大逆転(1983)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > タ行
 > 大逆転(1983)
 > (レビュー・クチコミ)

大逆転(1983)

[ダイギャクテン]
Trading Places
1983年【米】 上映時間:117分
平均点:6.45 / 10(Review 86人) (点数分布表示)
公開開始日(1983-12-10)
コメディ
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2020-10-12)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョン・ランディス
助監督ジョージ・フォルシー・Jr〔編集〕(第二班監督)
キャストダン・エイクロイド(男優)ルイス・ウィンソープ
エディ・マーフィ(男優)ビリー・バレンタイン
デンホルム・エリオット(男優)コールマン
ラルフ・ベラミー(男優)ランドルフ・デューク
ジェイミー・リー・カーティス(女優)オフェーリア
ドン・アメチー(男優)モーティマー・デューク
ジョン・ベルーシ(男優)ハーヴェイ
フィリップ・ボスコ(男優)ドクター
ジャンカルロ・エスポジート(男優)囚人
ニコラス・ゲスト(男優)
フランク・オズ(男優)警官
アル・フランケン(男優)
ポール・グリーソン〔男優〕(男優)クラレンス
ビル・コッブス(男優)
安原義人ルイス・ウィンソープ(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
下條アトムビリー・バレンタイン(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
戸田恵子オフェーリア(日本語吹き替え版【フジテレビ/日本テレビ】)
久米明ランドルフ・デューク(日本語吹き替え版【フジテレビ/日本テレビ】)
穂積隆信コールマン(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
加藤和夫【俳優】モーティマー・デューク(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
小川真司〔声優・男優〕クラレンス(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
井上喜久子(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
広川太一郎ルイス・ウィンソープ(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
富山敬ビリー・バレンタイン(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
内田稔モーティマー・デューク(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
富田耕生コールマン(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
小林修クラレンス(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
榊原良子(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
牛山茂ルイス・ウィンソープ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
山寺宏一ビリー・バレンタイン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
勝生真沙子オフェーリア(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
石森達幸ランドルフ・デューク(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
大木民夫モーティマー・デューク(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
阪脩コールマン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
羽佐間道夫クラレンス(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
日野由利加(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
脚本ティモシー・ハリス〔脚本〕
ハーシェル・ワイングロッド
音楽エルマー・バーンスタイン
撮影ロバート・ペインター
ディック・クラティナ(カメラ・オペレーター)
製作パラマウント・ピクチャーズ
製作総指揮ジョージ・フォルシー・Jr〔編集〕
配給CIC
美術ジョージ・デ・ティッタ・Jr(セット装飾)
衣装デボラ・ナドールマン
ゲイリー・ジョーンズ[衣装](衣装アシスタント)
編集マルコム・キャンベル[編集]
録音ロバート・ニュードスン
チャールズ・L・キャンベル
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
86.エディ・マーフィーの2作目の映画。
この映画を観て彼の次の映画をいつも楽しみに待っていたものだ。
70年代、80年代は、この映画のような
単純でテンポが良い楽しめる映画が多かったな。
久しぶりに観たが、
掛け金1ドルが復讐心を煽るのに
とても効いていたんだなと改めて思った。
プエルトガレラさん [ビデオ(字幕)] 7点(2020-10-08 23:07:18)
85.《ネタバレ》 久々に観ました。(恐らく20年ぶりくらい)
古臭くなったのは仕方ないところ
でも、勧善懲悪復讐もの映画が好きな私としては、本作はやはり面白い
テンポ良く進み、ストーリー・脚本も良好
エディ・マーフィーほかの配役もピッタリ

まぁ、ツッコミどころも有りますが
いくらなんでも、ぬいぐるみのゴリラと本物は見わけがつくし、エディ・マーフィーにあれだけの商才が有るのなら、再びルンペンに戻そうなどと、強欲じいさん達考えないし‥‥でも、コメディだからいいか

ヒロインのジェイミー・リー・カーティスの両親は、何とトニー・カーティスとジャネット・リーなんですね。
折角、家族で楽しめる映画なので、ヒロインのオッパイは要らなかったです。
TerenParenさん [インターネット(字幕)] 7点(2019-07-20 17:27:51)
84.人生の入れ替わりドラマはいいんですが、コメディとはいえ殆ど犯罪のような陥れ方に違和感大。さらに後半からの仕掛人への復讐劇も本来なら盛り上がるはずなのにあまりのお粗末さにがっかり。
ProPaceさん [地上波(吹替)] 5点(2019-05-07 22:52:46)
83.《ネタバレ》 ストーリーは単純で面白い。ただ、エディのスピーディなセリフ回し・動きが、現代的に見せている。ラストのどんでん返しで、封切り時に劇場内から拍手が起こった楽しい記憶があるので、プラス1点。
にけさん [映画館(字幕)] 8点(2019-01-24 14:29:53)
82.《ネタバレ》 シンプルかつ明瞭で深く考える必要はない。相場を完全に読み切ったり操ることができれば笑いが止まらないでしょうね。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2017-05-19 04:43:57)
81.《ネタバレ》 ○さすがに序盤のダン・エイクロイドがかわいそうすぎる。デューイ兄弟があの額損失したら割に合うかもしれないが、画的に地味。見た目的にもっとやるべき。○というか奥さん帰って来てないし。味方してくれなかった人も主人公側についてくれたなら良いが、それも描かれないのは観客側への配慮が少ないかな。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2017-05-13 22:10:15)
80.《ネタバレ》 絵に描いたようなハリウッド的ハッピーエンド。
今見ると逆に新鮮か。
80年代という空気感が漂う映画なんで初見でもどこか懐かしい。
たんたかたんさん [インターネット(字幕)] 6点(2017-02-17 21:42:48)
79.まあ、それなりに楽しめるかな。可もなく不可もなくって感じ。オフェーリアのナイスバディだけが印象に残っている。
イサオマンさん [地上波(吹替)] 5点(2016-03-28 22:52:59)
78.さすがに今観ると古臭いが、なかなか楽しめた。
出来れば広川太一郎バージョンで観たいなあ。
ガブ:ポッシブルさん [地上波(吹替)] 6点(2015-12-13 20:45:40)
77.エディ・マーフィの存在感が凄い。
入れ替わりからの復讐、というコメディとして楽しめるが、裏テーマとしては資本主義の怖さ・残酷さを描いていると感じた。
Sugarbetterさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-10-24 19:10:48)
76.《ネタバレ》 当時の「笑い」の最先端を走っていたのがジョン・ランディスだったと思っています。役者に変な芝居をやらせて、それを客観視点の引き絵で撮る。エディ・マーフィが帰還兵のフリをして警官と揉めるシーンなどです。監督がカメラの手前からそれを楽しんでいるような姿勢を感じ、一緒に楽しみましょうと言ってるようです。デューク兄弟が業務内容を説明するシーンでは、兄弟が飛ばした寒いジョークを聞いたエディ・マーフィが一瞬カメラに視線を合わせませす。スクリーンに対している観客に「あんた、今のどう思う?」と伺っている訳で、鑑賞側を映画の中に引きずりこんだ演出が斬新でした。従来までの枠に囚われない手法を色々と試みているようでした。ジョン・ランディスがマイケル・ジャクソンの「スリラー」を演出したのもこの頃で、ゾンビメイクのマイケルをスタイリッシュに踊らせるあたりに共通項を覚えます。
本作は「ブルース・ブラザース」ほどぶっ飛んではいないものの、随所にこの監督らしさが見られて楽しめました。
余談。公開時のパンフレットに書かれていたことです。デューク兄弟を演じたベテランのお二人は、合わせて98本目の映画出演でした。「48時間」に続いて2本目の出演だったエディ・マーフィは「じゃあ、3人で100本目の記念作品だ」と言ったらしいです。その後の成功を予感させる切れ味の良いジョークでした。
アンドレ・タカシさん [映画館(字幕)] 6点(2013-06-09 02:38:25)(良:1票)
75.当時見れば高い評価をしたと思うが、30年の時代には耐えられないつくりだ。
みんな嫌いさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2013-05-30 14:34:22)
74.《ネタバレ》 地上波ロードショーでもよくやっていた作品なので、何度か見ていますが、やっぱり面白い映画ですね。簡潔にして分かりやすい邦題もお見事、何とも鮮やかな大逆転です。

ジョン・ランディス監督に主演のダン・エイクロイドとエディ・マーフィーにジェイミー・リーカーティス、更には俳優でご出演のフランク・オズまでが顔を揃えた陽気なアメリカン・コメディ。この辺の顔ぶれが大好きな僕にとっては、ついでにスティーブ・マーティンも加えてくれよ!と思ったりもする作品です。

金持ちのデューク兄弟、ちょっと悪ふざけが過ぎましたかね。人の人生をおもちゃにしてはいけません。最後はこの兄弟にしっかり天罰が下ります。こういう映画はこの部分がすごく大事だと思います。その為には少々展開に無理があっても全然OKです。最後は2人を元の鞘に納めるどころか、それ以上の爽快な結末。この頃から勢いが出てきたエディ・マーフィーの良さがとてもよく出ているコメディです。
とらやさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-05-27 21:10:04)
73.面白くて何回も観た作品。脚本とキャストとの相性がとても良いのでしょう。吹き替え版も秀逸。
nojiさん [地上波(吹替)] 8点(2013-05-03 23:51:59)
72.《ネタバレ》  タイトルがわかりやすくて好きです。
 ウィンソープとビリーの人生を逆転させたという意味にも取れるし、マッドな老人二人に、若者二人が逆転勝利するという意味にも取れるところが、また良いのではないかと。
 一人の若者のサクセスストーリー。
 一人の若者の転落人生。
 最後は仕掛け人たちへの仕返し。
 3つの物語をひとつにまとめ、完成度の高いエンターテイメントに仕上げた、とても良質なコメディだと思います。
 最後は爽快感のある終わりかた。
 プロセスに多少強引なところはありますが、そういったことが気にならないタイプの映画で、純粋に楽しむことができました。
 (掛け金の金額設定はベスト!すばらしいセンスだと思います。)
たきたてさん [DVD(字幕)] 7点(2012-12-06 11:34:40)
71.《ネタバレ》 金と権力を持て余した老人とゴリラほど恐ろしいものはない。
たいがーさん [DVD(字幕)] 4点(2012-08-08 15:36:39)
70.コメディータッチのストーリー映画だが、シナリオがよく練られていて中々面白い。
邦題通りの展開で、鑑賞後にスカッとするような心地よさを与えてくれる。
エディ・マーフィはこの時はまだ二番手扱いだが、主役のダン・エイクロイドを喰う
小気味いい演技を見せてくれた。お薦めのストーリーコメディー。
MAHITOさん [ビデオ(字幕)] 6点(2011-09-24 11:01:47)
69.素直に面白いと思えます。「いやゴリラは気づけよ」って誰もが思うはず。
Balrogさん [DVD(字幕)] 6点(2011-02-18 23:47:16)
68.なんだかんだうまくいくストーリがよい。
たこちゅうさん [DVD(字幕)] 6点(2010-12-12 00:07:33)
67.《ネタバレ》 金持ちおじいさん兄弟が、そもそも何であんな事したかったのか?とか色々、浅いとは思いますがナイスキャラがたくさん出てきて普通に楽しめました。 (私は勝手にこれも刑事モノだと勝手に思い込んでました・・・(笑))
よりさん [DVD(字幕)] 5点(2010-10-31 00:08:09)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 86人
平均点数 6.45点
000.00%
100.00%
211.16%
333.49%
444.65%
589.30%
62427.91%
73034.88%
81112.79%
944.65%
1011.16%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.40点 Review5人
2 ストーリー評価 6.80点 Review5人
3 鑑賞後の後味 7.80点 Review5人
4 音楽評価 5.00点 Review4人
5 感泣評価 5.33点 Review3人
chart

【アカデミー賞 情報】

1983年 56回
作曲賞(ドラマ)エルマー・バーンスタイン候補(ノミネート)歌曲・編曲賞

【ゴールデングローブ賞 情報】

1983年 41回
作品賞(ミュージカル・コメディ部門) 候補(ノミネート) 
主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)エディ・マーフィ候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS