接吻泥棒のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > セ行
 > 接吻泥棒
 > (レビュー・クチコミ)

接吻泥棒

[セップンドロボウ]
1960年【日】 上映時間:83分
平均点:7.00 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
公開開始日(1960-06-26)
ドラマラブストーリーコメディ
新規登録(2006-07-31)【青観】さん
タイトル情報更新(2016-07-10)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督川島雄三
キャスト宝田明(男優)高田明
団令子(女優)由紀美恵子
新珠三千代(女優)山岸エリ
草笛光子(女優)エレナ西条
中谷一郎(男優)日高
河津清三郎(男優)由起
東郷晴子(女優)京子
堺左千夫(男優)松本
頭師孝雄(男優)由起雄一
田武謙三(男優)ホルモン焼きのおやじ
加藤春哉(男優)タクシー運転手
塩沢とき(女優)花岡
千石規子(女優)赤岩
村上冬樹(男優)野村
上田吉二郎(男優)大石重太郎
沢村貞子(女優)戸田
有島一郎(男優)木村
星由里子(女優)玲子
石原慎太郎(男優)石原慎太郎
馬野都留子(女優)小使
中山豊(男優)運転手
原作石原慎太郎
脚本松山善三
音楽黛敏郎
撮影中井朝一
製作藤本真澄
東宝
配給東宝
美術村木忍
録音下永尚(整音)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.ラピュタ阿佐ヶ谷にて鑑賞。
宝田明のモテっぷりも凄いけど、確かにカッコいい。
草笛光子が意外と色っぽかった、、のには不覚!
熟した女の色気と甘ったるさがタップリ出ていた。
団令子は少しぽっちゃりすぎかなぁ。。頭でっかいとか、アンパンのへそとか、劇中で色々言われまくってたけど、なんかものすごく同感だった(笑)。

ラストのボクシングシーンはとても迫力を感じた。
宝田明は、若い頃、マジで喧嘩強かったんだろうなぁ。
ボクシングをする姿がほんとっぽく、様になっていた。
ボクシングシーンにかなりの演出を施したに違いない。
リアルなボクシングシーンに川島雄三監督のこだわりを見た!
にじばぶさん [映画館(邦画)] 7点(2008-10-08 22:15:26)
2.実にアホらしい。でも実に楽しい。まずお話がアホらしすぎる。そのアホらしさがスピーディに展開される。セリフも早口だけど、早苗光子の変わり身も早いけど(笑)、やっぱり展開が早い。一人目の女のところにいたかと思えば次のシーンには二人目の女のところ。その間の行程が省かれる。省いて省いて省きまくる。だからやたらドタバタして、アッという間に終わっちゃう。実に愉快。実に爽快。
R&Aさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2006-09-14 12:51:42)
1.これまた川島雄三監督、何か得体の知れない雰囲気十分に、いきなり見せつける。団令子のはじけっぷりが凄まじい。宝田明とのバトルの中で見せる女としての素顔とでも言うべきか?この作品は団令子の凄さを観ているだけでも可笑しい!作品全体の出来としては、それほどだとは思わなかったけど、一人の女優のはじけた演技だけでも観て損のない作品だと思う。脇を固める俳優の中では新珠三千代が抜群に良い。飲み屋での草笛光子との喧嘩のシーンが良かった。このように女優陣に関しては良いのだが、それに比べてどこか男優陣は他の傑作と比べると川島雄三監督ならではのものが少し薄く思えたのが不満です。
青観さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2006-08-11 20:11:59)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
73100.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS