いちばんきれいな水のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > イ行
 > いちばんきれいな水
 > (レビュー・クチコミ)

いちばんきれいな水

[イチバンキレイナミズ]
2006年【日】 上映時間:90分
平均点:5.00 / 10(Review 7人) (点数分布表示)
公開開始日(2006-10-07)
公開終了日(2006-12-29)
ドラマ漫画の映画化
新規登録(2006-09-25)【ぐるぐる】さん
タイトル情報更新(2015-11-05)【8bit】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ウスイヒロシ
助監督武正晴
キャスト加藤ローサ(女優)谷村愛
菅野莉央(女優)谷村夏美
南果歩(女優)谷村陽子
田中哲司(男優)谷村薫
カヒミ・カリィ(女優)真理子
峯村リエ(女優)
松田洋治(男優)
原作古屋兎丸
脚本三浦有為子
撮影蔦井孝洋
企画宇田川寧
配給日活(配給協力)
美術須坂文昭
照明中須岳士
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
7.《ネタバレ》 かなり残念な映画だった。登場人物で見る限り、妹は利発そうで愛嬌もあり、また叔母は本職の役者でないながらも独特の風格があって大変いいと思ったのだが、肝心の姉がこの顔でこの声で小学生でもやらない放埓な行動をするのは非常に苛立たしい。そのため姉が目覚めてからは一気に見るのがつらくなる。
またストーリーの面でも、「この夏は…」という唐突な発言以降は素直に納得できなくなる。それまでの妹は感性豊かで頭脳明晰で判断力もあってそれ自体何の問題もないように見えていたので、今回の事件で初めて世界が広がったという説明が取ってつけたように感じられる。また外国人の件はどういう意味だったのかわからず(ラテン系は小学生と仲良しになれる?)、手の写真も伏線回収しましたという以上のものになっていない。
ほか水の場面は映像的な見せ場なのだろうが、自分としては最近見たホラー「仄暗い水の底から」(2001)を連想して不吉感を覚えた。まあそれはこの映画のせいではないわけだが。

ところで、特典映像に収録されているサイドストーリー「夏美のなつ~いちばんきれいな夕日」(監督 武正晴、脚本 足立紳)の方は普通に面白い。当然ながら姉は出ないが妹が活発で可愛らしく、バカ少年らとのやり取りも微笑ましいほのぼのドラマである。何より妹役が女優として輝いており、本編の主役にも負けていない(勝っている)のが感動的だった。ほか「小林さん」(演・青木崇高)というのも何気にいい感じを出している。
以上のようなことで、点数は本編だけだと4点だが、サイドストーリー込みで5点にしておく。
かっぱ堰さん [DVD(邦画)] 5点(2015-11-11 20:08:33)
6.《ネタバレ》 設定自体はまるっきりファンタジーなのにも拘らず、筋自体が割りと現実的でファンタジーに徹しきれていないのが痛手を負っていますね。しかし純粋無垢な少女、メランコリックなボサノヴァ、ジャズ、そして美しい水といった要素にどこか合いまみえるところがあると日頃から認識していた者としてはこの取り合わせは大いにツボに入るところでした。特に終盤、浮遊感溢れるジャズナンバーをバッグに主役の二人が思うがままに綺麗な水のせせらぎに身を委ねるシーンの透明感は凄い。思うに監督はこのシーンを撮るだけに全精力を注いでしまったのではないか?そう思えてしまうほどにクライマックスに登場する水の美しさは圧巻でした。まあ正直なところ、“何か素敵な物語”を期待する向きに応えてくれるクオリティではないのでしょうが、私としてはこのシーンを見ただけでも一定の満足感と清涼感を得ることは出来ましたね。
カニさん [DVD(邦画)] 6点(2009-11-26 23:10:08)
5.《ネタバレ》 病気で11年眠り続けた姉が、両親が不在の時に目を覚ます。妹は姉が眠りについた年齢をすでに超えている。この二人のコミュニケーションをどこへ帰結させるのかに凄く期待感が高まりましたが、肩透かしを食らいました。たくさん投げかけたテーマにうす~い回答を並べて何気なく終わらせてくれましたね。↓【あにやん】さんの仰るとおり、概念肥大で中味が感じられない、よろしくない邦画の典型でしょう。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2009-09-22 14:20:21)
4.《ネタバレ》 音楽が良かったです。
ボサノバやジャズといったBGMが、映画の雰囲気を、ほのぼのとして透明感のあるものにしてます。
風景もその雰囲気と見事に調和してて、とても綺麗です。

ただ、ストーリーがいまいち入ってこない。
11年間眠ってたわりには、そんな感じがちっともしないし、「この夏は一度だけ」ってのも重要な台詞なのに唐突な感じが否めません。内容的には凄くいい話なんだけど、細かい部分で脚本についていけないことがあり、少し物足りなさを感じました。
Trunkさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2009-02-03 22:24:39)
3.《ネタバレ》  良い素材は揃ってるのに、調理の仕方を誤って台無しにしてしまっていますね。
 何というか、監督のいろいろな狙いが整理されぬまま投影されてしまっていて、結果として良くわからない作品が出来上がってましたね。まあ、とにかく美しい映像とNHKの夜ドラみたいなドラマシーン(本当にテレビドラマっぽいんですよね)がごっちゃになっていて非常に違和感を感じてしまいました。
TMさん [DVD(邦画)] 3点(2007-07-05 18:18:31)
2.《ネタバレ》 加藤ローサも菅野莉央もすごくキュートで良かったです。お話はやや単純ですが私は姉妹の逆転的な交流も爽やかに感じました。あのらくがき帳をめくるシーンは(ノ_・。)うるうる・・しましたし(笑)しいていえば、あの外人らへんの話は必要だったのかな…?
エンドロールの曲が良かったです♪
うさぎ大福さん [DVD(邦画)] 7点(2007-06-22 22:16:57)
1.《ネタバレ》 とっても面白くてキレイで感動的なハナシになりそうな題材なのに、こうも平凡な映画になってしまったとは。ションボリ。『11年間眠ったままだった女の子。ある日突然目を覚ました彼女は、妹よりも幼い心を持ったお姉さんとして妹を悩ます事になるのでした。』こうストーリーを書くと、色々とステキな映画の世界を空想できるんですけれど、実際は盛り上がらない脚本と、平凡な演出と、ありきたりなカメラと、画面に合っていない音楽とで、結果はそこら辺にごろごろ転がっていそうな毎度のひとりよがり風のジミな邦画。もっと楽しく弾んでいいハズなのに、もっと幻想的でいいハズなのに。ご都合主義いっぱいの物語でも構わない、って思わせるだけのファンタジーになってないんですよね。最後は『こういう展開だったらイヤだなぁ。でも予定調和の道を進むのならば、そういう終わりになるんだろうなぁ』って通りに落ち着いてしまってガッカリ。そういうお決まりの物語なんか、望んでなかったんですけどねぇ。加藤ローサ、菅野莉央の二人はいい素材なのに、それをあんまり生かしてなかったなぁ。勿体ない。映画館では豊洲でしか見られない(ネット配信されていますが)、豊洲を舞台にした後日談のビデオ撮り短編「夏美のなつ」の方がずっと弾んで楽しくて美しい映画だったり。何より本編よりよっぽど菅野莉央が魅力的に映ってます。ちょうど映画が夕方に終わって、映画の豊洲の景色を追体験できたのが良かったです。「夏美のなつ」込みならば6点かな。
あにやん‍🌈さん [映画館(邦画)] 5点(2006-10-16 00:07:41)(良:2票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 7人
平均点数 5.00点
000.00%
100.00%
200.00%
3114.29%
4114.29%
5342.86%
6114.29%
7114.29%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 5.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 5.00点 Review1人
4 音楽評価 7.50点 Review2人
5 感泣評価 5.50点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS