日本一の若大将のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ニ行
 > 日本一の若大将
 > (レビュー・クチコミ)

日本一の若大将

[ニホンイチノワカダイショウ]
1962年【日】 上映時間:95分
平均点:5.80 / 10(Review 5人) (点数分布表示)
公開開始日(1962-07-14)
ドラマコメディシリーズものスポーツもの青春もの学園ものアイドルもの
新規登録(2006-10-24)【yoshi1900ololol】さん
タイトル情報更新(2020-11-12)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督福田純
助監督坪島孝
演出広瀬正一(殺陣)
キャスト加山雄三(男優)田沼雄一
星由里子(女優)中里澄子
田中邦衛(男優)石山新次郎
江原達怡(男優)江口敏
有島一郎(男優)田沼久太郎
飯田蝶子(女優)田沼りき
中真千子(女優)田沼照子
田村奈巳(女優)越智英子
藤山陽子(女優)大原美幸
堺左千夫(男優)張山
山田彰(男優)門馬
鈴木和夫(男優)田代
藤木悠(男優)井上
当銀長太郎(男優)村上
中丸忠雄(男優)滝沢
大前亘(男優)足立
石田茂樹(男優)福井
松本染升(男優)重役
佐田豊(男優)司会者
二瓶正也(男優)与太者風の男
西條康彦(男優)
北あけみ(女優)南野明子
吉頂寺晃(男優)重役D
草川直也(男優)トップ屋
大木正司(男優)伊田天一
千石規子(女優)美幸の付人
一の宮あつ子(女優)上松夫人
左卜全(男優)卜庵和尚
高田稔(男優)井上の父
上原謙(男優)石山専務
脚本田波靖男
笠原良三
音楽広瀬健次郎
作詞青島幸男「日本一の若大将」
岩谷時子「青い月影」
作曲広瀬健次郎「一人ぼっちの夜」/「青い月影」
中村八大「日本一の若大将」
主題歌加山雄三「日本一の若大将」
挿入曲加山雄三「一人ぼっちの夜」/「青い月影」
星由里子「一人ぼっちの夜」
撮影飯村正
製作藤本真澄
配給東宝
美術村木忍
編集藤井良平
録音下永尚(整音)
宮内一男(録音助手)
その他IMAGICA(現像)
野上照代(記録)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.《ネタバレ》 これもなかなか面白かった。青大将は前2作と違い、江口に代わってマネージャー役を引き受けるので、出番も多い。しかもちゃらんぽらんなのでしょっちゅう騒動を起こす、澄ちゃんに横恋慕すると、作中で占める割合も大きいです。若大将と2人で話を引っ張っていくという印象。これは田中邦衛さんも人気が出るでしょう。女性陣では、団令子が田村奈巳に交代したのですが、星由里子・北あけみと並んでいると、違和感というかどうもしっくり来ない感じがしました。
話のテンポは速くポンポンと進み、観ているこちらを飽きさせません。前半の江口の恋愛話、後半の合宿での騒動など、展開が早くて楽しめました。
アングロファイルさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2014-10-25 19:41:04)
4.なんとなくCSで見始めたら、星由里子と藤山陽子に惹きつけられて、ずるずると最後までみてしまった。しかし、昭和38年にこんな生活していた人がいたんだね。
みんな嫌いさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2012-04-04 17:01:37)
3.《ネタバレ》 過去2作では間の抜けた悪役に近かった田中邦衛がちょっと良い役回りになっていて、ラストの失恋シーンには同情してしまった。主人公は相変わらず屈託が無く、細かいことに拘らない、いい男。でも星由里子にだけは執着があったようで、好きと言われて急に元気になるノリが微笑ましい。最近は若い男性を草食系と肉食系で類別することが流行りだけど、この主人公は草食のお面を被った肉食系、という感じかな。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2009-09-30 01:34:15)
2.若大将シリーズ第3作。シリーズを順番どおりに見ているわけではないのだが、前の2作ではなかった加山雄三の歌う歌が冒頭から流れ、劇中にも澄子役の星由里子と歌うシーンやソロで歌うシーンがあるなど、加山雄三がこのあたりからスターになりつつあったのだなあと感じる。それはさておき、今回も田中邦衛演じる青大将のどじぶり(若大将と彼の絡みはやっぱり楽しい。)や、有島一郎や飯田蝶子といった脇のレギュラー陣や左ト全演じる和尚が笑わせてくれて何にも考えることなく楽しめた。加山雄三の父である上原謙が今回は青大将の父親役というのも面白い。若大将が父親(有島一郎)から勘当されるのはシリーズお決まりのパターンだが、今回はラストの父親が若大将の気持ちに気づくシーンで思わずちょっとウルッと来てしまった。当初このシリーズはこの回で終わる予定だったみたいで、このシーンを含めて終盤はそれを思わせる展開になっているのだが、それがあってか、今まで見たこのシリーズ(そんなに数多く見たわけではないんだけど。)の中でも今回はなかなかの出来だと思う。
イニシャルKさん [DVD(邦画)] 8点(2008-12-21 22:20:44)
1.《ネタバレ》 いい人過ぎですな。
yoshi1900olololさん [DVD(邦画)] 3点(2006-12-27 16:08:29)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 5.80点
000.00%
100.00%
200.00%
3120.00%
400.00%
5120.00%
6120.00%
7120.00%
8120.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS