父と娘の歌のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > チ行
 > 父と娘の歌
 > (レビュー・クチコミ)

父と娘の歌

[チチトムスメノウタ]
1965年【日】 上映時間:95分
平均点:5.00 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
公開開始日(1965-10-30)
ドラマモノクロ映画青春もの
新規登録(2006-03-02)【バカ王子】さん
タイトル情報更新(2013-01-22)【ESPERANZA】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督齋藤武市
助監督鍛冶昇
キャスト吉永小百合(女優)卓紘子
浜田光夫(男優)阿川
山内賢(男優)吉行淳一
宇野重吉(男優)卓道一
神山繁(男優)江戸基次
吉行和子(女優)山口
浜川智子(女優)三浦
近藤宏(男優)マネージャー北原
奈良岡朋子(女優)卓妙子
長尾敏之助(男優)音楽大学教授
杉山元(男優)若いクラリネット吹き
河上信夫(男優)高校の小使
波多野憲(男優)医師
福田トヨ(女優)団地の主婦
脚本鍛冶昇
音楽小杉太一郎
撮影萩原憲治
企画坂上静翁
配給日活
美術坂口武玄
編集近藤光雄
録音沼倉範夫
照明大西美津男
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.タイトル通り、いかにも文芸作品的な作りの親子愛の物語。クラシックが題材というのはこの時代の邦画では珍しいような気がする。まあストーリーどうこうよりも、吉永小百合がなんと言っても可愛らしい。浜田光夫と練習しながら見上げる顔の可愛らしいこと。モノクロの画に映える映える。ああもうこれだけで満足だ。
MARK25さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2007-12-16 11:21:42)
1.ここ一ヶ月で20本ぐらいの吉永小百合映画を見てきたけど流石に飽きた...。貧しいながらもバイト・苦学する学生に小百合、病弱な父に宇野重吉、今は亡き母に奈良岡朋子。浜田光夫といい、いつもの面子にいつもの展開。そして芸術祭参加作品ってなんでこうもつまらないのかと・・・。見てきた中ではもっとも退屈でつまらない。クラシックというのもあって眠くなりました。
バカ王子さん [CS・衛星(邦画)] 4点(2006-03-16 02:12:16)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 5.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4150.00%
500.00%
6150.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS