Menu
 >
 >
 > ポセイドン(2006)

ポセイドン(2006)

Poseidon
2006年【米】 上映時間:98分
平均点: / 10(Review 145人) (点数分布表示)
アクションドラマサスペンスアドベンチャーパニックものリメイク小説の映画化
[ポセイドン]
新規登録(2005-12-27)【ギニュー】さん
タイトル情報更新(2016-12-07)【イニシャルK】さん
公開開始日(2006-06-03
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ウォルフガング・ペーターゼン
助監督ダグ・コールマン(第二班監督)
演出リック・エイヴリー(第二班スタント・コーディネーター)
ダグ・コールマン(スタント・コーディネーター)
アレン・ロビンソン(第一班スタント・コーディネーター)
キャストジョシュ・ルーカス(男優)ディラン・ジョーンズ
カート・ラッセル(男優)ロバート・ラムジー
ジャシンダ・バレット(女優)マギー・ジェームズ
リチャード・ドレイファス(男優)リチャード・ネルソン
ジミー・ベネット(男優)コナー・ジェームズ
エミー・ロッサム(女優)ジェニファー・ラムジー
マイク・ヴォーゲル(男優)クリスチャン
ミア・マエストロ(女優)エレナ・ゴンザレス
アンドレ・ブラウアー(男優)マイケル・ブラッドフォード船長
ケヴィン・ディロン(男優)ラッキー・ラリー
フレディ・ロドリゲス(男優)マルコ
カーク・B・R・ウォーラー(男優)レイノルズ一等航海士
ステイシー・ファーガソン(女優)グロリア
堀勝之祐ロバート・ラムジー(日本語吹き替え版)
宮島依里ジェニファー・ラムジー(日本語吹き替え版)
矢島晶子コナー・ジェームズ(日本語吹き替え版)
乃村健次マイケル・ブラッドフォード船長(日本語吹き替え版)
田中正彦ラッキー・ラリー(日本語吹き替え版)
安藤麻吹マギー・ジェームズ(日本語吹き替え版)
原作ポール・ギャリコ
脚本マーク・プロトセヴィッチ
音楽クラウス・バデルト
編曲ロバート・エルハイ
撮影ジョン・シール
マーク・ヴァーゴ(第二班撮影監督)
製作ウォルフガング・ペーターゼン
マイク・フレイス
ダンカン・ヘンダーソン
アキヴァ・ゴールズマン
トッド・アーナウ(共同製作)
バーバラ・フーバー(製作補)
製作総指揮ダンカン・ヘンダーソン
ケヴィン・バーンズ
シーラ・アレン[女優・1929年生]
ジョン・ジャシュニ
配給ワーナー・ブラザース
特殊メイクK.N.B. EFX Group Inc.
マシュー・W・マングル
ディーン・ジョーンズ[メイク](メーキャップ)
ハワード・バーガー
グレゴリー・ニコテロ
特撮ILM/Industrial Light & Magic(視覚効果)
ムービング・ピクチャー・カンパニー(視覚効果)
コリン・ストラウス(視覚効果監修)
グレッグ・ストラウス(視覚効果監修)
美術ウィリアム・サンデル(プロダクション・デザイン)
ケヴィン・イシオカ(共同美術監督)
ロバート・グールド〔美術〕
衣装エリカ・エデル・フィリップス
編集ピーター・ホネス
録音ワイリー・ステイトマン
字幕翻訳菊地浩司
スタントエリザ・コールマン
エリック・ノリス
ゾーイ・ベル
その他トッド・アーナウ(ユニット・プロダクション・マネージャー)
ウィリアム・ロス〔編曲〕(指揮)
バーバラ・フーバー(ペーターゼン監督のアシスタント)
ジャネット・ハーシェンソン(キャスティング)
ジェーン・ジェンキンス(キャスティング)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
145.心臓に悪い。息苦しくもなります。パニック映画としては、もうそれだけで十分でしょう。自分はソファーにふんぞり返って絶対的な安全を確保しつつ、ハラハラドキドキできる快感。これぞ映画の醍醐味です。この監督、やはり海水の恐怖とリアルな死体の描き方が秀逸ですね。
眉山さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2015-12-21 02:53:38)
144.《ネタバレ》 「ポセイドンアドベンチャー」が大好きな自分としては、すごく楽しみにしていた映画です。感想としては「良かった」です。よくリメイクと言われますが、船の転覆というシチュエーションを使っただけで、リメイクではないと思いました。まあ船が転覆して、非難するために上へ上がっていくというストーリーも同じといえば同じですが、このシチュエーションを用いれば、どれも同じような内容になるのではないでしょうか。この映画が良かったことはパニック・サスペンスに的をしぼったからだと思います。前作のように「人間ドラマ」「感動」を入れ込むと「前作意識しすぎ」「同じ路線で前作を超えれる訳がない」という状況は目に見えていたのではないでしょうか。ならば余計なドラマは排除して、サスペンス路線で行こう、ただしもっとリアルに状況を描こう、という意図ではと想像します。
この映画は気軽に何回も観れます。それもこの映画は自分の中でも傑作の部類に入ります。
金田一耕助さん [DVD(字幕)] 9点(2015-12-19 09:48:40)
143.オリジナル未見。B級パニック物としては良いと思うのだけど、「あのUボートのヴォルフガング・ペーターゼンがリメイク」という煽り文句からすれば、期待した重厚感には欠けていたと言わざるを得ない。もっと息が詰まるような緊迫感の中で、人間ドラマを展開させつつ進んで欲しかった。最も失望的だったのは、最後に流れたハッピーエンド感溢れる音楽。Uボートみたいに救いのないラストにしろよ、なんて言うつもりはないけれど、あれだけ悲惨な死を映し出した末のあの能天気な雰囲気は「もっとこう……あるだろう!」と思わずにはいられなかった。ただ重ねて言うけれど、それも含めてB級パニックだと頭から割り切ってみれば全然アリな映画だとは思う。
C-14219さん [地上波(字幕)] 6点(2015-12-09 16:37:39)
142.《ネタバレ》 7歳の娘が、タイタニックを平気で観ていたので、これも魅せてみた。彼女の一言「みじかっ」
・・・タイタニックよりは短いよ。世の映画はこんなもんさ。展開は早いですよね、久しぶりに観てヒヤヒヤ、ドキドキさせてくれて、みんなで協力して頑張る点で私個人としては好きな映画ですね。転覆に無理があるけどそれは仕方ないのかな(笑)おじいちゃんが高いワインを頼んで「今を楽しめ」・・・どっかで聞いたな~。父親が娘の幸せを優先しプロペラを止めに行くところなんかは「アルマゲドン」だし・・・。
新しい生物さん [DVD(吹替)] 7点(2015-03-25 00:15:16)
141.《ネタバレ》 ○かの名作「ポセイドン・アドベンチャー」のリメイクということらしいが、こちらは脱出アクションといった感じ。○序盤の登場人物紹介もそこそこに船は転覆。少人数パーティとはいえ、かなり強引に進む。○こういう映画を見てると誰が死ぬのか想像しながら見るが、当たったのは半分くらい。ラストでジョシュ・ルーカスはどう考えても死ぬとなのに死ななかった。ある意味での裏切りもそこそこ楽しめた。○ただCGの多用はマイナス。オープニングからCG前回はいただけない。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2015-01-31 13:37:22)
140.《ネタバレ》 ご存知1972年の傑作パニック映画「ポセイドン・アドベンチャー」のリメイク作品。

このリメイクにおいては、巨匠ウォルフガング・ペーターゼンの威光の残像にすがったのかもしれないが、映画自体は残念ながら「B級映画」の範疇に“しっかり”とおさまっている。
まあしかし、そのこと自体はある程度予想出来たことなので、パニック映画ファンとしては、序盤から繰広げられるこのジャンルの「予定調和」を逆に楽しむことに決めた。

そう開き直れば、全編通してそこそこ楽しめるB級パニック映画であったと思う。
オリジナルに対してストーリーテリングやキャラクター設定があまりに稚拙であることは目をつぶるしかない。
主人公をはじめ各キャラクターの人物背景の描写があまりに乏しいことも、少数パーティーに至るまでの半ば強引な展開も、まだ笑って済ませられる。

が、しかし、最終的には一つの顛末が大いなる違和感として突きつけられてしまった。

すなわち、「おい、おーい!アンタ何で生き残っちゃってるの!?」ってことである。

パニック映画において誰が死に、誰が生き残るという顛末は最重要の娯楽性でもあるので、勿論ネタバレは避けたいが、“死亡フラグ”完全無視のまさかのラストに面食らってしまった。
当該俳優が「絶対に死にたくない!」と言い張ったとしか思えない……。ラストのスクリューのシーンは絶好の“死に場”だったろうに……。

このあり得ない展開は、当然マイナス要因ではあるけれど、予想外であったことは間違いない。良い悪いは別にしてこの「予想外」は、ある意味観た価値があったとも言える。


ともあれ“お口直し”は絶対必要。近々、名作「ポセイドン・アドベンチャー」を観直そうと心に決めるには、充分な映画だった。
鉄腕麗人さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2014-10-11 01:26:03)
139.名作映画『ポセイドン・アドベンチャー』のリメイク。転覆した大型客船からの脱出という設定のみを踏襲し、登場人物やストーリーは一新された。オリジナルの人間ドラマ部分を削ぎ落とし、脱出ゲーム的スペクタクルを全面に押し出したことを潔い割り切りと捉えるか、それとも安易な退行と見做すかで評価は分かれるだろう。
野良猫さん [DVD(吹替)] 6点(2014-09-07 22:48:47)
138.《ネタバレ》 傑作、ポセイドンアドベンチャーはもう5回くらい観ていて、実は今年も偶然オリジナルを観たのでがっちり比較できるのですが…あぁなんて事でしょう?
おおまかなあらすじは一緒なのにどうしてこんなに違うんでしょう?ってくらい違う映画になってます。

映画冒頭で大写しになる船でいきなり不安になります。
「CGだ!」こんなにCG感満載な船ってどうなんでしょう?なんて思ったり。
そしてなんの前振りもなくいきなり襲ってくる大津波。
オリジナルと同じペース?え、そんな馬鹿な…と思えるくらい唐突にやってくるこの津波に象徴されるように、この映画、とにかくタメもなければ遊びもありません。ただただ緊張感の連続で、だから勢いで最後まで観てしまうわけですが、とにかくただ疲れちゃうだけ。
オリジナルにあった、タメや遊びはどこへ行ってしまったのか…
じわじわと進入してくる水をゆっくり映すようなタメや、逆さトイレのような遊び。そんなシーンがあって緩急があったからこそオリジナルは傑作だったんだなぁ、とこの映画を観て痛感します。
確かに、本当に船が転覆したら遊びもなんもないわけでジェットコースター式に脱出するしかないわけである意味正しいのですが、しかしこれは映画です。映画なんだから映画としての観せかたがあってしかるべきだと僕は思うのです。

あばれて万歳さん [CS・衛星(吹替)] 6点(2014-05-19 20:11:48)
137.《ネタバレ》 開幕して約18分で転覆するのはほぼ『ポセイドン・アドベンチャー』と同じペース。だがその後はジェット・コースターなみのスピードでストーリーが展開する。リメイクは普通オリジナルより上映時間が長くなることが多いけど、オリジナルは二時間弱程度とさほど長尺じゃないので、ある意味珍しい例でもある。脱出に挑むのは10人で生き残るのが6人というのはオリジナル通りだが、それぞれのキャラ設定はオリジナルの登場人物を再構成した様な感じで、K・ディロンみたいに新規のキャラもいる(もっともこの“ラッキー・ラリー”はストーリー上では不必要な存在でしょう)。本作が印象悪くなった最大の原因は、この登場人物たちの性格付けが曖昧かつ弱いところだろう。K・ラッセルとJ・ルーカスなんか完全にマッチョなキャラがかぶってしまってる、オリジナルのJ・ハックマンとA・ボーグナインとは大違いなんだな。R・ドレイファスが“地図くん”を蹴り落として助かるシークエンスなんか、「なにもそこまで見せなくても…」ととても嫌な感じである。ここは今まで非情な海洋映画を幾つも撮ってきたペーターゼン監督の拘りなのかもしれない。密航して来た女性はオリジナルではC・リンレーに相当するキャラなんだが、その死に方は同じくS・ウィンタースを思い出させてくれる。そこで気がつくのは、このリメイクにはS・ウィンタースに相当するキャラがいないんです、これじゃあ盛り上がりに欠けるのも当然かな。 CGは確かに高レベルなんだから、さかさまになった船内での冒険・スペクタクルをじっくり見せて欲しいところです。原題から『アドベンチャー』を抜かしたからというわけではないでしょうが(笑)。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2012-09-12 19:37:53)
136.《ネタバレ》 良くも悪くも普通のパニックアクション映画。多少、クサいかなという演出も多々散見されるけど、それでも普通に楽しめる作品に仕上がっている。ただ、過去の名作をリメイク&秀作をいくつも作り続けてきた名監督の作品としては物足りなさが残るのも事実。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 6点(2012-05-20 20:22:56)
135.72年「ポセイドン・アドベンチャー」のリメイクで、大まかな筋は同じ。
登場人物たちの設定は変更してあり、強烈キャラだった神父さんなどは出てこない。
映像の迫力はさすがと唸らせるものはあるが、物語の核だった「生」へのテーマや
ヒューマンドラマ性はいっさい失われている。こちらの方がある意味リアルなのかもしれないが、
ジェットコースタームービーと同じで後には何も残らない。長所を挙げれば上映時間が短かい事。
中身のない映像だけのシーンをだらだら見せられるよりは良かった。
MAHITOさん [地上波(吹替)] 4点(2011-08-02 11:06:48)
134.アクションはすごいけど、話がやや残念。
たこちゅうさん [DVD(字幕)] 7点(2011-02-14 00:01:31)
133.超B級という感じだが、B級にしては楽しめる作品。

友人、家族など大勢でわいわい見るのに最適な映画。
Sugarbetterさん [DVD(字幕)] 6点(2011-01-21 21:50:22)
132.こういう作品好きなんで楽しめました。登場人物の背景の薄さは展開に水を差さないという意味で逆に良かったと思います。
さわきさん [地上波(吹替)] 7点(2010-12-16 01:10:40)
131.《ネタバレ》 豪華客船に乗ることなんて一生ないと思われる庶民の私はハリウッド映画のおかげで豪華客船=沈没というイメージが固まってしまっている。同じ豪華客船が事故に遭うタイタニックと比べるとずいぶんとスケールダウンした感が否めない。
いっちぃさん [地上波(吹替)] 5点(2010-11-27 23:38:41)
130.《ネタバレ》 映画で暇つぶすことになり、他にないから期待もへったくれもなくこれを観たのだけど、カート・ラッセルの最期だけはずっと印象に残すと思います。点数はそれに。でも、ペーターゼンの映画なんかには絶対に期待しないと確信しました。リメイクがどうのこうの以前に、この監督さんが作ってることがダメ! 『トロイ』以来、僕にとって不快監督ナンバーワンです。
だみおさん [映画館(字幕)] 4点(2010-11-21 19:03:33)
129.《ネタバレ》 えらく「薄味」になっちゃったね あの濃い~人間模様が豪華客船転覆という異常な状況と相まって素晴らしい人間ドラマを演出してたのに  まぁCGの進歩による大迫力な映像はスゴイ 時間も短くてお手軽  でもいきなり若者蹴落とすし… 人間関係の描写が浅い 今どきらしいといえばそうなのか、それとも監督さんや制作者の方々の製作方針なのか  リメイクだから比較されるのは仕方が無いし、きっとそこらへんを覚悟して世にだしてるとは思うので言いっこナシなんでしょうがね  でも一つだけ言わせて 船から脱出してあんなナイスタイミングで脱出用ボートがあるなんて… 生き残るのも運が必要だということなんデショウ
Kanameさん [DVD(字幕)] 3点(2010-09-14 08:24:13)
128.《ネタバレ》 リメイク元作品はパニック映画というより人間ドラマという側面に感銘を受けたのですが、この作品はパニック強調で元作品の肝心な部分がなくなった感じです。パニック映画としてはそれでいいかもしれませんが・・・(パニック映画に目が肥えている人なら、むしろ満足しないのでは?)
元作品と比較ばかりで申し訳ないですが、この作品は登場人物の個性がもう一つ際立たず、感情のぶつかり合いもそれほどなく、全体にインパクトに欠けました。また、最後の脱出シーン、あそこまで描く必要があったのか・・・沈み行く船の横でボートが助かるというのがどうもリアリティがなく蛇足っぽく感じました。
不満ばかりになってしまいましたが、元作品に欠けていた波にのまれる場面の迫力、これが補填されていたのが救いでしょうか。
牛若丸さん [DVD(字幕)] 4点(2010-08-14 20:16:47)
127.《ネタバレ》 正しくは
ポセイドン・アドベンチャーのリメイクではなく
同じシチュの作品を今の技術で作るとこうなるよ、という感じの作品。
遭難時の船内の被災状況は少々リアルさを追求しすぎかも…。
初代ポセイドン・アドベンチャーは子供にも見せたいけど
こちらは見せたくありません。

バレンタインの脱落。
しょっぱなからあれはちょっとひどすぎたかなーと思います。

あとラムジーとディランを別々に行動させるダシにするために
コナー行方不明のシチュエーションを作ったのは正直微妙でした。
ネルソンがエレナに父性?を発揮していた理由もよくわからなかった…。
あの人ゲイだから、
エレナに好意を持ったとかそういうわけでもなかっただろうし…。
謎です。
ゆきちさん [インターネット(字幕)] 6点(2010-08-14 01:28:20)
126.《ネタバレ》 カート・ラッセルは大好きな俳優です。
そんな彼が活躍する映画となったら当然高得点・・・と思ったのですが、この作品はそうではなかったです。
やはり映像は素晴らしかったけどストーリーに難があったかな。
ラスト近くで子供が勝手に居なくなるシチュエーションは正直不要でしたし、お互いの人間模様、それぞれが持ってたであろう背景などなど深く描いてくれたらもっと感情移入できたかもしれません。
この映画が公開された時に「そろそろタワーリングインフェルノもリメイクか?」と勝手に期待していたのですが、冷静に考えると「手をつけないでおいて欲しい」って思えてきました。
名作のリメイクは難しいですね。
ゆたさんさん [DVD(字幕)] 5点(2010-08-09 16:52:48)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 145人
平均点数 5.87点
000.00%
100.00%
232.07%
364.14%
496.21%
53624.83%
64531.03%
73222.07%
8117.59%
910.69%
1021.38%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.76点 Review13人
2 ストーリー評価 4.95点 Review24人
3 鑑賞後の後味 5.53点 Review26人
4 音楽評価 5.21点 Review19人
5 感泣評価 3.11点 Review18人

【アカデミー賞 情報】

2006年 79回
視覚効果賞 候補(ノミネート) 

【ゴールデンラズベリー賞 情報】

2006年 27回
最低続編・リメイク賞 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS