ファイナル・デスティネーションのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 フ行
 > ファイナル・デスティネーションの口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

ファイナル・デスティネーション

[ファイナルデスティネーション]
FINAL DESTINATION
2000年上映時間:98分
平均点:6.78 / 10(Review 255人) (点数分布表示)
公開開始日(2001-01-20)
ドラマホラーサスペンスシリーズものミステリーオカルト映画
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2023-02-01)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジェームズ・ウォン〔監督・脚本〕
助監督ジャック・ハーディ
トーマス・J・ライト(第二班監督)
演出J・J・マカロ(スタント・コーディネーター)
神尾千春(日本語吹き替え版【DVD】)
キャストデヴォン・サワ(男優)アレックス・ブラウニング
ショーン・ウィリアム・スコット(男優)ビリー・ヒッチコック
チャド・ドネッラ(男優)トッド・ワグナー
アリ・ラーター(女優)クレア・リバース
カー・スミス(男優)カーター・ホートン
アマンダ・デトマー(女優)テリー・チャニー
クリスティン・クローク(女優)ヴァレリー・ロートン
トニー・トッド〔男優・1954年生〕(男優)ウィリアム・ブラッドワース
ダニエル・ローバック(男優)
ブレンダン・フェア(男優)ジョージ・ワグナー
三木眞一郎アレックス・ブラウニング(日本語吹き替え版【DVD】)
小西克幸ビリー・ヒッチコック(日本語吹き替え版【DVD】)
真殿光昭トッド・ワグナー(日本語吹き替え版【DVD】)
朴璐美クレア・リバース(日本語吹き替え版【DVD】)
石田彰カーター・ホートン(日本語吹き替え版【DVD】)
落合るみテリー・チャニー(日本語吹き替え版【DVD】)
山像かおりヴァレリー・ロートン(日本語吹き替え版【DVD】)
銀河万丈ウィリアム・ブラッドワース(日本語吹き替え版【DVD】)
岩崎ひろし(日本語吹き替え版【DVD】)
内田直哉(日本語吹き替え版【DVD】)
田中正彦(日本語吹き替え版【DVD】)
杉本ゆう(日本語吹き替え版【DVD】)
草尾毅アレックス・ブラウニング(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
冬馬由美クレア・リバース(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
伊藤健太郎【声優】カーター・ホートン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
西凜太朗ウィリアム・ブラッドワース(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
松本大ビリー・ヒッチコック(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
岡村明美テリー・チャニー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
私市淳トッド・ワグナー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
後藤哲夫(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
田原アルノ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
大黒和広(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
金尾哲夫(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
野島昭生(日本語吹き替え版【DVD/テレビ朝日】)
後藤邑子(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
石井隆夫(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
原作ジェフリー・レディック(原案)
脚本グレン・モーガン
ジェームズ・ウォン〔監督・脚本〕
ジェフリー・レディック
音楽シャーリー・ウォーカー
撮影ロバート・マクラクラン
製作グレン・モーガン
ウォーレン・ザイド
クレイグ・ペリー[製作]
ニュー・ライン・シネマ
製作総指揮ブライアン・ウィッテン
配給ギャガ・コミュニケーションズ
特殊メイクジェフ・レッドナップ
レイチェル・グリフィン(メーキャップ・アシスタント)
ハーロウ・マクファーレン
特撮ピクセル・マジック社(視覚効果)
美術カーラ・スワンソン(タイトル・デザイン)
編集ジェームズ・コブレンツ
字幕翻訳森泉佳世子
日本語翻訳高山美香(日本語吹き替え版【DVD】)
スタントJ・J・マカロ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910111213
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
255.2000年と比較的新しい方の作品にはなるのでしょうが、この時代でも既に映像のルックというのは古びている感じがしますね。事故時の飛行機の内部のシーン等は普通にセットに見えてしまいます。死は日常のすぐそばにあることを気づかせるというアイデアは興味深いものです。序盤の飛行機事故から追悼式の場面まではその辺りを作品のテーマとして掘り下げることができるかと思わせてくれるのですが、結局それ以降は面白殺人ピタゴラスイッチ部分ばかり凝っているのが残念ですね。飛行機での旅行中に事故に遭うかもしれないという恐怖は多くの人間が経験し得ることですが、そこから死の運命に翻弄されるなんて現実とは何の関係もないので身に迫る恐怖に欠けているのがコメディのようにも見えてしまう要因です。編集のテンポはいいので気楽に見る分には悪くないです。
Сакурай Тосиоさん [インターネット(字幕)] 5点(2023-07-21 23:17:39)
254.運命を乗り越えた7人に仕掛ける、死へのピタゴラスイッチのやりすぎ感に死神の焦りが感じられて良い。
普通に見るだけなら面白い映画だが、明日トラックに轢かれそうなリアルな恐さが初代にはあった気がする。
Cinecdockeさん [地上波(吹替)] 5点(2023-03-31 23:58:24)
253.「ツカミ」はよかったのだが、パターンが決まっているのでだんだんとマンネリ化してくる。終わり方もスッキリしない。
東京50km圏道路地図さん [地上波(吹替)] 5点(2023-03-24 12:15:39)
252.《ネタバレ》 パッケージからもっと飛行機内でドタバタが起こると思っていたのに、全然違った…。個人的には飛行機爆破までがピークかな。あとはよくある死に方です。
はりねずみさん [インターネット(字幕)] 4点(2022-12-29 15:00:48)
251.死神(?)の事情は知らないが、最初の死の必然性といったものは要らないのかな?病気や殺人でもない限り、本来そういったものはないのだが、映画に創りあげるんなら多少の説明は必要と感じた。デス・ピタゴラスイッチは興味深いが、動きが速すぎて良く分からないのが少し残念。
クロさん [地上波(字幕)] 4点(2022-12-08 13:14:53)
250.《ネタバレ》 結構話題になりましたよね、当時。
運命に抗うミステリーというか、ホラーというか、あまりに執拗なせいでコメディにすら思えてしまいますが。
1発目の飛行機搭乗回避で、クラスメイトと袂を分かったあたりは面白かったけど、そのあとは随分とぞんざいでしたね。
理由もなければ解決もない、常に『途中』の珍しい作品ではありました。
ろにまささん [インターネット(字幕)] 6点(2022-01-15 07:23:01)(良:1票)
249.《ネタバレ》 修学旅行で乗る飛行機の事故を予知した主人公と一緒に事故を回避した人達が、次々と呪いのように不慮の事故に

テンポはそれなりにいいが
登場人物全員の心情・行動が理解出来ない
息子が助けられたのに、恨み続ける親
主人公を疑い続けるFBI
事故で死んだ先生の家から逃げるように飛び出す主人公
終始頭が悪いカーター

全てを知っているようだった霊安室の男は何者なのか・・・・・

運命のタイミングも5か月何もなければ、助けた瞬間すぐに次の人が死んだりと
細かい設定もよくわかっていない
短く、テンポも悪くはないので それなりには楽しめるがそれ以上はないです
メメント66さん [インターネット(字幕)] 6点(2021-12-26 04:47:46)
248.《ネタバレ》 飛行機内でのパニック映画だと思って見ていたら違った。

スリルある展開なので、間延びはしなかったが、
主人公の行動に納得できない点が多く、終始イライラしてしまった。

超常現象が相手なのに、FBIに全く頼ろうとしなかったのは愚策だと思う。
学生だしこういう状況で他人を信じられないのも分からないでもないが、素直に話していればもう少しマシな展開もあったのかなあ、と。

超常現象君の引き出しの多さとオチに3点。
2年で12キロさん [インターネット(字幕)] 3点(2021-07-18 09:41:07)
247.《ネタバレ》 人智を超えた存在(死神?)によって死を運命づけられた七人の若者たちが、その死の筋書きの裏をかき、なんとしても生き延びようと悪戦苦闘するサバイバル・ホラー。まあアイデアは抜群にいいですけど、なんか脚本がいまひとつでした。ぼちぼちってところかな。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 6点(2018-04-02 22:57:32)
246.《ネタバレ》 運命づけられた死からは逃れられない。このコンセプトは、かの”オーメン”を思い出させます。あの陰鬱名画をジュヴナイル化したら実にスピーディでライトな展開となりました。半世紀前の映画は陰気にじわじわと怖かったですけど、今作はもう少し陽性?の暴力死であります。なんか運命の神様もムキになっているような。
友人一人目がやられた時の、水がスルスルと引っ込む描写はいらないと思うな。ああなるとオカルトっぽくて悪霊ネタみたくなる。ラストはドリフみたいなコミカルさだし、「怖がらせたい」のか冗談なのかわかんなくなっちゃって、この軸のブレは惜しい。
出色なのは飛行機事故のシーン。あそこはすごく出来の良い恐怖パニック演出で、導入部としてはA級作にも引けをとらない迫力でありました。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2018-03-30 00:18:19)(良:1票)
245.ホラーとして十分楽しめる映画だった。決まっている順番を狂わせると次の人になるという設定だったが、狂わされた順番が最後まで行ったときまたループすることを示唆するエンディングが怖かった。好み30/50、演出10/15、脚本12/15、演技5/10、技術7/10、合計64/100→6/10点
chachaboneさん [DVD(字幕)] 6点(2018-02-18 10:56:43)
244.《ネタバレ》 1、2、3と連続で見たのでどれがどれか混乱するが(笑)これ、なかなか良質のサスペンスホラーだと思います。映像が抜群に良い!どんな死に方なのかとハラハラします。ストーリーとか死の順番の論理とかは、まあほぼほぼどうでも良いです(笑)。単純に面白かったです。
◆◇◆◇◆ raindrops ◆◇◆◇◆さん [DVD(字幕)] 7点(2018-01-06 02:17:14)
243.《ネタバレ》 サスペンス性はあったのでどうなるのかと見入っていたが、死への論理が強引すぎるこじつけでガッカリ。マイルールすぎて付いていけず。死の筋書きの克服も腑に落ちない。
途中まで惹きつけられてハードルが上がるほどに、結果が拍子抜けだとガッカリ度も増してしまう。SFとはいえもう少し理論武装したようなものが欲しかった。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 4点(2017-10-22 19:28:07)
242.《ネタバレ》 ホラー映画のアイデアとしては、確かに平成になってからの作品では群を抜いたオリジナリティを持っていることは認めましょう。冒頭の飛行機事故の描写なんかも、恐ろしさでは歴代三位以内に入る墜落映像ですし、乗客の中に赤ん坊や障碍者がいるところをわざわざ観客に見せつける脚本の悪意には嬉しくなってしまいます。主人公の少年の行動を客観的に観れば、そりゃFBI捜査官でなくても生き残ったこいつが頭がおかしくなって連続殺人犯になったと思いますよ。ということで中盤までは不条理サスペンスの色彩まで感じられて良いんですけど、なんど説明されても理解できない死神の論理が出てくると頭を抱えたくなってしまいす。あちらの世界ではどうなのかは存じませんが、人間界ではこういう拘りに捉えられている人のことはパラノイアと呼ぶんですよ(笑)。 その後のシリーズ作ではやりすぎの世界に没入していってしまうんですけど、本作ぐらいの殺され方がちょうど良い(?)かもしれません。女教師の死に方がなんかいちばん悲惨な気がしましたけど、ラストの結局失敗してしまいましたが死神の“スネーク電線攻撃”も冷静に考えるとおバカの極みみたいな映像じゃないですか。のちのシリーズ作では顕著になってゆくんですけど、殺し方に凝りすぎるあまりほとんどコメディみたいになってしまいます。まあそれもこの映画の味なんですけどね。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2017-05-10 23:39:15)(良:1票)
241.《ネタバレ》 順番はともあれ、久しぶりに見ました。忘れていたのでハラハラしながら楽しめましたね。
バスルームでぐるぐる巻きとか、先生のおうちで前もって落ちてくる包丁なんかは、思い出せました。
線路で叫んでて、首が飛ぶのも。
最後はみんな一緒に死んじゃうのかなって思いきや、ちょっと違った。
180にこだわる映画の先駆けなんだよね。
最後のシーンの赤い看板も081だったし。うまい作り。

飛行機 高速道路 遊園地 サーキット 吊り橋 の順番かな基本的には。
でも終わりがない感じだったような・・・

また見たいぞ。
新しい生物さん [地上波(字幕)] 8点(2016-07-28 00:37:16)
240.《ネタバレ》 「そこそこ」の映画です。
そこそこおもしろい。そこそこつまらない。そこそこよくできている。という感じです。

脚本は、とてもよく出来てます。死ぬことが決まっている人が、とあることで死なないと死ぬはずだった人が順番に死んでいく。主人公は、そのことをなんとなく予知できる。という話です。

そこそこハラハラします。死に役もある程度分かるので、どうやって死ぬのか、そこそこ見どころ。
シャワーシーンがあれば、ハラハラとモヤモヤが混在する王道のB級映画といったところです。
杉下右京さん [地上波(吹替)] 5点(2015-10-26 23:53:56)
239.《ネタバレ》 初見は映画館で、十数年ぶりにdtvにて鑑賞。
あらためて黒いモヤモヤ=死神の影の演出が見事。
見逃していてもストーリーは通じるし、
ちゃんと観ていると黒人エンバーミング師の言葉が重くなる。
モヤモヤが出過ぎているとホラーだけど、最小限に抑えてるからスリラーに。
なぜ、続編があんなにバカになっちゃったのかが不思議w
伊達邦彦さん [映画館(字幕)] 7点(2015-10-14 03:52:57)
238.《ネタバレ》  幽霊もゾンビも殺人鬼もクリーチャーも出ないのに、これだけ面白くハラハラできる映画が出来ることが素晴らしい。今まで見たホラー映画の中でも1,2を争う面白さです。
 今作の最大の長所は恐怖を煽る演出。『トッド』や『先生』のように、『死ぬまでのプロセス』をじっくり見せるパターン。『テリー』や『ビリー』、ラストの『カーター』のような瞬殺パターン。つまり、『死の見せかた』が大きく2パターンあります。
 実際、実生活において『事故死』っていうのは一瞬のうちに起こるものがほとんどです。それをただ垂れ流しただけでは、ただの事故映像であり、映画にはならないでしょう。『テリー』や『ビリー』のような瞬殺パターンっていうのは、従来のホラーでは、ホラーにはなりえなかったと思うんです。
 ところが、それを『トッド』、『先生』のパターンと交互に見せることで、とたんに従来にはない新感覚のホラーになります。前後の文脈がなければただの『事故』ですが、前後に文脈があることにより、ただの『事故』から『ホラーによる惨劇』になるのです。つまり今作の『死の筋書き』というストーリーの存在により、今まで映像では成しえなかった新しい形のホラーができあがっちゃっているんですね。
 また、それぞれの順番も非常に大事になってきます。『トッド』⇒『テリー』⇒『先生』⇒『ビリー』。野球でいうなら、速球とチェンジアップを交互に投げているようなもんです。この順番だったからこそ、21世紀を代表するホラー映画の傑作になったのだと思えます。
 このシリーズは、どうしてもそのアイデアの性質から、一番最初に最大の見せ場である『大量死』をもってくる必要があります。最もインパクトの強い映像を一番最初に見てしまうわけです。最初のインパクトが強すぎると、それ以降は何を見せられても刺激が足りなく感じてしまうものです。これはホラー映画では大変危険な行為でしょう。
 にもかかわらず、ちゃんと最後まで緊張感が持続するのがこの作品の凄いところです。
 ディテールにも非常にこだわっていて、雑誌のきれはしに書かれた『Tod』、ビルの窓に映る『バスの影』、『シートベルトがちぎれる白昼夢』、その予見の演出は見事すぎます。ただ非常にもったいないのは、その演出が上手すぎるうえに、展開がスピーディーなので、初見では気づかずに見過ごしてしまう可能性が高いことでしょう。(※特にバスの影は、重要な会話シーンの中でさりげなく挿入されるので、一番難易度が高い。)この『予見の演出』に気付くか気付かないかで、この作品の面白さの感じ方って、また変わってくると思います。
 
 
たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 9点(2015-05-05 03:15:57)(良:4票)
237. 怒濤のVFXで押しまくる近作とは違い、小ぶりにまとまっている本作。まだ死に方博覧会ではなく、良く考えられているB級ホラー。主人公や周囲の行動がなんかおかしい部分が終始あり、全体的に荒削りな感はあるけれども、時間つぶしに観るのには最適な気がする。
swamiziさん [インターネット(字幕)] 5点(2015-01-19 12:58:25)
236.夏になると1本は見たくなる、ティーン向け低予算ホラー映画の典型版。その中でもこれは結構面白い方。
Junkerさん [DVD(字幕)] 6点(2014-11-01 16:03:09)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910111213
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 255人
平均点数 6.78点
000.00%
100.00%
200.00%
362.35%
4103.92%
52610.20%
66023.53%
78031.37%
84216.47%
9249.41%
1072.75%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.62点 Review8人
2 ストーリー評価 6.93点 Review16人
3 鑑賞後の後味 6.40点 Review15人
4 音楽評価 5.33点 Review6人
5 感泣評価 3.66点 Review6人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS