ろくでなし(1960)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ロ行
 > ろくでなし(1960)
 > (レビュー・クチコミ)

ろくでなし(1960)

[ロクデナシ]
1960年【日】 上映時間:88分
平均点:8.50 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
ドラマモノクロ映画青春もの
新規登録(2006-02-05)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2018-03-04)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督吉田喜重
キャスト高千穂ひづる(女優)牧野郁子
津川雅彦(男優)北島淳
川津祐介(男優)秋山俊夫
渡辺文雄(男優)篠原宏二
佐藤慶(男優)拳銃売りの男
山下洵一郎(男優)
安井昌二(男優)牧野信一
三島雅夫(男優)秋山謙作
佐々木功(男優)歌手
脚本吉田喜重
音楽木下忠司
撮影成島東一郎
配給松竹
美術芳野尹孝
編集浦岡敬一
録音吉田庄太郎
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.この「噂の名作」を映画館で観るのに時間がかかった、かつては。ついに観ることができたときにはほんとうに興奮した。世間に追従するだけではない「若者」の映画、映画は若者のための野心的なジャンルとなったのだった。若者表現において吉田には小津との有名な確執があったし、これも日本映画史の貴重なひとこまである。
ひと3さん [映画館(邦画)] 10点(2011-03-25 22:40:58)
1.《ネタバレ》 大島渚監督や篠田正浩監督とともに「松竹ヌーベルバーグ」と言われていた吉田喜重監督のデビュー作。大島の「青春残酷物語」と同じく松竹らしい映画ではないが、これもけっこう面白かった。ラストは「青春残酷物語」のそれと比べると衝撃度は小さいように思うけど、そっくり同じような終わり方をするというゴダールの「勝手にしやがれ」(ゴダールに対する苦手意識の強さからまだ一度も見たことがない。)をちょっと見てみたくなった。役者陣ではクールなヒロインを演じる高千穂ひづるがとても魅力的。津川雅彦も若い。
イニシャルKさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2006-02-18 03:09:41)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 8.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
7150.00%
800.00%
900.00%
10150.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS