リトル・ミス・サンシャインのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > リ行
 > リトル・ミス・サンシャイン
 > (レビュー・クチコミ)

リトル・ミス・サンシャイン

[リトルミスサンシャイン]
Little Miss Sunshine
2006年【米】 上映時間:100分
平均点:7.35 / 10(Review 156人) (点数分布表示)
公開開始日(2006-12-23)
ドラマコメディロードムービー
新規登録(2006-10-02)【rothschild】さん
タイトル情報更新(2019-06-05)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョナサン・デイトン
ヴァレリー・ファリス
キャストグレッグ・キニア(男優)リチャード・フーヴァー
トニ・コレット(女優)シェリル・フーヴァー
スティーヴ・カレル(男優)フランク
アラン・アーキン(男優)おじいちゃん(グランパ)
ポール・ダノ(男優)ドウェーン・フーヴァー
アビゲイル・ブレスリン(女優)オリーヴ・フーヴァー
ブライアン・クランストン(男優)スタン・グロスマン
メアリー・リン・ライスカブ(女優)大会のスタッフ
ジュリオ・オスカー・メチョソ(男優)自動車整備士
ベス・グラント(女優)美人コンテストの担当者 ジェンキンス
内田直哉リチャード・フーヴァー(日本語吹き替え版)
田中敦子〔声優〕シェリル・フーヴァー(日本語吹き替え版)
岩崎ひろしフランク(日本語吹き替え版)
小野大輔ドウェーン・フーヴァー(日本語吹き替え版)
永田亮子オリーヴ・フーヴァー(日本語吹き替え版)
脚本マイケル・アーント
音楽マイケル・ダナ
撮影ティム・サーステッド
製作デヴィッド・T・フレンドリー
配給20世紀フォックス
衣装ナンシー・スタイナー
編集パメラ・マーティン〔編集〕
字幕翻訳古田由紀子
スタントJ・アーミン・ガルザ二世(カメラ・カー)
あらすじ
アルバカーキに住むフーヴァー一家は、アクの強い、個性豊かな、悪く言えばバラバラな人たち。だが娘のオリーヴに大事件が発生! カリフォルニアで開催される少女ミスコンに、予選2位だった彼女が繰り上げ入選したのだ。いろいろあって一家全員がマイクロバスで出発…した途端にトラブル続発ですよ。このバラバラ一家、本当に、本当にカリフォルニアまで行けるの…? 成功を求める人々の不運炸裂な道中を描きながら、成功の意味、人生の価値を問う、知的+下品な群像コメディ。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
156.《ネタバレ》 グレッグ・キニアのやな性格が、ワーゲンバスで旅する間にいつのまにか矯正されてるのは、失敗した自分を父親が認めてくれたおかげなのかも。
自由人のじいさんは、突き抜けていながら孫娘への愛情が深くて、本当の負け犬とは何かを教えるシーンはグッときた。
パイロットへの夢を絶たれた兄を優しく抱きしめる妹は本当に家族思いで、兄もああされると妹のために旅を続けるしかないよね。
最後のダンスは、コーチがあのじいさんなら多分そうなるだろうなと想像通りの展開。
家族全員一癖あるのを、トニ・コレットとアビゲイル・ブレスリンがしっかりつなぎとめている感じ。
ちょうどいい長さ、のいい映画。
roadster316さん [DVD(字幕)] 7点(2019-01-26 02:33:01)
155.《ネタバレ》 ストーリーは良くできている。前半で祖父が死ぬも全編に渡ってその存在が空気をまとい、道中で家族の一人ひとりが次々挫折を味わいながらも娘が最後の希望になって一致団結する。ところが、終盤のコンテストを滅茶苦茶にした展開がどうも受け入れられないのは、たとえ虚栄のコンテストだとしても「他人に迷惑かけるな」という考えが日本では根深いからだろうか(人の足を引っ張ればまとめて罰せられる"五人組"という連帯責任だ)。何かを得るには挫折は避けられない。馬鹿にされて終わるのかもしれない。でも、最後に笑えればそれでいい。家族は多くのものを失ったが、本当に大切なものを手に入れた。
Cinecdockeさん [DVD(字幕)] 5点(2018-09-30 00:57:17)
154.《ネタバレ》 問題だらけでいつ壊れるか分からない家族(と車)が、末娘のミスコンのために頑張るロードムービー。面白いのはそれぞれが抱えている問題は何一つ解決していないのに、最後には家族が前より幸せになっているという点。奇跡もご都合主義も使わずにこの話を書き上げたのは良かったと思う。
もう一つ、主催者が父親に「ダンスを止めさせろ!」と言われて逆に一緒に踊りだすシーンも良かった。道中に皆を癒し続けてくれたオリーブを護るために、家族が団結して行動する姿をみて胸が熱くなった。
各人のキャラクターの掘り下げが薄い等不足を感じる部分もあり、名作とまでは言わないものの、十分に良作と言える映画だと思う。
alianさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2017-12-31 12:40:13)
153.《ネタバレ》  自殺未遂の叔父。麻薬中毒の祖父。家族嫌いの兄。傍若無人な父。母は結構まともな人物でしたが、旦那に対して少々ヒステリック。そんななか、家族の心をつなぎとめるオリーブの存在。そんなオリーブがミスコンの決勝大会に出ることに。家族総出で応援だー。最初は父も兄も叔父も乗り気ではないんですが、ラストはオリーブのためにみんなの心が一つになるという、極めて自然な家族の再生ストーリー。
 プロットは良さげだし、勢いもそれなりにある。でもいまいち物語に入り込めない。理由はいろいろあるんでしょうが、まずそれぞれの人物の背景の描き方が足りない気がします。『リチャードの仕事』『ドウェーンの夢』『おじいちゃんの気持ち』そのどれもが表面的な説明で終わっている気がするのです。誰の言葉もなんか作りものっぽく聞こえちゃいます。
 じゃあコメディとして頭空っぽにして楽しめば良いのか?それにしては笑いどころが少ない。マイクロバスを毎回押しがけするのは面白いし、ばらばらな家族を強制的に一致団結させるツールとしては斬新なんですけど、何回もそのシーンが出るのでさすがにくどいです。
 じゃあこれはサクセスストーリーなのか?いや、誰もサクセスしていないし・・・。
 ラスト、すがすがしそうな家族を見て、一時しのぎの雰囲気で現実から目を背けようとしているんじゃと感じる私は心が荒んでいる?だって、これからの家族のことが心配でならないんですけど。
 どうも『現実的』にものを考えすぎる私とは、相性が良くないと言わざるを得ません。ただ冷静に見ても、この作品のウリっていったいなんだろうと思ってしまいます。少なくとも、万人受けする作品ではないし、娯楽作品でもない気がします。
 ただ、なぜか全然飽きない不思議な映画です。
たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2017-10-13 12:06:36)
152.オリーヴ役の子が良い。やっぱりラストのダンスシーンがハイライト。それまでは面白いけど、それほどインパクトなし。
nojiさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2017-02-05 23:44:27)
151.《ネタバレ》 「人の目を気にしなくていい」とか「どんな困難も家族で乗り越えていく」とかいろんな内容があると思います。
マイペースなノリでとても面白い映画でした。
脱力系なんだけど退屈させないところが良いと思います。
肝となると思っていたミスコンがグダグダな感じだったのに見終えた後でこんな生き生きとした気持ちになるのは不思議です。
とんでもない家族です。
自分の価値観なんて小さなものだと思わせてくれる映画でした。
ある意味で最低(というか負け犬)なのに前向きなのがいいです。
なんか元気の出る映画でした。
じいちゃんはとてもでっかい人間だと思います。
ゴシックヘッドさん [DVD(吹替)] 8点(2015-11-09 22:46:55)
150.《ネタバレ》 こんな車には絶対同乗したくない。
そう思わせるギスギスした空気。
登場人物が個性的で実にいい。
バツ1子連れの母。
言うことは立派だが実の伴わない短気な父。
退役軍人でヘロイン使用がバレて老人ホームを追い出された祖父。
ニーチェに影響されて夢を叶えるまで口をきかない兄。
ミスコンで優勝を夢見る無邪気な妹。
そんな一家に、自殺未遂を図ったゲイの伯父まで加われば、珍道中にならないわけがない。

マイクロバスは故障で、押しがけしないと走れない。
祖父が薬物中毒のためかポックリ逝ってしまう。
兄は色覚異常が判明してパイロットの夢が絶たれる。
父は浮沈を賭けたビジネスの契約に失敗。
次から次へとトラブルに襲われて、青息吐息の崩壊寸前。
それでも何とかミスコン会場に到着したものの、参加者のレベルの違いは歴然。
出場しても恥をかくのがオチなので、父は辞めさせようとするが、母は本人の意思を尊重すべきと主張。
どちらも娘を思ってのことだが、結局出場するオリーブにどうなることかとヒヤヒヤさせられる。
もうこの時点で、どっぷり感情移入していったよう。
祖父から教えられた下品なダンスを未熟に踊る姿に、凍りつく会場。
いつの間にか家族の身になって、観ているこちらもいたたまれなくなる思いに。
そこからが感動的。

オリーブを傷つけまいとの思いで、一緒に盛り上げるために次々とステージに出る家族にハートを揺さぶられる。
恥ずかしくて痛々しくて、それでもって熱くなる何ともいえないシーン。
戸惑う観客の中で、一家の姿に共鳴する一部の観客が救い。
一家の表情は、それまでが嘘のように晴れ晴れとしていた。
オンボロバスは家族の思いやりと協力でやっと走り出せる。
この気持ちがある限り、負け組では終わらないはず。
ファミリーの良さを振り返らせるハートウォーミングな秀作だ。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 8点(2015-01-04 00:03:46)(良:1票)
149.もっと面白いと思ったけど、それほどでもなかった。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 5点(2014-09-27 00:33:02)
148.とある出来事を映画っぽくなく映画にした映画。子役が秀逸
ドクターペッパーさん [DVD(字幕)] 6点(2014-09-05 16:57:41)
147.《ネタバレ》 面白かったです。特にジャンキーエロジジイは最高でした!
アキラさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2014-06-25 03:31:34)
146.《ネタバレ》 言いたい事は他のレビュワーさんが大体語ってくれているので一言だけ。

"本当の負け犬とは負けるのを恐れて勝負しない奴だ"というおじいちゃんの言葉に納得。
だからこそ、最後のミスコンには絶対に出場しなければならなかったのです。例え"負けると分かっていたとしても"ね。いくら批判を浴びようが、娘は最後まで堂々と勝負をした。だから決して負け犬じゃない。あの家族なら行く先にどんな困難が待ち受けていようとも難無く乗り越えていける気がする。家族愛に満ち溢れた素敵な作品でした。
ヴレアさん [DVD(吹替)] 8点(2014-05-23 21:35:18)
145.ポルノ雑誌 様々!!!!
ケンジさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2014-01-28 22:38:29)
144.《ネタバレ》 毒気のあるオヤヂ、ヤク中のじいちゃん、ヒゲ面の自殺未遂ゲイ男、無表情&無口の兄貴に全然可愛くない娘やらウザイ人間ばっかり出ていて最初はげんなりしたけど最後の方は全員になぜか親しみを感じるようになりました。お母さんは割とまともでしたね。
イサオマンさん [地上波(吹替)] 5点(2014-01-02 22:44:50)
143.道中、突然の悲劇により、悲しみに暮れるママを横目にし、兄が妹に走り書きのメモを見せて指示した〝GO HUG MAM〟のシーンがとてもよかった。そして、その指示に一分の遅れもなく反応し、おかあさんを抱きしめに行ったオリーブの姿にこの家族間の絆が安泰で、そこには家族愛が満ち溢れている事を確信しました。これはオリーブのファインプレイでもあり、実はそれ以上に、兄:ドウェーンのファインプレイであったと感じましたね。悲しいことも多発するが、その逆境を乗り越えて家族5人(?)で道中ぐんぐんぐんぐん進んでゆく明るく楽しいファミリーストーリー。ずっと観たかったんですよね そして観れて満足 思ってた通りに傑作だった。ラストシーンの余韻も含めてすご~く爽快。余は大変すごく結構満足じゃ。
3737さん [地上波(吹替)] 8点(2013-05-02 23:08:43)(良:2票)
142.《ネタバレ》 いやこの家族クセありすぎ。各人つっこみ所ありすぎて呆気にとられてるうちにあれよれよと数々のトラブル踏み越えて怒涛のラスト。じーちゃんやってくれたなあ。家族の誰もチェックしなかったの?振り付けを。出入り禁止になっちゃったけど、別にいいもんねミスコンなんて。じいちゃん死んじゃったし、兄貴はまずパイロット無理だし父ちゃんの本は出ないしゲイの叔父さんも展望は開けていないけど、各々がラストで発散し切ってなんとなくタフさを感じるこのお話。みんながんばれ。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-01-13 00:06:05)
141.《ネタバレ》 しょっぱい感じの終始切ない映画です。最後のコンテストシーンはいたたまれないとすら思う。でも、そんな感じが悪くない。この家族のその後を描いた「2」があったら見てみたいと思う。
なたねさん [DVD(字幕)] 6点(2012-11-10 14:59:42)
140.《ネタバレ》 心温まる、ちょっとお下品(笑)なロード・ムービーの傑作。心に問題のある家族がコンテストに出場することにより一つになる物語です。いろいろな見どころがあるとは思いますが、個人的に車の存在、それは時に家族になる役目を果たすと。この車(VWタイプ2後期ビッグウインドウ)は現代的な視点から見れば古くてダメな車かもしれない、かつ何もハイテクなものは無い。が、どこか人間臭く優しいまなざしのこのクルマは自力で発進できず(おまけにホーンも壊れるw)皆で押す羽目に。だがしかしバラバラだった家族がクルマを押して(一生懸命に!)乗り込む姿に微笑ましくもたくましい家族再生の姿が見えました。勝つこととは?負けることとは何なのか?うすら寒いコンテストの姿がそれを物語っています。耳栓してたお父さん?あなたもこちら側の人間ですね。多くの示唆に満ちた本作品、心を洗われたような爽快感を味わいたいアナタに! グランパ最高でした! ゼヒオススメイタシマス
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 10点(2012-10-11 21:45:25)(良:1票)
139.《ネタバレ》  ラジオ番組で、竹内香苗嬢がオススメしていたので鑑賞。
 あちこち壊れてるし、みんなで押さないと動かないけど、それでもそれに乗って走らなきゃいけない。なるほど、あのポンコツワゴンは、この家族そのものなのか。
 でも、乗ってる奴らは、乗っているにつれて、だんだんマトモになってきてるよ。

 みんなで、舞台に上がって踊る場面より、帰るときにみんなでワゴンに乗り込むシーンに、何故かグッときた。
Tolbieさん [DVD(字幕)] 7点(2012-10-02 14:10:43)
138.《ネタバレ》 オリーブこそまさにこの家族の“リトル・ミス・サンシャイン”
人はつい自己中心的になってしまいがちだけど、それでも誰かの為に猛ダッシュできたり、誰かの為に悲しみを共有出来たり、誰かを労わる心を持っていたり、そして誰かの為にバカなダンスを一緒に踊れることが出来たりもする…。うむ。。素晴らしい。
小星も、誰かにとっての“リトル・ミス・サンシャイン”になりたい。
小星さん [DVD(字幕)] 8点(2012-07-26 17:17:58)(良:2票)
137.すばらしかったのは、特に3点。まず主役の女の子。終始無邪気で、明るくて、かわいくて、暗くなりがちなストーリーを一気に救っていた。つぎに「家族みんなで協力しないと動かない車」というアイデア。ストーリーやキャラクター設定はわりとベタでちょっとやりすぎな感じもあるのだけど、車を押すシーンが自然に繰り返されるおかげで、無理せず全体が丁寧な印象になっていた。最後に音楽。地味だけど、とてもクオリティの高い音楽だったと思う。良作でした。
コダマさん [地上波(吹替)] 8点(2012-07-17 02:25:57)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 156人
平均点数 7.35点
000.00%
100.00%
210.64%
331.92%
453.21%
5127.69%
61610.26%
73623.08%
84730.13%
92817.95%
1085.13%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.28点 Review14人
2 ストーリー評価 7.77点 Review22人
3 鑑賞後の後味 8.56点 Review23人
4 音楽評価 7.00点 Review14人
5 感泣評価 6.70点 Review17人
chart

【アカデミー賞 情報】

2006年 79回
作品賞 候補(ノミネート) 
助演男優賞アラン・アーキン受賞 
助演女優賞アビゲイル・ブレスリン候補(ノミネート) 
脚本賞マイケル・アーント受賞 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2006年 64回
作品賞(ミュージカル・コメディ部門) 候補(ノミネート) 
主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)トニ・コレット候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS