにしても良かったんじゃないかと思うんですが、どうなんでしょう。

 どちらかといえば全十二話くらいのテレビドラマ向きの題材じゃないか、とも思えたので、そちらのバージョンをアレコレ妄想してみるのも楽しそうです。
ゆきさん [DVD(邦画)] 6点(2017-11-01 09:21:43)
220.パズルのような面白さです。大きな感動はありませんが、飽きずに見れました。
Donatelloさん [DVD(邦画)] 8点(2017-07-20 17:32:29)(良:1票)
219.《ネタバレ》 角野卓造氏がとんでもない役柄で、切れまくりでしたね。
崖っぷちダメオヤジぶりには爆笑させられました。
恥ずかしい動画を撮られてしまい、携帯に保存されているのを知り
必死に奪還を図るそのナリフリかまわない様。
奪還成功し、携帯をへし折って足で踏み付けた後の狂気乱舞で
笑いが止まりませんでした。
松たか子の、人違いエピソードでの中国人の振りをしたセリフにも
自分、飲んでいたビールを噴出してしまいました。
タルイ部分もありますが、この映画、愛嬌があって許してしまう・・
マネージャー・矢部さんの援護射撃が凄い。こんな人居たら惚れてしまいそう
グルコサミンSさん [DVD(字幕)] 8点(2016-04-06 19:31:36)
218.《ネタバレ》 見始めて1時間ぐらいして自分が殆ど笑っていない事に気付かされ、ラストまでそのような状態が続いてしまった事は残念でした。
大きなどんでん返しや、エピソードや登場人物の多さに比べてそれらのお互いの絡みもそれ程無かったのでストーリーではなくて状況や各人の関係性で笑わせるのかと思いきや、そうでも有りませんでした。
生瀬さんや西田さん、伊東さん等コメディに強い俳優さんが出てくるシーンでもそれぞれの設定の制約に彼等の個の力が抑え込まれてしまっていた印象を受けました。

また、本作で決定的に欠如していたのが緊張感だと思います。
全体として登場人物の心境には余り入り込まずにあくまで状況を描いている客観的な演出なので、筆耕係の右近がカウントダウンパーティー迄に『謹賀新年』を書き終えるか、ダブダブが見つかるか等のタイムリミットを課せられたものや、ハナがなおみではない事や新堂の元妻に対する嘘がバレるかどうか等の要所々々でそうした緊張感が感じられない為に作品にメリハリが無くなり、コメディタッチで描かれているだけでコメディと言える程面白いものにはならずに盛り上がりの乏しい単なる緩い作品になってしまったと思います。

グランドホテル形式、長回し、只野の三種の神器や灰皿等のプロップの使い方等、三谷監督は映画の仕組みや仕掛けの方法論に拘る事に執着し過ぎて作品自体の押さえどころがずれている様に見えてしまいます。
一方、有名な俳優を多用したり局アナ等のカメオ的な起用による話題性の作り方や、テレビを中心としたマスメディアでの効果的な宣伝は本当に上手だという印象で、そういう意味では内容の良し悪しとは別に、確実に売れる作品を作る方法を知っている監督だと思いました。
しってるねこのちさん [地上波(邦画)] 4点(2015-12-13 23:33:21)
217.笑える小ネタは少しありましたが全体的にうるさすぎて、ちょっと落ち着かないです。
HRM36さん [インターネット(字幕)] 4点(2015-11-02 10:56:38)
216.《ネタバレ》 この監督は、舞台は良いかもしれないが、そのテイストをそのままテレビ、映画に持ち込んでしまう。
演出が完全に舞台のそれ。邦画がテレビの続編の為の媒体に成り下がってしまっている昨今、舞台やテレビシリーズのファンは獲得できるだろうが、正直映画でやられても、内輪ウケの同人作品にしか思えない。正直寒い。
夜光華さん [DVD(邦画)] 2点(2015-08-17 12:01:35)
215.《ネタバレ》 このテンポで見せてくれる日本映画は
なかなかないですね。

それにしてもヨーコが可愛い。
初めて篠原涼子の
色気と可愛さに気付かされた映画でもあります。
こっちゃんさん [DVD(邦画)] 7点(2015-06-09 21:34:57)
214.だんだん辻褄が合っていってなかなか楽しめた。でもやっぱり香取慎吾の演技は苦手なんだなぁ。
movie海馬さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2015-02-19 21:38:13)
213.大晦日のホテルを舞台とした群像劇だが、完全に自己模倣に陥っており、見るに耐えない。ひたすらお寒いギャグの繰り返しでしかなく、『ラヂオの時間』にはあった緊張が、ここでは完全に失せている。
野良猫さん [DVD(邦画)] 3点(2014-09-07 22:40:02)
212.もっともっと楽しませてくれると思ったけどなぁ。
miumichimiaさん [DVD(邦画)] 7点(2014-08-13 22:17:35)
211.アドリブの利く空間や演出でこそ活きるような脚本ではないでしょうか?有頂天ですね。
Junkerさん [DVD(邦画)] 3点(2014-06-21 17:21:10)
210.《ネタバレ》 正直なところ、ヒト・時間を注ぎ込んだ割に面白みは薄かったです。
これだけのキャストを使っているにもかかわらず、広く浅くで時間も長い。
高級食材を使ったメニューを長時間待たされた挙句、出てきたものが野菜炒めだったというくらい贅沢な割に浅い。
それでも、なんだかんだ何回も見てしまうどこか憎めない作品。
これも大みそかの何でも許せる雰囲気のせいかもしれません。
ただ、せめて最後は総動員で豪華に締めてほしかったです。
あまりにも当たり障りなく終わりすぎ。
主役を張れる俳優をそっちのけにして、本筋であまり目立たなかったYOUで締めはない…と思いました。
牛若丸さん [DVD(邦画)] 7点(2014-06-20 23:15:03)(良:1票)
209.こうキチンと娯楽を提供する能力を評価したい。大団円に至る心地よさ。「やり直す・生まれ変わる」といった取敢えずの前向きなテーマがあって、人間の出入りという映画自体のモチーフを上滑りさせない。この「取敢えずのテーマ」ってのが、映画の後味ではけっこう大事で、映画の味わいは「純粋」に煮詰めないほうがいいところもあるようだ。映画が芸術でありつつ娯楽であってきた来歴があるわけで、純粋に煮詰める派がある一方、娯楽を提供する職人でもあり続けてきた。そこらへんが「映画」の足腰の強さになってるのではないか。その二派がきれいに分離できないところがいいんだ、映画って。盗んだスチュワーデスの制服着てロビーをうろつくか、といった素朴な疑問を持ってもいい、伊東四朗・西田敏行がちゃんと使い切れていない、という不満を持ってもいい。それでも最後にニンマリできたら監督の勝ち。
なんのかんのさん [DVD(邦画)] 7点(2013-11-08 09:48:40)(良:2票)
208.最初は無関係だったいろいろなパーツが徐々に絡まり始め、最後はひとつにまとまってめでたしめでたし・・・という、三谷幸喜お得意のパターン。これ、舞台で観たら面白いでしょうねぇ。ただ、今回はちょっといろんな人物を登場させ過ぎて、これといった落としどころがなかったような印象でした。それにもうちょっと尺を縮めた方が良かったのでは?でも気楽に楽しみたい時にはピッタリの映画だと思います。
ramoさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2013-08-17 18:39:49)
207.《ネタバレ》 登場人物が多く、複数のエピソードが並行して進行する。
その複数のエピソードが交錯しながら、ラストに向かって収束していくのは、さすが三谷幸喜の脚本だ。
キャラが個性的で、小ネタは随所に入っていて、セリフもウィットに富んでいる。
新堂副支配人のトンチンカンな鹿のスピーチは見もの。
ただ、大人数のせいかストーリーを深めきれずに全体に散漫な印象になってしまった。

ラストはすべてのパーツがうまくいっての大円団となるわけだが、そうなるには当然のように予定調和が見られるのでそこに感動はない。
ライトコメディとして気楽に楽しめるけれど、後にはほとんど残らない映画。
あの時の雑談は楽しかったけど、さて何を話してたっけ?というのに近い感覚。
飛鳥さん [DVD(邦画)] 6点(2013-06-14 23:20:23)(良:1票)
206.三谷幸喜監督の映画が苦手だ、ということを教えてくれた映画。
 
おもしろい展開なんだろうけど、素直に笑えない。
頭でっかちな笑いなのかな。
映画ってやつは、こうすればおもしろいだろう?というような??
道徳の授業の時に道徳の教科書を読まされてる気分とでもいうのか、悪いとは思わないけど、苦手だ。
 
まぁ、好きな人にはたまらないベタの連続だという気もする。
好きな人なら何度観ても笑える三谷ワールド、というやつだろうか。
 
映画のつくりはエログロなしでしっかりしてるから、ファミリーとかでほのぼのと観るといい映画。
おでんの卵さん [DVD(邦画)] 5点(2013-05-02 02:22:11)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789101112
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 225人
平均点数 5.83点
020.89%
141.78%
2104.44%
3177.56%
4208.89%
53515.56%
64620.44%
74218.67%
83415.11%
9114.89%
1041.78%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.52点 Review21人
2 ストーリー評価 5.46点 Review32人
3 鑑賞後の後味 5.93点 Review29人
4 音楽評価 5.79点 Review24人
5 感泣評価 3.36点 Review19人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS