ラストマン・スタンディングのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ラ行
 > ラストマン・スタンディング
 > (レビュー・クチコミ)

ラストマン・スタンディング

[ラストマンスタンディング]
Last Man Standing
1996年【米】 上映時間:101分
平均点:4.30 / 10(Review 50人) (点数分布表示)
アクションドラマ犯罪ものリメイク
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2011-01-09)【M・R・サイケデリコン】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ウォルター・ヒル
キャストブルース・ウィリス(男優)ジョン・スミス
クリストファー・ウォーケン(男優)ヒッキー
ブルース・ダーン(男優)エド・ガルト保安官
デヴィッド・パトリック・ケリー(男優)ドイル
マイケル・インペリオリ(男優)ジョルジオ・カルモンテ
ウィリアム・サンダーソン(男優)ジョー・マンデー
パトリック・キルパトリック(男優)フィン
カリーナ・ロンバード(女優)フェリーナ
R・D・コール(男優)ジャック・マックール
リン・シェイ(女優)マダム
トーマス・ロサレス・Jr(男優)ラミレズの護衛
ジミー・オルテガ(男優)ラミレズの護衛
安原義人ジョン・スミス(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
有本欽隆ヒッキー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
塚田正昭エド・ガルト保安官(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
荒川太郎ジョー・マンデー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
小林優子ルーシー・コリンスキー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
大滝進矢ドイル(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
野沢那智ジョン・スミス(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
立木文彦ヒッキー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
西村知道ジョー・マンデー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
山像かおりフェリーナ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
田中敦子〔声優〕ルーシー・コリンスキー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
江原正士ドイル(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
牛山茂フレッド・ストロッジ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
辻親八ジャック・マックール(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
小林勝彦トム・ピケット隊長(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
原作黒澤明(原案)
菊島隆三(原案)
脚本ウォルター・ヒル
音楽ライ・クーダー
撮影ロイド・エイハーン二世
製作ウォルター・ヒル
ラルフ・S・シングルトン(共同製作)
製作総指揮マイケル・デ・ルカ
配給ギャガ・コミュニケーションズ
録音ポール・マッシー[録音]
ゲイリー・A・ヘッカー
字幕翻訳岡田壮平
スタントトーマス・ロサレス・Jr(ノンクレジット)
アレン・ロビンソン(ノンクレジット)
ジミー・オルテガ
マイク・スミス[スタント]
ジョーイ・ボックス(ノンクレジット)
その他ラルフ・S・シングルトン(ユニット・プロダクション・マネージャー)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
50.2018.05/03 BS鑑賞。セピア色の背景で男のロマン、生き様を強烈に演出し一人称の語りをベースに展開。カッコ良い出だし。でも途中であっと驚く黒澤明の「用心棒」をもとに「椿三十郎」がチラホラ。びっくりした~リメイク版だったようですね。「荒野の七人」は良かったがこちらはただただ撃ちまくり己には銃弾が当たらない設定。ちょっと無理筋が残念。
ご自由さんさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2018-05-03 23:54:27)
49.おっ黒澤明だ!ウォルター・ヒルだ!んでもって当時人気絶頂のブルース・ウィリス 主演!!
と期待していったら、共倒れだった印象。主人公が用心棒に比べるとなんかせこい。
いそろくさん [映画館(字幕)] 5点(2018-04-02 20:19:46)
48.《ネタバレ》 ○分かりにくいわけではないが、もっとわかりやすく肩入れしやすい状況を作っても良かったかな。オリジナル「用心棒」のような爽快感などは全くなし。○がんアクションは銃声含めこだわっていたように感じた。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2015-10-18 01:13:22)
47.《ネタバレ》  評価ひっっく!まじですか。
 ・・・と思ったら、なるほど、これはリメイク作品なのですね。完全にオリジナルだと思って見ていました。
 だからなのかはわかりませんが、私は凄く面白かったです。ブルース・ウィルスのお手本のような、それでいてちょい悪風なヒーローっぷりが最高にかっこいいです。こーゆーキャラ大好きなんですよね!
 そんで、無敵に見せかけておいて、中盤でぼこぼこにされるとか、実は腹に1発くらっていたとか、適度なピンチっぷりが雰囲気を盛り上げてくれるじゃないですか。
 ジョン・スミス(ブルース・ウィリス)と酒場の店員と、保安官と女性三人、これ以外の登場人物をきれいさっぱり消しちゃったのもすっきりしていて爽快です。ちょっとずつ街から人がいなくなっていく様子も良い。車の修理屋がいなくなり、最後は棺桶屋っていうのがほんとに良い。祭の終わりって感じですね。
 オリジナルを知らないがゆえ、私にとっては今作がオリジナルとなりました。ですので、あくまで今作を観た感想のみでのレビューです。面白かったですか、って聞かれたら、間違いなく面白かったです。久しぶりに期待を超えてくれた作品です。
たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2014-05-02 10:14:15)(良:1票)
46.《ネタバレ》 主人公が何の目的で戦っているのかがよくわからないし、悪党のワルぶりも足りていません。さらにはキャラクターの戦力描写も不適切であり、銃を持たせた時の主人公が最強すぎて、彼が二つの組織の間をコソコソと動き回ることが無意味に感じられてしまいます。実際、クライマックスではたった一人でヤクザの拠点に殴り込んで、全員を射殺してしまうわけだし。だったら最初からそうしろよと思ったのは私だけではないはず。そもそものミスとして、謎の男であるはずの主人公に映画のナレーションをさせてはいけないでしょう。彼は、どこで何をしてきたのか分からない、何を考えているのかも分からない男でないといけないのに、ナレーションでその心境がご丁寧に説明されてしまうのでは、ダークヒーローに必要な神秘性というものが失われてしまいます。。。
ウォルター・ヒルは黒澤明やセルジオ・レオーネに対して敬意を払いすぎるあまり、本作では完全に調子を狂わせてしまったようです。オリジナルにあった要素を自作にも反映させようとしたために、作品全体のバランスが崩れてしまったのです。彼はオリジナル脚本でこそ光るタイプのクリエイターであり、他人のふんどしで相撲をとることは出来なかったようです。とはいえすべてがダメというわけではなく、ヤクザの女が耳を削がれたり、主人公が半殺しのリンチを受けたりする中盤のバイオレンスはなかなかショッキングだったし、そこからペースを上げてクライマックスへと突入していくテンポの作り方も良く、バイオレンスの巨匠の面目はある程度保たれています。また、『フェイス/オフ』が世に出る前年において、二丁拳銃によるアクションをかなりの完成度で披露した辺りのセンスの良さも評価すべきであり、本作は決してダメな映画ではありません。。
ただし、この映画で6,700万ドルは使いすぎですが。同年公開の『インデペンデンス・デイ』『ザ・ロック』の製作費が7,500万ドル、『セブン』に至っては3,300万ドルで作られている中で、狭い舞台で登場人物の数も限られている本作の製作費の割高感は突出しています。どこに大金が使われたのかを推測しながら本作を見れば、意外と楽しめるかもしれません。
ザ・チャンバラさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2013-06-25 01:34:54)
45.《ネタバレ》 ハードボイルドに仕上げようとする意図は理解する。しかし、「用心棒」が評価される理由、国民性などではない見解の相違に伴う故のリメークの意味が分からない。言い切るが、三十郎はもっと愛されないと。極端だけどピーターパンとかメリーポピンズのように去られると、とてつもなく寂しくなる存在でなければ。最後の「あばよ」が無いのが致命的なのである。
monteprinceさん [DVD(字幕)] 4点(2012-04-20 01:34:24)
44.《ネタバレ》 元ネタの「用心棒」は好きだし、この雰囲気も嫌いじゃない。でも、なぁんか「面白かった!」と思えないのはなぜだろう? 徹底してハードボイルドをやろうとしているのは分かるんだが、その気負いが逆にぎこちなさになってしまってる。黒澤-三船の飄々とした趣は無く、みんなナンか力んでるんだよなぁ。どなたかが、ウォーケン一人ノリが悪いと書かれてるけど、私は逆だと思う。ウィリスをはじめ、みんなが力み返ってる中で、ウォーケン一人が良い意味で力を抜いた芝居を楽しんでるように思えた。ただ、ウィリスの場合、ハードボイルドアクションの多い彼のキャリアから考えると、やっぱりこの芝居は不自然なわけで、となるとウォルター・ヒルの演出なのか? ま、ナンにせよ、あと一歩って感じで非常に残念な映画。
TERRAさん [ビデオ(字幕)] 5点(2007-06-06 21:50:31)
43.ウォルター・ヒル、ブルース・ウィリス、クリストファー・ウォーケンと非常に良いスタッフ・キャストがそろいました。ウォルター・ヒルが往年の輝きをちょっとだけ取り戻した感じのした作品です。物量にものを言わせる銃撃戦は私好みなので満足して見ました。
ジャッカルの目さん [DVD(字幕)] 6点(2007-02-03 12:32:05)
42.《ネタバレ》 なんだこりゃ…。見ていてダレるし、見終わった後、ため息がでる作品でした。もう2度と見ないでしょう。
湘爆特攻隊長さん [地上波(吹替)] 1点(2006-01-29 11:13:05)
41.《ネタバレ》 ウォルター・ヒル監督。好きなんですけどねぇ。最近は全然ダメですね。ウォーケンの死に方もあっけないもんだったしな~。頭に残ったのはウィリスの持つガヴァメントのナイスな動きのみでした。ウェスタンでガヴァが使われるのって珍しいですよね?僕は「ワイルドバンチ」ぐらいしか思い出せません。他にもあるのかなぁ?
和魂洋才さん [ビデオ(字幕)] 5点(2005-04-17 17:36:58)
40.「用心棒」をほぼなぞる形のリメイクではあるが、元作の用心棒が良く出来ているだけに評価は難しくなる。けど、レンタル料金分は楽しんだ。そこそこ面白い。まあ、これも元作の脚本が優れているからなのかもしれない。しかし、役立たずの用心棒を三十郎が逃がす場面を、娼婦や情婦でリメイクされても「それはちょっと違うんじゃない?」と思ってしまう。
クルイベルさん 6点(2004-11-01 09:23:57)
39.用心棒と比べてしまうとなんですが、まあ西部劇のアクション物として見たら、そこそこ楽しめました。自分も含めてそうですが、原作への思い入れによって評価って変わるんですよね。それを見比べるのも楽しいですね。
tantanさん 6点(2004-09-14 00:37:36)
38.「用心棒」は未見です。でもいろいろ言いたいことがたくさんある作品です。あのね、演じている役者だけがノリノリで面白がってやっている、一方通行って感じ。ウォーケンだけノってないみたいね。禁酒法時代のギャングの抗争を埃っぽいテキサスに持ってきたわけだけど、これどうなんでしょう。三つ揃いを着たギャングには、冬の都会の暖房の蒸気と濡れた歩道という背景があったほうがやっぱりいいなあ。そしてブルース・ウィリスなんですが、いい人なのかマヌケなのかセコイやつなのか、何だったんでしょ。ハードボイルドに決めようと、必死で眉間にシワをよせているブルース、それがなぜかだんだん可笑しく、可愛らしく思えてきた。いくら眉間にシワ寄せても、隠しきれないやんちゃ坊主みたいな愛嬌があるのね。これはコメディだったのかもしれないという結論に達して見終わった次第です。でもブルース・ウィリス、クリストファー・ウォーケン以外の役者が地味すぎ!せめて酒場の経営者はもっと個性的な俳優にするべきだ。ブルースの一瞬きわどかったすっぽんぽんにプラス1、いや2点あげちゃお。
envyさん 5点(2004-09-13 09:34:24)
37.絶えず、渋く眉間に皺寄せてるブルースウィルスといい、舞い立つ砂埃といい、痛いバイオレンスシーンといい、オリジナルに敬意を抱いてるのはわかれるし、ちゃんと撮ってるし、頑張ってるんだけどな・・・・。どなかたも指摘されたように、モロにハードボイルドを意図した演出が仇になってると思う。オリジナルは、結果として完璧なハードボイルドになってるが、こっちはハナからそれを意図してるところが大人と子供の差がある。残念な作品。ライクーダーの音楽は良かった。
ひろみつさん 5点(2004-06-13 11:19:03)
36.ブルース・ウィリスの主演って、「ジャッカル」にしても本作にしても、リメークものっってダメですね。黒澤の「用心棒」のリメーク数ある中で、本作は、私の中では、ヴァンダムのと同レベルの評価ですね。やたらにハードボイルドを意識している演出が、逆効果だった気がします。
オオカミさん 5点(2004-05-16 20:47:34)
35.《ネタバレ》 完全オリジナルでコノ出来だったら意外と5~6点はつけたかもしれないが、流石に「用心棒」プロットをコレだけベタになぞられちゃ無理ってモンだ。リメイクがオリジナルを超えるにはスタッフ一丸となって時間差アドバンテージをフルに活用する気概が不可欠なのに、何じゃ?このスリルもサスペンスも無い腑抜けたドンパチ映画は。クリストファー・ウォーケンが仲代っぽい役だが、マシンガン乱射しか能が無いアフォで卯之助の凄みには程遠い。B・ウィリスの二挺拳銃にも何か違和感を拭えず。悪いが志の低さと安易な制作態度にマイナス8点!
へちょちょさん 2点(2004-05-16 19:22:03)
34.単なるアクション映画になっている。監督さんもっと勉強を・・・
ボバンさん 4点(2004-04-22 23:53:31)
33.血なまぐさ、残酷さだけが印象にのこってる。黒澤の用心棒は殺伐とした中にもユーモアがあったが、これはひどいと思う。
あと、この作品は淀川長治氏の最後の日曜洋画劇場解説作品です。
淀川さんはこの解説の収録の翌日に亡くなられました。
最後の解説作品というのでTV放送で見たが上記の事しか印象に残ってない。
リモさん 1点(2004-02-23 00:37:46)
32.ブルース・ウィリスが好きなので自分は好きです。アクション作品としてはいい線行っていると思うのですが...ちょっと点が低くて残念です。
matatakeさん 7点(2004-02-01 22:54:18)
31.ブルース・ウィリスは良かったんだけどあまりにも内容がねぇ。・・・この映画96年の作品だったのね、もっと古いと思ってた。
ディーゼルさん 3点(2003-12-08 23:43:11)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 50人
平均点数 4.30点
000.00%
1612.00%
2714.00%
348.00%
4918.00%
51020.00%
6714.00%
736.00%
836.00%
900.00%
1012.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.50点 Review2人
2 ストーリー評価 6.00点 Review3人
3 鑑賞後の後味 6.33点 Review3人
4 音楽評価 6.00点 Review1人
5 感泣評価 3.00点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS