暗いところで待ち合わせのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ク行
 > 暗いところで待ち合わせ
 > (レビュー・クチコミ)

暗いところで待ち合わせ

[クライトコロデマチアワセ]
Waiting in the Dark
2006年【日】 上映時間:129分
平均点:6.37 / 10(Review 38人) (点数分布表示)
公開開始日(2006-11-25)
サスペンス犯罪ものロマンス小説の映画化
新規登録(2006-09-03)【ボビー】さん
タイトル情報更新(2017-07-20)【かっぱ堰】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督天願大介
キャスト田中麗奈(女優)本間ミチル
チェン・ボーリン(男優)大石アキヒロ
宮地真緒(女優)二葉カズエ
井川遥(女優)三島ハルミ
佐藤浩市(男優)松永トシオ
岸部一徳(男優)ミチルの父親
大塚良重(女優)ミチルの母親
佐野史郎(男優)印刷会社の上司
原史奈(女優)「メランザーネ」のウェイトレス
波岡一喜(男優)若木
入江若葉(女優)ミチルの伯母
津田寛治(男優)キャスター
森下能幸(男優)大石の同僚
斎藤歩(男優)
稲垣尚夫(男優)
弓削智久(男優)
原作乙一「暗いところで待ち合わせ」
脚本天願大介
音楽めいなCo.
撮影古谷巧
製作テレビ朝日
ジェネオンエンタテインメント
ファントム・フィルム
プロデューサー古賀俊輔
配給ファントム・フィルム
美術稲垣尚夫
編集阿部亙英
あらすじ
まだまだ不慣れな全盲ビギナーのミチル。頼みの綱の父さんが死んだ。これからは毎日家で一人ぼっち…のはずだったのだけれど、家の中に誰かがいるような気がするのだ…「日常」という平凡な物語空間を、トリッキーなアイデアでフェアリーテールへ、ミステリーへ、そしてヒューマンドラマへと読み替えつつ進行する、クロスオーバーな現代の偶話。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
38.《ネタバレ》  ほとんど自己紹介だけで終わっちゃうような前半。退屈な部分が無かったと言えば嘘になりますが、とにかく淡々とした中にも心に訴えかけてくる静かな迫力があって見応え十分。
 父との生活。父との死別。父の葬儀。母を呼ぶミチル。目が見えなくなるまでの過程。こういったものを一つ一つ丁寧に見せてくれたおかげで、ミチルへの感情移入はばっちり。アキヒロも同様です。この丁寧さは邦画特有の良さと言えそうです。
 とは言え、こーゆースローテンポは、娯楽性に欠ける要因の一つになりかねません。
 そこで、時系列を操作し、ミチルと大石アキヒロが同居を始めるシーンを、アキヒロのエピソードの前に挿入することで、緊張感を持続し、中だるみを防いでいます。これはもう構成が上手いのでしょう。
 父とミチル。カズエとミチル。ハルミとミチル。アキヒロとミチル。ミチルという類稀なる魅力的なキャラクターが人と関わり合うことで次々と生まれるヒューマンドラマ。心温まるシーンやエピソードの数々。
 その一方で、不法侵入直後の、『気付かれるかどうか』という変なスリルを味わえる不思議なサスペンス。真犯人は誰かという火曜サスペンス劇場のようなミステリー。『なにか家にいるみたい。』『彼はどんな人でしたか。』に代表されるドキッとするセリフの数々。
 緊張感と感動を巧みに織り交ぜて、ラストは余韻を残すハッピーエンドで締めくくる。これはもう大変味わい深い映画でした。
 最後に田中麗奈。かわいい。盲目の演技が神業。
たきたてさん [DVD(邦画)] 8点(2018-03-23 04:16:16)(良:1票)
37.《ネタバレ》 田中麗奈の演技が、とても良かったです。
本当に見えてないように感じました。
はじめから終わりまで、飽きる事なく楽しめました。
ただ、「暗いところで待ち合わせ」なんてシーンはなく、映画のタイトルは何だったのか。
恋愛映画かと思いましたが、恋愛要素は殆どなかった。原作は違うのかな〜。
ぽぽ☆ぽんた (^-^)vさん [DVD(邦画)] 6点(2015-04-27 09:52:03)
36.《ネタバレ》 乙一の原作は先に読んでいたが、映画より小説のほうが面白い。
中国人に変わった設定が少ししっくりこない。
一風変わったサスペンスなので、原作を読まずに観ていたらもっとインパクトがあったと思う。
ネタバレの状態だと、サスペンスの醍醐味であるハラハラドキドキ感がどうしてもなくなってしまう。

ただ、田中麗奈は少し臆病な全盲の少女を好演。
『がんばっていきまっしょい』がピークかと思っていたが、この作品はとても良かった。
孤独で閉じられた魂が寄り添ってほのかな温もりが生まれる。
リアリティには欠けるが、ファンタジー的な純愛物語。

事件の真相には拍子抜けする。
女が突然ホームによじ登って走り寄り、男をホームから突き落とすというのがありえない。
男のすぐそばにアキヒロがいたのに。
小説ではあいまいな描写のせいで気にならなかったが、映像でははっきりとした違和感を覚えた。
ミステリーとしては失敗作だが、純愛ものとしては成功している。
それも田中麗奈の存在があってのことで、ラストシーンがとても可憐だった。
飛鳥さん [DVD(邦画)] 6点(2013-01-05 00:21:04)
35.完璧でしたね 田中麗奈さん。そして程よいスリル感。ストーリーとしてはまるで赤川次郎の小説を読んでいるかのような展開でしたね。繰り返しますが、主人公を勤めた 田中麗奈がよい。でも岸辺一徳の顔から田中麗奈のような子が生まれてくるのかという疑問点だって急浮上。
3737さん [DVD(邦画)] 8点(2012-11-25 20:50:09)(良:1票)
34.《ネタバレ》 原作を読んでからDVDで鑑賞。
原作と違ってる部分があると、どうしても必然性が気になります。
この映画の原作との大きな違いは主人公の男性がハーフであること。
なぜ監督はこうしたのか。
想像ですが、現場から逃げてしまったことの理由が弱いと感じたのではないでしょうか。ただ、そのおかげでラストシーンは陳腐な感じになったような気がします。
また原作にあったコップの破片、ストーブのメモリのシーンはあった方が良かったと思います。

映画としては悪くないですが、原作ではそれぞれの視点の地の文が要所要所でうまく効いているので、やはり小説の方が楽しめたと思います。
関係ないですが、主人公の中国男性が徳井のヨギータに見えてしまいました。
ひなりょんさん [DVD(邦画)] 7点(2012-09-08 20:33:22)
33.《ネタバレ》 交通事故で視力を失ったミチルは、最愛の父を亡くし、大きな家に1人で住んでいた。そこへ殺人事件の容疑者として警察に追われる男アキヒロが、身を隠すために忍び込み、2人の奇妙な共同生活が始まる…。静かな映画ですが、ほのぼのして感動します。アキヒロが危険になったミチルをさりげなく助けるシーンが良いです。終盤にちょっとした火曜サスペンス劇場になります。
nyarameroさん [DVD(字幕)] 7点(2012-04-24 14:48:59)(良:1票)
32.《ネタバレ》 原作が結構お気に入りだったので鑑賞。セリフがほとんどないという性質上、ふたりの無言の探り合い、微妙な心情の変化、一歩踏み出して次第にお互いを受け入れていく様を文字に代わって映像で表現するのは難しかっただろう。それでも、ふたり一緒にカレーを食べるシーン、ためらうミチルの手をとってアキヒロが外に連れ出すシーンではグッときた。また一ファンとしても、乙一によって非日常のドラマへと見事に昇華させられたありふれた日常の物語を、爽やかで綺麗だけど何処となく繊細な映像で味わうことができたのは嬉しい。多少の粗はあるし演技もくどいところがあるけれど、そこを大目に見て物語に浸る寛容さを持てればそれなりに楽しめる作品だと思う。
プライドだらけさん [DVD(邦画)] 5点(2011-09-21 00:36:10)(良:1票)
31.悪くはないのだけれど、無駄に長い。
紫電さん [DVD(邦画)] 5点(2011-09-18 21:09:41)
30.《ネタバレ》 設定はユニークで魅力的だと思いますよ。殺人事件の重要参考人の男が盲目の一人暮らしの女の家に上がり込む。女は男がいることに気づくが慌てるようなことはせず、さりげなく料理を作ってあげる。男も掃除をしてあげたり、外出のとき女をサポートしてあげる。共に相手を気遣っているところが良いですね。それでいて口を一切きかないところがユニークです。普通なら警察か誰かに相談しますね。相手の事情を察して、話しかけてくるまで待つという女の優しさが素晴らしいです。そういうタイプの女であることが画面から伝わってきます。男も普通は事情を説明しますよね。濡れ衣なのですから。でもそうしない理由があります。キャラが立っているという事。男は中国人のハーフで、日本の社会に溶け込めない。女は盲目になった上に両親を亡くして一人暮らし。共に辛い状況ですね。そんなトラウマを持つ二人が出会って、奇妙な関係ながら心の交流を持つ。淡い恋愛感情もあると思います。人間ドラマとしては深みがあります。
でもサスペンス部分が弱い。最初観客には男が犯人だと思わせるのですが、どうみても犯人には見えない。凶悪でもなく、どちらかというと引き籠り傾向がある。もう少し犯人らしくみせる演出が欲しかった。そして真犯人が分ってからも全然怖くないです。そもそも犯人は何故殺人を犯したのでしょうか?動機を教えてください。恋人の背後には男がいるわけで、そこの割って入って背中を押すなんてことは出来ないでしょう。また男に顔を目撃されるのも確実なのですから、ありえない犯行です。それを電車の運転手が見てないというのもありえません。自分の目の前で突き落されたわけですから。ホームですから減速していた筈です。せめて男か女かくらいの判断はつくでしょう。
不自然な点としては、盲人なのに照明を使っているところ。転落した鍋をダッシュして手で受け止めるのは不可能と思えるところ。犯人の心情が描けていないところ。犯人と二人きりのときに犯人を追いつめるところ。犯人があっさり犯行を認めるところ。女が首を絞められる場面で、妙な映像(女から見た犯人)を挿入するところ。ちなみに「メランザーネ」はイタリア語で茄子。
よしのぶさん [DVD(邦画)] 6点(2011-09-17 01:52:21)
29.《ネタバレ》 原作を読んでいなかったらもっと評価は高いです。

良い意味でも悪い意味でも淡々としすぎていた。
あと、チェンボーリンがいつまでたってもしっくりこなくて。。。。。
田中麗奈は良かったのですが。。

もう少し完成度が高ければもっとメディアなどでも評価されたのではないでしょうか。
uraraさん [DVD(邦画)] 2点(2009-08-13 01:07:22)
28.原作のイメージを何とか出そうとしている印象を受けました。そつなく出来ていると思います。可もなく不可もなく。
Balrogさん [映画館(邦画)] 5点(2009-06-02 00:26:23)
27.まずアキヒロがハーフである必要は全くない。そして原作の設定を生かしもっと弱々しい風貌を持った男性をキャスティングする必要があった。チェンボーリンは尖り過ぎていて逃げ隠れるというより先に手が出るタイプに見えるのでミスキャスト。もう一人の主役である田中麗奈は盲目の演技は言う事ないけど、“生”というものと対極にあり、全く前を向こうとしないミチルを出せていない点が不満。終盤まで笑顔など全く必要なく(愛想笑いも不必要)、もっともっとけだるいところからの解放が見たかった。そしてこの二人の奇妙な生活のシーンが思いのほか少ないのも残念。もっとニアミスを増やしある程度の緊張感を持続させて欲しかった。原作が素晴らしかっただけに残念な点が目についた映画だった。
オニール大佐さん [DVD(邦画)] 5点(2009-02-06 20:34:46)
26.ストーリーは面白かった。田中麗奈のゆっくりとした静かな口調も良かった。作品全体を優しい雰囲気で被っている。でも、「他人がいることに気付かない」から「誰かがいるかもしれない」あたりはホラー色を入れたりしてサスペンスを盛り上げてほしかった。湯上りシーンがあるならもうちょっと色っぽくも危なっかしい場面も欲しい。「誰かがいることを確信する」ところまで来ると作品に備わっている優しいオーラが本領を発揮していてなかなかにいい感じなのだが、そこに行くまでで遊んでほしいというか・・実際いろいろ出来そうなある意味おいしい設定なんだし。さらに欲を言えば必死に気配を消す男の滑稽な様をもっとコミカルにして優しいオーラを損なわない程度の笑いも欲しかった。そういったものをあえて抑えているのかもしれないけど、もっとサービス精神に旺盛であってもいいと思う。
R&Aさん [DVD(邦画)] 5点(2008-11-27 14:04:25)(良:1票)
25.《ネタバレ》 これは、いい映画ですね。田中麗奈がほんとうにうまい。淡々としたトーンの中に、見事にサスペンスと感動の二本立てを入れ込んだ、名作です。登場人物の心の動きが、とても深く伝わってくる。説明的じゃないからこそ、伝わるものがあるということを、この映画は教えてくれます。ラストの辺りでミチルが「今日は、いい天気ですか?」と聞くところで、涙があふれました。終わり方もくどくなくてよい! あと、犯人の動機に一切触れないところもすばらしいと思いました。
コウモリさん [DVD(邦画)] 8点(2008-08-23 01:44:01)(良:2票)
24.《ネタバレ》 なかなか良かったです。田中麗奈の演技も良かったし、佐藤浩市の憎たらしい上司も良かった。ただミスキャストなのは真犯人役の井川遥...はっきり言って私はこの人、演技ド下手だと思います。チェン・ボーリンさん日本語もっと勉強してください。駅のホームからニョキっと頭が出てきた時は笑えました。
映画さん [DVD(邦画)] 6点(2008-08-10 17:33:14)
23.《ネタバレ》 私の好きな淡々系映画。ここでも、田中麗奈の演技力の高さが良くわかる。始めて二人で食事するシーンのセリフなしで心の動きを表す演出はすばらしい。原作とは設定が違うらしいが、アキヒロの孤独な日常が効果的に描かれていたと思う。全体的に静かな映像だけに、井川遥がホームに飛び上がってからの動きがとても印象的だ。評価には関係ないが、ミチルがカズエと喧嘩して、テーブルの食材をぶちまけたあと、孟スピードで階段を駆け上がったのには驚いた・・・はさておき、とても好きな映画だ。 レビューが少ないのが寂しい。
ブタノケ2さん [DVD(邦画)] 8点(2008-06-29 01:54:41)
22.《ネタバレ》 原作を先に読んでいたので、映画にはがっかりするだろーなーと思ったのですが、これは予想以上のいい映画でした。(私の体験では面白い原作を読んだ後に映画を見て満足することはほとんど無い)
結構辛口コメントも多いですが、2時間強の時間をまったくだれずに楽しめました。
この映画で一番の発見は田中麗奈です。野暮ったい髪型の盲目の女性役が以外やはまっています。なっちゃんのイメージしかなかったのですが、いい俳優さんなんだなー(失礼)と関心しました。目が印象的な彼女が盲目の役をやったことが成功ですね。
ただ残念なのはもう一人の主人公の男性。原作では人間関係をうまく築けない日本人だったのが、中国人(ハーフだったか?)に変えられた事。これではアキヒロが職場でいじめられたりする事がどうしても人種差別的に見えてしまう。
そうではなくて孤独な状況にいる普通の日本人の男女が、特殊なシチュエーションの中で信頼関係(恋愛関係ではない!)を築くというのがメインなのに台無し。
同時期のこの2人で別の映画も撮られたようで、興行的な意味でもキャスティングなのか。
チェン・ボーリンは日本語を話すのが精一杯という感じで、故郷の母親に電話するシーンでの演技が本来の実力なのでしょう(このシーンでは母国語でしゃべっている)。とにかくどんな地味な役者でもいいから日本人にしてほしかった。いい映画だけに非常に残念。
ただし、映画のラストで二人が近づくシーンがあって、「あっ、もしかしてキスするかも・・・」と思ったのがキスしなかったのでほっとしました。映画でよくある、冒頭シーンで出会った男女が2,3時間しか一緒にいないのに映画ラストではもう恋愛関係になっていてキスシーンで終わるというのは興ざめです。ここは安直な恋愛映画に陥らず安心しました。
田中麗奈の魅力で+1点、キャスティングで-1点という感じです。
仏向さん [CS・衛星(邦画)] 8点(2008-05-31 12:10:01)(良:1票)
21.《ネタバレ》  原作は未読ですが、なんとも脚本がしょぼい。いい年こいたイケメンのオッサンが中国人をいびるな(まぁ、いびりたくもなるような不愉快キャラだが)。ちょっといびられたくらいですぐに殺そうとするな。唐突に現れる考えられないほど凶悪な通行人の『邪魔なんだよ!』には、思わず失笑。突然の盲目探偵レナちゃんっぷりにも失笑。
 追われる男が中国人である必要性を感じませんでした。肝心なセリフもかたことだし。
 ただ、穏やかな雰囲気はよく、映像ものびやかです。そして、とても素敵なシーンが二つ(鍋とドア)あるんですが、両方とも予告で何度も見ていたので感動ゼロ。
クライマックスの田中麗奈の「うぐぁっ」というブサイクでリアルな苦しみ方は必見(ここだけホラー)。それはともかく田中麗奈は、こういう薄幸美少女の役はとても良い。胸がキュンキュンしました。
すべからさん [DVD(邦画)] 4点(2008-05-09 00:27:33)(笑:1票)
20.《ネタバレ》 作品の独特の世界観と見事にマッチした田中麗奈の演技に、すっかり魅了されました。台詞は多くなく、大げさな表現もほとんどない役ですがミチルの心情が切ないほど伝わってきます。
印象的だったのがミチルとアキヒロが一緒に食事をする場面。他人と関わることを怖がってた二人が、お互いの心が少し触れ合って嬉しそうにしている姿にほろりとしました。
Trunkさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2008-04-30 01:24:54)(良:1票)
19.田中麗奈は、こういう地味な役ピッタリですね。
Yoshiさん [DVD(邦画)] 5点(2008-03-13 00:08:58)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 38人
平均点数 6.37点
000.00%
100.00%
212.63%
312.63%
412.63%
5821.05%
6821.05%
7923.68%
8821.05%
925.26%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.83点 Review6人
2 ストーリー評価 6.50点 Review8人
3 鑑賞後の後味 6.85点 Review7人
4 音楽評価 6.50点 Review6人
5 感泣評価 6.00点 Review7人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS