Menu
 >
 >
 > X-MEN:ファイナル ディシジョン

X-MEN:ファイナル ディシジョン

X-Men: The Last Stand
2006年【米】 上映時間:104分
平均点: / 10(Review 132人) (点数分布表示)
アクションサスペンスSFシリーズもの漫画の映画化
[エックスメンファイナルディシジョン]
新規登録(2006-01-06)【マイカルシネマ】さん
タイトル情報更新(2016-11-07)【イニシャルK】さん
公開開始日(2006-09-09
公開終了日(2007-01-09)
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ブレット・ラトナー
助監督リー・クリアリー
コンラッド・E・パルミサーノ(第二班監督)
サイモン・クレイン(第二班監督)
演出サイモン・クレイン(スタント・コーディネーター)
コンラッド・E・パルミサーノ(スタント・コーディネーター)
キャストヒュー・ジャックマン(男優)ウルヴァリン(ローガン)
パトリック・スチュワート(男優)プロフェッサーX(チャールズ・エグゼビア)
イアン・マッケラン(男優)マグニートー(エリック・レーンシャー)
ハル・ベリー(女優)ストーム(オロロ・マンロー)
ファムケ・ヤンセン(女優)フェニックス(ジーン・グレイ)
アンナ・パキン(女優)ローグ(マリー・ダンカント)
ケルシー・グラマー(男優)ビースト(Dr.ハンク・マッコイ)
レベッカ・ローミン(女優)ミスティーク(レイヴン・ダークホーム)
ジェームズ・マースデン(男優)サイクロップス(スコット・サマーズ)
ショーン・アシュモア(男優)アイスマン(ボビー・ドレイク)
アーロン・スタンフォード(男優)パイロ(ジョン・アラダイス)
ヴィニー・ジョーンズ(男優)ジャガーノート(ケイン・マーコ)
ベン・フォスター[男優](男優)エンジェル(ウォレン・ワーシントン)
エレン・ペイジ(女優)シャドウキャット(キティ・プライド)
マイケル・マーフィ〔男優・1938年生〕(男優)ウォーレン
ジョセフ・ソマー(男優)大統領
ショーレ・アグダシュルー(女優)Dr.カヴィタ・ラオ
ビル・デューク(男優)ボリヴァー
キャメロン・ブライト(男優)リーチ(ジミー)
アンソニー・ヒールド(男優)FBI尋問員
スタン・リー〔製作総指揮・1922年生〕(男優)芝生に水をまく人
オリヴィア・ウィリアムズ(女優)Dr.モイラ・マクタガート(ノンクレジット)
ダニエル・クドモア(男優)コロッサス
R・リー・アーメイ(男優)軍曹
山路和弘ウルヴァリン(ローガン)(日本語吹き替え版【DVD】)
大木民夫プロフェッサーX(チャールズ・エグゼビア)(日本語吹き替え版【DVD】)
有川博マグニートー(エリック・レーンシャー)(日本語吹き替え版【DVD】)
日野由利加フェニックス(ジーン・グレイ)(日本語吹き替え版【DVD】)
本田貴子ストーム(オロロ・マンロー)(日本語吹き替え版【DVD】)
小島幸子ローグ(マリー・ダンカント)(日本語吹き替え版【DVD】)
檀臣幸サイクロップス(スコット・サマーズ)(日本語吹き替え版【DVD】)
有本欽隆ビースト(Dr.ハンク・マッコイ)(日本語吹き替え版【DVD】)
村松康雄ウォーレン(日本語吹き替え版【DVD】)
幸田直子レイヴン・ダークホルム(ミスティーク)(日本語吹き替え版【DVD】)
浪川大輔パイロ(ジョン・アラダイス)(日本語吹き替え版【DVD】)
納谷六朗大統領(日本語吹き替え版【DVD/テレビ朝日】)
小松由佳(日本語吹き替え版【DVD】)
石住昭彦ボリヴァー(日本語吹き替え版【DVD】)
伊藤健太郎(日本語吹き替え版【DVD】)
木村雅史ジャガーノート(ケイン・マーコ)(日本語吹き替え版【DVD】)
紗ゆりDr.モイラ・マクタガート(日本語吹き替え版【DVD】)
磯部勉ウルヴァリン(ローガン)(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
麦人プロフェッサーX(チャールズ・エグゼビア)(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
勝生真沙子フェニックス(ジーン・グレイ)(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
深見梨加ストーム(オロロ・マンロー)(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
中原茂サイクロップス(スコット・サマーズ)(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
壤晴彦ビースト(Dr.ハンク・マッコイ)(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
坂本真綾シャドウキャット(キティ・プライド)(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
津村まことリーチ(ジミー)(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
家弓家正マグニートー(エリック・レーンシャー)(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
乃村健次ジャガーノート(ケイン・マーコ)(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
小川真司〔声優・男優〕ウォーレン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
川島得愛パイロ(ジョン・アラダイス)(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
松本大ボリヴァー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
石塚理恵(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
遊佐浩二アイスマン(ボビー・ドレイク)(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
脚本ザック・ペン
サイモン・キンバーグ
音楽ジョン・パウエル
ジョン・アシュトン・トーマス(追加音楽)
編曲ブラッド・デクター
ジョン・アシュトン・トーマス
リック・ジョヴィナッツォ
コンラッド・ポープ
撮影ダンテ・スピノッティ
ジョナサン・テイラー〔撮影〕(第二班撮影監督)
製作ローレン・シュラー・ドナー
アヴィ・アラッド
ラルフ・ウィンター〔製作〕
ロス・ファンガー(共同製作)
リー・クリアリー(製作補)
20世紀フォックス
マーヴェル・エンタープライゼス
製作総指揮スタン・リー〔製作総指揮・1922年生〕
ケヴィン・ファイギ
配給20世紀フォックス
特殊メイクバート・ミクソン
リック・ベイカー[メイク]
ジェフ・レッドナップ
ビル・テレツァキス
マシュー・W・マングル
マイク・エリザルド
特撮ジョン・ブルーノ〔特撮〕(視覚効果スーパーバイザー)
リック・ベイカー[メイク](視覚効果コンサルタント)
コリン・ストラウス(2D技術スーパーバイザー)
グレッグ・ストラウス(視覚効果スーパーバイザー)
ムービング・ピクチャー・カンパニー(視覚効果)
ウェタ・デジタル社(視覚効果)
シネサイト社(視覚効果)
ギョーム・ロチェロン(照明技術監督)
美術サンディ・タナカ
編集マーク・ゴールドブラット
マーク・ヘルフリッチ
字幕翻訳林完治
スタントケン・カージンガー
その他ピート・アンソニー(指揮)
あらすじ
ミュータントの特殊能力を無効にする新薬“キュア”の開発により、ミュータント社会に動揺が走る。人類同化政策を拒むマグニートーはキュア開発の元なっている少年ミュータント“リーチ”を狙うため、同志を増やし、人類に戦いを挑む。一方、狭間に立たされたX-MENたちは人類とミュータントの全面戦争を回避するべく動き出すのだが・・・
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
132.ミュータント同士で争う意図が分かりにくい。全体の構図もこれでいいのか。消化不良気味な作品だと感じる。
simpleさん [地上波(字幕)] 4点(2016-08-11 15:54:04)
131.《ネタバレ》 前作の監督が「スーパーマン リターンズ」を選んだため変更になってます。ただ、ブライアン・シンガー前監督は上手いけど、エンターテイメント性に欠けるタイプだったのに対して、「ラッシュアワー」シリーズのブレット・ラトナーに代わったことで気軽に楽しめる娯楽作品代わっております。
派手なアクションシーンがバンバン続くので、何も考えず(考えない方が)楽しめます。その一方でプロフェッサーとかサイクロプスとかが殺されちゃいますが(苦笑)
逆に言えば、思い入れのあるファンより、あまりXMENに興味がない方や第一作目で退屈に感じた方のほうが楽しめると思います。
映画の夢さん [DVD(字幕)] 7点(2016-07-05 17:34:24)(良:1票)
130.《ネタバレ》  お祭り騒ぎで大団円。細かいシナリオ、サイドエピソードは、なし崩し的に割愛。思い切ってます。ファンからすれば消化不良感の残る完成度です。
 まあ、そうは言っても、本作ではシリーズを通して最大の超能力バトルが見られるのが、最大の見所。もちろん、要所要所でさりげなくミュータントたちの能力を小出しにする演出だって、監督が変わっても健在です。きっと本作を楽しみにしている観客が一番見たいであろうものはしっかり見せてくれるので、その辺りは安心して楽しめますね。
 ただ、サイクロップスが死に、プロフェッサーXが死に、ジーンが死ぬ。エンタメ色の強いこのシリーズにしては、犠牲が多く、悲しくなっちゃいます。ついでに言うならば、ミスティークとマグニートの師弟関係、信頼関係も好きでしたので、マグニートがあっさりミスティークを切り捨てたのはかなりショック。ミスティークはミスティークであっさり昔の仲間を売っちゃうし、もう残念で仕方がないです。がっっかりです。
 また、このシリーズではとにかくいろんなミュータントが出てくるのが面白いわけですが、それが同時に短所でもあります。なにしろ、既存のメンバーに加えて、新メンバーも追加されるわけですから、今作はマグニート軍団だけでも大所帯。こうなってくると、一人一人にスポットが当たる時間は必然的に短くなります。エンジェルやキュアの元になった少年のエピソードはそのまま放置だし、ミスティークや分身の男、パイロだってその後どうなったのか全然わかりません。こんな感じで放置されっぱなしのエピソードがあってあたりまえみたいなのより、個人的には『1』くらいの丁寧な作りが好きでしたね。
 ってゆーか、『1』の主要メンバーがとにかく好きでしたので、個人的には『1』の面子+新戦力(アイスマン、シャドウキャット、コロッサス、できたら2のナイト・クロウラー)で、新マグニート軍団とガチンコバトルしてほしかったです。
 新生マグニート軍団の新メンバー3人なんて、建物から出てきた瞬間、フェニックスの力で塵にされて、扱いの雑さが悲しすぎます。これじゃあ『フリーザ、スーパーサイヤ人、その他大勢』と同じじゃないですか。Xメンはそれぞれの長所を活かしたチームバトルが面白いのに!
たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2015-08-03 05:54:33)(良:1票)
129.《ネタバレ》 X-MENシリーズ第3作。
死んだはずの仲間が実は二重人格で凶悪な敵として復活!
一方人間はミュータントを人間に戻す薬を開発しミュータント界に賛否両論巻き起こる。
敵軍団が開発施設に攻め込むのをX-MEN軍団が阻止すべく立ち塞がる。といった話。
なかなかド派手な映像で楽しめます。
が話は結構ムチャクチャ。
これ系の映画にリアリティを求めちゃいけないってのは分かるんですけどいくらなんでもヒドイかな。
注目すべきはエレンペイジがかわいいってとこです。
童顔で困り顔は狙いすぎなくらいですね。
最初誰かに似てると思ってたらLastOfUsのエリーだった。
調べてみると本人に許可とってないらしい。
スクエニじゃなくて良かったねぇ。
訴える側が逆ですけどw
SASUKEさん [DVD(吹替)] 5点(2015-04-10 21:43:46)
128.《ネタバレ》 あれ?てっきりジーンはキュアの元になった少年の力で、元に戻ったりすると思ったのに?ミュータントと人類の対立も類型的。キュアがあれば人類はミュータントを無力化できちゃうという設定はどうなんだろう?すっきりしない作品でした。
こんさん99さん [DVD(字幕)] 4点(2013-09-16 00:27:50)
127.2013.03/28 鑑賞。シリーズものの宿命か、当初の斬新さは薄れ・・。
ご自由さんさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-04-24 23:23:42)
126.《ネタバレ》 最後の大決戦の迫力はまあまあだったけど、大味といえば大味だし、個々の戦闘の締め方は結構雑。で、それに至るまでは、そう大した争いごとでもないようなことを似たようなやりとりの繰り返しで引っ張っていて、ハリボテ感が満載。そんな中でも、エレン・ペイジはやっぱり可愛いですね。アンナ・パキンより可愛いというのは、ちょっと複雑だけど。
Oliasさん [CS・衛星(吹替)] 4点(2013-04-07 00:30:59)
125.《ネタバレ》 相変わらずストーリーはいろいろ盛り込みすぎているが、アクションシーンの迫力はさすが。
ハーバーブリッジを持ち上げて移動してしまうマグニートーなど、奇想天外なスケールに魅了された。
あまり中身に突っ込まず、素直にものすごいバトルを楽しむ、というのがこの作品の賢い見方だろう。
mhiroさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2013-03-29 20:12:59)
124.1、2に続き個人的にはキャラ惚れ映画です。ウルヴァリンです。原作のではなくヒュー・ジャックマン演じるこのウルヴァリンです。かっこ良過ぎ!ジーン・・・ってかサイクロプス・・・可哀想な扱いだね。プロフェッサーも不思議な事になっちまったし、マグニートも??引っ張るね~。でももうこの続きの映画は無いんだろうか、な?今の時点で7年経ってたしビックリ。
movie海馬さん [映画館(字幕)] 7点(2012-06-02 03:20:39)
123.《ネタバレ》 いよいよ3部作の最後。キュアの開発によりローグが救われる道が出来た。一方、マグニートーはキュア潰しの戦いを始める。これは力を奪われるという表面的な問題ではなく、尊厳の問題であったと思う。さらに前作で死んだと思われたジーンが生きていて、別人格だのクラス5だの大変な事に…。ここまで圧倒的だと無双状態だから面白くはないけど、そこに至るまでの雑魚たち(ごめんなさい)の戦いは相変わらず楽しめる。エレン・ペイジも活躍したしな~。総括すれば面白い3部作だった。
リーム555さん [DVD(字幕)] 7点(2012-05-20 12:30:20)(良:1票)
122.《ネタバレ》 パート2まではミュータントと人間との対立、それに伴う苦悩がうまく表現されていたのですが、今回はそんなもん吹っ飛ばして、ミュータントいっぱい出してバトルしちゃうぞーー的な映画になっておりました。確かにそれはそれで、それなりに楽しめたし、苦悩する部分はビーストとかローグなどが担当しているのはわかるのですが、やたらミュータントが出てきて、やたらと死んでいく・・・。うーーん・・・バトル部分は減らしても良かったから、あのキュアの元となった少年や、エンジェルなどの話を膨らましても良かったかもです。あとマグニートーがあっけなくやられすぎだし、あの逃げる時に言ったセリフも陳腐に聞こえてしまいました。でも最後の教授とマグニートの復活を示唆する描写はありがちだけど良かったです。続編あるかなーー?(このパート3の後という意味で・・。)
わたたさん [DVD(字幕)] 8点(2012-01-23 03:19:45)(良:1票)
121.ラストのバトルは・・・何となく『キングコング2』を思い出してしまった。こんな機会でも無ければ思い出さない映画を思い出させてくれたことに感謝。
鱗歌さん [CS・衛星(吹替)] 3点(2011-12-24 09:44:04)
120.《ネタバレ》 実は原作の漫画とかアニメ版を全然知らないんだけれど,「X-MEN」って地下に秘密基地があるわ超高性能のジェット機持ってるわお揃いのヒーローっぽいスーツ着てるわで,てっきりスパイダーマンや宇宙忍者ゴームズ(ファンタスティックフォー)みたく世の中の悪党と戦う正義のヒーロー集団だと思ってた。それの完結編のラスボスがジーンって正直どうよ?(私の勝手な思い込みのせいですねそうですね)
S.H.A.D.O.さん [ブルーレイ(吹替)] 5点(2011-10-27 09:18:53)(笑:1票)
119.《ネタバレ》  スコットーーーーーーッ!!
 前作での急激なヘタレ化や序盤でのヤサグレ具合から『活躍は難しいな』と思っていたが、まさかこんな結末になるとは。殺られ方だけでなく仲間の悲しみ具合も明らかにプロフェッサーの時に比べると弱い。
 いや、私だった『ローガンとどっちが好き』と聞かれたらそらローガンですよ?てか普通にガンビットやストームの方が好きですし『好きな登場人物ランキング』で言えば5位以内も微妙ですよ。だからってこんな親の仇を相手にしてるような扱いはあまりに酷くないですか?DVDのパケなんて三角関係どころかどう見てもジーン&ローガンですよ。
 ストーリーも『ミュータント=病気』と捉え薬による『治療』と言うのは悪くないが、それに反発する者達(マグニートとか)との抗争がちょっと地味。中世ヨーロッパとかじゃないんだから正面切ってぶつかり合うって・・・てか普通にマグがあの橋落としちゃえばよかったんじゃないの?
 まぁ最終章な上、ジーンの暴走やプロフェッサーの死等事件が多いので仕方ないが全体的に駆け足な感じがしてしまったのもマイナス。
 戦闘も新キャラの活躍が目立ちレギュラーが抑え気味だったのも残念。
 決して悪い出来ではないが、個人的には前作(2)の方が面白かったかな。
ムランさん [映画館(字幕)] 6点(2011-07-18 19:18:08)(笑:2票)
118.《ネタバレ》 善も悪も今までのレギュラーメンバーがあっけなくやられていくのが納得いかない。特にシリーズ通してサイクロプスの存在って一体・・・。
とむさん [DVD(字幕)] 4点(2011-07-02 17:03:28)
117.《ネタバレ》 えぇ、まぁ、総じて面白かったと思います  全体的になんかものすごーくお金掛ってるよね まぁいわばなんでもありなミュータントたちは、スゴイっちゃあスゴイけど なんかもう凄過ぎて訳わかんないような  あとはいわば「身内」で殺しあうっつうのもどうなんだかなぁ~  エンドロール後のシーン…たぶん何かあると思ってたよ(笑)…は何? 続き的なこと?? まぁ退屈はしない緻密な造りは評価できるとオモイマス
Kanameさん [DVD(字幕)] 5点(2011-06-26 06:59:59)
116.アメコミヒーロー映画は大好きだが、このシリーズの前2作品にはどうにも高揚感に欠けて、好きになれなかった。
一応の「最終作」と銘打たれた今作は、前の2作品を見慣れていた分、高揚感の薄い世界観にも慣れ、幾分はマシだった。が、やっぱり「好き」というレベルには達しなかった。
こういう"イロイロキャラクター”がいっぱい出てきて協力したり対決したりする設定は大好きなんだが……。

いろいろと問題はあろうが、そもそもヒュー・ジャックマン演じる主人公のキャラクター性に魅力がない。
野性味溢れる風貌そのままに性格がいつまでたっても粗野なままで、シリーズ化される映画の主人公に相応しい葛藤やそれに伴う深みが無いことが、致命的だと思う。

それに対して、脇役たちのバリエーションは充分備わっているのだが、キャラクター性は豊富な反面、それぞれのキャラクターに華が無く、色々な意味で“弱い”。

結局、主人公やその他のX-MEN以上に存在感を出しているのは、超ベテラン俳優二人が演じるプロフェッサーとマグニートー。
まあ見方を変えれば、このシリーズはこの二人の積年の対立を描いているわけだから、当然と言えば当然だが、爺様VS爺様ではやはり華が無い。

「最終作」と言っておきながら、最後の最後でもこの二人の爺様の存在性に更なる続編への「布石」を頼る始末……。
とか言っていたら、最新作は時代を遡って、二人の若かりし日の“発端”を描くとのこと。なんだかなあ…。

あ、今作で良かったのは、エレン・ペイジが“壁抜けガール”役で急に出ていたこと。。。
鉄腕麗人さん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2011-05-18 00:14:03)
115.初X-MENでしたが色々いっぱい出てきて楽しいと思います。
akilaさん [地上波(吹替)] 5点(2011-03-02 02:07:10)
114.3作見たが自分には合わない。
たこちゅうさん [地上波(吹替)] 6点(2010-12-12 00:13:49)
113.《ネタバレ》 ジーンが生き返ったのと、ジーンの能力には納得がいかないけど、キュアが開発されたり、個々人の意思でミュータントでいつづけるか否かを判断できるというストーリーは今までで一番評価できる。
いっちぃさん [地上波(吹替)] 6点(2010-12-11 12:02:46)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 132人
平均点数 6.65点
000.00%
100.00%
210.76%
353.79%
496.82%
51612.12%
62418.18%
73526.52%
82418.18%
91612.12%
1021.52%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.94点 Review19人
2 ストーリー評価 6.20点 Review25人
3 鑑賞後の後味 6.45点 Review22人
4 音楽評価 6.13点 Review15人
5 感泣評価 3.50点 Review14人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS