ボーイズ・オン・ザ・サイドのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ホ行
 > ボーイズ・オン・ザ・サイド
 > (レビュー・クチコミ)

ボーイズ・オン・ザ・サイド

[ボーイズインザサイド]
Boys on the Side
1995年【米・仏】 上映時間:117分
平均点:6.17 / 10(Review 29人) (点数分布表示)
ドラマロードムービー
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2011-05-31)【M・R・サイケデリコン】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ハーバート・ロス
助監督ウィリアム・M・コナー(第三助監督)
デヴィッド・M・ダンラップ(第二班監督)
キャストウーピー・ゴールドバーグ(女優)
メアリー=ルイーズ・パーカー(女優)
ドリュー・バリモア(女優)
ジェームズ・レマー(男優)
アニタ・ジレット(女優)
エステル・パーソンズ(女優)
マシュー・マコノヒー(男優)
ジュード・チコレッラ(男優)
ゲディ・ワタナベ(男優)
ジョン・セダ(男優)
脚本ドン・ルース
音楽デヴィッド・ニューマン〔音楽〕
編曲クリス・ボードマン
デヴィッド・ニューマン〔音楽〕
撮影デヴィッド・M・ダンラップ(追加撮影&カメラ・オペレーター)
ジョン・M・スティーヴンス(追加撮影)
ドナルド・E・ソーリン
製作ハーバート・ロス
アーノン・ミルチャン
スティーヴン・ルーサー
パトリック・マコーミック(共同製作)
製作総指揮ドン・ルース
配給ワーナー・ブラザース
美術ケン・アダム(プロダクション・デザイン)
リック・シンプソン〔美術〕(セット装飾)
ウェイン・フィッツジェラルド(タイトル・デザイン)
衣装グロリア・グレシャム
字幕翻訳石田泰子
その他パトリック・マコーミック(ユニット・プロダクション・マネージャー)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
29.《ネタバレ》 なんといえばよいか、この頃らしい映画で、最近の映画では中々こういう作品はできないと思わせるような映画です。物語は適度なテンポで進んでいきますが、ウーピー、ドリュー、そしてこの映画で初めて知ったルイーズの雰囲気がなんともいえない感じで心地よいです。徐々に話が展開し、最後はまた一人旅に戻りますが、寂しさもありつつ、前進してゆく前向きさも感じさせます。文章で表現するのは難しく、また、最近の映画が好きな人にはあまり自信を持って進められる映画でもありませんが、こういう映画は映画の醍醐味の一つだと思います。
珈琲時間さん [インターネット(字幕)] 7点(2020-09-23 14:17:04)(良:1票)
28.《ネタバレ》 出だしはライトタッチのコメディかなと思ったが、本格的なヒューマンドラマに仕上がっていた。
レズビアンの売れない歌手、エイズに侵されている堅物のキャリアウーマン、暴力男の子供を身ごもっている恋多き女。
それぞれに問題を抱えた三人が、諍いを起こしながらも助け合っていく女の友情物語。
といっても同性愛もからんでいるので純粋な女の友情とは違うかも。

セリフやシーンの随所にウィットが感じられて魅せてくれる。
ロビンがジェーンに借りたヘッドホンをウェットティッシュで綺麗にしていたのは、決して嫌悪感や黒人への偏見ではなく、エイズの負い目と気遣いによる潔癖症を表わす伏線だった。
どこにも行くところがないと嘆くロビンに、それなら今いる場所に居ればいいと抱きしめるジェーン。
ロビンに対する母やジェーンの言葉は、優しさにあふれて癒しの力がある。
「もし私がウソを言ってたら不治の病で死んでもかまわない」
そう言って裁判でウソの証言をするロビンにも、自分の運命への諦観と二人への思いやりがあふれている。

赤ちゃんの誕生の一方で、エイズで死にゆく者がいる。
暗くなっても仕方のない重いテーマなのに、バカっぽくて行動の軽いホリーとバカみたいに真っ直ぐな警官エイブのカップルがいい感じで緊張緩和の役割。
生まれた子供が黒人とのハーフだったときのリアクションは笑える。
胸も露にホリーを演じているのが『E.T.』の子役ドリュー・バリモアだったとは、子供の成長の早いことに軽い衝撃。

パーティの様子をカメラが一周して誰もいなくなった部屋の空の車椅子を映すラストがいい。
三人が互いに影響しあって、価値観や生き方が微妙に変化しているのが巧みに描かれている。
タイトル通りに男は添え物でメインは女、明らかに男性より女性向きの内容だ。
飛鳥さん [ビデオ(吹替)] 6点(2013-06-23 23:13:22)(良:1票)
27.《ネタバレ》 意外な展開でいい女優たちでしたがなぜか印象薄し、何かがたりないんでしょうね。今ではセクシィー俳優として名を派すでマコノヒーもちょい役なんですね!子供が生まれてウーピーをみるところの一言が受けました!
HRM36さん [DVD(字幕)] 6点(2011-11-22 14:01:47)
26.それぞれの女性の抱えている過去や事情は重いけれど懸命に生きていこうとしている。そこに描かれる3人の女たちの友情の物語。これもハーバート・ロス監督らしい映画です。「マグノリアの花たち」なんかでも感じることですが、女たちが頑張っているロス監督の映画の中で控え目に登場する男の存在もいいですね。話が進むにしたがって重い展開になりますが、これも控え目に挿入される音楽(特に終盤のウーピーの歌!!)やユーモアもとても効果的です。重い事情が描かれますが人生に対する前向きな思いを感じさせてくれる映画です。
とらやさん [DVD(吹替)] 7点(2010-12-19 20:57:45)(良:2票)
25.《ネタバレ》 ちょっとお人好しのレズビアン、クレバーだけど秘密がありそうでややひねくれた女。男にほれっぽい女。性格の異なる女三人の間の関係を描いた秀作。男性は出来てくるけどそれはあくまで女性を引き立たせるため。その演出もきちんとしていて良いと思います。
ひよりんさん [映画館(吹替)] 7点(2008-11-23 19:27:39)
24.人間のどうしようもない寂しさが描かれた、貴重な映画。そして、たとえばパズルのようにピタッと誰かが誰かを支えるなんてことはできないというやるせなさを前提にした上で、それでもなお人が人を思い合うことでかけがえのない関係を作れるのではないかという可能性を感じることのできる映画でもある。この感情をなんと呼ぶのかわからないが、ドリューが帰ってくるシーンで涙を流した。
ぽん太さん [DVD(字幕)] 7点(2006-07-22 14:49:37)
23.《ネタバレ》 うーーん、と思わず唸ってしまうくらい私には重たい映画に感じました。前半はテンポも良く、たとえ人を半殺しの目にあわせても、軽快な展開に感じたのですが、メアリー・ルイーズ・パーカーが実はエイズであるということがわかってから、重たい展開になってきたように思います。最後の激痩せっぷりといったらびっくり。別人を使っているのか!?と思いました。メアリーが途中恋に落ちるバーテンさんが『セックス・アンド・ザ・シティー』でリチャード・ライト役の人だったからびっくりしました。
ふぉんださん [DVD(吹替)] 4点(2006-05-07 22:19:55)
22.《ネタバレ》 力強くも傷つき易く、自らの足で立ちつつも支えを探し求めて漂流する、現代の女性達の友情物語…と見せかけた、黒人中年レズビアンのプラトニック・ラヴ・ストーリー(だと思う)。ハリウッド映画では無い物強請りかもしれませんし、女性映画の巨匠(?)ハーバート・ロスにも無理な注文かもしれませんが、ストーリーをもう少し同性愛者の苦悩に寄っていれば、もっと良い映画、そして95年時点での新しい映画になっていたと思います。それにしても「出産」は強い。命の誕生は何物にも勝るハッピー・エンド。これこそ女の特権、「ボーイズ・オン・ザ・サイド」です、6点献上。
sayzinさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2005-10-02 00:02:24)
21.結構感動した。はじめのほうも面白い。何ていう歌かわからないけど、パーティで歌った曲が良かった。
Geneさん [DVD(字幕)] 7点(2005-07-16 15:25:46)
20.ドリューの復活はこの映画の成功が決定的でしたね。三人のキャラクターが細かく描かれていて良かったです。なーんの問題も抱えてなさそうな優等生的メアリーが、過酷な運命に陥っていく後半の展開には驚いたけど。
放浪紳士チャーリーさん [ビデオ(字幕)] 7点(2005-06-25 11:39:56)(良:1票)
19.ひょんなことから一緒に旅をし、同じ町に住むことになった三人の女の友情を、殺人、愛と恋、病、誕生と死など辛口のテーマではあるが、比較的ソフトに描いた作品。感動の度合いは、男性、女性、人それぞれに、その時の体調によっても、大分違うと思う。ちなみに、題名は「男は添え物」といった意味だそうな。☆☆☆★★
きりひとさん 6点(2004-06-21 06:39:17)
18.《ネタバレ》 自分にとってはまさしく、「You got it」な映画。
永遠さん 8点(2004-06-02 21:08:53)
17.映画は、録画したからって気を緩めて途切れ途切れに見ては台無しになることがよくわかった。たぶんもう少し名作なんだと思うけどなあ。大好きなロードムービーだけど、いろいろ詰め込み過ぎの感あり。でも逆に、細かい部分まで気を遣ってありつつ、くどくなりすぎない脚本がよかった。ドリューのハマり役見てたら、自分も恋したくなってきた。
●えすかるご●さん 6点(2004-05-07 01:44:56)
16.本編観てる時はそうでもなかったけど、エンディングで本編のシーンが繰り返されるところでジワジワ感動が押し寄せてくる感じでした。悲しい話なのに、あったかい気持ちになれますね。
ぐるぐるさん 7点(2004-05-06 16:09:10)
15.かなり前に一度観たきりで再見して新鮮に感じた作品のひとつ。タイトルは男は放っとけみたいな意味なのかな?私にとっては女同士の友情を描いたものの中ではかなりポイントが高いです。オープニングの雰囲気からはちょっと予想がつかない展開。はなしが進むにつれて深刻になっていくのね。重さと涙にかたよらないようにという工夫、努力が随所に見られて、それがちょっといかにもと感じられてしまったのがマイナスかな。でもメアリー・ルイーズ・パーカーは体重を落としてがんばってましたね。「テルマ&ルイーズ」は派手だし見所あるし娯楽作品としてはいいのだろうけど、人間ドラマとしては不快感しか残らなかった。これは地味だけど共感できる部分がたくさんありました。男が作った女性ドラマとしてはいいんじゃないでしょうか。マシュー・マコノヒーのあの喋り方は演技なのかなあ?笑っちゃいました。デカイわりにあんまり印象強い人ではないですね。
envyさん 7点(2004-05-06 08:38:33)
14.は、はずれた…
Keith Emersonさん 2点(2004-05-06 06:51:22)
13.女3人の明るいロード・ムービーかと思ったら、意外にヘビーだった。無名時代のマコノヒーが光ってたと思う。
よっさんさん 5点(2004-01-14 11:19:17)
12.題名が良い。女性の友情もので、今のとこ一番好きかも。特に前半は個人的に満点状態です。あったかいウーピー、生真面目メアリー、おばかな可愛いさドリュー。でも3人とも辛い現実を抱えていて、重くなりがちなシーンをウーピー、さすが!下ネタ卑語(おかげで、辞書引きましたがな、さらに音声×字幕×日本語×英語=4種類も変換することに!)で笑かしてくれて。メアリーが好きな映画、アーティストが、ちゃんと意味持っていて・・♪「スーパースター」はしみた。この頃まだ?シマっていてカッコいいマシュー・マコノヒーを後半観れます。(勿論登場しないけど亡き)キャサリン・ヘプバーンの名言も知ることもできた結構オトクな作品、、っていうかメチャ好きなの。テルマ&~は辛くて情けなくてもう1回観ようとは思えないが、こちらはOKです。元気もらっちゃった。
かーすけさん 8点(2003-12-30 00:51:46)
11.ウーピーお母さんって感じ。私にもあんな友達欲しいな。ロードムービーの割には旅がすぐ終わってしまったのが残念。
ナノーマルさん 6点(2003-11-03 00:16:30)
10.コピーが気になって見た作品。確か「男運がない女、男を好きじゃない女、男を見る目がない女。3人が一台のバンで旅をする……」みたいな(?)。でも内容はコピー負けしていたように思います。
もちもちばさん 5点(2003-09-01 22:32:07)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 29人
平均点数 6.17点
000.00%
113.45%
213.45%
300.00%
413.45%
5310.34%
6827.59%
71137.93%
8413.79%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 2.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review2人
4 音楽評価 7.50点 Review2人
5 感泣評価 5.00点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS