デイジーのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > テ行
 > デイジー
 > (レビュー・クチコミ)

デイジー

[デイジー]
Daisy
2006年【韓】 上映時間:125分
平均点:5.63 / 10(Review 27人) (点数分布表示)
公開開始日(2006-05-27)
アクションラブストーリー
新規登録(2006-02-10)【映画あまり見ない人】さん
タイトル情報更新(2012-11-26)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アンドリュー・ラウ
演出ディオン・ラム(スタント・コーディネーター)
キャストチョン・ジヒョン〔女優〕(女優)ヘヨン
チョン・ウソン(男優)パクウィ
イ・ソンジェ(男優)ジョンウ
デヴィッド・チャン〔男優〕(男優)チョウ
ディオン・ラム(男優)ジュナ
弓場沙織ヘヨン(日本語吹き替え版)
三木眞一郎パクウィ(日本語吹き替え版)
脚本クァク・ジェヨン
音楽梅林茂
チャン・クォンウィン
作詞アンジェラ・アキ「This Love」
作曲アンジェラ・アキ「This Love」
編曲アンジェラ・アキ「This Love」
主題歌アンジェラ・アキ「This Love」(日本版イメージソング)
撮影アンドリュー・ラウ
配給東宝東和
字幕翻訳根本理恵
その他東宝東和(提供)
WOWOW(提供)
あらすじ
オランダで暮らす画家志望の女性へヨン(チョン・ジヒョン)のもとに、差出人不明のデイジーの花がいつも届けられる。見知らぬ送り主を運命の恋人だと信じるヘヨン。そんな彼女の前に謎の男ジョンウが現れると、すぐにヘヨンは恋に落ちる。しかし彼女は知らなかった。彼がインターポールの刑事であることを!!そしてヘヨンの毎日を遠くから見守り続ける孤独な殺し屋のパクウィ・・・・・・。韓流ファン必見!究極のラブトライアングルムービー。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
27.《ネタバレ》 主演女優のあの娘が醸し出す深く圧倒的な情感、さわやかなのにしっかりした存在感、そういうのはいまの日本映画ではまったく見られない。それなのに、それなのに、脚本のこの俗悪な筋立て。信じられないほどのアンバランスだ。韓国、あるいは監督が香港人とのことだからアジアか、日本以外のアジアの人々の深い感情と、その通俗性・俗悪さとの不自然な結合。なんなんだこれは。
さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2015-01-25 18:49:40)
26.《ネタバレ》 これ程、高度なすれ違い、勘違いを観れたのは、最高に感動しました。同期どきして、画面から目が離せなくなりました。彼女の殺し屋も一度は刑事を彼女を救ったわけだし、彼が、いつ話すのか、それがバレるのか、そこだけが気になりました、韓国映画としては、外国での撮影シーンも多く、楽しめたし、彼女が喋れなくなってしまったこと、それが、悲しい。黒いチューリップが仕事の連絡方法だとはきずきませんでした。最高に楽しめました。 レオンとか、イメージしたんだろうか、かなり良いところにたどり着けた感じがします、自分の中に声にはならない、悲しみ、哀しみ、ひしひしと伝わり、やり切れないです、エンディングの歌が良いんです、ドラマにマッチしていますね。韓国映画だと脂ぎった人殺しとか、刑事とか出てくるから、あんまり見なかったんだけど、刑事も殺し屋も爽やかで、今頃の映画を感じました。切ないです。
yasutoさん [映画館(吹替)] 10点(2014-12-25 19:38:00)
25.《ネタバレ》 新人とはいえパクウィは殺し屋に向いてないよね、射撃は上手いみたいだけど。あんなにプライベートが丸見えで、、、家の鍵もあんなとこに、、、そして何よりそんなに脇が甘いのに、恋しちゃった相手にホイホイ近づいちゃうって、頭がお花畑過ぎるよ。で、詰めが甘いからボスの信用も失うし、彼女もあんな事に、、、。まぁ本人も途中までは接触を我慢してたし、そうでないと殺し屋の恋物語なんて出来ないのかもだけれど、やっぱり殺し屋はビックリするくらい冷徹じゃないと。韓国作品ってなってるけど、監督が監督なので雰囲気が香港ノワールでしたが、今回のモーションのかけ方や間合いは好きで無かったです。でも!パクウィを演じるチョン・ウソンはやっぱり素敵なビジュアルだなぁ。そのビジュアルに1点オマケ!
movie海馬さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2014-11-07 00:05:23)
24.《ネタバレ》 美しい風景、絵画と音楽、ひとりの女性を好きになる刑事と殺し屋。ストーリーの展開が冗長に感じましたが、個人的には好きな作品です。妻と一緒に観たのですが、横で彼女は号泣してました。あと、チョン・ジヒョンはいいですね。あの表情、演技、たまんないっす。
おやじのバイクさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2011-07-17 10:41:18)
23.《ネタバレ》 チョン・ジヒョン目当てで見た自分には物足りない作品でした。彼女がお人形的な役で、別の女優でも成立するって感じ。韓流映画独特の生活感のなさを極めたような映画。後半、チョン・ウソンがボスの館に乗り込むシーンのアクションは超カッコいい。驚きました。
フラミンゴさん [地上波(字幕)] 4点(2009-07-13 19:05:17)
22.あれがオランダでの話しだということは映画を見ただけでは全くわからなかった。韓国人以外の人は英語で話していたみたいだったし。あれだけのことで会ったこともない一人の人を思い続ける気持ちというのが個人的に全く理解できないこともあり、映像の色彩的美しさ以外にはほとんど残らなかった。男同士がお互いの正体がどうやってわかったのかということに関しても僕の集中力では合点がいかずもやもやした気持ちになった。
HKさん [DVD(字幕)] 4点(2007-12-31 21:30:54)
21.《ネタバレ》 あまりにも悲しい物語。韓流映画にはもっとコメディタッチな作品を求めているのですが。シリアスな中にも軽い感じがあったり。本作はそれが皆無です。空気が重たいです。が、素敵な作品だと思います。音楽も映像も美しく、ストーリーもベタベタですけど悪くはなく、アンドリュー・ラウって感じでした。ただ、最後がちょっと冗長な感じでした。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2007-10-27 23:35:35)
20.韓流炸裂といった感じのベタベタな展開。なんとも出来過ぎだったり、なんともカッコつけ過ぎだったり、映像的にはかなりハイレベルだと思うんですけど素直に受け入れられない。人物設定がしっかりしていないから、2人のストーカーに翻弄された無垢な女性の悲劇になっちゃってるし、その2人の行動には、刑事やヒットマンという孤高で過酷なプロフェッショナルとは思えない緊張感の希薄さが。そして、ヒロインの行動にしても不自然で感情移入しにくい。クライマックスでの唐突な主題歌挿入は、一昔前のアイドル映画みたいで観てる方が恥ずかしくなる。素材がいいだけに実にもったいないです。
チョン・ジヒョンのあまりの愛くるしさと、観る度に女優として進化する姿故の6点献上ですが、もしヒロインが別人(しかもタイプじゃない)だったら、3点ないし4点かな?期待していただけに、極めて残念!
ぽこた(ぺいぺい)さん [DVD(字幕)] 6点(2007-10-04 01:01:12)
19.《ネタバレ》 ストーリーや設定は好きだが、登場人物に感情移入できなかった。
フッと猿死体さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2007-09-30 08:08:39)
18.どんパチを予想してなかったのでかなり想定外の展開でした。風景もきれいだから、どんパチなしの純粋なラブストーリーの方が良かったんじゃないですかね?チョンジヒョンは今回は、今までの作品のようなキュートさがなく、ちょっと太り気味に思います。あまり魅力的ではなかったです。しかし、外国で韓国人が3人出会うことってあるんですかね?そかも美男美女が?ちょっとあり得ないんじゃないでしょうか?
たかちゃんさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2007-09-21 12:52:05)
17.《ネタバレ》 アナザーver.から観てみました。メインとなる男性が2人出てきて、三角関係で展開するというのはなかなか面白かったです。2人が車の中で会話するシーンは、見せ場ですね。ラブストーリーものなので、細かいことは言いませんが…感情移入できなかったのが惜しい。「猟奇的~」「~消しゴム」などではボロボロ泣いたのですが、今作は全く涙は出ませんでした。たぶん、構成として視点が定まっていないためかと。ちなみに、パクウィがジョンウを殺していたら、4点でしたw「死なせてしまってすまない」という部分は、ベタベタながら、ちょっとグッときましたね。今度、インターナショナルver.も観てみます。 (以下、インターナショナルver.観た後の感想)ちょっと評価下げさせてもらいますwアナザーver.の方が100倍よかったです!全く違う映画とも言える程の違いがあり感心した反面、通常版の編集の悪さにガッカリしました…。どちらか一方を観る予定の方にはアナザーver.をお薦めします☆両方観る予定の方にはインターナショナルver.から順に観ていった方が、楽しめますね!
グングニルさん [DVD(字幕)] 5点(2007-09-10 17:43:03)
16.映像も音楽もまあ悪くないけど、「レオン」なんかを真似しすぎ? 登場人物が寡黙なところとか、植物が印象的に使われるところとか・・。チョン・ジヒョンはいい女優だと思うけど、イ・ソンジェは女が恋に落ちるタイ (詳細はブログにて)
おばちゃんさん [映画館(字幕)] 6点(2007-07-03 00:00:50)
15.《ネタバレ》 ロック好き?の刑事とクラシック好きの殺し屋という組み合わせ。殺し屋は芸術を愛する男でした。この物語のテーマはズバリ「芸術」です。私は殺し屋の定義なんてあんまりこだわらなくていいと思う。あんがい本当の殺し屋とは、お洒落でロマンチックで芸術的なのかもしれません。それとオランダは日本のように電柱がないので、すっきりしていて空の青さが目立ちました。なによりも22時にならないと日が沈まない時期にこの場所で撮影したことは評価できます。だって綺麗じゃないですか?なにゆえにオランダ?というつまらない理屈よりも、「綺麗だ」と思う感性が上回りました。しかもオランダの建築物は川と緑と一体となって1つの色彩を形成していて、すべてが川に向き合うように建物がたっている。派手な広告看板の乱立で、どぎつい色彩の町並みが目立つ日本とは大違いで美的感覚に優れていました。ひたすら明るく芸術的な舞台を背景に、芸術を志す女性と芸術を愛する殺し屋が中学生のようにものすごい純愛を展開するわけですから、恥かしながらもメルヘンチックな気分にひたれます。日本のごちゃごちゃしたダサい街並みを忘れましょう。そしてすすんで癒されましょう。これはそういう映画でした。
花守湖さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2007-04-18 23:31:49)
14.《ネタバレ》 最近、年のせいなのか、どんなに綺麗な背景でどんな純愛を描いた映画でも、
ロマンチックな気分より、すぐ眠くなります。(もうすぐ死ぬのかな・・・?)
この映画も、眠さ満載。
っていうか~、なぜに外国を舞台にせねば行けないのか、なぜに
あの主人公は刑事を「お花の人!」と思い込むのか。なぜに、「殺しの
依頼」が黒いチューリップ(笑)なのか。なぜに、あの男は腕利き
スナイパーという設定なのに、あんなどうでもいいような警察からの偽依頼を
やらせるのか。

突っ込みどころ満載だけど、別にどうでもいいや、と思う、謎が
満載。

でも主人公の3人は結構頑張ってたと思います。ハンサムさんはかっこよく、
ハンサムじゃない人はいい人っぽく、女の子は素顔が綺麗な人、という
印象で・・。

でもさ、話が、あまりにも地味だ・・・。もう少し、恋愛部分もドキドキを
入れられないのかしら?ベッドシーンは無理でも、良いキスシーンとかさぁ!(怒)
誰も脱ぎやしない。
女ながらに、最近ロマンチックよりはエロスの方が目が覚めるので、まだマシって
思ってるんですよ。眠いな。

やわらか戦車さん [DVD(字幕)] 5点(2007-03-15 20:55:37)(良:1票)
13.ちょっと厳しいような気がするが、ラストが少し納得いかない。雛菊を送るって見守ってるつもりでも何処か自分の存在を意識してほしかったのだろうか。(殺し屋になる前に出会ってほしかった…)しかしお目当てのチョン・ウソンはやっぱり寡黙な役が似合う。へヨンの声を電話で聴く姿が悲しかった。アナザーバージョンも観たい。
よーこさん [DVD(字幕)] 4点(2007-01-17 17:07:03)
12.《ネタバレ》 物語は「う~ん、どうかなぁ」って感じがしました。そもそも出会った事が悲劇の始まり、という救いのない展開は、それはそれでいいと思うんですけれど、3人それぞれの視点で描かれながら、どれもが気持ちをぐぐっと捉えきれないような。何が足らないのかな、んー、映画として寡黙過ぎるのかな。お互いがそれぞれに気持ちを抑えっ放しな物語ゆえに、こちらに伝わってくる事が限られていて、だったらもっと魅力的な出会いや触れ合いのエピソードを散りばめていて欲しかったなぁ、と。べたべたな甘さ砂糖の10倍みたいなハードボイルドってのもね。もう少しカラッとさせていて欲しかったかな。まあ、オランダを舞台に韓国人3人が出会いのドラマを演じる事の不自然さはどうにもこうにも、ですが。しかし、映像と音楽はとってもいいんですよね。全編色彩も構図も綺麗だし、常にふんわりと動く流麗なカメラワークに酔えるし。3人が初めて1つの場に集ったシーン(厳密にはその前にたまたま出会っていたシーンがありますが)でいきなりパッ!とマルチ画面に転じる、そのタイミング、盛り上げ方の上手さには惚れぼれしました。丁寧に撮られた映画だけに見応えは結構あって、悪くはなかったかな。個人的にはジヒョン姉さんが薄幸、儚げ過ぎな描かれ方で、むしろ「バラ? 殺されたいの? デイジーにしな!」みたいなノリがあった方が良かったんですけど、それじゃ映画のカラーぶち壊しですね。
あにやん‍🌈さん [DVD(字幕)] 6点(2006-11-28 01:53:32)
11.《ネタバレ》 やっぱり死にましたか。毎回毎回韓国映画は主人公がよく死にますね。全編オランダロケというだけあった景色が綺麗。いやー癒されますな。それはさておき腑に落ちない点が多々ありました。ラストは全員死んだんだろうか。ヘヨンは何で絵を描いてもらいに来ただけのジョンウを急にすぐに好きになるんだろうか。それにジョンウは死んでもいないただ国に帰っただけなのにあの落ち込みようは一体・・・。ジョンウが急に現れた時のあの気の動転の仕方も大袈裟すぎる。極めつけはジョンウの上司のチャン刑事、あなた依頼殺人は共犯になるって知らないのかよ!!
TRUST NO ONEさん [DVD(字幕)] 6点(2006-10-28 03:08:44)
10.韓国映画とはまた香りの異なるスタイリッシュな演出に彩られてクァク・チェヨンの物語が輝いている。
SUMさん [映画館(字幕)] 6点(2006-09-03 17:15:27)
9.笑うところも泣くところも感情移入できるところもない静かな映画。むやみやたらに格好つけるのはやめて欲しい
wlonさん [映画館(字幕)] 3点(2006-06-18 01:07:05)
8.ヨーロッパの風景や町並み、ハリウッドのアクション。欧米(映画)への憧れを示すかのように婦女子向けミエミエな作りは嬉しい(単純でごめん)。
韓流名物伏線の張りとカバーもOK(2男優目当てで、伏線をあえて拾いたいご婦人=私=は目をよーくこらしてね。笑)。
少女マンガのような内容も、おセンチなBGM(「~消しゴム」やらエンヤやら坂田晃一を連想させ度充満。笑)も胸キュンのためにはまあいいと思う。
でもここまでこれだけ揃ってるのに、肝心のラブストーリーがぐっと迫りこないのが残念。帰りの劇場エレベーター(O社製だったわ)の中で若いお嬢さんたち(きっと消しゴムの彼のファンであろう)が「意味不明。’あっち’がおとなしすぎ。好き合ってる感じがいっこも出てない。(2男優)入れ替えたらまた違ってくるかもなあ。」とおっしゃってた。(←超特急で感想まとめるとは、さすが。笑)。
エンディングの歌詞が彼女の気持ちをあらすじっているものの、曲は『ラブストーリー』ちょっとそっくり(←どっち?笑)でえらいこそばいこと(笑)。
あ、泣けたのはチョン・ジヒョンが左手首をちょっと動かしたシーン(T_T)。猟奇的でない彼女もええね!(最初は一昔前のシムウナとかヨンエっしーだったらどんなにええかと思ったけど取り消しときます、ごめーん。)
かーすけさん [映画館(字幕)] 6点(2006-06-16 16:43:29)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 27人
平均点数 5.63点
000.00%
100.00%
200.00%
313.70%
4725.93%
5414.81%
6933.33%
7414.81%
800.00%
913.70%
1013.70%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.80点 Review5人
2 ストーリー評価 6.83点 Review6人
3 鑑賞後の後味 5.50点 Review6人
4 音楽評価 7.66点 Review6人
5 感泣評価 5.50点 Review6人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS