ジャック・サマースビーのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > ジャック・サマースビー
 > (レビュー・クチコミ)

ジャック・サマースビー

[ジャックサマームービー]
Sommersby
1993年【米・仏】 上映時間:113分
平均点:6.02 / 10(Review 41人) (点数分布表示)
ドラマサスペンスリメイクロマンス
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-05-22)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョン・アミエル
助監督ジョシュ・マクラグレン
キャストリチャード・ギア(男優)ジャック・サマースビー
ジョディ・フォスター(女優)ローレル・サマースビー
ビル・プルマン(男優)オーリン・ミーチャム
ジェームズ・アール・ジョーンズ(男優)アイザックス判事
R・リー・アーメイ(男優)ディック・ミード
ミューズ・ワトソン(男優)Drifter #1
菅生隆之ジャック・サマースビー(日本語吹き替え版)
土井美加ローレル・サマースビー(日本語吹き替え版)
納谷六朗オーリン・ミーチャム(日本語吹き替え版)
藤本譲アイザックス判事(日本語吹き替え版)
丸山詠二ディック・ミード(日本語吹き替え版)
増岡弘(日本語吹き替え版)
沢木郁也(日本語吹き替え版)
巴菁子(日本語吹き替え版)
稲葉実(日本語吹き替え版)
小室正幸(日本語吹き替え版)
島香裕(日本語吹き替え版)
田原アルノ(日本語吹き替え版)
北村弘一(日本語吹き替え版)
伊井篤史(日本語吹き替え版)
津田英三(日本語吹き替え版)
久保田民絵(日本語吹き替え版)
堀越真己(日本語吹き替え版)
水野龍司(日本語吹き替え版)
喜田あゆ美(日本語吹き替え版)
増田ゆき(日本語吹き替え版)
原作アンソニー・シェーファー(原案)
ニコラス・メイヤー(原案)
脚本ニコラス・メイヤー
サラ・ケルノチャン
ジャン=クロード・カリエール(オリジナル版脚本)
音楽ダニー・エルフマン
スティーヴン・ルーサー
編曲スティーヴ・バーテック
ジョナサン・シェック(追加編曲)
撮影フィリップ・ルースロ
アナスタス・N・ミコス(カメラ・オペレーター&ステディカム・オペレーター)
製作アーノン・ミルチャン
スティーヴン・ルーサー
メアリー・マクラグレン(共同製作)
製作総指揮リチャード・ギア
配給ワーナー・ブラザース
衣装マリリン・ヴァンス
編集ピーター・ボイル〔編集〕
録音クリストファー・ニューマン〔録音〕
字幕翻訳太田直子
その他メアリー・マクラグレン(ユニット・プロダクション・マネージャー)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
41.《ネタバレ》 過去の自分が嫌いで、他人に生まれ変わろうとする気持ちは何となく分かるが、死んじゃったら終わり。全てが終わりなのである。残された者の心の中に美しい記憶として生き続けるとでも言うのか。だとしたらこれは自殺なんだな。
ちゃかさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2014-02-21 17:50:03)
40.最後の最後で「...なんだそれ!?」ってなった。全てはジャック(仮名)の自己満足に始まり、無関係な人々を巻き込んで感情を弄び、そして自己満足を極めて終わる。そんな男のロマンなお話、に感じました。
movie海馬さん [地上波(字幕)] 4点(2013-09-23 16:51:53)
39.戦争から帰還した夫が、別人のように優しくなり・・・!?
という設定が興味を惹く、ちょっと変わった展開を見せるラブストーリー。
アメリカ南部のきれいな風景や雰囲気、及び村人達の交流シーンや夫婦の心情描写もいいのだが、
設定自体が根本的に無理があるので、今ひとつ物語に入っていけず。
ラストも感動にまでには至らなかった。夫の謎で引っ張る中盤までの流れは良かったんだけど。
普通には楽しめる佳作です。
MAHITOさん [DVD(字幕)] 5点(2012-01-07 07:50:12)
38.《ネタバレ》 南北戦争後の南部が舞台。ミステリーふう。戦争から帰ってきた夫は本当に夫か、ってな。彼と彼女の間のヘンな雰囲気を丁寧に描写していく。ひげを剃るときの緊張。J・フォスターがキスを誘うのにR・ギアが気づかぬ振りして避ける。など、日常の細かい振舞いに潜んだ緊張を楽しめる。靴のサイズ。貴金属拠出のとき「妻のあたしが言うのもなんですが」って言ってブローチを出すあたりがニクイわけ。彼はここでサマースビーとして生きようとする。黒人や子どもの期待、期待をされることのしっかりとした手応え。ゴロツキにさっと右手でナイフを構えるジャックを、ロングで見てしまうローレル。でまあ、KKKもあって、裁判になる。アメリカ映画は本当に裁判が好きだ。南軍負けてもうすぐに黒人の判事が来てたのか。裁判の過程で愛の物語が明らかになってくるの。それまでのローレルの結婚生活の惨めさ、ジャックの改心、などなど。粋な判決を下すのかと思ってたら、愛の伝説になりました、って終わらせ方だった。あれなら裁判の後、あまりじらさないですぐ墓場にしたほうがサッパリしたのに。
なんのかんのさん [映画館(字幕)] 6点(2011-10-31 10:11:18)
37.《ネタバレ》 昔の名前に戻るより死ぬことを選ぶって…。そこが理解に至らない。普通に考えたら、自分の素性を明かし、その罪を償い、イチからやり直すという選択がスタンダードだし、最も良かったと思える。あんなに愛され、子供も生まれたばかり。いくらでも今後の人生に希望を見い出せたはずだ。過去を全て抹消したいという「逃げ」が美化されているようで、納得しにくい映画でした。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2009-05-08 01:09:45)
36.《ネタバレ》 現実的に考えるとまさかまさかのストーリーだけれど、世界に浸れば感動できる一作でした。どういった状況であろうと愛に勝るものはないんだな…と。
あえて判決のシーンを入れずに、ハッとさせようとした結末に少し物足りなさは感じたけれど、すがすがしい気持ちになりました。
たたんこ☆さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2009-04-11 14:27:04)
35.《ネタバレ》 リチャードギアがよくないね。詐欺師が詐欺をするのはいいんだけど、死刑の選択が不可解。まあ何らかの意思や意図があるにしても、裁判から執行までのプロセスが、なんか真剣さに欠けるというか、自分に酔ってるだけというか、ふざけているようにしか見えない。そういう役者だから仕方ないんだろうけど。
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2008-05-08 19:12:29)
34.《ネタバレ》 辛口の批評も多いようですが、映画の内容はそんなに悪くないと思います。主人公のモラル云々も元々それほどの人間ではなく、今までの自分をリセットしたいという願望の現われと見ればソコソコ納得できる。他人になりすまして財産を勝手に売却しちゃうだの、それを知ってて知らぬ振りする町の人なんてけしからんと言う意見もあるようですが、逆にワタシには「リアルでいいな」と映りましたけどね。
実際戦後って混乱しているもんだから、「顔がそっくり」ってのはさておいて「なりすまし」みたいなことって起こっていたかもって気がしてしまうし。要はその「なりすまし」という詐欺を、周囲が皆で容認するか否かで「ウソかマコトか」「善か悪か」が決まってしまう。そういう混沌たる社会の姿を何気に描けていてワタシ的には好印象でした。甘いメロドラマかとおもいきや、なかなかの良作じゃないかと。
(それにしても、あーあまた振られ役かよ、ビル・プルマン。それもかなり形振り構わぬ執着ぶりを披露しちゃう悪役ぶりで、密かにファンのワタシとしてはちょっと悲しかったです。口直しに「あなたが寝てる間に・・・」でも借りてきて観ることにでもしましょう、ぐすん。)
ぞふぃさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2008-04-03 12:45:30)
33.《ネタバレ》 なんかすっきりしない。なりすますことでなりたい自分になることと自己変革によってなりたい自分になることとは意味が違う。他人の犯した罪を被って死刑になることの事の大きさに、自分の犯した罪を償うというの当たり前のことが誤魔化されて、蔑ろにされてしまっている。確かに死刑まで受け入れることは勇気がいることだろうが、本人にとっては、偽者であることを認めて本当の自分に戻り、本当の自分が犯した罪を償うことの方がそれ以上に勇気のいることだっただけではないか。自分のしてきたことをそっくり背負い込んで生きていくのが人生ってもんです。それらを全て放り出してしまっていることで、如何にその対価として死があったとしても、やはりすっきりしないものが残るんでしょう。
MARK25さん [DVD(字幕)] 5点(2007-08-30 23:09:02)
32.矛盾だらけ。。。私好みではないけれど、ジョディ・フォスターの演技に5点。
Mirandaさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2007-08-05 22:03:41)
31.《ネタバレ》 矛盾?そんなもん知るかー!みたいな映画なんだが、ところどころでジーンと来るのも確か。絞首刑になる直前、ジャックが恐怖からうろたえそうになる瞬間、妻の顔が目に入り、その目に力が宿るラストシーンが印象深い。
永遠さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2007-07-22 20:03:13)
30.後味が悪いというかなんというか・・・。もう少しオチを何とかして欲しかった、個人的に。
misoさん [DVD(字幕)] 4点(2006-01-17 21:16:17)
29.アメリカ的モラルの低い映画。主人公は、前の町での学校建設で働いた詐欺での処罰は受けていない。人の女房は早々に奪おうとするし、動物虐待はやらかす。もっとも赦せないのは、自分の所有物でない不動産を勝手に安値で売却し住人に感謝されていること。そして内心偽者であることに気付きながら、不動産売買契約が無効になることを恐れ、口を噤む住人たち。正真正銘の故サマーズビーさんは、生前に特に落ち度があるように描かれていなかったが、だとすると踏んだりけったりではないか!太平洋戦争後、マッカーサーが自作農創設とか言って勝手に地主の財産を処分したのと同じで自分達の腹はいためず、人様の財産を勝手に処分し感謝を得た行為そのままだ。町の住人は、詐欺師の共犯者だ!きっと偽サマーズビー処刑の後、サマーズビー夫人は、早々に別の魅力的な男と再婚して色男の詐欺師のことは記憶のかなたに仕舞い込まれることだろう。
Waffeさん [ビデオ(吹替)] 1点(2005-11-06 08:35:44)
28.《ネタバレ》 ハッピーエンド好きの自分にはちょっとつらいエンディングだった。最後の最後、絞首刑台で袋をかぶせられても、まだどんでん返しのハッピーエンドを期待していた。結局、ジャックにしても別人にしても過去に悪いことをしていることに違いは無いけれど、悪事を働いているシーンがあった訳ではないので、ジャック(別人)を憎む気持ちは少しも無く「殺さないでくれ~」と裁判長に祈る気持ちで固唾を飲みながら裁判を見守っていた。ラストはやるせなさが残るが、見ごたえのある良い映画だったと思う。ジョディ・フォスターがすごく凛々しくて綺麗だった。彼女は現代劇よりも古めかしい時代物の衣装を纏う役柄が非常に合っているような気がする。
北狐さん [DVD(字幕)] 8点(2005-05-24 22:19:04)
27.酷過ぎる。この映画を一言で言い表すならこれしかない。ダンサー・イン・ザ・ダークより酷い。あれだけの法廷をやっときながら情状酌量の余地も無いのかい!!明らかに変わったって言ってるのにそのことは何も無しで、しかも彼は殺したと一言も言ってないし見間違えかもしれないじゃないかぁ!!あんなインチキな裁判有りか!!しかもさ、息子は悩んでたり、子供は生まれたばっかりなのに・・・親の責任も果たしてねぇじゃねぇか。ま、ジョディ・フォスター目当てで借りて内容全く重視してなかった俺も悪いんだけどね。
taronさん 3点(2004-02-06 18:25:39)
26.澄み切った強い視線で射抜くように人を見据えるジョディー・フォスター(プライドを示唆する尖ったアゴは心もち前に。)が、南部の女の「逞しさ」と「可愛らしさ」を見事に好演。特に地味ながら後者が光っている点で、この映画は他のジョディー主演ものとは区別できるのかも。主人公は、タイトルからも分かるように当然ギア様なのだが、昨今のダメ・モテ・ジゴロぶりが背後霊のように透けて見え、最初から「あ、あやしぃ・・・」。ま、ご愛嬌か。このギア様が、「なりたい自分」になるべくアイデンティティの構築とその追求に文字通り「命を懸けた」、という物語なのだが、時代と人間の変化をしなやかに取り込み、ほとばしる感情を尖ったアゴに代弁させながら自分の思うところを突き進む、妻役ジョディーの「静」と「動」から目が離せなかった。
中山家さん 7点(2004-02-04 06:29:50)
25.ここのジョディ・フォスターのベッドシーン、もう大好きです、、ハァハァ、あ、でも男性の方が期待するようなシーンではありません。とにかく愛し合う喜びにあふれておりまして、、オンナがコーフンいたします。かたやギア様の髪型が時代に合ってなさそうなのと、いつもながらのキョトキョト演技がとっても気になりますの、無論見た目はこの時期が一番かっちょいいです。ちょっとお話には無理あって、人にええで~、とはすすめられないけど、自分でおよよ~と切なく感動して萌えるにはとっても有り難い一作です。
かーすけさん 7点(2003-12-20 23:16:02)(笑:1票)
24.ラストの処刑されるシーンが印象に強い。
guijiuさん 6点(2003-12-07 04:41:04)
23.《ネタバレ》 ずいぶん前に見たのですが、とても好きな映画で今でもたまに見返してます。確かにストーリー的には多少無理があったり、チグハグな部分もあります。しかし、ギアはたとえ死ぬとしてもジョディの夫でありたいと願い、そしてジョディは夫としてではなくてもギアに生きて欲しいと願う、これがまさに男の性と女の性をあらわしているのではないかと思います。
はんかくさいさん 9点(2003-12-03 10:59:09)
22.《ネタバレ》 彼は本人なのか偽物なのか? んなもんすぐわかるだろ、と大前提の謎に不満を感じてしまったためか最後まであまり世界に入っていけず。結局何を意図した映画なのかわからずじまい。今、13のすみすさんのレビューを読み、少し納得。しかし、それが監督の真意ならば、「本物か偽物か」という謎を中心に据えたのは失敗だと思う。プロットは常にラストを見据えて転がしていかなければ、観客はついてこられないのだから。
恭人さん 4点(2003-11-28 18:21:05)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 41人
平均点数 6.02点
000.00%
112.44%
200.00%
324.88%
4512.20%
5717.07%
6614.63%
71331.71%
8512.20%
924.88%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS