出口のない海のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > テ行
 > 出口のない海
 > (レビュー・クチコミ)

出口のない海

[デグチノナイウミ]
Sea Without Exit
2006年【日】 上映時間:121分
平均点:5.14 / 10(Review 36人) (点数分布表示)
公開開始日(2006-09-16)
ドラマ戦争ものスポーツもの青春もの小説の映画化
新規登録(2006-09-18)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2017-07-16)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督佐々部清
キャスト市川海老蔵(十一代目)(男優)並木浩二
伊勢谷友介(男優)北勝也
上野樹里(女優)鳴海美奈子
塩谷瞬(男優)伊藤伸夫
柏原収史(男優)佐久間安吉
伊崎充則(男優)沖田寛之
黒田勇樹(男優)小畑聡
平山広行(男優)剛原力
香川照之(男優)鹿島艦長(イ号潜水艦艦長)
永島敏行(男優)馬場大尉
田中実(男優)戸田航海長
高橋和也(男優)剣崎大尉
竹嶋康成(男優)外山少尉
平泉成(男優)佐藤校長
尾高杏奈(女優)並木幸代
古手川祐子(女優)並木光江
三浦友和(男優)並木俊信
原作横山秀夫「出口のない海」(講談社刊)
脚本山田洋次
冨川元文
音楽加羽沢美濃
作詞竹内まりや「返信」
西條八十「誰か故郷を想わざる」
作曲竹内まりや「返信」
モーリス・ラヴェル「ボレロ」
ロベルト・シューマン「トロイメライ」
古賀政男「誰か故郷を想わざる」
編曲山下達郎「返信」
主題歌竹内まりや「返信」
挿入曲加羽沢美濃「トロイメライ」(演奏)
撮影柳島克己
村川聡(特撮)
製作松竹(「出口のない海」フィルムパートナーズ)
テレビ朝日(「出口のない海」フィルムパートナーズ)
朝日放送(「出口のない海」フィルムパートナーズ)
朝日新聞社(「出口のない海」フィルムパートナーズ)
ポニーキャニオン(「出口のない海」フィルムパートナーズ)
IMAGICA(「出口のない海」フィルムパートナーズ)
講談社(「出口のない海」フィルムパートナーズ)
杉山登(「出口のない海」フィルムパートナーズ)
大谷信義(フィルムパートナーズ代表)
川崎代治(フィルムパートナーズ代表)
製作総指揮迫本淳一
プロデューサー榎望(アソシエイトプロデューサー)
制作松竹
配給松竹
特撮オムニバス・ジャパン(VFX)
東宝(特撮協力 東宝株式会社東宝スタジオ)
美術織田尚(海底ミニチュア制作)
衣装松竹衣裳株式会社
編集川瀬功
照明渡辺三雄
白石宏明(特撮)
その他テレビ朝日(映像・写真素材提供)
朝日放送(映像・写真素材提供)
毎日新聞社(映像・写真素材提供)
IMAGICA(現像)
あらすじ
鹿島艦長(香川照之)指揮する伊号潜水艦は、敵艦の爆雷攻撃をくぐり抜け、航海を続けていた。同艦では、特攻兵器・回天搭乗員である、並木(市川海老蔵)、北(伊勢谷勇介)、佐久間(柏原収史)、沖田(伊崎充則)の4人が出撃の時を今や遅しと待っていた…。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
36.《ネタバレ》 山田洋次監督が「釣りバカ日誌」シリーズ以外で久しぶりに脚本のみを手掛けた佐々部清監督による戦争映画。ハデな戦闘シーンを描かずに主人公以下登場人物たちのドラマを描いているのはいかにもホームドラマが主の松竹らしいし、回天という非人道的な兵器を後世に伝えたいという作り手の気持ちはわざわざ主人公がセリフで言わなくてもよく分かる。「釣りバカ日誌」シリーズは末期は脚本の適当さが目立っていたが、さすがに本作はそこまでの適当さはなく、脚本も演出も真面目で良心的。しかし、回天の存在を後世に伝えることに注力しすぎたのか、ほかのドラマ部分は薄いし、なにより主人公である並木(市川海老蔵)の野球への思い入れの強さがほとんど伝わってこないのが良くない。見る前はもっと野球を中心にストーリーが展開する映画だと思っていただけにここが薄っぺらいのは本当に残念。また先に書いた回天の非人道性も出撃時に故障(実際に多かったのかもしれないが。)が頻発するというありさまではかえって間抜けに見えてしまい、回天の恐ろしさというものもあまり伝わってこないのは映画を製作した目的がそもそもじゅうぶんに果たされているとは言えない気がする。出演者が現代的にしか見えない若者ばかりだったり、「この戦争は負ける」という並木のセリフは現代の戦争映画なので仕方ないと思うものの、主演の海老蔵の演技はやる気があるのかと疑いたくなるほど下手(「一命」のほうがまだ演技は気にならなかった。)で、ドラマが薄っぺらいうえにこれでは並木に感情移入することができない。海老蔵だけではなく「嫌われ松子の一生」や「十三人の刺客」ではさほど気にならなかった伊勢谷友介の演技もなにか微妙に感じた。それと、物語の語り手が途中からいきなり変わるのは違和感を感じる。映画としてもなかなか微妙な印象だが、テーマ自体は決して悪くはなく、存在意義もある映画だとは思うのでまあそれを考慮して5点。でも、山田監督が自ら手掛けていたらどんな映画になっていただろうという思いはある。本作と同じく回天を扱った映画である松林宗恵監督の「人間魚雷回天」をずっと見たいと思っているのだが、なかなか機会に恵まれないのが残念。いつか絶対に見てみたい。
イニシャルKさん [DVD(邦画)] 5点(2017-03-18 22:20:30)
35.《ネタバレ》 原作未読です。なんで主人公は最後に自殺したのでしょうか? そこまでの絶望があったようには思えず……
Kさん [DVD(邦画)] 5点(2014-01-06 20:50:28)
34.《ネタバレ》 【時代考証】①学徒出陣壮行会が昭和18年10月21日、その夜に19年9月発売の「ああ紅の血は燃ゆる」を歌う。②男女がアベックで歩く。当時若い男女が歩いていると「軟弱である」という理由で警察に拘置された。実の妹であっても一晩留置された例もある。学校に知れると鉄拳制裁の対象。③駅で旗を振る派手な出征兵士壮行会、昭和19年にこのような光景はない。出征の状況がスパイに筒抜けなので、国が自粛させていた。④明大近くの喫茶店が、そのまんま現代。⑤敵の大型輸送船が単独航行しているが、輸送は護衛艦がつくもの。日本近海での単独行動はありえない。⑥「俺の回天を直せ、直せ!」と泣くシーンがあるが、海軍男子はあんな女々しくは無い。【失望】①唯一の回天攻撃成功シーンが省略。艦内の様子も、轟沈の火柱も出さない。回天を馬鹿にしてる?②主人公並木は演習の事故で死ぬが、事故の詳細が描かれていない。③並木は甲子園のヒーローで大学野球のエース、家はさほど貧しく無く、恋人もいる。非常に恵まれているが、訓練ではヘタレキャラになる。エースがもたついていてはダメでしょ。違和感あり。④並木の死体引揚は20年9月17日以降で、死後2,3ケ月経過しているのに腐敗してない。⑤キャッチャーは最後まで魔球を否定していた。並木とは不仲のまま。⑥現代の価値観から出る言葉を、彼らに語らせている。「この戦争は負ける」「アメリカ兵にも家族がある。戦争とはそういうことだ」「回天を伝えるために死ぬ」「一年が過ぎたら僕のことを忘れてほしい」やたら説教臭く、リアルな人間ドラマが描けていない。⑦並木が妙に物わかりが良く、優等生で、教科書的人物。共感できず、感動もない。教科書を読んで感動できないのと同じ。⑧「出撃して戻ってきた者には冷たい視線が浴びせられた」と語るだけ。憔悴や悩みが描かれず。⑨並木の視点から、整備士の視点になる。⑩生存者のその後が描かれず。⑪「お前は歌がうまい」はずが下手。⑫芝居がへた、特に主役の人。セットも貧相。【感想】回天は魚雷、爆発シーンを描いていないのはどういうことか。意図的なのか、制作費の節約なのか。回天の欠陥だけを描いている。◆主人公とは対照的なマラソン選手との駆け引きはよかった。「軍神になりたい」などと考えるのは小作の子ぐらい。出撃できず失望していたが、また走り出した。それを見て笑う並木。説明してないが言いたいことは伝わる。良い場面。
よしのぶさん [DVD(邦画)] 4点(2010-12-29 02:17:26)
33.《ネタバレ》 とにかく海老蔵がダメ。大根役者か?と思うほど、役になりきっていない。三浦友和と海老蔵が卓袱台を囲んでいるシーンではどっちが親父かわからないくらい海老蔵に貫禄があり、学生という設定が冗談のように思えた。竹内マリアの歌は良かったけど。
sumaさん [DVD(邦画)] 2点(2010-11-03 19:57:29)
32.《ネタバレ》 引き上げた回天の中を見るシーンが印象に残りました。
osamuraiさん [DVD(邦画)] 5点(2010-02-16 10:07:09)
31.回想が回想につながる階層構造、というと大げさかもしれないけど、緊張感を失うことなく過去と現在(潜水艇の中)をうまく描いています。そこはさすが。しかしなあ。主演エビゾーが、ひとりでオーラ出しまくり。まあこれは仕方ないか。でも、主人公の言動がイマイチ心に響かないのがイタイ。そもそも「昔、人間魚雷(テリー・ゴディのことじゃないヨ)があったということを伝えるために死ぬ」みたいなセリフ、なんやそれって、「この映画を作った理由」そのものやんか。映画の中で映画自身の肩をもつような、口実がましいことを言っては、いけません。でもやっぱりしつこいようだけど、構成はラストに至るまで、なかなか面白かったなあ。
鱗歌さん [DVD(邦画)] 6点(2009-07-26 16:34:20)
30.《ネタバレ》 全く無傷の一戸建てに全員存命な家族と住む主人公。食料は充分。美人で控えめで物分りの良い婚約者もいる。居住区に空襲が起きれば率先して住民を避難誘導するし、夢を絶たれて心閉ざした仲間に忠告し、いまいち鈍い後輩を教え導く優しさも持っている。
極めつけにラスト、不慮の事故で国益にならずに逝去する自分の状況を冷静に受け入れて、残した恋人にたいして『僕を忘れて新しい人と幸せになってください』といった手紙を書いて静かに逝く…。まるで一道を極めて人生を悟った人格者のような主人公。まあ、この時代にこういう若者もいたのかも知れないけれど、彼が完璧すぎて、物語に入りきれませんでした。その他や映画全般は悪いというわけではないんですが…。
FBIの滝さん [映画館(邦画)] 5点(2009-05-04 08:33:01)
29.《ネタバレ》 原作既読。原作とはずいぶんと毛色が異なっているようです。原作は野球を中心に話が展開していくのですが、本作は焦点が定まっていません。そのために全てのエピソードが薄っぺらに感じ、観る者も感情移入できないという悪循環。戦争の悲惨な事実を描く映画にとってこの薄っぺらさは致命的。主人公の回天に乗る理由に関しては考えさせられることがありますが、原作既読者は既知ですのであまり見所はありません。
いっちぃさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2009-01-29 02:20:47)
28.わざわざ「回天を後世に伝えるために…」ってセリフを言わせている割にはイマイチそれが伝わってこなかったです。実際の回天も故障が多かったらしいですが、だからといってあんなに頻繁に出撃を失敗していると逆に緊張感が削がれ、本来伝えるべき回天という非人道的兵器の残酷性が十分伝わってきません。これって致命的。また、俳優がみんなモロに現代風でとてもあの頃の軍人に見えないのも致命的(まだ『硫黄島からの手紙』の方が遥かにそれらしく見える)。あと蛇足ですが、『ローレライ』でも思ったんですけど、なんで潜水艦に野球ボール持ち込むかなぁ? 転がって危ないやん。
とかげ12号さん [CS・衛星(邦画)] 3点(2008-10-22 22:33:13)
27.原作者と、ジュリっぺが好きなのでいけるかと思ったら無理でした。エビゾーは、主演として必要な全てが足りてない気がします。個人的に、その他演出の安っぽさ、見どころのなさ、リアリティのなさ、人物の薄さ、内容云々以前の問題でちょっとまともにみれませんでした。一言で言えば、「おっさんが学生服着てる。」という映画。
すべからさん [DVD(邦画)] 2点(2008-06-13 18:00:30)
26.海老蔵はやっぱり野球選手には見えないし、演技が下手。ほんと皆さん書いている通り役作り全くしてませんね。それと私には彼が静かにしゃべつ時はわかるのですが、大きな声の時は全く何をしゃべってるか聞き取れませんでした。中身のない人間は嫌い。
たかちゃんさん [地上波(邦画)] 3点(2007-09-18 10:57:02)
25.モチーフとしては見飽きた感のある特攻ネタの戦争映画。
物語も盛り上がりに欠けるし、退屈な作品になってしまっているように感じる。
いっそのこと恋愛映画にでもしてしまった方が良かったんじゃないかと思えた。
もとやさん [DVD(邦画)] 4点(2007-09-10 02:46:53)
24.話の内容は良いと思う。だけど戦争映画としての何かのスパイスが足りなかった気がする。
ゆきむらさん [DVD(字幕)] 6点(2007-09-02 13:06:46)
23.《ネタバレ》 戦争映画は概して派手な戦闘シーンがあり、噴き出す血やグロテスクな描写で凄まじい残酷さをありありと見せつけものであるという人には、この作品は向かないですね。そういうのが見せたいんじゃなくて、主人公自ら語ってるように、回天に乗り込み敵に体当たりする自爆攻撃が行われ、それによって多くの若者が死んでいった、その悲しい事実を現代の人に知ってもらう為に作られた、そういう作品です。敵性国家の野球をやり、ラヴェルの「ボレロ」を唄い、父はアメリカ人の先生はいい人だったと言う、その国家と個人の対比を表して反戦のメッセージを出してるのはわかるんですけど、あまりこう直接的には表現してこない、恋人とも関係も、あるいは友人との関係も、描き方がよくいえばつつましやか、悪く言えば中途半端なんですよね。よくも悪くも山田洋次の上品さが出てるなって思います。ラストの手帳の内容は、なかなかぐっとくるものがありましたね。それにしても、登場人物の若者達がきれいに手入れした現代風の細眉イケメンだったのは、ちょっと気になったな。
あろえりーなさん [地上波(邦画)] 6点(2007-08-27 00:50:56)
22.原作の良さがまるで出てない・・・。時間が限られてるせいか内容が駆け足になってるのが残念
甘口おすぎさん [地上波(邦画)] 5点(2007-08-26 16:27:35)
21.《ネタバレ》 時代背景を考えているのかというくらいノンフィクション性を感じることができない。しかも、観客に伝えたいテーマは「回天の悲惨さ」のはずなのに、主役自らセリフで言ってしまう・・。製作陣には戦争映画を扱うということを真剣に考えてもらいたい。
あるまーぬさん [地上波(邦画)] 5点(2007-08-23 16:05:41)
20. あまり評判にならなかったので映画館には行きませんでした。考えていたより良い作品でした。確かに地味だし、上野樹里が現代人にしか見えないのはちょっと残念です。ラストがしょぼいのも皆さんがおっしゃるとおり。それでも、潜水艦内の緊迫感は十分伝わってきたし、ことさらに感傷的でないのも好感が持てました。
海牛大夫さん [地上波(邦画)] 7点(2007-08-21 15:55:54)
19.なかなか地~味でしたが、良作です..さすが山田洋次監督が脚本に絡んでいるだけあって..「○○の大和」のような、訳の分かんないストリー&お涙頂戴!映画とは一味違います..“回天”の操縦シーンなど、細かい部分もリアルでした..ただ、人間魚雷、元甲子園のスター、恋人等々の素材の割りには..映画としての盛り上がりが少ない..期待してしまう分、ラストの結末も含めてあと一息だったかもしれません...
コナンが一番さん [地上波(邦画)] 6点(2007-08-20 12:33:43)
18.歴史的事実だけが重くて、それ以外が伝わりにくいと感じた。
きっとこれは後世に伝えるべく作られたものだと思うので、こんなんで本当にいいのか?という気がします。
なんと言っても回天操縦者の気持ちが出口のない海でどうなのかを知りたいのでは。
そこを表現し切れていない。
役者陣も本気で演技に挑んでいない者を多く使っているのが見えて訴えるものがない。
そうさせてしまった全ての責任は監督にあると思います。
しかし、こんな人権を無視した事をやらせていたなんて罪が深いと思いました。
それだけにこの映画は大変残念に思います。
森のpoohさんさん [地上波(邦画)] 3点(2007-08-19 23:25:47)
17.まずは「松竹らしい一本」ですね。

東宝系の派手な戦争映画と違って、人間的であり日常的であり、時代考証・訓練考証も緻密でした。
上野樹里ちゃんはちょっと現代的過ぎるかな~とも思いましたが女性の大学進学率2%以下の時代の女子大生は、これぐらいハッキリとした人もいたかもしれないですね。
樹里ちゃんがいなかったらかなり暗い映画になっていたと思います。
彼女のたくましさが救いです。
実際の回天搭乗員の方々は東大・京大・慶應・九大・中大と学徒の中でも選りすぐりの人材として選抜されており、攻撃作戦の戦果より「軍神としての資格」も問われる選抜であったようです。一般の学徒兵とは違った使命感と不思議な冷静さは、彼らの残した遺書・日記等をお読みいただけるとお解りいただけるかと思います。
この映画の後は「人間魚雷・回天」も・・是非!
グレースさん [DVD(邦画)] 10点(2007-08-02 21:54:06)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 36人
平均点数 5.14点
000.00%
100.00%
238.33%
3719.44%
4513.89%
5719.44%
6616.67%
738.33%
812.78%
925.56%
1025.56%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.66点 Review3人
2 ストーリー評価 5.80点 Review5人
3 鑑賞後の後味 4.00点 Review7人
4 音楽評価 7.00点 Review5人
5 感泣評価 5.66点 Review6人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS