黒部の太陽のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ク行
 > 黒部の太陽
 > (レビュー・クチコミ)

黒部の太陽

[クロベノタイヨウ]
1968年【日】 上映時間:196分
平均点:7.09 / 10(Review 33人) (点数分布表示)
ドラマ実話もの小説の映画化
新規登録(2005-10-31)【サラウンダー】さん
タイトル情報更新(2020-01-03)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督熊井啓
キャスト三船敏郎(男優)北川覚(黒四建設事務所・次長)
石原裕次郎(男優)岩岡剛(第三工区・熊谷組岩岡班)
滝沢修〔男優〕(男優)太田垣士郎(関西電力・社長)
志村喬(男優)芦原義重(関西電力・常務取締役)
辰巳柳太郎(男優)岩岡源三(岩岡の父)
高峰三枝子(女優)北川加代(北川の妻)
樫山文枝(女優)北川由紀(北川の長女)
日色ともゑ(女優)北川牧子(北川の次女)
川口晶(女優)北川君子(北川の三女)
宇野重吉(男優)森(第四工区佐藤工業社員)
寺尾聰(男優)森賢一(第四工区佐藤工業社員・森の長男)
北林谷栄(女優)森きく(森の妻)
二谷英明(男優)小田切(第四工区佐藤工業・工事課長)
英原穣二(男優)山口(黒四建設事務所・木工課長)
二木草之助(男優)抗夫
日野道夫(男優)田中(岩岡班抗夫)
玉川伊佐男(男優)佐山(岩岡班・幹部)
紀原土耕(男優)労務者
長尾敏之助(男優)倉沢(黒四建設事務所・代理)
大滝秀治(男優)上条(上条班・班長)
柳永二郎(男優)藤村(第三工区熊谷組・専務)
加藤武(男優)国木田(第一工区間組・所長代理)
芦田伸介(男優)黒崎(黒四建設事務所・建設部部長)
岡田英次(男優)吉野(黒四建設事務所・次長)
佐野周二(男優)平田(黒四建設事務所・所長)
内藤武敏(男優)診療所の医者
下條正巳(男優)神田(岩岡班抗夫)
山内明(男優)塚本(第三工区熊谷組・工事課長)
草薙幸二郎(男優)上手(岩岡班抗夫)
雪丘恵介(男優)漱山(黒四建設事務所・第三区・工区長)
長弘(男優)木内(黒四出張所・技師)
武藤章生(男優)武山(岩岡班抗夫)
信欣三(男優)武本(黒四建設事務所・次長)
佐野浅夫(男優)川村(岩岡班抗夫)
清水将夫(男優)田山(地質学者)
三益愛子(女優)料理屋の女将
鈴木瑞穂(男優)千田(黒四建設事務所・技師)
下川辰平(男優)安部(岩岡班・幹部)
寺田誠(男優)岩岡与一郎(岩岡の兄)
高津住男(男優)大野(第一工区間組・工事課長)
稲垣隆史(男優)テツ(岩岡班抗夫)
庄司永建(男優)大橋(黒四建設事務所・社長秘書)
岡部政明(男優)記者
榎木兵衛(男優)労務者
成瀬昌彦(男優)熊田(大成建設工務部長)
平光淳之助ナレーター
原作木本正次「黒部の太陽」
脚本熊井啓
井手雅人
音楽黛敏郎
作曲フレデリック・ショパン「夜想曲第9番ロ長調作品32-1」
ヨハン・シュトラウス2世「美しく青きドナウ」
撮影金宇満司
製作三船敏郎
石原裕次郎
小林正彦(製作補)
石原プロモーション
配給日活
美術平川透徹
編集丹治睦夫
録音紅谷愃一
その他IMAGICA(現像) 旧社名:東洋現像所
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
33.《ネタバレ》 中学生の時、学校で団体鑑賞した。何やら感動的ではあったが画面がやたら黒っぽくて眠たかったのを記憶している。トンネルが貫通してあれを見よと壁の旗が黒部の風に揺れる場面、どういう訳か、あれを見よ、黒部の太陽(夕日)が見えるぞ、と錯覚していた。その後10年ほど前に再見し、今回3回目の視聴となる。まさに大作である。黒部ダムの建設自体が想像を絶するが、この映画も50年以上前によくぞこんな大作を作ったなと、裕次郎の映画人としての心意気が凝縮されており十分評価に値する。記録映画としても価値があり末永く残したい映画です。ただ一つ、姉の晴れ姿に涙した妹が早世するのが悲しい。
黒部の太陽さん [CS・衛星(邦画)] 9点(2021-03-01 16:37:33)
32.《ネタバレ》 長年見たい映画の一本だった本作をようやく見れたのがまず嬉しい。黒部ダムのトンネル工事を描いた三船と裕次郎の共同プロデュース、初共演の大作映画で、二人の本作にかける思いはじゅうぶん伝わってくるし、上映時間の長さ(3時間超え)やキャストの多さからしてもこれぞ超大作という映画になっている。内容的には正直あまり期待していなかったのだけど、(リアルタイムで映画館で見たという母親は「画面が暗いだけだった。」と言っていた。)見る前の予想よりははるかに面白かったし、時間の長さもあまり気にならずに引き込まれることができたのは良かったと思う。裕次郎が映画館だけで見てもらいたいと言っていた映画なのだけど、確かに工事現場の天井が崩れて大水がくるシーンなどはすごい迫力だし、メインとなる破水帯との戦いもサスペンスフルに描かれていて見ごたえじゅうぶんで、まさに映画館で見る映画とはこういうのを言うのだという感じで、その言葉にも納得。工事と並行して描かれるドラマとしては裕次郎演じる岩岡と父親(辰巳柳太郎)の確執や、三船演じる北川の娘(日色ともゑ)が白血病にかかってしまうエピソードが描かれていて、二つともこの手の映画にはありがちなサブエピソードだと思うものの、岩岡と父親のエピソードは、辰巳柳太郎の味わい深い演技も相まって印象に残り、これがいいアクセントになって厚みを加えていて良かったし、終盤、工事終了直後に娘の訃報を知らされた北川が悲しみを押し殺して工事関係者に感謝のスピーチをするのは素直にカッコイイと思えた。寺尾聰の俳優デビュー作とのことだが、デビュー作にしていきなり早くも実の父である宇野重吉と親子役で共演しているのがなんだか微笑ましい。熊井啓監督と言えばメッセージ性の強い社会派監督で、こういうスター同士の共演を売りにした大作映画とは縁遠い印象だが、どちらかと言えば本作では職人監督に徹している感じが強く、(社会派の側面がまったくないわけじゃないと思うけど。)監督としての器用さを感じられたことが新鮮だった。
イニシャルKさん [DVD(邦画)] 7点(2020-01-03 00:39:34)
31.《ネタバレ》 三船敏郎、石原裕次郎!監督は熊井啓!
この日本映画の全力投球ぶり!
すごいっよね~!

ゼネコン土建屋の現場の凄まじさが分かる。
まるで戦場のような緊迫感。
束ねる人間も半端じゃ務まりっこない。

破砕帯との戦いがメイン。
死闘する現場に、上の者も命がけで打開策を探す。
平成の今はよく知らないが、この頃はトップも猛者が揃ってたんだね。
もうただただ頭が下がります・・
トントさん [DVD(邦画)] 7点(2018-05-03 15:10:51)
30.“ 大作に名作なし! ” が、そのまま当てはまる、本作..ストーリーが、ショボすぎる..トンネル工事の部分は、確かにお金がかかっていて、なかなか頑張ってはいるが..なんせ、三船敏郎、石原裕次郎に関わるエピソードが、陳腐..感動もなければ、共感もない..物語がペラペラで浅い..残念...
コナンが一番さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2017-05-08 11:23:00)
29.《ネタバレ》 一度は辞退を申し出た三船敏郎が、関電社長からいかにも通り一遍の慰留の言葉をかけられただけで早速翻意したり、石原裕次郎が、周囲からのまるで催促するかのようなセリフに乗せられて、破砕帯についての弁舌をふるったり、と、やたら手続き的な脚本が正直、気になるのですが。
それに、命がけでこの難工事に取り組んだ人々の艱難辛苦を描こうとしたであろう作品にもかかわらず、石原裕次郎を中心にしたヒーローものになっちゃってるのにも、違和感はやっぱり感じます。父との対立の場面や、工事が進まないことから現場で突き上げをくらう場面において、周りの状況を音声等で描き、あえて石原裕次郎の表情だけを捉える描写、こういうのも確かにやり方のひとつかも知れないけれど、もうひとつしっくりこない。スターの顔面だけが見せ場じゃないでしょ、時には例えば「背中で語る」ってのも必要でしょうに。終盤、ついに関電トンネルが貫通する瞬間も、大勢の作業員たちを差し置いて、石原裕次郎がおいしくかっさらっていく。そんなんでいいのか~。何も、石原裕次郎がツルハシやらドリルを手に「自分も先頭切って作業してます」みたいなコトしなくてもよくってさ。「私は現場では無力です、だけど・・・」という苦悩の描き方だって、あるはず。こういったあたり、ヒーロー映画の限界でしょうか。
しかし。
そうは言っても、作品の多くを占めるトンネル工事シーンの数々、よくぞ撮ったなあ、と感じさせる出来栄えで、なんやかんかケチつけつつも、やっぱりスゴイんです。それに、トンネル完成の際の三船敏郎の挨拶の場面もいいんですけど、それより何より、大勢のエキストラを導入した無数のヘルメット姿が感動的。「数」が感動に結びつくよい例ではないかと。
鱗歌さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2017-03-04 10:07:02)
28.《ネタバレ》 ひたすら生真面目な作品。まったく笑えるシーンもないし、いろいろ利権絡みの話がありそうな土建業界が舞台なのに、悪人も陰謀もなし。企業の上層部から現場のドカタさんまで、とにかく必死な感じ。もちろん色気もないしテンポも悪い。だけど傑作。全員の真摯な姿勢に、つい感情移入してしまいました。
特に終盤、家族からの訃報電報を受け取りつつ全員の前で祝辞を述べる三船の姿は、涙なしには見られません。同じ「トンネルもの」の高倉健の『海峡』より、こちらのほうがずっと上です。
眉山さん [CS・衛星(邦画)] 8点(2016-03-18 23:37:19)
27.《ネタバレ》 昨年黒部峡谷に行ったのでこの作品が是非観よう!と思いました。
工事の計画段階から大変だったのですね。
経営者側と技術者と現場の採掘者とどれも描けているのが素晴らしい。
セットのトンネルが天井から水が溢れてくるのが凄かった。
もちろん三船さん、裕次郎さんの演技と存在感も感動しました。
たんぽぽさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2016-01-03 15:27:00)
26.登場人物達があまり有能には見えない。ひたすら根性で推し進めたという感じ。現代の映画なら、工夫とかひらめきで困難を乗り切るカタルシスを演出してきそうだが、この映画ではそれがあまりない。愚直にやり抜いた結果、上手くいきました!という浅い内容に見えてしまう。
それでも、登場人物達の時代を色濃く反映した熱い振る舞いには、一定の魅力があったと思う。
もんでんどんさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2015-10-19 01:37:46)
25.3時間を超える大作も長い割には脚本が雑で全体像がよく分からない。三船と裕二郎の自主映画にかける熱い思いは感じるが、どうみても関電のエンジニアやトンネル掘りの責任者には見えない。芝居がかった演出が目につくが、違和感を感じつつも世紀の難工事の過酷さや貫通の喜びは伝わってくる。
ProPaceさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2015-09-10 23:43:49)
24.完全版を見た。トンネル映画は『海峡』を見ていたので、基本的な作りは一緒(こっちが先だが)。『海峡』は高倉健目当てで子供の頃に見て感動したのだが、さすがに大人になってこの手の作品を見るスタンスは変わる。2大スター目当てという事もないのだが、見てみようという気にはなるし、でも2人ともイガイと存在感はなくて、工事関係者の1人としてある種埋没していたのはよかったと思う。『富士山頂』も見ていたので、自然に挑む系は基本的にどれも一緒だろうと、工事の大変さにはあまり関心はなく、それより見所は人間関係と役割・目的の複雑さだろう。発注者と受注者、そして下請業者、その下の日雇い。使用者と労働者、職人とインテリ等々、ゼネコンの体質がよく描かれていて、国家的プロジェクトにもこういう負の側面があるのだなあと思い知らされた。現代では脱ダムの機運も高まり時代の変化も感じさせられるが、ハコモノは永遠であり、今問題になっている新国立競技場に関しても、魑魅魍魎の世界があるんだろうと思ってしまった。原発処理も同様かな。
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2015-08-07 11:55:35)
23.邦画発のスペクタクル映画。とても長い上映時間の映画だけど、俳優陣も豪華で、とても見応えがあります。
ただ実録ドラマに近い作りなので、いい意味で裏切ってくれたというような展開面での面白みはないです。
主人公と父親の関係がストーリーに厚みを加えており、「巨人の星」の飛雄馬と一徹の関係を彷彿とさせてくれます。
ひと言で言ってしまえば、熱いスポ根ドラマを観賞しているような作品でした。
MAHITOさん [DVD(邦画)] 5点(2015-06-17 02:00:05)
22.完全版を鑑賞。確かにこれは映画館で観る映画だが、テレビで見てもそれなりに迫力がある。
ちょっと長いと思うけど、気合の入った作品で、出来は良いと思う。ただし、観終わった後に何か残るかというと、自分にとってはそれ程でもないな、というの本音か。
引きこまれたのは間違いないけど。
simpleさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2015-05-04 18:03:00)
21.《ネタバレ》 タイミングに恵まれ完全版を鑑賞。イヤーすごいですね、今から47年前(ワタシの生まれ年!)制作ですから当然CGなんかあるわけもなく、実物大のセットを組んで撮影したとのこと。大迫力の漏水シーンは実際も事故同然の状況だったようで、まさに命がけの撮影だったことを知りビックリ。大手映画会社ではなく石原・三船両氏のプロダクションの共同制作で、完成までかなりのご苦労があったそうで、多くの熱い気持ちがぶつかり合い出来上がったものなのかと感心致しました。ちょっと時間が長いのでアレなんですがとてもいい映画だとオモイマス
Kanameさん [CS・衛星(邦画)] 9点(2015-03-04 15:14:36)(良:1票)
20.《ネタバレ》 長い間封印されていて短縮版しか観れなかった伝説の映画だけに、こうやって完全版が鑑賞できるようになったことは素直に喜ばしいと思います。■観始めてまず感じたのは、現代の日本人の感覚からはかけ離れた(忘れられた?)価値観に満ち溢れているな、ということです。まず第一にあんな雄大な大自然を発破で吹き飛ばしトンネルを掘るなんてことには、いまのエコ重視の日本人には到底受け入れがたいことになるでしょうね。でも戦後間もなく貧しかったころには、電気のこない生活と言うのは個人にも企業にとっても死活問題だったことを無視してはいけないと思います。それは発展途上国では現代でも切実な問題で、“節電”に苦労するなんて昭和30年代に生きていた人々には想像もつかない贅沢だったんでしょうね。まさに「衣食足りて礼節を知る」と言うことです。■三時間超の映画ですが、こういうプロジェクトもの映画が陥りがちな説明映像で物語を進行させる愚は極力抑え、映像にストーリーを語らせる工夫を凝らしているところは大作映画らしくなく良かったです。ときには会話音や効果音をシャットアウトして三船敏郎や石原裕次郎の無言の芝居に映像を集中させるところなんかも良かったと思います。裕次郎の親父を演じた辰巳柳太郎がまた感情移入許させない様な激しいキャラで、この親子の葛藤はなかなかの迫力でした。■関電をはじめ参画した企業が全部実名で登場しているところも現在の日本映画界からは考えられない骨太さです。中でも滝澤修の関電社長は迫力がありました、熊谷組専務に手をついて頭を下げるシーンなんか、もう一筋縄ではいかない怪物財界人という感じでしたね。反面、史実では170人以上の殉職者を出したということには事実上映画では触れていないというのはどうかと思います、描かれた死者は三人(描写はないけど寺尾聡もその後死んでいるんじゃないでしょうか)だけですから。考えてみれば病死する三船敏郎の娘は、工事の成功のために山の神に差し出された人身御供だったと解釈することもできます。■全篇“土方”“労務者”といった放送禁止用語だらけのセリフなので地上波では放映は不可能でしょうね(笑)。でも、大手メジャーの手を借りずにこれだけの大作を撮りあげた石原裕次郎と三船敏郎の映画人としての功績は、伝説としてこれからも語り継がれてゆくことでしょう。
S&Sさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2014-12-24 21:45:03)
19.モノ作りとか当時の日本のパワーを感じる。トンネルのシーンでやや中だるみはあるが、湧水が溢れてくるシーンや、開通後の喜びが弾けるシーンがとても印象的。
nojiさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2014-07-27 23:02:16)
18.《ネタバレ》 195分という実に長丁場の作品でしたが、最後まで集中してみることが出来ました。石原裕次郎はまた彼なりにいい演技してるとは思うが、やっぱり三船敏郎の存在感と格好よさには本当に惚れ惚れしましたね。偉大な俳優だなぁとあらためて痛感。現代だと、穴掘るにはそれ専用の巨大掘削マシーンみたいなのがあると思うのだが、その当時は膨大な人力とローテクの組み合わせで穴を掘り進めていたのですね。当然、それだけ危険も多いし、大変な仕事であったろうと思う。一番の見せ場は、やはり水が吹き出るシーンでしょうか。不気味な音を出しながら、天井がバリバリとへこんだりするシーンなんかは、自然の猛威といいますか、人間のささやかな抵抗に対し自然の圧倒的な力が牙をむいてきたみたいな感じで、凄く恐ろしさが出てました。そして凄まじい勢いの水に飲み込まれんとするシーンはまさに圧巻のスペクタクル。記録性だけでなく劇場映画としての楽しさも発揮しています。娘さんが不治の病に侵されてしまう展開と、黒部ダム建設をシンクロさせるのも意義がより深まってよかったと思います。知恵と時間とお金があれば、人はなんだって出来るんだという意見と、癌のように人にはどうしようもないものがあるという意見の対立が印象深い。ダムが貫通したときに、他界の一報が届く。そしてダム自体も、最後の碑のショットで示されているように多くの犠牲の上に完成している。人はなにかを得るために、なにかを失う。でも失うことを恐れては、得ることも出来ない。そんな人間の生き様を、今日も太陽は変わらず見下ろしている。そんな雄大なラストもまた印象的。
あろえりーなさん [DVD(邦画)] 8点(2013-06-20 01:28:00)
17.若い頃見たときは、ダム建設だとばかり思っていたところがトンネル工事の映画だったので大変驚いた。この大変な難事業は映画の中でもわかりすぎるくらいわかるのだが、ただどうしてこうまでして掘るのかがピンときていなかった。その全貌がわかったのはプロジェクトXなどのテレビドラマのおかげだったし、DVD化によってようやく見直すことができたからだ。ただ辰巳柳太郎の職人気質は十分発揮されていたが、石原裕次郎の役は不自然(畑違いに進んだ者がなぜ現場の責任者になるのかなど)で好きでなかった。ところで声優麦人さんが寺田誠として演じている源三の長男(石原裕次郎の死んだ兄役)だが、ウィキペディアやallcinemaなどすべて与一郎となっているのだが、DVDで確かめてみると源三は「与一」と言っている。
ESPERANZAさん [映画館(邦画)] 6点(2013-05-11 14:45:18)
16.《ネタバレ》  このダムの事は、小学校で教えられた記憶がある。日本が世界に誇るものの一つだった。本作はその前段階の工事である、トンネル掘りの話。何か話が『海峡』とダブる。
 しかし、こちらのプロジェクトの原動力は「電力需要の増大」。いきなり発電所がダウンした経験を持つ今の我々には、図らずも説得力のある話になった。が、そのあたりはあまり描かれずに、現場のトンネルやたちの話が中心。

 前時代的なトンネル掘りの爺さんの息子で、専門教育を受けているらしい裕次郎が、合理的な判断で工事を否定するのだが、いつの間にか工事責任者の一人になっているのが、ちょっと腑に落ちないと言える。
 まあ、やることに決まったならまっしぐらに進む、というのが望ましい会社員なのかも知れないが、精神論的に物事を突き進めるというのは、日本人の悪い癖だ。
 で、結局『海峡』と同様、水に悩まされる工事だが、こちらもシールドマシンでトラブル解決。なんか凄い新技術科かと思っていたが、調べてみると結構昔に開発されたものらしく、ちょっとガッカリした事は事実。
 それでも、黒部の自然は美しく、難工事に挑む技術者の物語には熱くさせられる部分はあり、殊に出水シーンの迫力は凄い(ありゃ、これ前にも書いたな)ので映画としては面白い。

 ところで原作ありきとは言え、この話がなぜ黒部の太陽というタイトルなのか、ちょっとわからなかったのだが、最後にトンネルが開通したシーンを見て、『黒部の風』でもよかったのではないかと思った。
Tolbieさん [DVD(邦画)] 8点(2013-04-24 16:05:33)
15.鹿威しの音良すぎ!
アキラさん [ブルーレイ(邦画)] 7点(2013-04-01 01:34:11)(笑:1票)
14.ヘルメットに酒汲んで呑むなんて絶対嫌やわ。不潔すぎるわ。
ケンジさん [ブルーレイ(邦画)] 7点(2013-03-29 23:50:51)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 33人
平均点数 7.09点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
413.03%
5412.12%
6618.18%
7721.21%
81133.33%
939.09%
1013.03%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 7.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review1人
4 音楽評価 7.00点 Review1人
5 感泣評価 7.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS