ウェス・クレイヴン’s カースドのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ウ行
 > ウェス・クレイヴン’s カースド
 > (レビュー・クチコミ)

ウェス・クレイヴン’s カースド

[ウェスクレイヴンズカースド]
(カースド/狼の刻印)
Cursed
2005年【米・独】 上映時間:97分
平均点:5.26 / 10(Review 19人) (点数分布表示)
公開開始日(2006-03-18)
ホラーサスペンスモンスター映画
新規登録(2005-10-27)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2019-03-21)【たろさ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ウェス・クレイヴン
助監督パトリック・ルシエ(第二班監督)
リック・エイヴリー(第二班監督)
ニコラス・マスタンドレア
演出アンディ・チェン〔スタント〕(アクション・コーディネーター)
キャストクリスティーナ・リッチ(女優)エリー
ジョシュア・ジャクソン(男優)ジェイク
ジェシー・アイゼンバーグ(男優)ジミー・マイヤー
ジュディ・グリア(女優)ジョニー
スコット・バイオ(男優)スコット・バイオ
シャノン・エリザベス(女優)ベッキー・モートン
ポーシャ・デ・ロッシ(女優)占い師ジーラ
マイケル・ローゼンバウム(男優)カイル
マイロ・ヴィンティミリア(男優)ボー
マイア(女優)ジェニー
デレク・ミアーズ(男優)狼男
グレゴリー・ニコテロ(男優)ドラキュラの桶を押す男(ノンクレジット)
志村知幸ジェイク(日本語吹き替え版)
弓場沙織ジョアニー(日本語吹き替え版)
脚本ケヴィン・ウィリアムソン
音楽マルコ・ベルトラミ
撮影ロバート・マクラクラン
トム・プリーストリー・Jr(第二班撮影監督)
製作ケヴィン・ウィリアムソン
ミラマックス
マリアンヌ・マッダレーナ
ディメンション・フィルムズ
製作総指揮アンドリュー・ローナ
スチュアート・M・ベッサー(共同製作総指揮)
ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
ブラッド・ウェストン[製作]
配給ギャガ・コミュニケーションズ
特殊メイクリック・ベイカー[メイク]
K.N.B. EFX Group Inc.
グレゴリー・ニコテロ
ハワード・バーガー
ジェイク・ガーバー(ノンクレジット)
パトリック・タトポロス(クリーチャー[ノンクレジット])
特撮ソニー・ピクチャーズ・イメージワークス(視覚効果)
ジェイミソン・スコット・ゴエイ(視覚効果スーパーバイザー)
美術クリス・コーンウェル(プロダクション・デザイン)
パトリック・タトポロス(クリーチャー・デザイン)
ブルース・アラン・ミラー(プロダクション・デザイン)
アンドリュー・マックス・カーン(美術監督)
振付ジェイク・ガーバー(操演)
編集パトリック・ルシエ
動物ジッパー
その他ルー・アーコフ(クリエイティブ・コンサルタント)
スチュアート・M・ベッサー(ユニット・プロダクション・マネージャー)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
19.《ネタバレ》  予想に反してかなり面白かったです。
 序盤の事故のつかみは完璧。崖から転落する車。車の中から女性を助け出す。これだけでもスリリングな展開なのに、何かを察知し怯えるクリスティーナ・リッチ。雰囲気作りが大変良いですね。助かったと思いきや『何か』に車の中から引きずり出されて引き裂かれる女性。体を真っ二つにされてもはいずる様子がいささかショッキング。この辺の描写は気合が入っています。
 ストーリーもなかなか面白くて、エリーとジミーが少しずつ変化していく様子が楽しい。
 エリーのターンは完全ホラー。ジミーはちょっとテイストが違って、もともとが『いじめられっ子』シチュエーションだったので、ある意味スーパーマン的演出あり。後半になればなるほど、ホラー的雰囲気がなりを潜め、コメディタッチが多くなります。
 『狼男のベースは誰だ?』的なミステリー・サスペンスの様相が一転、元凶がわかってからはアクションコメディのノリ。よく考えると前半とのギャップがなかなか凄いんだけど、そこまで不自然に感じないのは映画のつくりが上手いのでしょうか。
 飼い犬までウルフ化するなど、隅々まで手抜きが無く、テンポが良く、緩急があって最後まで楽しめます。
 個人的には今まで見た『狼男映画』の中では一番面白かったです。
たきたてさん [DVD(字幕)] 8点(2018-04-21 14:59:33)
18.まあ、そこそこオーソドックスな作りのライカントゥロープ物で、しかもウェス・クレイブンとくれば、さすがに「なんじゃ、こりゃ?!」みたいな失望感は無い。安心して観ていられる。そう、お茶すすって煎餅食いながら鼻歌まじりで。
だが、しかし……。それこそが問題なのよ。これ、ホラーだよ? ホラーなのにまったく怖くない。さらにこれ2005年の映画でしょ、だったらもう少し工夫が欲しいところ。
しかもクリスティーナ・リッチの使い方が何とも勿体ない! あのヘアメイクは何だ?! ちんぺいチャンとタメが張れそうな彼女のデコを強調してどうする?! そしてあの巨大な胸は一切スルーかよ! クレイブンともあろう者が、このB級ホラーにあるまじき健全さは何だ?!
この手のB級ホラーはアメリカじゃ高校生のデート映画なわけですよ。でもね、これじゃあ付き合いの長い彼女とアレやコレやの合間に横目でチラ観で精々だな。これから口説こうというコ相手だったら、まだMJの『スリラー』のPV方がドキドキ出来るわ。
まあ、まとまりの良さに免じて4点差し上げますが、B級ホラー映画としての出来は3点。
TERRAさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2017-10-28 03:05:11)
17.人狼に襲われた人も人狼となってしまう、とか、人狼は銀がニガテとか、お約束事にこだわるのが定番ホラーの楽しさ。しかしまさか、犬までが人狼(?)になるなんて、アホ過ぎますね。CG使えば変身シーンなんてお手のもの、本作でも盛大に変身してくれますが、見せるばかりが能じゃない、襲ってくる人狼の足だけが見えてる場面とか、エレベーターのドアの隙間から外の様子を窺う場面とか、やっぱり基本に忠実。意味があるのやら無いのやらよくわからない、登場人物たちの人間模様の描写なんかも、雰囲気作りに一役買ってるのですが、これは別に無意味な雰囲気作りだけではなくって、本作の「犯人探し」のオハナシのためでもあるのでした。犯人探しとはすなわち、「私たちを人狼にしたのはいったい誰?」という趣向。ま、これも意外な犯人云々というよりは、単にクライマックスを引き延ばすためのギミックなんですけれども。これぞ、安心して楽しめるサスペンスホラー。って、安心してどうすんだ。
鱗歌さん [DVD(字幕)] 8点(2015-01-05 20:13:46)(良:1票)
16.俳優の降板、脚本の度重なる改訂など、現場の混乱がそのまま映画の出来に反映されてしまっている無残な作品。狼男伝説というこの上なく魅力的な題材を用い、ハリウッド資本を投入し、ウェス・クレイヴンという大家を起用しながら、こんなNHK教育で流される夏休みドラマみたいな出来で良いのだろうか。
野良猫さん [DVD(吹替)] 2点(2014-09-17 19:20:07)
15.ただの駄作かと思ったらそこそこ遊び心のあるB級だった
spputnさん [地上波(吹替)] 6点(2012-06-05 21:04:08)
14.《ネタバレ》 狼男がメインのストーリーですが途中で二転三転させたり、ひねりを入れている所は良かった。クリスティーナ・リッチにホラーは本当にぴったりです。最後まであえて主人公を変身させなかった所も良かったです。
civiさん [地上波(吹替)] 5点(2012-06-05 15:41:32)
13.《ネタバレ》 ウェス・クレイヴンの映画にしちゃ普通すぎ。ホラー顔なクリスティーナ・リッチを主演に持ってきたのも無難だし狼人間を題材にするにもいいけど出てきたら出てきたで熊と狼を足して2でわったような微妙なクリーチャーなんでなぁ・・。同じ特殊メイク会社がやってんだし、「ドッペルゲンガー/憎悪の化身」のクライマックスぐらいに派手に出来んかったん?たまにでてくるCGに妙な違和感を感じずにはいられなかったんですが序盤のリッチの夢オチの際に出てきた首噛み付きシーン、あの血の量は「エルム街の悪夢」のジョニー・デップ殺害シーンを意識したに違いない!!
M・R・サイケデリコンさん [地上波(吹替)] 4点(2011-06-16 00:38:56)
12.《ネタバレ》 「ソーシャル・ネットワーク」で知名度が上がりました、ジェシー・アイゼンバーグの主演作品。私はジェシーと共に主演のクリスティーナ・リッチのファンなので、十分楽しめました。ウェス・クレイヴンの監督作だけあって、ホラーの基本は全て抑えていて、安心して見れます。B級映画はCGやメイクの甘さが目立ちますが、本作は違和感あまり感じなかったですね。それに狼女って予想外で、特にジュディ・グリアの狼女はなかなかリアルで怖かったです。ホラーの基本を押さえながらもハッピーエンドで幕を閉じているところが、後味が良くて私には嬉しいところです。評価はいまいちの」ようですが、個人的にはオススメ作品☆
マーク・ハントさん [地上波(吹替)] 9点(2011-03-21 22:39:17)(良:1票)
11.クリスティーナ・リッチの露出には期待しないように。コメディの要素もあり、たまにグロい描写がありますが、狼男ものが好きな人は是非。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 5点(2011-03-21 11:09:41)
10.《ネタバレ》 呪いの映画からゾンビ映画に変わっていったのは残念。
たこちゅうさん [地上波(吹替)] 5点(2011-03-19 23:16:23)
9.《ネタバレ》 前半はそれなりに楽しめましたが、後半は結局銃撃戦&肉弾戦になってしまいました。クリスティーナ・リッチの意外な可愛さに+1点。今までほかの作品ではそう思ったことはなかったのですが。
Oliasさん [地上波(吹替)] 3点(2011-03-19 00:51:46)
8.《ネタバレ》 ウェス・クレイヴン版の狼人間もの。舞台はハリウッドのTV業界で、楽屋落ち風のネタも盛り込んでいます。「正々堂々と勝負しようだって? ここはハリウッドよ!」なんてセリフには笑わせていただきました。結構グロ描写もありますが、『スクリーム』系のプロットでいかにも安っぽい仕上がりになってしまいました。それにしても、あの変身シーンはひどかった。そして狼人間がちっとも迫力がないのが致命傷。C・リッチの熱演にプラス2点としておきましょう。
S&Sさん [DVD(字幕)] 5点(2010-03-14 02:26:03)
7.ただ薄っぺらい印象でした。ただ流しておくにはいいかもしれません。
色鉛筆さん [地上波(字幕)] 3点(2009-03-07 11:38:40)
6.狼女の変身シーンはなかなかです。変身した後、超絶バトルを繰り広げてほしかったなぁ。
真尋さん [DVD(吹替)] 5点(2007-10-18 22:05:55)
5.姉弟が自分たちに呪いをかけた狼男と戦うサスペンスホラー。所々にコメディー入ってます。で、お決まりの青春映画、いじめられっこの学生が狼男の力でみんなをあっと驚かせるってゆー展開も入ってます。つまり80年代の香りがプンプンする映画でした。狼男が暴れる後半も映像的には予定通りの、若干、出し惜しみな感じはしますけど、B級ならこんなもんじゃないでしょうか。ストーリーはほんと普通。ただ、リッチさんは相変わらず魅力的です。彼女がヒロインのおかげで、映画は退屈しなっかったです。他の女優さんなら、途中で寝てたかも。彼女は今回は露出は少なめですけど、なんか演技してるだけで、集中して観てしまいます。これは彼女の呪いか?
なにわ君さん [DVD(字幕)] 5点(2007-09-01 16:57:42)(良:1票)
4.《ネタバレ》 物語中盤まではすごく良い展開でしたが、終盤があまりにあっけなく期待外な終わり方でちょっと物足りない感じ。期待外というのもいくつかあって、呪いの主が予想通りといえばそうなのだが、さらに黒幕がいそうな点に注力させておいて何もなかったり、同僚の狼女の役割も中途半端だったり、最もたるは、やっぱりクリスティーナ・リッチの変身姿を拝みたかった・・・。でも、変身シーンはよくできているほうだと思います。
シネマブルクさん [DVD(字幕)] 4点(2007-08-27 20:27:38)
3.主人公のクリスティーナ・リッチは冷静に見るととても神秘的な顔をしていますね、デコも相変わらずスゴイけど顔が妙に動物っぽくて、エジプトあたりで似たような猫の置物が売っていそうです(笑)。本作を観た印象は得はしてないけど損もしてない感じでした、ただ監督のウェス・クレイヴンはホラー映画のツボを良く知っているなとは思いました。
眼力王さん [DVD(字幕)] 5点(2007-06-24 21:54:42)
2.遊園地の占いコーナーで不吉な予言を受ける女性。映画の冒頭、慌ただしく、性急な画面展開の中で、そのシーンは綴られるのだが、彼女が遊園地を離れその駐車場へと向かう時、先ほどの喧噪とはうってかわった落ち着いた1ショットが登場する。不安げな表情を浮かべ、髪が風でなびき、遊園地の喧噪がかすかに聞こえる。別にたいしたショットではないのに、ああ映画を見てるなぁという気にさせるのは何故だろう。■例えば、崖下に墜落した車に近づくクリスティーナ・リッチを捉えたロングショットや、鼻をクンクン言わせながら歩くリッチのトラックバック、あるいは身体の異状に怯えトイレに駆け込んだ彼女とその友人を捉えた不安定な俯瞰ショット。■こういうアクションを撮るときはこういうカメラポジションであるべきだ、という明確なスタンスを持っているわけではなく、たまたまこういうポジションになってしまった的な、さり気ない風情。「風」吹かせたほうがいいか、というスタッフの好意。なんだかわかんないけど、くにやくにゃ演じてみるか、演出してみるか、なリッチとクレイブン。つまり、いろんなことがいい方向に走りました、みたいな、謙虚でささやかだけれど大切な何かにこの映画はあふれてる、と思うのだがどうか。■ミステリー色、コメディ色、青春色は支離滅裂だし、クライマックスの蝋人形クラブ(?)は実に非映画的な空間だし、リッチは一体何の仕事してるの?とか、なんか行き当たりばったりな映画よのぉ、とは思うんだけど、ああ、実に腹八分目、いい気分で映画館を出た、満喫。
まぶぜたろうさん [映画館(字幕)] 10点(2006-03-24 23:25:16)
1.《ネタバレ》 お約束もアリ、そつなく出来てますが、浅いカースド(呪い)だった。狼男で売るより呪いの方が売れそうと考えたのかな? いじめっ子のカミングアウトは笑った。好きな子には意地悪したくなるってやつだったようで。それにしてもクリスティーナ・リッチは相変わらず割ったら何か出てきそうなデコしてますねぇ。卵みたい。
ロカホリさん [映画館(字幕)] 4点(2006-03-18 23:15:19)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 19人
平均点数 5.26点
000.00%
100.00%
215.26%
3210.53%
4421.05%
5736.84%
615.26%
700.00%
8210.53%
915.26%
1015.26%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 4.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 3.00点 Review1人
4 音楽評価 5.00点 Review1人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS